201104 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:05:00 平均起床時刻:05:05

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

04月30日

起床時刻:06時00分

犬に起こしてもらってのんびり散歩。昨日のロングライドのダメージ強い。しかし、筋肉痛、疲労感のみのロングライドあけ独特の感覚は嫌いではない。まだ肌寒い朝。

●2 散歩

日別画面へコメントする

04月29日(金)

起床時刻:03時15分

久々のアラームで強制起床。深い眠りからたたき起こされた感が強いが、今日はコロちゃんとhatayasanとで5年半ぶり白山一周。5:00白山ひめ神社出発。天気もまずまず。ブログに書くつもり。といいならこないだのonixさんとのナイトライドも溜まっているし。思いはあるけどなかなかかけないなー。無事完走。

■3 白山一周ライド

走行距離【263】km

日別画面へコメントする

04月28日(木)

起床時刻:05時30分

きょうも理想的な早起き。そして、雨上がりでしっとりした朝。のんびり犬と散歩する。昨日今日と萌え上がる若葉の成長ぶりに目をみはる。これまで早朝散歩はまっくらだったし、自転車じゃわからないじっくり歩いてわかる様々な発見があるのはうれしい。これも犬のおかげ。さあ、明日の白山一周ライドは、お留守の間にこちらで通り雨があるようだけど、飛騨地方は晴れマーク。今日はなんとかはやめに片付けて明日の準備をしたいもの。

●3 散歩

日別画面へコメントする

04月27日(水)

起床時刻:05時30分

良い時間に起こしてもらって散歩。サクラが終わったこの時期は一気に花々が開き始める。昼間はぐんぐん気温が上がってみるみる若葉が増えだした。図書館の前でメールを打っていたらなんだろうパラパラと花かがくの様なモノが頭に当たる。クルマのエアコンに手がかかったが思い直して窓をあける。坊主頭に風が心地よい。良い季節になったなー。

●3 散歩

日別画面へコメントする

04月26日(火)

起床時刻:06時00分

昨日は就寝直前まで仕事していて、眠れないかと思ったけどあっさり寝てしまった。しかし、真夜中に目が覚めてしまう。やっぱりシャワーぐらい浴びてストレッチしての習慣はおろそかにできない。儀式であるにしても。犬と一緒にゆっくり散歩。自転車用の冬ジャケット来てきたがもうずいぶん温かくなってきた。

昨日移動中のラジオで、先日亡くなったスーちゃんこと田中好子さんの葬儀で流された彼女の肉声を聴いた。力強さはさすがにない。しかし、あの独特のつやは残っていた。がんによる死の淵に立っていても震災に遭った人たちを思い、世話になったひと、親友たちに感謝する心遣いにはぐっと来た。日々何気ない健康な日々につくづく感謝しなくてはならない。

●3 散歩

日別画面へコメントする

04月25日(月)

起床時刻:05時30分

良い時間に起床。外は朝日。予報通り西の空は暗くてあと1時間ぐらいで雨来るか!?犬と一緒にスタート。外はサクラも散っているのに寒くて若葉がまだまだお目覚め前な印象。急に冷えてきてもようしてきた。気を散らすために速歩にきりかえる。暗い曇り空からはごろごろ雷鳴。町の中を犬と一緒にダッシュ。間が悪くて、同級生のH君のウチの前を通りかかるとお母さんも犬をつれて出てきた。コッチの姿をみて引っ込まれて玄関先で怪訝な顔で見送られた。その後も家路をいそぐ犬飼たちと各所で遭遇。こちらも雨と、もようしたのでせっぱ詰まってはしるはしる。なんとか滑り込んで万事セーフで散歩終了。

●3 ラン散歩

日別画面へコメントする

04月24日

起床時刻:06時30分

寝坊。未明に超ウエットの路面確認しての確信犯的寝坊。軽く散歩してのんびりしていたらもう9時だ。RFX8でゴー。今週末の白山大周回に向けて走れる身体にしておかないといけない。とりあえず追い風に乗って能登方面へ末盛城までかーるくウォーミングアップ走で北上。能登方面は雲行き怪しいので定番のR471のインターバルすることにした。

