201808 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:07:00 平均起床時刻:07:44

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

08月20日(月)

起床時刻:09時00分

昨晩もなかなか寝付けず、仕方ないので『地球移動作戦』を読み進めた。
寝付いてから、気づいたら朝9時だった。

『3ステップでしっかり学ぶPython入門』を読了し、Wikiにメモをまとめる。

ジムへ運動に出かける。
有酸素運動の負荷を若干落としたものの、運動、入浴後の体重は61.8K。
増量のため、夕食はまた外食に出かける。
不健康、不経済な気がするものの、どうしようもない。

『聖書男』より
悲しいときや物事がうまくいかないと思うときは、まわりを見て、困っている人がいたら、行って助けなさい。そうすれば、きっときっと、君の問題は解決する。約束しよう。

日別画面へ

08月19日

起床時刻:08時30分

ここ最近、連日、就寝1-2時間の間に目覚めてしまう。その後、なかなか寝付けず、7時以降に起床する日々が続いている。
うつ症状の一つでもあるらしいが、気づかない間に疲れているのか、何か他の理由があるのか。

『3ステップでしっかり学ぶPython入門』を読み進める。ジムでの入浴を挟んで、外食に先、散髪の待ち時間も読書し、半分過ぎ程度まで読み終えた。
返却期限までには読了し、まとめることができるだろう。

昨日、体重が62.5Kだったので、運動は無し。
ジムでの入浴後の体重、63.5K。うまく調整できるていると思う。

帰宅後、散髪に出かける。
髪を切ってもらっている間の会話の時間が心地よかった。

たまっているAmazon Vineレビューをこなす。
1件、レビューを投稿する。

『超限戦』より
作戦方向の多くは、相手が全く予測できない領域と戦線を選び、打撃の重心はいつも相手に大きな心理的動揺をもたらす部位を選ぶことにある。

日別画面へ

08月18日

起床時刻:09時00分

昨日同様、過ごしやすい気候。
どうやら、この天候は明日まで、20日から暑さが戻るらしい。

怠惰になり切れば、その反動で意志力も回復するかと、基本的に食事以外は寝て過ごす。
『人生を半分あきらめて生きる』を読了。

ジムへ運動に出かける。
運動の負荷はいつも通り。
『3月のライオン』シーズン1を観終わる。
運動、入浴後の体重、62.5K。やはり体重が減り続けている。

体重回復も兼ねて、以前から気にかけていたお店へ外食に出かける。
量が多いと聞いていたが、デフォルトの分量が他所の1.2倍程度。

外食後、ついでに買い物に出かけて帰宅する。
リステリンと制汗スプレーは、他店のほうが安いかもしれない、と買わずにおく。

『人生を半分あきらめて生きる』のメモをTumblrに記録する。

『「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー』より
希望は知性から生まれる。

日別画面へ

08月17日(金)

起床時刻:07時45分

気温は30度を超えているものの、湿度は低く風もあり、秋も近づいたかのような気候。
風が強く、ホコリが舞い、布団も干しにくいのだが。
昨晩は扇風機も付けなかった。風を除けば快適だった。

毎晩、深夜2-3時ごろに一度目覚める。仮眠の影響なのか、うつ病症状なのか分からない。
目覚めた後、しばらく眠れないときがある。
無理に眠ろうとして無駄にするのではなく、何か効率的な時間の過ごし方を見出したい。

副鼻腔炎の症状を診てもらうために耳鼻科へ行く。
結局午前中は、これだけで消化してしまった。

午後、『人生を半分あきらめて生きる』を読み進める。
仮眠の後、ジムへ運動へ出かける。
『3月のライオン』を観ながら有酸素運動する。

夕食後、『よしもと新喜劇』を観て過ごす。

何かタイミングが悪いというか、期待とズレることが多いことに気づく。
・寝坊しそうになる。
・睡魔に襲われる。
・入浴後、体重を測るのを忘れる。
意思決定のリソースが落ちているのかもしれない。

