202012 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:07:00 平均起床時刻:06:00

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

12月01日(火)

起床時刻:06時00分

軒並み1%台の上昇の中、ポートフォリオの上昇は、その半分にも満たないどころか、TOPIXの0.77%上昇をやっと半分超えるか、と言ったところだ。上昇しているだけましとは言え、完全に取り残されている。
12月は節税のために積極的に損切りする、損出しの月でもある。当然、今年パフォーマンスの悪かった銘柄が損切りされる。典型的なのはコロナによって損失を被った、あるいはそれによる社会変化によって、コロナ前レベルへの回復どころか、それ以前にも満たない市場規模へと縮小していくと見なされる銘柄が手放される。
ポートフォリオ構成銘柄のいくつかが、そのように見なされており、その売りの影響を受けているのではないか、という不安、懸念を抱いている。

借家の契約更新連絡のハガキが届いた。2年に一度の決まりきったイベントとはいえ、ただ手続きのためだけに家賃1か月分、さらに手数料として、その1/10を支払わなければならないのは理不尽に感じる。
大家側にも部屋、周辺環境を維持するためのコストを負担する必要があり、将来、部屋を出るときには改装、補修のコストも生じることを考えると、ある程度の香辛料は仕方のないこと、とも思えるのだが、いざ連絡を目の当たりにすると、いつもながら釈然としない理不尽さを感じるのだ。
手続きだけで10万円超の出費、という心理的影響もあるのだが、不思議と毎月の家賃支払いでは、何も心を動かされるものがない。銀行振り込みを通じた数字の変化だけに終始するからだろうか。契約更新手続きは現金を引き落として、手渡ししなければならない。

Kindle Unlimited3か月分が99円というので、契約した。同人誌的にKindleだけで出版されている技術書がある。それらを3か月間、読み漁るための99円はリーズナブルに感じた。
一般書籍でもKindle Unlimitedの対象であれば読み放題なのだが、読みたい本は基本的に対象外だ。定期的に読みたい本を記録しておき、ある程度溜まったところでスポット契約して、読み漁るのが経済的かもしれない。


梅原大吾
"人間って、負けることで変化を強要されるんですよね。負けることで変わることを強いられる。

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1902/22/news028_2.html

日別画面へ