しかし、風が強くてトレーニングモードはなかなか維持できず。スーパーカブでのんびり走っているお父さんに飛びついてがんばってみるが2本目のかるい登りまでしか持たなかった。小矢部で大休止。花園からいらしたサイクリストとご挨拶。私のコースの逆周回のようだ。小矢部ICのコンビニでも補給してようやく一息ついたと思ったら雨。これは構わず進むが福光出たところで捕まった雨はひどくてたまらず倉庫の軒先で雨宿りさせてもらった。しかし、あめの向こうは晴れなので気は楽だ。つぶやいたりしているうちに雨は上がって角間に抜けるk27へ。昨日県境の新道バイパスが開通したのだ。

医王トンネルでなんだか歌いたくなって、キャンディースのやさしい悪魔とアンドゥトロアをがなりたてる。実は今日のライドの途中ずっと頭でなっていた。両方とも拓郎の曲。いいうたや。さあくだりと思ったらパンクの補修中のサイクリスト発見。コナさんでした。latitudeではとっくに先に行ってしまっていたので意外だった。コンチネンタルのチューブらがなかなか入らなくて30分悪戦苦闘されたとのこと。トラブルもあったしそうそうに帰路かと思いきや、田島2号線を調査とのこと。ちょっと心配なのもあって老婆心ながらおつきあいすることに。お山へはいると風も落ちた。山桜も見事だ。そこそこのペースでヒルクライムは楽しかった。医王スポーツセンターで休憩後お別れ。新道も走りやすくってあっという間にあのくねくね区間をパスできる。新緑のあのコースも良かったけど、もう廃道かもしれないし、残ってももう走らないかもしれない。もうあとにはもどれない。

●■3 散歩、加能越大周回+田島2号線

走行距離【103】km

日別画面へコメントする

04月23日

起床時刻:06時00分

今朝は暖かいのもあって朝寝。6:00過ぎに犬に起こされる。雨も降っているので散歩はかるく町内一週のみ。ボーっと散歩しているといろいろアイディア沸いてくる。やっぱり人間眠らないといかん。一方で、しらみつぶしのような作業はまったくはかどらない。根気が続かないのだ。まあ、今日一日こもってお仕事したご褒美か明日は晴れそう。

●3 散歩

日別画面へコメントする

04月22日(金)

起床時刻:04時00分

今朝も4時おき。寒くはないけど、花粉が付くのがいやなのでまだ冬用のジャケットを着ている。犬はまったく持って元気になった。みっちり1時間近く散歩してから新聞読み。等伯は信長の比叡攻めが終わってから歴史的背景説明が加わってちょっとゆるめだったけど、またにわかに緊張してきて面白くなってきたなーと社会面をめくると元キャンディーズのスーちゃんこと田中好子さんの訃報。長い間がんと戦っていたなんて知らなかった。元メンバーのなかでも一番精力的に活動していたのも、病気に蝕まれて死を常に意識していたからなのかもしれない。しばらく、Youtubeで彼女たちの歌を追ってたそがれてしまっていた。

●3 散歩

日別画面へコメントする

04月21日(木)

起床時刻:04時00分

久しぶりの4時おき。目が覚めたし、犬も鳴きそうだったので思い切って起きた。とても寒くて真冬の装束に近い。月が明るく照っているし、こんなに寒いのにカエルも控えめに鳴いていた。犬は元気に冬のロングコースを完歩してくれた。体重も微増なので、これからもっと積極的に歩かせよう。

●3 散歩

日別画面へコメントする

04月20日(水)

起床時刻:05時00分

今日も理想的な早起き。路面はベリーウエット。しばらく雨はなさそうだけどかさもって出発。今日も体調が心配な犬に配慮して短周回を済ませたあと、調子がいいのを確認して近所のスーパーへ足を伸ばす。コーヒーを買おうとしてポケットの小銭入れを出しにかかるが忘れたようだ。青空が時折のぞくまだ寒い春の朝。新聞の文化面に一世を風靡したプラモ「ウォーターラインシリーズ」の箱絵の写真が。この絵を手がけた上田さんは現在91歳で、当時戦地にいて太平洋戦争で活躍した艦船の数々を生で見た人。当時から絵が好きでスケッチもたくさんしたという。戦闘モードの波しぶきや煙突から出る黒煙の模写は小学生の私が見ても胸躍った。同級生のY君はこの絵を頼りに完璧にペインティングを施していたなー。上田さんの乗った船は撃沈され負傷して漂流。命は助かったが障害は残った。いったん筆をおいたが、やはり絵が描きたくて自宅のあった静岡から東京まで絵の先生の師事を得るために自転車で通う。この不屈の精神があってのあの絵だったのだ。

