201705 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:06:30 平均起床時刻:07:24

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

05月31日(水)

起床時刻:05時09分[いま起きた]ボタンで記録されました。

05月30日(火)

起床時刻:08時39分[いま起きた]ボタンで記録されました。

05月29日(月)

起床時刻:08時15分[いま起きた]ボタンで記録されました。

05月27日

起床時刻:09時17分[いま起きた]ボタンで記録されました。

05月25日(木)

起床時刻:07時35分[いま起きた]ボタンで記録されました。

05月24日(水)

起床時刻:05時02分[いま起きた]ボタンで記録されました。

05月23日(火)

起床時刻:07時08分[いま起きた]ボタンで記録されました。

05月22日(月)

起床時刻:06時21分[いま起きた]ボタンで記録されました。

05月21日

起床時刻:06時55分[いま起きた]ボタンで記録されました。

05月20日

起床時刻:07時56分[いま起きた]ボタンで記録されました。

05月19日(金)

起床時刻:08時14分[いま起きた]ボタンで記録されました。

05月18日(木)

起床時刻:08時28分[いま起きた]ボタンで記録されました。

05月17日(水)

起床時刻:05時05分[いま起きた]ボタンで記録されました。

05月16日(火)

起床時刻:06時56分[いま起きた]ボタンで記録されました。

吹き抜ける風が気もち良い季節となってきて、5月ももう半ば
晴れの日が続くこの頃は、アウトドア活動にも絶好の時期

先週末は、筱見四十八滝から八ヶ尾山まで歩いてきた!
水量が少ないためか、滝の印象はあまりなかったけれど、低山ながら鎖場、ロープに変化のあるコースで楽しめた。
あまり人が入っていない山なのか、八ヶ尾山からの下りは、テープとGPS頼り。
地図だけでのルートファインディングは、なかなか難しそうなところであった。

明日は、朝活のあとからバーベキュー懇親会!
今週末は、八ツ淵の滝から武奈ヶ岳へ!

夏から秋の企画も決まってきた。
夏と秋の2回、東北企画を実施できるか?
6月と7月には、沖縄へ!
9月は、スリランカ!
まず、来週はソウルへ!

効率的な仕事ぶり、充実した私生活、まさにキャリアウーマンか!

日別画面へコメントする

05月15日(月)

起床時刻:07時39分[いま起きた]ボタンで記録されました。

05月14日

起床時刻:07時20分[いま起きた]ボタンで記録されました。

05月13日

起床時刻:07時58分[いま起きた]ボタンで記録されました。

05月11日(木)

起床時刻:09時01分[いま起きた]ボタンで記録されました。

05月10日(水)

起床時刻:05時03分[いま起きた]ボタンで記録されました。

05月09日(火)

起床時刻:09時17分[いま起きた]ボタンで記録されました。

雲が広がる朝
気温も上がり、過ごしやすくなってきた
しかし、すぐに蒸し暑くなっていくんだろうなあ
季節の移り変わりは、思いのほか早いもの

ゴールデンウィーク後半は、特にどこへ行くでもなくゆっくり過ごした
そんななかでも旅行の問い合わせが、いろいろ飛び込んでくる
そろそろ、次は夏休みの計画に入っているのだろう
それに、直前の問い合わせもここのところ結構ある
できる限り承っているため、明日あさってと言った案件もあって、なかなかに忙しい

山の企画は、9月頃までの企画が決まってきた
どれも実現させたいところだが、まずは石垣島に渡嘉敷島、隠岐諸島の離島企画!
東北弾丸企画は、蔵王に月山のフラワートレッキング!
秋には、鳥海山にも行っておきたいところ!

さて、海外企画は、スリランカに台湾、ハワイを実現できるかどうか?
来年のキャンピングカーツアーも要検討!
2018年のゴールデンウィークも、並びはいいからなあ♪

日別画面へコメントする

05月08日(月)

起床時刻:08時35分[いま起きた]ボタンで記録されました。

05月07日

起床時刻:08時53分[いま起きた]ボタンで記録されました。

05月06日

起床時刻:07時50分[いま起きた]ボタンで記録されました。

05月05日(金)

起床時刻:10時39分[いま起きた]ボタンで記録されました。

いい天気が続くゴールデンウィーク
今年のゴールデンウィークは、前半の北アルプス・唐松岳登山だけで、後半の予定はすっかり空いてしまった!
まあ、久しぶりにゆっくりするのもええかなと思うけど、こんないい天気に家の中に引っ込んでいるのも、もったいないなあ
明日は、天気は下り坂のようだけれど、日曜日には回復しそうなので、出かけてみようか!

4月末に行った唐松岳では、カミナリに打たれると言う経験もしてきた。
登り始めは、それほど悪化するような天候ではなく、途中では晴れ間さえも見えていたけれど。
唐松岳登頂を果たし、30秒も経たないうちに雪が吹きつけ、猛吹雪となるように、一気に天候が悪化!
トレースもあっと言ううちに消えていくところを、何とか唐松岳頂上山荘までたどりつく。
吹き付ける風に雪はやみそうになく、雷鳴が聞こえる。
メンバーの一人が先に下りているとのことで、下山を決意。
昼過ぎであったが、まだまだこの時間帯では登ってくる人ともすれ違う。

下山の足を速めるも、雷鳴は近づくばかり。
ピカッ!と光った瞬間にポールを投げ捨て、地面に突っ伏し、カミナリが落ちないことを願うばかり。
周りの登山者も同じような行動をとるため、空が光った次の瞬間には、多くの人が横たわっている感じになる。
もう大丈夫か?と思い、頭を上げたところで、再びピカッ!と光り、バリバリバリと恐ろしい音が響き渡る!
生きた心地がしないとは、このようなことか!
何が怖いって、この脅威が迫ってきているのがわかりながら、逃げることができないことだ!
一人逃げようとすれば、まさしくそれが標的ともなりそうな感じ!

それでも、雷鳴が遠くに行ったと思ったところで、じりじりと下山を続ける。
八方池を過ぎ、八方池山荘までもう直ぐとなって、ようやく気持ちにも余裕が出てきたところに、ピカッ!と光ったかと思うと、アタマに衝撃を受け、地面に倒れこんでしまった!
カミナリが落ちたのか?自分は生きているのか?
確かにアタマに衝撃は受け、カミナリが落ちたようだが、痛みもない。
後ろを振り返ると、一緒に歩いていたメンバーも、大丈夫のようだ。
全員が、同時にカミナリに当たったようだが、それほどの衝撃ではなく、小石があったような感覚だろうか。

ほうほうの態で、八方池山荘までたどり着き、ようやく人心地つく。
同じように、直ぐ後ろを歩いていた3名グループも、カミナリが落ちたとのこと。
直撃ではなかったので生きていられたのであろうが、なんとも恐ろしい体験であった。
もう二度とは味わいたくないもの。
キャンプで宴会をする頃には、すっかり笑い話となっていたものだが。

翌日は、すっかり晴れ渡って青空が広がっていた!
山には、いい天気の日に行くべきだ!

日別画面へコメントする

05月04日(木)

起床時刻:05時27分[いま起きた]ボタンで記録されました。

05月03日(水)

起床時刻:04時53分[いま起きた]ボタンで記録されました。

05月02日(火)

起床時刻:06時48分[いま起きた]ボタンで記録されました。

05月01日(月)

起床時刻:07時00分[いま起きた]ボタンで記録されました。