20201124(火) <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 09時45分

今日の気分(本文)

ひふみを除くベンチ―マークが、軒並み2%台の上昇の中、ポートフォリオの上昇は1%台。そもそも構成銘柄個別の上昇率が1%台か、それ未満と低く、2%台を越えて上昇している銘柄は構成比率が低く、結果としてポートフォリオ全体の成長が低く抑えられている。

年初来からの平均上昇率と標準偏差を比較する。
TOPIX 0.02% 1.48
日経225 0.06% 1.70
さわかみ 0.04% 1.48
ひふみ 0.08% 1.25
ひふみワ 0.09% 1.76
ポートフ 0.02% 1.38

ポートフォリオはTOPIXよりも低リスク、高リターンと言えるが、その分、日経平均や他のアクティブファンドに上昇率で大きく劣っている。
ここには配当は含まれていない。それでも、自分でリスクとをって運用していながら、リスクの点においてTOPIXを若干上回る程度であるならば、安心のためにはTOPIXだけ買っていても良いのではないか、とも言える。
同じくTOPIXよりも低リスクありながら、上昇率が高いのが、ひふみ投信だ。単純に比較できるものではないが、

ほとんど何もしていない素人1人⇔多数のプロフェッショナルによる共同作業

として、ここまで差が出る。TOPIXを1とすれば、さわかみは2で、ひふみは4だ。プロフェッショナル同士でも差が開いている。
これら対照的な運用者による成果として、特に自分自身の運用は、「TOPIXより低リスクで同等の成長率の運用は上出来」とポジティブに捉えることもできれば、「さらにパフォーマンスを上げる余地があるのだから、もっと労力を注ぐべき」、端的には手抜きである、とネガティブに捉えることもできる。

昨晩からトリすき鍋うどんを始めた。簡単、手軽に調理できて、おいしく食べられるのが良い。食べる際に、ポン酢などの調味料が不要なのも、低コストで良い。

ひさしぶりに寝坊を体験した。8時頃だと思っていたのが、気づいたら10時手前だった。原因の一つは天候。これまで雲一つない晴天続きで、曇天の暗さを明け方程度の時間帯に勘違いしていた。
加えて、時間間隔が少々おかしくなっているようだ。何となく1時間程度、感覚が前後しているような気がする。夕方の昼寝から目覚めたときもそうだった。朝は一度、8時頃に時計を確認し、次に9時ごろかと思えば10時手前だったり、夕方6時頃かと思えば、5時直前だったり。

寝坊と曇天、少し寒くなった気候のせいもあってか、何もやる気が出ず。実際にはやる気がありものの、何も着手できていない。見て見ぬふりをしているわけでもなく、逃げているわけでもなく、目の前にあるのが分かっていながら、最初から何も着手する気がなかったような、後ろめたさなくほったらかしにできる気分、これは何なのだろうか。


『諦める力』より

全力で試してみた経験が少ない人は、「自分ができる範囲」について体感値が無い。あり得ない目標を掲げて自信を失ったり、低すぎる目標ばかりを立てて成長できなかったりしがちである。
転ぶことや失敗を恐れて全力で挑むことを避けてきた人は、この自分の範囲に対してのセンスを欠きがちで、僕はそれこそが一番のリスクだと思っている。

https://amzn.to/3m49N6Z