母から、実家に戻るのであれば祖母のマンションに移ったらどうかと連絡がある。
ありがたいのと同時に、申し訳ない気持ちになる。

『組織を強くする技術の伝え方』より
頭の中を同じにする
Aさんの頭の中にあるものがBさんの頭の中に入り、BさんがやったことがAさんがやっていることとほぼ同じ状態になることを「伝わった」とすると、技術を伝えるときに最も大切なのは、Bさんという伝えたい相手の頭の中を、Aさんという伝えたい技術を持っている人の頭の中といかに同じにするかということです。

日別画面へ

08月16日(木)

起床時刻:07時45分

7時には目覚めるものの、予定がないが故の怠惰さからか、2度寝してしまう。ベランダに打ち水するためにも、何とか8時前に起床する。

予定がない、加えて、やりたいこともない、という状況は常に怠惰を伴う。朝食を食べ、情報収集を終えると、仮眠しようとしてしまう。

『人生を半分あきらめて生きる』を読み進める。半分を読み終えることができた。
速読できる文章ではあるものの、無意識にでも関心をそそられるものがあるのか、ゆっくり文章を目で追ってしまう。

昼食後、『シュタインズゲート』を観る。

いつもと気分を変えて、午後はマクドナルドへ出かけて読書する。
引き続き、『人生を半分あきらめて生きる』を読み進める。
間食後だからか、最初はあまり集中できなかったが、20分後くらいから捗り始める。
4時半で切り上げて帰宅する。

夕方に見切り品になる商品があるため、買い物に立ち寄る。
巻き寿司が半額、牛乳が割引されていた。
たまたま茶わん蒸しも半額だったので購入する。

入浴のためジムへ出かける。
入浴後の体重、63.3K。間食のためか、いつもよりも若干、体重が増えている。

『結局、自分のことしか考えない人たち』より
重要なポイントは、あなたが自分の自我を超越することだ。
権力の座にある自己愛人間に最も辛い目に遭わされるのは、ことあるごとに自我を防御している自己愛に弱い人たちだ。彼らは権威全般に弱く、自分が指揮できない階層構造ではうまくやっていけない。上司が自己愛人間なら、耐えがたい惨めさを味わう。もっと害のない、自律性と権限の認められる職場に移ったほうがいい。彼らに対処するための重要なポイントは、あなたが自分の自我を超越することだ。確かな自信を持つ者(あるいは前もってプログラムされた者)だけが、この難題を克服できる。

~中略~

彼らの権力世界で生き残り、成功すら収めるのは、ぶち猫のように自我を超越し、主人に奉仕するコツを完璧に心得た者だ。多くは隠れ自己愛人間であり、他者の自尊心をふくらませ、相手に脚光を向けるのがうまく、自分はその栄光に浴して満足する。彼らは賞賛されたいという主人の欲求を途切れなく操れるために、彼ら自身も巧みに権力を手に入れ、おだてやそそのかしや暗示といった影響力を通じてそれを行使する。彼らは脅威ももたらさず、恥も誘いださず、羨望も侮辱の念も引き起こさない。もっぱら彼らをいい気持にさせるだけだ。

日別画面へ

08月15日(水)

起床時刻:07時45分

暑さは感じるものの、風が吹いて夏の終息を感じ始める。
それでも室温は30度を超え、気温は32度超に達するのだが、それでも涼しく感じるのは暑熱順化が機能しているからなのだろう。

眠気防止を忘れ、ついデザートなどを食べてしまう。実際、食べた後から睡魔に襲われるのを実感するにつけ、食べるタイミングを意識しなければと思う。

図書館で『Head First Rails』を読み進める。今日はあまり集中できず、捗らなかった。
予約しておいた『心の操縦術』の方が進捗が捗りそうだった。

図書館からの帰りがけ、8匹ほどアブラゼミが止まった気を見かける。思わずセミに見入ってしまう。
一匹だけ動き回っていたセミがいた。いずれの求愛行動も成功せず、しかしながらいろいろなセミへ果敢にアタックを繰り返す。見ていて飽きなかった。

