20170321(火) <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 04時28分

今日の気分(本文)

金曜午後に吹くはずだった風は遠のき、日曜に吹くそうだ。しかし小雨のおかげで、自己基準の180より下がり、パン国の基準では「健康に悪いレベル」だが、米国の基準では「良」レベルになった。(※パン国とはアメリカで、米国は中華人民共和国である。主食により命名)

安全と安心は違うのだ。100%安全ではないが、すぐには死なないレベルなのだ。このとき安心するか不安になるかは、安全か危険かとは違う話なんである。

180だから不安なら、単位をかえて、18とか0.18にすれば、安心できるのでは? 原発事故のとき、この手を使ったら日本国民の不安はかなり解消されたようだ。そもそも日本は基準が厳しすぎるんだし~。

「平方個」親子(子は小学2年生)は、同じような会話をしている。鋭い!

「平方個」親は、掛け算の交換法則については「分かった」らしい。掛け算の本質は理解していないようだが、「本質って何ですか?」と反論するので、「分かった」ことにしておく。いま分からないのは「個は単位か?」「個×個=平方個としてはいけない数学(?)の理由はなにか????」だそうだ。「個は単位ではなく助数詞ですよ」「物理的には単位を考えますが、数学的には考えなくてもいいですよ」と何度もコメントついているのだが。。「●/▲×▲=●だからですよ」が答えなの鴨? 分数はいっちゃうけど。

うさ子の注目トピも、根深い問題である。生活と労働をごっちゃにすると、ああいう不毛な論争になる。家庭で行われているのは生活であって、労働ではないと思う。それを「家事労働」とか言いだすと、「専業主婦のやっている仕事は賃金に換算すると幾ら、専業主婦の年収は幾らで、それは夫からの報酬」みたいな論理になるのだろうが、そもそも「生活を労働に見立てる」のがおかしいのだと思う。

金稼ぐのが偉い、いやいや子育てするほうが偉い、なども不毛な論争だと思う。より大変なほうがより偉い、などもおかしな理屈で、そんな競争からは下りたい。異種格闘技みたいで、なんだかな~。

こんな家庭もある。いろいろだな~。
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2017/0225/795267.htm?o=2

もう誰が悪いわけでもなく、縁としか言いようがないのである。

邦彦くん、1首やった。へろへろ~。

**
酔垂鞭  張先

1双蝶繍羅裙、東池宴、初相見。
2朱粉不深匀、閑花淡淡春。

3細看諸処好、人人道、柳腰身。
4昨日乱山昏、来時衣上雲。

2不深匀:うすく塗る。 4衣上雲:雲を着ている。

1あの人はつがいの蝶の刺繍をした絹のスカートだった、東の池で宴会をして、初めて会ったとき。
2うすく化粧して、春の淡い花びらのようだった。

3仔細に見ると何もかも素晴らしい。みな口々に、柳のような細い腰だとほめた。
4昨夜、山々が暮色を帯びる頃、雲をまとう仙女のように、彼女は現れた。

あいかわらず張先せんせは暢気である。「山」が出て「雲」が出てくるのは、宋玉「高唐賦」以来の伝統で、ぶっちゃけ「このあと××しまちた」ということである。この作品から分かることは、唐代は豊満な楊貴妃タイプが好まれたが、宋代は細身のほうが好まれた、ということですニャ。

★昨日の歩数 4059歩。
☆今日の歩数 4570歩。

コメント

michi0401 michi0401 2017/03/21 04:48

おはよーございますにゃあ♪
黄砂がやってくる?

haruno haruno 2017/03/21 04:57

するどい! 吹くと予想されているのは、北風ですので。

haruno haruno 2017/03/21 04:57

そして測っているのは、細かい塵ですので。

nekonori-216 nekonori-216 2017/03/21 06:45

おはようつんねえ♪
太古の歴史が吹いてくる~♪

haruno haruno 2017/03/21 07:27

どんどこどん。・・それは太鼓。

ymznjp ymznjp 2017/03/21 10:26

あの人の勘違いは、3個×4個を、縦に3個、横に4個並べたところから発生してるよね。
3個の塊が4個あるわけで、それをずっと縦に並べたら、こういう勘違いは怒らなかったのかも。

haruno haruno 2017/03/21 11:23

そう。「3個の塊」が4つの箱に入っていたら4箱、籠に入っていたら4籠、人が持っていたら4人になって、それを12個箱、12個籠、12個人にするのはおかしい、と分かるのだけど、●にして並べると、3●×4●=12●●、に見えるみたい。

「1列に3個の塊」が4列ですよ、は微妙に混乱する。12個列はおかしいと思うけど、それは「列は数じゃない」から。でもって「個は数だから掛けられる」らしい。

「列」も「個」も「箱」も「籠」も中国語でいう量詞で、「単位ではありません」と言われても、ピンとこないみたい。長さcm、面積cm2、体積cm3、がたまたまcm×2、×3だったものだから。

じゃあ重さは? g、kg、t、だけど?、尺や斤だったら?、などの意見は無視して、「平方gもありそう、あるなら平方個だってありそう」とか、反論する。

とぴ主が「ではリンゴ1個×みかん1個はどうなりますか?」と言い出した時は、そのすさまじさに唖然とした。誰かが「品種改良の話ですか?」と突っ込んでいたけど。

ymznjp ymznjp 2017/03/21 17:15

リンゴ1個×みかん1個??もうついていけない。
その式はいったい何を示すんだろう。

haruno haruno 2017/03/21 18:23

リンゴ1個に蜜柑1個をかけるとリンゴと蜜柑の組が1個ということなのでしょうか?でもそうするとリンゴ1個に蜜柑1個をかけるのと蜜柑1個にリンゴ1個をかけることがちがってくるような気がいたします。

なぜかというと
 リンゴ(長男)蜜柑(次男)

 蜜柑(長男)リンゴ(次男)
はちがうからです。

これも ??????状態 です(泣)。

haruno haruno 2017/03/21 18:26

すごいだろう? リンゴと蜜柑を「オン!」したのかな? 

ymznjp ymznjp 2017/03/21 18:47

リンゴと蜜柑の組が1個 
うーん、その組の中には、りんごとミカンがそれぞれ1個ずつ含まれるんですか。
でも、1×1は1だから、個数や量は増えないんですよね。ああ、もうやめよう。
いちぬけた!

haruno haruno 2017/03/21 20:39

ははは。そろそろトピックも終わりだって。

個=1? 平方個=個? 平方個=1? まできた。

数を表す単位もあるそうだから、助数詞や量詞も単位だと定義するとして、数詞がつかないものは「1」でしょうね。中国語なら量詞だけ残ってよく1がとれてしまうから、何も数詞がつかない量詞は1、「個」=「1個」ですね。

だが、掛け算で掛けているのは数で、助数詞や単位を掛けているのではない、をとぴ主さんは理解できない。だからリンゴと蜜柑も掛けたりする。

ymznjp ymznjp 2017/03/22 00:41

あのトピ主だったら、「じゃ、吃个饭って、ひとつの飯ですか」とか聞きそうだ。

huangzi huangzi 2017/03/22 07:10

座布団一枚!

(この日記にコメントできるのは登録ユーザーだけです → ユーザー登録 / ログイン