●3 散歩

日別画面へコメントする

04月19日(火)

起床時刻:05時00分

ウエットな路面。いろいろ考え事しながら犬と散歩。朝刊には復興税の具体的な数値が上がっていた。消費税として+3%。通常なら消費マインドに冷や水を浴びせることになるだろうが、被災地のための消費という高揚感が逆に働かないだろうか。駆け込み需要も景気を加速させることになるだろうし。しかし、震災以来消費動向の指数は落ちているらしい現状ではなかなか実施に踏み切ることは難しいかもしれない。今こそ強力なリーダシップが必要だ。借金の付回しだけはしてはならない。原発も同様。犬は徐々に元気を取り戻している。足取りも力強くなってほっと一安心。

●3 散歩

日別画面へコメントする

04月18日(月)

起床時刻:05時00分

激しいロングの翌日はどよーんと疲労感と思いきや、筋肉痛のみ。花粉で目はしょぼしょぼするけど。補給のタイミングは間違ったけど、アミノ酸はせっせと飲んでいたのがよかったのかもしれない。理想的な早起き時間に犬を連れて散歩。20分ぐらいたったころに左後ろ足をつかなくなる。昨晩も途中で悲鳴を上げるほど痛がった。もう段差やグレーチングもクリアできないので持ち上げると甲高い悲鳴を上げて私の手に噛み付いた。そっと胸のあたりを触るとまだ隆起はわずかだがかなり広範囲な腫瘍これが影響しているのだろうか。以前乳腺の腫瘍でもらった鎮痛剤と抗生物質をえさに混ぜてやる。

●2 散歩

日別画面へコメントする

04月17日

起床時刻:00時00分

日付が変わると同時にめざましで飛び起きる。3時間寝たのですっきり。RFX8でゴー。名古屋から金沢まで250kmマラソンしてくるさくら道国際ネイチャーランのランナーをお迎えに。帰宅後さすがにつらくて昼寝1時間。お昼にも30分ほど午睡。犬は元気出てきた。大好きな草むらにも力づよく踏みとどまる。食欲も旺盛。

■●3 さくら道国際ネイチャーランお迎えライド、散歩

走行距離【184】km

日別画面へコメントする

04月16日

起床時刻:06時00分

やっぱり犬が元気ない。左足を引きずっているという報告を受けた。玄関先のポーチにも上がろうとしない。食欲も戻ってきたし、どうも狂犬病の注射とは関係ない、とすると。車から下ろすところでジャンプで降りさせたことが思い当たる。怪我をさせてしまったのか。

●3 散歩

日別画面へコメントする

04月15日(金)

起床時刻:06時00分

また朝寝して散歩。犬の様子がおかしい。いつもは飛び降りるようにくだる階段も怖がる。うちに帰ってエサをやっても、いつもなら飛びつくようなのに、小刻みに震えてなかなか食べない。数日前の狂犬病の注射の副作用かも。

●3 散歩

日別画面へコメントする

04月14日(木)

起床時刻:06時00分

ここ数日コン詰めてプログラミングしているので頭が重い。4次元ぐらいのパズルが頭の中でぐるぐる状態。でも楽しいんだよね。そしてお客さんが喜んでくれるのが一番うれしい。単純なことだけど。犬が散歩から帰ってエサを食べてもきゅんきゅん鳴く。大の方はしてなかったか。また連れ出して1kmほど歩いて快感のうなり声とともに。(笑)

●3 散歩

日別画面へコメントする

04月13日(水)

