20130827(火) <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 07時53分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日の気分(本文)

一日不作一日不食

すがすがしい空気の朝となった。
着実に季節は変化しているようで、昨晩は少し寒くも感じた。

週末に行ってきた讃岐うどんの店をメモとして残しておこう。
初日に行ったのが、高松市の『はりや』
海上釣堀を出て、店に着いたのが13時過ぎ。
行列はそれほどでもなく、我々が並んだそのあと2人が来たところで、全員店の中に入れられて、のれんがしまわれた。何とかギリギリセーフである。
店内はL字型のカウンターのみで18席。
お水とお茶はセルフであるが、後ろに人が並んでいる状態では、取りに行きにくいだろう。
普段は、店外に並んでいるのだろうか?
並んでいる間に注文を聞かれる。
かしわざるうどんが、お勧めとのどこかのホームページで見ていたので、これを注文する。
順次うどんを茹で上げながら、さばいているようだが、一度に上がるのは6~7人前ぐらいだろうか。
席についてしばらく待ったところで注文の品が運ばれてきた。
つやつやしたざるうどんの隣にかしわの天ぷらが5つのっかている。
さっそく麺からいただく。
長い。太く、こしがあって、箸で切るのもなかなか力が要る感じ。
少し離れたところの女の子が、つけ汁に入れるために、麺を箸に持って大きく手を振り上げている。
頭より高く上げても、麺の尻尾は見えてこない感じだ。
ワキが全開となって、あまりスマートには見えない。
こんな長い麺をどのようにつけ汁に入れるのが正解がわからないが、私は盛られたうどんをそばに置いたつけ汁へと、そよそよと引きずるように移動させていく。

お腹が減っていたので、一人前では少ないかと感じていたが、このかしわが結構なボリュームがある。
5つも食べれば、それだけでお腹がいっぱいになりそう。
コシの強い麺にかしわ天を食べて、満足して店を出る。

コメント

(コメントはまだありません)

コメントする

名前: