201904 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:07:00 平均起床時刻:07:54

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

04月24日(水)

起床時刻:09時00分

『マンガ 禅の思想』より
蜘蛛の糸
自分さえ助かればよいという自己中心主義的な心、その「我執」こそが地獄なのである。死後は畜生道や地獄道へ行って衆生を救うために働きたいというような慈悲心こそが極楽なのである。

https://amzn.to/2PuuoSI

日別画面へ

04月23日(火)

起床時刻:08時00分

市場は続伸だ。薄商いなので、影響力のある取引の特徴が市況に直結してしまうのではないかと思う。
切り返しの底堅さから、買い優勢の機運が高まっている気配がするものの、10連休明けを見越した仕掛けではないか、という疑心暗鬼もある。

前から行こうと思っていた上野動物園へ出かける。修学旅行生、遠足の学童に加え、外国人旅行客の数が多かった。特に珍しい動物が飼育されているわけではなく、パンダ以外の見どころのない動物園なのだが、みんな楽しんでいた。つまらなそうにしている人は誰もいなかった。

パンダを見るには行列に並ばなければならず、基本的に立ち止まらず、行列の流れに乗って観察しなければならない。行列は人気のバロメーターだが、本当の人気者はカバかもしれない。行列はできないものの、人が絶えない。

カバにしてみれば災難だと思う。観客に向かって大口を開けるのだが、あれは威嚇だ。しかし観客は喜ぶ。プールを行きつ戻りつしながら、水しぶきを上げ、勢いよく大口を開ける。カバにとっては威嚇だが、観客にとってはサービス同然だろう。
そのうちカバは水に潜ってしまい、息継ぎ以外は顔を出さなくなってしまった。きっと不貞寝だ。

天気も良く、ゆっくりではあるが数時間歩き続けた。いつもと違う気分、感覚だった。
上野動物園は、なかなか良い場所だった。


『人を喜ばせるということ』より
究極の企画
自分の人生をいかに楽しくするか
いかに自分が幸せな気分で生きることができるか
それを乗り切る手段を企画と呼びたい。
https://amzn.to/2Pr1Itq

日別画面へ

04月22日(月)

起床時刻:09時00分

頼まれていた資格認定試験のノルマ、8問を作成し終えた。今のところ1問の採否が、7月のワーキング・グループで検討されることになっている。
その他に1問が簡単すぎる、2問に翻訳上、解釈に幅が出そうということでやり直しになっている。それら3問を作り直し、他の問題とともにレビュー待ちだ。

本日のレオス市況解説で触れられたこと。真相は不明だが、テキスト材料などをもとに自動売買するAIが、何かしらの記事に反応して売りを入れ、それに機械的な売買が追随した、という話題があった。
1月3日の為替といい、薄商いの日本市場は相場操縦されやすいように思う。今週の商いをもとに、10連休明けにリターンを生む仕掛けが、10連休中に仕込まれるのではないだろうか。
https://youtu.be/08HNkUl1kVI


『心の疲れをとる技術』より
結果として人生に不満と不安を持つ

昨日に対するネガティブな評価は、次の日も、次の日も続くのだ。人生とは結局、昨日の連続で、未来は過去の延長としてイメージされる。
結果として、いつも自分の人生に不満と不安を持つようになってしまう。
https://amzn.to/2XCb0G5

日別画面へ

04月21日

起床時刻:09時00分

『脳から変えるダメな自分』より
やる気とは、行動することによって蓄積されるエネルギーである。
脳は基本的に、変化に対応して動くものだと考えてください。
止まっている状態では、目に見えている景色にも、身の回りの状況にも変化が起こらないので、脳の活動はどうしても停滞に向かっていきます。
そうなったとき、思考が影響を受けやすいのは、自分自身の感情です。しかも、往々にしてネガティブな感情に影響されます。
自分の中にある些細な不安や不快を増幅させるような方向に思考を進めてしまい、ますますやる気が起こらなくなって、身動きが取れなくなっていく、という悪循環にも陥りがちです。

https://amzn.to/2VhlAEX

日別画面へ

04月20日

起床時刻:06時00分

『超限戦』より
超手段的組み合わせ
両国が交戦し両軍が戦っているとき、特別の手段を使って、遠い後方にある敵軍の家族に対して心理戦を展開する必要はないだろうか。自国の金融の安全を守るため暗殺という手段を使って、金融投資家に対処することはできないだろうか。麻薬や密輸品の策源地に対し、相手国に宣戦布告しない限度内で「外科手術式」の打撃を与えることはできないだろうか。他国の政府や議会に影響を加えるため、専門的なロビー集団を使う運営基金を設立すべきではないだろうか。買収あるいは株式取得といった方法で、他国の新聞やテレビ局を、メディア戦の遂行に対する道具に変えることはできないだろうか。

~中略~
超手段的組み合わせが最初に超えなければならないのは、ほかでもなく、手段そのものが隠し持っている倫理基準あるいは規範原則である。

https://amzn.to/2PlQRRI

日別画面へ

04月19日(金)

起床時刻:08時00分

小飼弾
"弱かった私が強くなれた原因は、特定の誰かが、私を特定して救ってくれたからではない。不特定の誰かが、不特定の誰かのために用意しておいてくれたものを、使うことが出来たからだ。"

http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51018376.html

日別画面へ

04月18日(木)

起床時刻:08時00分

『リーダーの値打ち 日本ではなぜバカだけが出世するのか?』より
恣意的人事が変化への対応を弱める
社内政治やゴシップによって社内の組織調和が乱れるというのは、事業にフォーカスできない病気の症状としては典型的です。人間、誰しもが自分の評価や昇進について関心を持つのは当然のことなのですが、それらはなるだけ好業績やより良いプロセスの実現に直結しているべきで、必ずしも誰かのお気に入りであるとか、どこそこの部門出身だから誰々と親しいとかといったところで選抜されるべきではありません。
でも、実際には人材を判断する材料として、その組織の意思決定者が組織全体と統括し、掌握するためにやりやすい人材を脇に置こうとする傾向は多かれ少なかれ発生し、これを拭い去れないこともまた多くあるため、結果として実績に基づかない恣意的人事が組織の変化への対応力を殺ぎ、競争に対して劣後になっていってしまうのです。

https://amzn.to/2V2TsFz

日別画面へ

04月17日(水)

起床時刻:09時00分

任意継続していた健康保険を国民健康保険へ切り替えるため、その喪失届を受け取ることになっていた。健康保険組合は11日に普通郵便で投函したという。今日、やっと届いた。

消失届は基本的に再発行されない。再発行されない書類を普通郵便で発送する保険組合もどうかと思うが、在来線で1時間もかからない距離を1週間かけて配達する郵便局もどうかと思う。かなり腹が立った。

外貨定期預金の継続を今期で中止しようと思いたち手続きするのだが、外貨預金の普通口座を開設する必要があると言われる。定期預金口座とは別に貯蓄預金口座があるのだが、そちらではなく普通預金口座が必要なのだという。解約した定期預金は普通預金口座へ振り替えられるのだそうだ。貯蓄口座には振替できない。
三菱UFJ銀行のやることは本当に杜撰で中途半端だ。銀行だけの業務に限らない。窓販でMMFを購入すると三菱UFJ証券の口座が開設されるが、中途半端に連携しており、証券会社のwebサイトでは手続きが完了できず、窓口で対応を求めなければならないことがある。
毎度、腹が立つ。


『凹まない人の秘密』より
"マイナスを少しづつ減らす"
・「こんなことはどうでもいい」とは思えないだろうか。
・どんな小さなことでもいい、何かしらそれに対してできないか。
・それから逃げる方法はないか。見なくてすむ方法は?

https://amzn.to/2v91Rsf

日別画面へ

04月16日(火)

起床時刻:05時50分

『チェンジ・エニシング』より
ダイエット・プログラムの研究でわかったこと
1.どのプログラムも効果がある
2.ただし、プログラムが実行された場合に限る。
3.しかし、実行する人はあまりいない。

https://amzn.to/2XhCPDg

日別画面へ

04月15日(月)

起床時刻:09時00分

鴻上尚史
"相手を「かわいそう」と思った段階で、対等な人間関係は結べないと思います。「あなたのためにしている」と思った場合も同じです。"

https://dot.asahi.com/dot/2019040500077.html?page=6

日別画面へ

04月14日

起床時刻:09時00分

4月12日に投稿された記事がITmediaに投稿されて以来、その記事は色々なwebメディアに転載されると同時に、そこから派生する記事が次々と投稿され始めた。

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1904/12/news026.html

http://agora-web.jp/archives/2038343.html

https://www.sankei.com/economy/news/190411/ecn1904110004-n1.html
https://moetuber.hatenablog.com/entry/20190414/1555200764
https://togetter.com/li/1336908

とはいえ該当世代以外の人達が関心を示しているか、そもそも読んでいるかも疑わしい。そもそも掲載メディアを読んでいるか以前の問題として、そのようなメディアに接する世代ではない、あるいはそのような記事が投稿されるメディアに接するような生活をしていない人たちが大半ではないかと思うからだ。

私自身は、記事の筆者とほぼ同じ考えを抱いている。何もしないよりは「まし」かもしれないが、それが本質的な改善をもたらす物とは思っていないし、期待もしていない。むしろ該当世代を本質的に棄民、追いこむためのアリバイ作り、3年間の集中プログラムが機能しようが、しまいが生活保護入りの阻止=財政支出の抑制策として活用する意図ではないか、くらいの邪推をしている。

機能した場合:新たな労働力を確保。
機能しなかった場合:生活保護などの救済措置の縮小

機能した場合、正規、非正規の格差を解消しようがしまいが、新たな格差対象を作りだし、搾取対象としての「奴隷」階層を作りだす。
機能しなかった場合、自己責任論を成立させるためのアリバイ作りに利用する。過去20年間、件の世代は自分で何も状況を打破しようとはしてこなかったという前提で、3年間の集中プログラムの機会を与えても自発的に改善に動こうとしないのであれば、今後起こることは本当に自己責任の結果だ、という状況づくりに利用するのではないかということだ。

そして、こんなことも考えている。小泉内閣成立の支持層には、いわゆる低所得者層が含まれていた。小泉内閣の政策により、非正規雇用、低所得者層としての立場が拡大、固定化されたにも関わらず、彼らは指示してしまった。言い方を変えれば、踊らされたのだ。
将来の政権獲得に際し、就職氷河期世代は同様に踊らされるのではないだろうか。集中プログラムでも何も改善されなかった境遇、怨嗟を政権獲得のパワーに利用され、政権獲得の挙句、また放置される境遇に陥るのではないかと想像してしまう。


派生記事の中には酷いものもある。
https://anond.hatelabo.jp/20190411115252

現代社会を「謳歌」している多数派はバブル世代、その子供世代である「ゆとり」以降の世代だろう。景気の良い状況下に生まれ主導権を得れば、既得権者としての状況維持に勤しむ。その世代の認識や捉え方が、このように下卑て表現されるような程度ではないと思うが、しかし本質的には似たようなものではないかと思う。
景気の悪い時代の世代、その境遇は社会のせいではなく、自分たちの努力が足りない結果であるとすれば、既得権者たちは何も負担することなく、自分たちの環境を維持し、恩恵を享受できる。
実際のところ、ほぼ全ての事柄に影響する最大の要因は<運>であるにも関わらず、それによって得られたものは自助努力に帰結させてしまう。それによって成立しているのが日本社会だ。

日別画面へ

04月13日

起床時刻:08時00分

"社員は毎月給料がもらえることをあたりまえだと思っているけど、顧客は毎月お金を払うことをあたりまえだと思っていない。"

https://blog.tinect.jp/?p=12353&fb_action_ids=10206179306503787&fb_action_types=og.likes

日別画面へ

04月12日(金)

起床時刻:08時30分

"私たちは、何回面接を行っても、永遠に面接の素人です。なぜなら、自らが下した結果の9割について、その答えが分からないからです。"
http://blog.serverworks.co.jp/ceo/?p=342

日別画面へ

04月11日(木)

起床時刻:04時30分

"私たちには、自分たちに実際何が必要なのかに注意を向けるのではなく、他人が何を持っているかに注意を向けるという不幸な傾向がある"

http://mainichi.jp/premier/health/articles/20160226/med/00m/010/006000c

日別画面へ

04月10日(水)

起床時刻:09時00分

『「認められたい」の正体』より
「他人指向型」の人間
いま日本の社会においては、「他人指向型」の人間がいたるところで増えている。若い世代を中心に多くの人々が、身近な人間関係において場の空気を読み、気の利いた発言を心がけ、気遣いのある態度を絶やさない。それはつまり、自らの行動の指針を自分が信じる価値観や信念に求めるのではなく、他者の判断に委ねている、ということなのである。

https://amzn.to/2Gen8av

日別画面へ

04月09日(火)

起床時刻:06時00分

『心の疲れをとる技術』より
休むべき時期が来たら、仕事として休息する。
ポイントは、業務を並べたスケジュール表の中に、疲労回復の時間を、“あらかじめ”確保しておくことだ。
その場で、場当たり的に休むというのでは、その時の疲労感に左右されてしまう。これまで説明してきたように、疲労感は放射能のように、「感じられないもの」だ。だから、現場での判断では、どうしても休みを取り逃しがちになる。それより、目の前の作業を少しでも進めて、不安を減らそうとしてしまうのだ。
しかしそれでは、長期戦は戦えない。
休むべき時が来たら、クールに「仕事として」休息しなければならないのだ。

https://amzn.to/2OYxlKO

日別画面へ

04月08日(月)