起床時刻:06時00分

犬の甘え鳴きで覚醒。まだいいだろうと目を開けるとずいぶん明るくなっていて時計も6:00を回っていた。昨日は答えのないパズルを解くような仕様決め。クライアントは原則はわかっているようだが、事象を追っていくと例外がはっせいする。かといって上位の設計者の意見は聞けない。場当たり的にキー変更を含め仕様変更を繰り返してきた。意味は担当者の抽象化スキルを伸ばしてあげることぐらいしか思いつかない。田んぼは3割ほど水が張られていた。一方でそのすぐ隣は去年の稲刈りのままの上空から見たらパッチワークなんでしょうねー。

●3 散歩

日別画面へコメントする

04月12日(火)

起床時刻:06時00分

たった1日の寝不足がたたって寝坊。すかっとした晴れの下犬と散歩へ。ラジオからは福島原発の事故レベルが最悪の7に引き上げられたニュースが。あのチェルノブイリと同レベル。原子炉はまだフタされているが、複数同時並行で放射能漏れしている事実をようやく政府が重く認めた。避難地域も「計画的」に拡げられ知らないうちに近所に迫ってくる福島のひとたちの恐怖は計り知れない。国内だけでなく世界からの善意もつぎつぎと届けられている一方で、まだ被災者には1円の見舞金も出ていないようだ。赤十字は被災者、被災地域とも大規模すぎて計画しきれないので政府にゆだねたとも聴く。計画、経営の科学をアメリカの大学院まで行って学んできたはずの前首相がいるはずの政府与党はいったい何をやっているのか。ロジスティクスやサプライチェーンマネージメントは平時下のみの役立たずなのか。

●3 散歩

日別画面へコメントする

04月11日(月)

起床時刻:03時30分

超早起き。今朝は犬と一緒の調べ物。おあつらえ向きの文献が見つかった。これをとっかかりに毎日少しづつでも先に進もう。今日で東日本大震災から1ヶ月。まだまだ原発は片付く見通し付かず、風評も深刻。大きな余震も続いている。そして一番欲しいトップの復興ビジョンも部分的小出しで全体像はまだ見えない。被災地はもちろんだが、国民みんな不安なのははやくどうにかしなくてはならない。まず、法整備からだおもうけど、政府が無能なのか。優秀なはずの官僚がうごかないのか。法は文言でなく精神のはず。明るくなってから速歩で散歩。

●3 散歩

日別画面へコメントする

04月10日

起床時刻:06時00分

6時起床。たっぷり寝たはずなのにぼーっとするのは花粉のせいだろうか。ゆっくり散歩するけど、この時間は犬飼ばかり。昨日もせっせとお仕事した。新しい酒は新しい革袋に盛れのことわざどおり、いろいろとツール検討。便利な機能が目を引くがこれまで当たり前のようにあった関数やライブラリが使えるか。1からやりなおしか。そもそも正しく動くのか。日本の商習慣ロジックにそぐわない資料ばかり。やっぱり一からか。

●3 散歩

日別画面へコメントする

04月09日

起床時刻:06時00分

雨降りなので犬と朝寝。一緒にいればもう騒ぐことはない。昨日はコンサルのN先生に教わることが多かった。俯瞰する目を常に持ちながら要所はしっかり押さえる。これを繰り返して原則を貫きながらも局面に応じて定式化していく。実装にはまだ難しい問題も残るが、いかに目的を見失わずに前へ進む所作を含めた有り様は大いに見習うべきだろう。気分転換の午前。雨上がりの散歩。

●3 散歩

日別画面へコメントする

04月08日(金)

起床時刻:05時00分

5時ちょい過ぎ起床。生暖かい朝。田んぼ周回へ。強い南風の中ロードで河北潟の周回道路を走っている人がいる。今日は久しぶりの雨の予報。

●3 散歩

日別画面へコメントする

04月07日(木)

起床時刻:05時00分

昨日移動中途寄ったクリーニング屋さんでM先生発見。ご挨拶。小学校の家庭専科の先生だったけど大変記憶に心に残っている先生だ。きっちり物事をやり遂げる大切さを、言葉だけでなく行動で教えてくれた先生。その後20年近く経って、縁あって同じ職場にいたときに、そのことを告白すると大変喜んでくれた。その後また20年経った今日。私の顔を見てまだ目力の残るやさしい笑顔を返してくれた。軽く近況報告して名刺だけお渡しする。たまーに当時の子供たちが声をかけてくれることがあるが、まともな対応できずに、恥ずかしくて逃げ出したくなる自分とはエライ違い。