買い物をして帰宅、その後、仮眠。
仮眠後、ジムへ入浴に出かける。
入浴後の体重、63.3K。運動していないのに64K台で安定しないのは、やはり消耗しているからなのだろう。

夕食後、『探偵ナイトスクープ』、『はたらく細胞』を観て過ごす。

『平常心のレッスン』より
「自己認識」の積み重ね
不快の神経システムによって、実際には起きていないことを先読みして危険を察知する、あるいは不安が明確な対象を持った場合は、「恐れ」という形であらわれます。動物で考えれば、恐れを感じながら、用心深く行動したほうが生存確率が高まるのは当然ですから、人間にもそれがあるということです。
このように、わけもなく不安になる時も、勝手に先読みして恐れを抱き苦しい状態のときも、「また、神経システムによって不安を感じさせられているんだな」と認識することで、苦痛は緩和されます。あるいは、「過去に起こったことがまた起こるんじゃないかと、先取りして恐れを感じているんだな。あのとき拒絶したことによって、また拒絶せよと命じられているんだな」と過去も含めて、認識するのです。
そうすることで不安による苦痛は取り除かれ、落ち着きを取り戻すことができます。大切なのは普段からの「自己認識」の積み重ねです。

日別画面へ

08月14日(火)

起床時刻:07時00分

面接の印象は良かった。まだ入社間もないからか、あるいは職務経歴書などの事前情報から、角度の高い白羽の矢を立てているのか、これまでの面接に比べて相当甘かったように感じた。
一方、人事担当者からは好意的ながらも、何かを考慮しているような印象を感じた。

面接に対して、これまでの熱意がないのは、就職を諦めてしまっているからか、暑さによる怠慢なのか分からない。

面接後、耳鼻科へ出かける予定だった、休診のため直接。帰宅する。
休診の情報はwebサイトには掲載されていなかったが、予約アプリに掲載されていた。
金曜日に受診する。

面接から帰宅後、仮眠してジムへ入浴に出かける。
入浴後の体重、63K台前半。昨日よりも体重が若干減っている。
金曜日に運動を再開して、様子を見る。

入浴後、買い物をして帰る。
TSUTAYAで新作を見かけたのでレンタルする。

『自分の仕事をつくる』より
仕事を買うために、いのちを売る。
“わたしたちは本当に会社に能力を売ることで対価を得ているのか?”という疑問である。

~中略

人は能力を売るというより「仕事を手に入れる」ために、会社へ通っている。そんな側面はないだろうか。

~中略

ワーカーが能力を売っているというより、会社が「仕事を売って」いるのである。
ところで、私たちが会社から仕事を買っているとしたら、そこで支払っている対価はなんだろう。
それは「時間」である。そして時間とは、私たちの「いのち」そのものである。

日別画面へ

08月13日(月)

起床時刻:07時00分

午前中の暑さはいつも通りだったが、雨のせいか、午後はそれほどでもなかったように思う。

図書館にて『Head First Rails』を読み進める。雷が鳴りだしたので、早めに帰宅する。
これは良い判断だったように思う。

雨雲レーダーを確認し、雨が激しくならないうちにジムに出かける。
2日間、体重が64Kだったので、運動を再開してみる。
ストレッチで足の筋肉が若干硬くなっているように感じたが、すぐに元に戻るだろうレベル。
入浴後の体重、63K。運動したうえでの体重なので、大丈夫なレベル。

明日の面接の準備のため、企業情報などを調べる。

副鼻腔炎の兆候が感じられるので、明日は面接後、耳鼻科を訪問する。

好きではないことでも、モチベーションを上げる質問
この好きではないことは、私の好きなことと、どうつながるだろうか?
この好きではないことをすることで、どんなメリットがあるだろうか?

