201702 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:07:00 平均起床時刻:11:26

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

02月25日

起床時刻:14時20分

02月11日

起床時刻:14時30分

平日の寝不足を補うようによく寝た。

今朝の夢。
隣の市を走る国道を駅に向かって急ぐ。
最初はすいすい走るように進んでいたが、全身が重くなって進まなくなる。
辺りは薄暗い感じがしたが、時刻は11時頃を指している。
13時までに職場に行かなければならないようで焦っている。
駅の近くのある一角に土産物屋や飲食店が集まり、なぜか観光地のようになっている。
河川敷が整備されて柳の木が並んでいた。
僕は吸い込まれるように屋台のようなお店に入る。
杉材で作られたらしいテーブルに着く。
そこには母がいて、藤で編んだ籠に身欠き鰊のようなものを持っている。
僕は温かい麺とスープを注文して、そこに鰊を入れて食べる。
テーブルの上にはタッパーがあり、その中には温められた状態の木綿豆腐や煮卵がある。
ふと脇を見ると、お腹を空かせた子どもが食べたそうにテーブルの上を見ている。
僕は食べるように勧めるが、子どもはなかなか手を伸ばさない。
その子どもは、僕が幼少期によく遊んだ古い友人のようであった。

彼と最後に会ったのは中学生の頃で、その時は久しぶりに会って一緒に映画を観に行ったのだった。
何の映画を観に行ったのかは覚えていない。

日別画面へ

02月05日

起床時刻:05時30分

今朝の夢。

路線図を見ながら鉄道で岡山方面に向かう計画を立てている。
岡山近郊に「一尾」という駅があるらしく、そこへの列車に乗ることとなった。

雑居ビル群を改築してショッピングモールに変えたような場所にいる。
各店舗を狭くて薄暗い。はっきりと顔や姿は見えないが、同行者がいる。
見慣れぬブランドの商品が棚ごとにまとめて陳列されている。
奥の方にカウンターがあり、喫茶店のようになっている。
申し訳程度の鉄道模型の展示もあった。

同行者は小柄な白人男性2人。クルマに乗って出発する。
僕は後部座席に座る。
黒いドレスを着た金髪の白人女性が遠くから信号拳銃で発煙弾を打ってきた。
窓ガラスに直撃して車内に煙が充満する。

日別画面へ