起床時刻:08時00分

『「自分が絶対正しい!」と思っている人に振り回されない方法』より
すでにみんなから認められている人はわざわざ「自分は正しいんだ!」と過度に主張したりはしない
「自分が絶対正しい」と主張する人=認められたいのに認められていない人

https://amzn.to/2UFUfvI


ジムで走っていると、体が重く感じるときがある。それは太っているのではなく、むくみであるようだ。代謝が落ちているのか、単純に日常生活での発汗が少なくなったのか、水分が発散されないだけ、体重に反映されているのだ。

体が重く感じるときに走るとき、いつもよりも負担が大きく感じられるのは当然なのだが、それが積み重なることが、運動を避けがちになるきっかけに繋がりそうな気がする。
体が重いと感じるときは走るのではなく、バイクにすることにした。体重増による負担を抑えて運動し、発汗を促し試みだ。今のところ、この習慣は機能している。

日別画面へ

04月07日

起床時刻:08時30分

『コンサルタントの秘密』より
"自分の手助けをすることは、他人の手助けをするよりもっと難しい。"

https://amzn.to/2uTnAEG

日別画面へ

04月06日

起床時刻:07時00分

清水亮
"自分の中に信念がないままVIPと接すると、相手の言葉で簡単に考えが変わってしまう。
しかも悪いことに、自分の考えが簡単に変わってしまっているということに本人自身が気づかない。
中身が空っぽのおりこうさん一丁上がり。"



昨晩、深夜にトラブルが続き少し気が滅入った。3時前に就寝したものの、図らずも早くに目が覚めた。トラブルのワークアラウンド対応を試みる。うまくいった。
今学期最後の授業で発表の機会があった。自己効力感、達成感のようなものを感じた。帰宅後にジムで運動し、気分も回復する。
やはり自分で何かをコントロールできている状況を実現すること、それを実現するための取り組みに着手し、成功させることがポイントなのだろう。取り組んでも結果が失敗ならば、また気が滅入るきっかけに繋がる。

日別画面へ

04月05日(金)

起床時刻:07時30分

『人生に意味はあるか』より

透明な世界
彼女にこう語らせてしまう今の日本の社会のあり方について、考えをめぐらせてきました。それは、「生きる意味を実感できない社会」であり、「努力や忍耐が報われない社会」であり、「合理化のあまり、豊かさに必要なものまでそぎ落としてしまった社会」であり、「心の溜めが利かない社会」でした。
この世界がただ、「端的に空虚」に映っている若者たちの特徴は、見知らぬ人や「仲間」以外の人への共感性の著しい低さと、それゆえの攻撃性のとめどなさです。

~中略~

すべてが空虚で、はかなくて、中途半端な刺激だけが、漂っていて。
先が見えなくて不透明、なのではありません。どこまで行っても、もう何もないことが見えてしまっている。ただ、意味を剥奪された「現実」だけが、むき出しのまま露呈されている。どこまで行っても、あまりにも透明な世界です。

https://amzn.to/2FSLa9G

日別画面へ

04月04日(木)

起床時刻:07時00分

『変な人が書いた人生が100倍楽しく笑える話』より
4つの門
第一の門:困ったことは起こらない。人の機嫌を取るのではなく、自分の機嫌を取る。
第二の門:出し切る。自分の能力を出し切る
第三の門:徳を積む。自分の周りにいる人たちの心を明るくしてあげる
第四の門:たましい力。勝負をやめる。
https://amzn.to/2UimCka

日別画面へ

04月03日(水)

起床時刻:09時00分

つらい現実に対して我々が出来ること
つらい現実に対して我々が出来ることは、三つしかない。

現実を変える
自分を変える
逃げる

これは難易度順でもある。最も難しいのは、現実を変えること。次に難しいのは、自分を変えること。そして最も簡単なのは、逃げること。

http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51031057.html

日別画面へ

04月02日(火)

起床時刻:09時00分

『夢が勝手にかなう脳』より
一つ上の抽象度で物事を認識するクセ
人と会うとき、個人を個人と見ない。人類と認識する。

https://amzn.to/2TQjYx7

日別画面へ

04月01日(月)

起床時刻:08時00分

『生きづらさはどこから来るか』より
"今に生きる狩猟採集民としての私たちには、狩猟採集時代にしていた狩りや採集といった仕事がなくなった現代社会では、極端な話、「すべき」仕事などなくなってしまっているのです。"
https://amzn.to/2FOQUlN

日別画面へ