日別画面へ

08月12日

起床時刻:08時45分

気温30度を超えているものの、31度程度であれば若干の涼しさを感じる。その程度には暑熱順化してしまったのだと思う。昨年に比べてクーラーの電源を入れる日は少ない。

とはいえ、今日は過ごしやすい気温だったものの、あまり有意義には活用できなかった。

『真面目なのに生きるのが辛い人』、『夢が勝手にかなう脳』のメモをTumblrに記録した。

入浴のためジムへ出かける。
入浴後の体重、64K。昨日も64Kだった。
明日は運動を再開してみようと思う。

夕食を食べながら、『はたらく細胞』を観る。

スタンドの電球が切れたので、電球補充のため買い物に出かける。

睡魔の問題について、日ごろの食事とソフト・ドリンク、アイスクリームが原因の一つではないか、と思いつく。
特にここ最近は運動をしていないので、特に糖分接種と代謝がアンバランスになっているのではないだろうか。
運動負荷と同時に、糖分接種も意識してみる。

『5%の人を動かせば仕事はうまくいく』より
ザイアンス効果
人間は、自分の目で見た回数が多ければ多いほど、対象に対して好意を抱く。

日別画面へ

08月11日

起床時刻:07時45分

いつも通りの生活時間に戻す試みに続いて、生活習慣も元に戻そうとしているが、なかなか思い通りにいかない。

まず暑さと仮眠の問題。どうしても、どこかでダレてくる。
ダレてくると、横になりたくなる。
横になるかに関わらず、睡魔への対処も問題。

気温の違いはあれ、6月ごろまで、このようなことはなかった。暑さが原因の一つであることに間違いはないが、もう一つ明らかなのは、ある程度集中できる取り組みの有無ではないか。3月まではテンプル大学、4-5月はAWS認定試験、6月ごろから弛み始め、暑さで運動をしなくなってから本格的にダレてきたという流れ。
まずは運動を再開し、何らかの取り組みを始めることではないか。

『大人もおどろく「夏休み子ども電話相談」』を読了。
レビューのために提供された本。早速レビューも投稿した。

『超限戦』より
作戦方向の多くは、相手が全く予測できない領域と戦線を選び、打撃の重心はいつも相手に大きな心理的動揺をもたらす部位を選ぶことにある。

日別画面へ

08月10日(金)

起床時刻:07時00分

いつも通りの生活時間に戻す試み。まずは成功。
起床後、ベランダに打ち水し、朝食をとる。

朝食後、『夢が勝手にかなう脳』を読了し、記録用のメモを取る。
この著者は、いつも自慢話が多いように思うが、いくつか為になる、励みになる言葉があった。

『シュタインズゲート』を観ながら昼食。その後、図書館へ出かける。

図書館にて『真面目なのに生きるのが辛い人』を読了。
時間が余ったので、手帳に関する本2冊を借り、読了する。

図書館にて調査をお願いしていた本についての報告を受ける。どこの自治体にも蔵書がなく、国会図書館より取り寄せるか、そこで借りるように、とのこと。
取り寄せの場合、ユーザーが送料を負担しなければならず、図書館内でしか閲覧できない。持ち出し、貸し出しはできないということ。

帰宅後、ジムへ入浴に出かける。今回も運動は無し。
入浴後の体重、62.8K。

夕食後、『ツインピークス』を鑑賞する。シリーズ一通りを観終わった。
個人的な解釈をブログへ投稿する。

『英雄の書』
圧倒的に上質な異質を、人は無視できない。

日別画面へ

08月09日(木)

起床時刻:10時00分

また寝坊。厳密には二度寝が原因。
原因を考えるに、夜更かしや怠慢以前に、次の2点がポイントであるように感じる。
・明け方の天気が曇り空であること
・暑苦しくなく、過ごしやすい温度であること