4時頃覚醒。今から散歩すればオヤジ朝練途中合流できそうだけど、真っ暗でめげてしまう。5時起床散歩へ。ずっとすかっと晴れた冷え込む朝だったのが、今日はどんよりあたたかな春の朝。久しぶりに田んぼ大周回へむかうと、軽四が正面から接近してきた。急にハンドル右に切って河北潟へ向かうダートにつっこんでいった。その土煙の後ろをでっかいであろう犬が全速力で追いかけていった。

やばいやばいあんなのに遭遇したらたいへんなことになるとこだった。その後、軽四はペースを落とさずダートを走っていった。なにかのトレーニングなのかもしれない。

●3 散歩

日別画面へコメントする

04月06日(水)

起床時刻:05時00分

ちょうど良い時間に起床。寒くてもうちょっと寝たいけど晴れた朝の早朝散歩も楽しみだ。今日も迷わず田んぼ周回へ。日の出にはまだ時間があるが立山連峰の稜線がはっきり見える。一方白山はまだぼんやり影しか見えない。川尻集落に入ると用水が勢いよく流れていた。ここから潟方面へ田んぼの水として供給するのだろうが、集落に張り巡らされた細めの用水の流量は何処もしっかりしている。見た目、流れる水音ともとても心地よくてこの集落の良さを象徴していると思う。町並みもきっちり直線で構成されてはいない。曲線の路地にそって自然発生的な村落の趣がそのまま。

一方、川を挟んで我が家のある方は、団地で開発されたのであじもそっけもない町並み。小川の流れはほとんど無い。子供の頃は小魚やザリガニがいた小川も中央部に溝が斬ってあって、降水時の排水用に機能するだけだ。きっと管理は大変だと思うけど、取水口はあるはずだからわが町内も水をたたえる用水を復活できないモンだろうか。

ようやく、疲れもぬけて本調子か。

●3 散歩

日別画面へコメントする

04月05日(火)

起床時刻:05時30分

昨日は先週のロングの疲れがどっときた感じで、打ち合わせしていても右から左なひどい対応だった反省。やはり花粉もまだ飛んでいて目も頭もくらくらする感じはなかなかとれない。そんなわけで昨日は早寝。良い時間に犬に起こしてもらって散歩へ。津幡川であまり見たことのない飛映。昨日の川鵜だ。飛んでいるのは初めて見たな。真っ黒だけど勢いで飛ぶカラスとは違って力強い落ち着いた羽ばたき。能登の人が鵜様と言って神の使いとしてたてまつるのがようやくわかった気がした。今日も白山ウオッチには最高のコンディション。

●3 散歩

日別画面へコメントする

04月04日(月)

起床時刻:05時00分

良い時間に起床。ふらふら田んぼ周回へ。今日も白山と朝焼けが映る津幡川の水面の美しさに目が覚めた。

●3 散歩

日別画面へコメントする

04月03日

起床時刻:05時30分

また3:30に犬が鳴く。昨日から決めていたことだけど、もう犬の居場所に寝床を敷くことにしていた。夜具を担いで階下へ。すぐナイトキャップをかぶって寝床に付いたが案の定犬もだまって寝てしまった様。明日からどうするか。ここは宵っ張りさんがいったり来たりする。いっそもう夜更かしにして早起きは終わりにするか。と言いつつ、普通に早起き。田んぼ周回で真っ白な白山を仰ぐ。きっと犬がいないと拝めなかった風景。

午後をずいぶん回ってからRFX8でゴー。風が強くて萎えるけどスタートだからこそで向かい風に立ち向かう。と思ったら無風の興津峠で汗をかいてしまう。R471から羽咋広域農道。もう雪はなくて存分に走れる。2人組のサイクリストにご挨拶。押水の平野に出たとたんに急に寒気がきてガマンしきれなくてうどんタイム。まだ寒いので登りで汗かくのはまずい。テンプラうどんを頂いてR471を折り返し。寒いが田園地帯には着実に春がやってきていての花のシーズンがスタートしたところ。梅や早咲きのしだれ桜がふっとこころを和ませる。今日は田畑にたくさんの農作業をする人がでていた。土手の上のおじさんを見上げるその背景は控え目な青空。こんな平和なごくふつうな春が東北の農村にも早く来ることを願いつつ。

