ここでは、早起き生活のメインサービス「早起き日記」の基本的な使い方について説明します。

目標起床時刻の設定

 ユーザー登録が完了したら、まずは目標起床時刻を設定しましょう。

 ログインすると表示される自分の日記のページで、[目標起床時刻]タブをクリックします。

[目標起床時刻]タブ

 すると、次のようなページが表示されるます。目標にしたい起床時刻を選んで[設定]ボタンを押しましょう。

起床時間の設定

 「目標起床時刻を設定しました」と表示されれば設定は成功です。

起床時刻の記録

 起床時刻が記録されていない日記ページのグラフ部分には、「NO DATA」と表示されています。

データのない月別ページ

 起床時刻を記録するには、グラフの下に表示されている起床時刻入力用のフォームを使います。まずは、今日起きた時間を入力して[追加]ボタンを押してみましょう。

起床時間入力フォーム

 すると、いま入力した時刻がグラフに描画されます。

月別データ1件

 ほかの日についても、同じように起床時刻を記録してゆきます。各日の起床時刻が線で結ばれ、起床時刻の推移が線グラフとして表示されます。

TIPS:[いま起きた]ボタン

 ページ右に表示されている[いま起きた]ボタンを押すと、1クリックで現在時刻を記録することができます。

 [いま起きた]ボタン

 [いま起きた]ボタンで記録された起床時刻には、右端に「キラキラマーク」が表示されます。

 [いま起きた]ボタンで記録された起床時刻

 起床時刻を証明したいときや時間のない朝には、[いま起きた]ボタンを使うとよいでしょう。

グラフから傾向を読み取る

 起床時刻の記録をしばらく続けていると、グラフから生活パターンを読み取れるようになってきます。

 たとえば、次のグラフを見てください。

グラフ1

 このグラフからは、周期を読み取れます。土曜日と日曜日の起床時刻が遅く、つられて月曜日の起床時刻も遅くなるという周期です。日曜日の夜は、少し早めに寝るようにしたほうがいいかもしれません。

 次のグラフは一見問題ないように見えますが、少しずつ遅くなる傾向があるようです。

グラフ2

 そろそろ少しだけがんばって、この傾向に歯止めをかけたほうがいいかもしれません。

 最後に、次のグラフを見てください。

グラフ3

 学生さんのものですが、徹夜と夜更かしを繰り返しているようです。ただ、最近は少し安定してきたようなので、ひとまずこの状態を維持するのがいいでしょう。

→[ユーザー登録(無料)

→[トップページへ

(2005/09/25)

ヘルプ