気温はそれほどでもなかったものの、湿度の高さのせいで暑さを感じた。

返却日が迫っているため『Head First Rails』を読み進める。
読んだ内容をWikiに記録した。

これまでネットの時間を少なくすると同時に、読書に充てる時間を増やすことを意識してきたが、目標や目的を定めたうえで、それに即した読書を続ける取り組みが必要を感じる。
知識獲得の点は置いて、目的もなく技術書を読み進めるのは若干の苦痛を伴う。効率が悪い。

入浴のためにジムへ出かける。
入浴後の体重、62.8K。

夕食後『ツインピークス』を観て過ごす。

戦略の3つの落とし穴
(1)目標を掲げただけなのに、それで戦略を作ったと錯覚する
(2)変革のシナリオやあるべき姿が無いのにそれで戦略を作ったと勘違いする
(3)戦略作成を現場、最前線に任せきりにする

日別画面へ

08月08日(水)

起床時刻:10時30分

10:30起床。何も予定がない立場ではあるものの、大寝坊は気分の良いものではない。
台風の影響で、過ごしやすい温度であることも手伝って、非生産的で勿体ない気分になる。

来週の面接準備の一環で、会社情報を調べる。
昨日の対応についての、お礼メールを送る。
リーダーシップについての確認のため、坊さんの説教動画をYouTubeで確認する。これも
面接準備の一環。

台風到来に備えて、入浴のためにジムへ出かける。
入浴後の体重、63K。相変わらず増減なし。

夕食後、Amazon vineレビューの投稿。
『ツインピークス』を観て過ごす。

『「計画力」を強くする』より
そもそも計画とは未来に関わることです。未来には不確かさからくるリスクがつきものです。したがって計画的思考は、最初から不確かさを敬遠して安全に歩くための思考ではありません。

日別画面へ

08月07日(火)

起床時刻:07時00分

台風の影響か、涼しくて過ごしやすい一日だった。

面接の打ち合わせのため出かける。
転職エージェントのサポートはピンキリだが、今回は良い担当者だった。
情報提供だけでなく、ポジティブになるような対応をしてくれる。

帰宅後、昼食のため散歩がてらマクドナルドまで出かける。徒歩10分強のところにあるお店だが、初めて出かける。
客数は少なく、心理的な余裕があるからか、落ち着いて接客してくれる安心感があった。
どれくらいぶりだろうか思い出せないほど久しぶりにビックマックを注文する。

今日も運動は無し、入浴のためだけにジムへ出かける。
体重は相変わらず63K台。

数時間、呻き、叫び続けている不審者がいたため、保護のため警察へ通報した。
30分ほど対応してパトカーで保護してくれていた。
労働に対する労いの気持ちもあるものの、面倒を押し付けてしまった後ろめたさのようなものも感じる。
浮浪者のような人たち、貧困層の人たちというのは、自分自身も同じ立場に陥る可能性がある、と考えることがあり、同情のような憐憫のような感情を覚えることがある。

『ほら、あの「アレ」は・・・なんだっけ?』より
ただ私たち専門家は、正常な働きより病気のほうにくわしいんです。アルツハイマー病に関して多くのことがわかってきたのは、正常でない状態だからです。健康な状態の知識は不足しています。

日別画面へ

08月06日(月)

起床時刻:07時00分

比較的涼しかった一日。

電気シェーバーの修理依頼のためサポートへ連絡。
すでに旧モデルで部品が提供されておらず、修理不可とのこと。残念。
あらかじめ入手しておいた新モデルを利用するため、動作検証する。

『夢が勝手にかなう脳』を読み進める。
読んでいるうちに眠くなり仮眠する。

図書館に出かけようと思ったが、エージェントから面接の連絡が入る。
数度の連絡のため図書館に出かけるのを中止。その後、仮眠。

入浴のためジムに出かける。
入浴後の体重、63K。

『「認められたい」の正体』より
自己価値の暴落による恥辱
多くの人が自らの自由を犠牲にしてでも社会秩序に従うのは、社会からの承認が自分の存在価値を証明してくれる、と心のどこかで信じているからだ。だからこそ、それが理不尽な価値観や法だと思えても、それを真っ向から否定することができない。だが、この小説のラストのように、社会秩序のほうによって裁かれるとき、自分の存在価値が社会から承認され得なかったことを思い知らされる。そのとき死の恐怖だけでなく、いやそれ以上に、自己価値の暴落による恥辱が感じられることになる。