●■3 散歩、R471往復リカバリ走。

走行距離【57】km

日別画面へコメントする

04月02日

起床時刻:03時30分

犬に起こされて散歩。ラジオからは魏志倭人伝の研究者のお話。倭といっても対象は九州北部に限るそうな。興味ある話だけど頭に入らず考え事しながら。昨晩遅くまでメールやりとりしたクライアントのことからこれから2週間、半年のことなど。日経の春秋に震災チャリティーの洋楽アーティストのことが出ていた。Queenの「手を取り合って(Let us cling together)」がタイトルソングのようだ。「静かな宵に 光を灯し 愛しき教えを抱き」は当時、辛気くさいなーとしか思わなかったが今は染みる。歌詞を付けたのはプロデューサだろうか。いまさらながら懐の深さを感じる。結局朝寝1時間。

ツイートでゆるく合意済みの片山津へ向かうライドへRFX8で出発。2週間ぶりの自転車。じっとしていれば寒い日だけど、自転車に乗れば意外と身体が動き出した。森本でパンちゃんと合流。ツイートをワッチしていたというsasaki君も来てくれて結構なペースで南下。しかし、今日はことごとく信号に引っかかる。自転車といえどもやっぱり山環で市街地はパスするべきなのかもしれない。

先端大の坂で今日1回目の付き切れ。2回目のペース走は調子に乗って前に出たところでカウンター切れ。パンちゃんにもおいて行かれる。このセッションでは43z会長とご挨拶。中海でトイレブレークでGoogle Latitudeを確認すると、コナさんも同様の経路で単独南下中。折り返してお迎えに向かう。こっちは3人で良いペースで来たはずなのに、もうハニベ近くまで迫っていました。

ここからは4人で先頭交代しながらのセッション。平地主体の粟津温泉までかと思いきや、どんどん山地へ入り込んでいく。結局、小松奥座敷の赤瀬ダムの先の大杉青年の家?まで。道は除雪されているのでまだまだいけそうだけど、ほとんど雪の壁なので山から下りてくる風が冷たい。ここで、11:30。ずいぶんお腹が空いてきた。日用近辺を突っ切って片山津に向かうが、私は燃料切れで黄金の垂れ。コナさんとsasaki君に完全に付き位置でパンドーネにたどり着いたのは12:00をずいぶんすぎていた。

13:00過ぎにパンドーネ出発。ここのお店は味も良いけど雰囲気もいい。店員さんのおもてなしの心が伝わってくるんだな。気持ちよく店を出たけど、風は思いっきり向かい風。私も結構きてたけど、パンちゃん辛そう。がんばってsasaki君のメニューについっていってたもんね。上背のあるコナさんに引いてもらってパンちゃんシフトを引くけど、やっぱりsasakiくんのペースにはついて行けなくてづるづる後退。根上と小松のスイッチするところでsasaki君にはさきにいってもらう。

ここからコナさんにずーっと引いてもらって手取川まで。なんとか私も息を吹き返した感じ。これ以上、向かい風はなんなので手取川の堤防沿いをひたすら遡上。獅子吼から麓は竹の緑が淡く色づいてきて春を感じさせるが、その上の犀鶴線の直線は真っ白真冬の様相。もうペースはおとしてもらって走りは楽だけど、粘り着くような冷たい風は深い。早く春がこないかな。サイクル加賀までコナさんにリードしてもらってお別れ、ありがとうございました。なんかもうへとへとで近くのミスタードーナツで補給兼反省会とする。その後、回復して良いペースで森本まで。パンちゃんお疲れ様の今年最長160km。

●■3 散歩、赤瀬オプション付き片パンライド

走行距離【160】km

日別画面へコメントを読む(2)

04月01日(金)

起床時刻:05時30分

夜明けとともにラン散歩スタート。ひさびさに田んぼ周回。着々と田植えに備えて準備が進んでいる。この辺は大昔潟の下だった。大津波がくれば水没するだろう。津幡川には真っ黒な川鵜。朝日を受けて、東半分ピンク色に染まった白山が一番好き。

●3 散歩

日別画面へコメントする