20110426(火) <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 04時31分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日の気分(本文)

昨日と同じパターンだ。


昨日は、
PE業務、丁寧に進めた。難解なことを平易に説明する。池上彰氏を見習おう。
CS業務、いいプレゼンができた。資料の内容も質の高いものができたと思う。
PT業務、問題なし。
HR業務、状況がよくないKS社とIKD社に電話など。
G2会議。

雑誌3などを購入。いずれも原発関係の記事が詳しい。

立教新座高校では、3月14日に卒業式を予定していたが、震災を受けて中止を決定。そのため、渡辺憲司校長(66)は卒業生へのメッセージをしたため、15日に同校のホームページに掲載した。その文章は大きな反響を呼んだ。震災の不安の中、未来へと第一歩を踏み出す生徒たちに向けられた言葉に、老若男女を問わず、多くの人が胸を熱くした。
http://niiza.rikkyo.ac.jp/philosophy/_asset/pdf/20110315s.pdf
http://www.news-postseven.com/archives/20110404_16560.html

そして、桜の花とともに新たな出会いの季節がやってきた。以下は、同高の入学式式辞。こちらは、命の意味を問うている。
--------------------------------------------------
命二つ
 命二つの中に活きたる桜かな
 これは「野ざらし紀行」にある、松尾芭蕉の一句です。
 前書きに、「水口にて二十年を経て故人にあふ」と、ありますから、芭蕉が、今の岐阜県甲賀郡の水口で作った句です。
 故人は、普通は死んだ人のことを言いますが、ここでは、違います。古い友人といった意味で使われています。古い友人とは、芭蕉の弟子であり、友人とも言いうる、服部土芳のことです。二十年ぶりに友人に会った時の思いを述べた句です。
「二十年あまりも会うことのなかった友人二人が、命あって再会することができた。その喜びの二人の中に桜が生き生きと咲いている。」といった解釈になるでしょう。
 「活きたる」は別の本では、「生きたる」と書かれています。どちらにしても、二人の命が生きて会えることと、活き活きとした桜の花を形容しているのでしょう。

 この句の背景は、以上のようなものですが、私がこの句を取り上げたのは、「命二つ」という初めの五句を思い出し、また、この学舎に咲く桜の木を思ったからです。
 句の成立した背景を超えて、命二つという発想が、心に強く響いてきたからです。
 私たちは、命を自分一人のものだと考えがちです。
 かけがえのない命は、もちろん自分だけのもの。他の人と取り換えようのないものです。
 私は〈命一つ〉と考えていました。
 それを芭蕉は、まず〈命二つ〉と切り出したのです。
 命は、自分一人のものですが、一人で支えているものではありません。単数ではなく、複数の命によって支えられているのです。他者の存在なしに、命はありません。
 親と自分、友人と自分、他者と自己、それぞれがその命を自分の中に大切に抱えながら、親、友人、もうひとつの命に支えられ、〈命二つ〉の中で生きているのです。
 命は一つで生きていくことはできません。
 自分にかけがえのない命は、相手にとってもかけがえのない命なのです。

 人は誰もが意地悪な面を持っています。今まで、一度も人に意地悪をしたことのない人はいないでしょう。相手の心を傷つけたことのない人はいません。傷つけたことのないと思っている人でも、相手が傷つけられたと思っていたことはきっとあるはずです。
 私は、君たちより長く生き、君たち以上に人を傷つけてきたに違いありません。私は、自分の命が自分だけのものだと勘違いしていたのです。勘違いではなく、「命は一つ」と思い込んでいたのです。
 〈命二つ〉と、考えることは、相手の心に近づき、自分の身を相手に重ねることです。お互いに命の尊厳を認め合うということです。
 暴力は、命の尊厳の否定です。いじめは相手の命を無視することです。
 暴力は、相手の心に土足で入り込む乱暴です。乱暴は許されません。
 いじめは最悪の暴力です。

 桜が咲きました。命二つ新たな時を迎えました。
 互いに命を思いやり、活き活きと、この学舎の桜の木の下で出発しましょう。
 今年の北国の春は悲しい春になりました。何時もなら、南から桜前線の便りが、届けられ、その北上に、心が躍りました。今年はその便りに浮き立つことはありません。
 しかし、桜は咲きました。今年ほど桜の下の命の大切さを思わない春はありません。
 被災地の方々の辛苦は言語表現の及ぶ範囲ではありません。
 深い悲しみの中で、入学式を前にした君たちと同じ年代の少年の笑顔がテレビに映し出されました。誰もが悲しみを胸に秘めています。私にも不安があります。悲しみがあります。しかし、私はその少年の笑顔を見た時、勇気づけられている自分に気づきました。少しでも被災地の方を勇気づけなければならないと考えていた自分が勇気づけられたのです。そのパラドックスに戸惑いながらも私は今それを素直に謙虚に受け止めたいと思います。何げない日常がいかにかけがえのない尊いものであるかを、少年の笑顔が、私の惰眠を覚醒したのです。
 私たちは、この日を、日常を支えるすべての人に感謝して迎えたいと思います。
 謙虚に、しっかりと互いの命の尊さを思いながら、入学の時を迎えたいと思います。
 本校職員を代表し、歓迎と祝意を述べて挨拶を終わります。
 諸君、入学おめでとう。
 命二つの中に生きたる桜かな 
--------------------------------------------------
〔『週刊ポスト』5.6/13号 pp.68-69 より〕


今日は、通常業務、IS部会議ほか の予定。