*この小説=カフカ『審判』

日別画面へ

08月05日

起床時刻:09時00分

季節柄の暑さとは別に、隣のファミレスのエアコン稼働、その熱放出が室内の暑さに大きく影響しているのではないか、と思い始める。
お昼時、夕食頃の時刻が特に暑さを感じる時間帯、室外機の稼働音が大きい。この時間帯を室外で活動するように工夫することが、暑さ対策とQOLの向上ににつながりそうだ。

YouTubeでお坊さんの説教を流しているチャンネルがあり、いくつかのビデオを眺めて過ごす。視聴者からの相談メールに回答するスタイルでの説教だが、視聴者にも通じるような話題で、いくつか心に響く内容のものがある。

入浴のためジムに出かける。今日も運動は無し。
入浴後、そのまま帰宅せず、ジムのラウンジで読書して過ごしてみる。
『なぜ、脳はiPadにハマるのか?』を読了する。

夕食後、改めてYouTubeでのお坊さんの説教を眺める。
明日、電気シェーバーのサポートへ連絡するため、症状などをまとめておく。
シャツにアイロンがけして、一日が終わる。

『「めんどくさい」がなくなる本』より
分の最大の敵は自分
自分を責め、自分を最も多く傷つけている人間はだれかと言ったら、自分なのです。
ということは、自分をいっさい責めなくなったら、最大の敵が味方になるわけです。
そうすると、ストレスが圧倒的に減ります。そこで生まれたエネルギーは、生産的な活動に向けられます。

日別画面へ

08月04日

起床時刻:08時00分

7時に目覚めたのだが、次に気づいたら8時だった。
起床してベランダに打ち水し、布団を干す。

『まじめの罠』を読了する。
自慢話が多いと指摘されることの多い著者は、それは自身の経験を事例として挙げているだけ、と主張する箇所があるのだが、自身の経験を述べたとしても、それが一般化できる事柄とは限らない、ことを意識していないのではないだろうか。

午後、電気シェーバーの動作確認をする。
昨日から故障しており、動作不良の確認を行う。
おそらくスイッチに関連する接触不良が原因。
月曜日にサポートへ問い合わせする。

図書館へ出かける。
『真面目なのに生きるのが辛い人』を読み進める。
メモしたくなることが多く中断し、新しく借りる本を物色する。

予約ステータスが調査中の本について、調査目途を確認する。調査には申し込みから2か月ほどを要するとの回答。借りるか購入するかを判断する閾値として覚えておく。

図書館帰りに買い物をする。
スーパーでオレンジが安く販売されていることに気づく。購入する。
ホームセンターへ立ち寄り、電気シェーバーの代わりを購入する。
別のスーパーにも立ち寄り、物色する。お寿司が半額だったので夕食に購入する。

入浴のためジムへ出かける。
入浴後の体重、62.5K。体重が戻るまで、運動はストレッチだけにしようかと思う。

夕食後『ツインピークス』を観る。

『ユダヤ五〇〇〇年の知恵』より
朝寝坊して昼間酒を飲み、夕方くだらぬ話をしていれば、人間は一生を楽々と棒に振れる。

日別画面へ

08月03日(金)

起床時刻:04時30分

夜、ベランダに出てタバコを吸う。日中の暑さも落ち着いて過ごしやすい。
それでも気温は31度を超えているのだけれど。

朝4時半に目覚めた。暑さも手伝い、そのまま起床した。
『まじめの罠』を読み進める。

昨日、今日とエージェントから電話連絡があった。留守番電話を確認すると、応募した案件についてのアップデートがあるとのこと。結果が伏せられているのは不採用の連絡なのだろうと考えた。
面接依頼であるならば、その旨、メッセージを残すか、メールで連絡するだろうと思った。昨日はメールがなかったのだが、今日はメールが届いていた。面接依頼だった。

暑さによる疲れか、午後の仮眠が長くなり、入浴のためだけジムに出かけた。
入浴後の体重、62K台。運動しなくてもこの体重、運動しない判断な正解だったと思う。


夕食後、『ツインピークス』を観る。

『脳には妙なクセがある』より
ヒトという生き物は自分のことを自分では決して知りえない

日別画面へ

08月02日(木)

起床時刻:06時30分

朝、年金基金の説明を受ける。
国民年金に、任意で給付を付加するための積立の仕組み。
毎月の給付金額とほぼ同額の積立金が必要。メリットは
・節税効果
・終身の場合、どこかの時点で損益分岐を超えること。

午後は図書館で過ごす。
『3ステップでしっかり学ぶRuby入門』を読み進める。読了。

帰宅後、仮眠。
最後の会社から不採用の連絡が届いていることに気づく。
ひとまず、入浴のためジムに出かける。
入浴後、買い物をして帰宅する。

半分投げやりな気分で、夕食は外食することにした。
外食しながら考える、

今月は夏休みの時期なので、採用活動も滞る。
今月中の再就職はあり得ないので、離職期間は来月も含めて10か月に達する。
望む業務領域での再就職は、もう無理だろう。

意に沿わない仕事に就く気はないので、これからの人生は事実上、蓄えた資産を消費するだけの余生になるのだろう。
11月末までに実家に引き上げることを、具体的に考え始める。

ひさしぶりに喫煙をして、気持ちが悪くなる。

『「貧乏」のすすめ』より
欲望は楽しみの少ないものであり、苦しみ多く、悩み多く、そこには禍がはなはだしい

日別画面へ

08月01日(水)

起床時刻:05時00分

気分の悪くなる面接だった。コンサルタントという職業がいうところの「戦略」とは、具体的にどのようなことなのだろうか。
それを問う時点で、コンサルタントになるべく知見を欠いているという。仮に一般論や、面接担当者にとっての「戦略」とは何か?を問うたところで、候補者として不適切なものへ説明するだけ無駄、ということになるのだろう。
いずれについても、回答をはぐらかされるだけの筋書きだが、それもコミュニケーション力の一部とでも言うのかもしれない。
すくなくとも、たとえ求人案件を紹介されたところで、いわゆる「コンサルティング」は自ら関わるべき領域ではないことが、はっきりした。

朝の混雑を避けて面接に出かけるため、永田町駅で朝食をとる。いつもの朝駆けパターン。電車内で『お金が貯まる人が捨てた37のこと』を読み終わる。以前、一度読んだことのある本だったことに気づく。

面接からの家路、ツタヤでDVDをレンタルし、買い物して帰る。
後味の悪い面接で気分が悪い。帰宅後、仮眠。

仮眠後、ジムへ出かける。
『3月のライオン』を観ながら有酸素運動。
入浴後の体重、62.9K。運動負荷も発汗も控えめだが、食事も含めて注視する。

梅原大吾の発言
邪魔する人って世の中にいっぱいいると思うんですけど、まっすぐ歩いてる人の前に絶対に行けないんですよ。
やっぱり役割っていうか、じゃあこの今からやろうとしている
~略~
人たちの役割を俺ができるのかっていったら、できないんですよ。
~略~
邪魔をするのは嫌だったんですね。

邪魔する人って世の中にいっぱいいると思うんですけど、まっすぐ歩いてる人の前に絶対に行けないんですよ。僕は前の方にいきたいんで、どこまでも先に行きたいと思ってるんで、それをその方向性、自分の人生の方向性を変えたくないから、
~略~
邪魔はしたくないんですよ。

自分にできない役割をしてくれようとしてる人たちの邪魔をすることになっちゃうんで、それは自分の信念に反することだったんで

日別画面へ