201901 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:07:00 平均起床時刻:08:40

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

01月01日(火)

起床時刻:09時00分

20年ほどテレビなしの生活を続けている。それ以前はテレビっ子と呼ぶには度が過ぎるくらいの執着で、ケーブル・テレビの見たい番組は全て録画するような感じだった。全て見る時間があるわけないのに。

今晩は、その時の感覚がよみがえる感じがした。年末年始のニコニコ生放送はロシアに熱を入れている。シベリア鉄道の車窓中継、クレムリン宮殿やロシア大統領専用機のドキュメンタリー、そしてロシア正月歌番組『青い灯』の独占放送。シベリア鉄道と青い灯が裏番組同士だったのだ。
20年前と違うのは、2つのウィンドウを開き、ミュートを切り替えながら視聴できること。

ロシアの正月歌番組は、最初はそれほど期待していなかった。物珍しさ半分、若干バカにしたような気持ちもあったのは正直なところだが、そんな気分は途中から払拭された。日本人の感覚からすると、少々強引、開けっ広げのエンターテインメント。

歌と歌の間は必ずシャンペンで乾杯。飲んでいる場面は映らないのだが、とにかく乾杯を繰り返す。歌手、楽曲紹介、字幕すらないのだが、お祭り的な気分がとにかく伝わってくる。ニコニコ動画特有のコメントが、その雰囲気をさらに煽る。
きっとロシア人たちは、日本のネット民がそんな楽しみ方をしているなどとは想像もしていないのではないか。

あと30分ほどで終わるようだ。興味のある人はちょっと覗いてみてほしい。

http://live2.nicovideo.jp/watch/lv317627145?ref=grel

日別画面へ

01月02日(水)

起床時刻:12時00分

昨晩、就寝しようかという時に消防車が集まってきた。火災ではない、というアナウンスはあったものの、何が起こったのかは気になるもので、そのまま起きて事態を見守っていた。何かの救助、あるいは確認だけだったのかもしれない。解散するかのように、消防車は1台ずつ帰っていった。
そのせいもあってか起床したのは今日のお昼だった。

三が日はニコニコ生放送が奮っている。サバンナ野生動物ツアーの生中継をやっているのを知り、シベリア鉄道との両建てで見ている。
このような番組が放送局ではなく、ネット企業の企画レベルで実現してしまう世の中だ。テレビ受信機が不要なだけでなく、放送局も娯楽の点においては一定の役割を終えてしまった存在なのかもしれない。

新年初日の相場、上海は4年2か月ぶりの安値。NYも下げて始まっている。明日の市況の影響もあるとはいえ、4日の日本市場は翌日から週末なので、取引量は少ないだろう。明日までの市況が率直に反映されやすいだろうと予想する。


みうらじゅん
"そうだね。でもあるんだよ。自分が気になってないことや、自分があまり好きじゃないことにあるんだよ。好きなことにはもうないよ、きっと。"

日別画面へ

01月03日(木)

起床時刻:10時00分

中国市場は下げ、NYも売りで始まり。為替はフラッシュ・クラッシュのある展開。
特に薄商いの市場は、勢いがつくと一方向へ突っ込みやすい。アップルの下方修正がきっかけという意見があるが、適当な後付けではないかと思う。あまりに恣意的、短絡的な見解ではないか。

iPhoneの販売台数鈍化は市場とは無関係に分かり切っていることの帰結だ。とにかく高すぎる。
初代iPhoneの価格は、最新機種の半分以下だった。androidも一部機種の価格は上昇しているものの、リーズナブルな選択肢もある。iPhoneにはない。
Appleはブランド商売に切り替えたので、リーズナブルな選択肢は中古市場にしかない。誰でも買える高級品は、一部の人にしか買えない高級品になっていく。あるいは一度買った端末の買い替え期間が長くなる。市場とは関係なく、販売台数が鈍化する背景はあったし、それは分かり切っている結果だったはずだ。

三が日は昼3時からニコ生のシベリア鉄道を付けっぱなしだ。夜7時ごろからバイカル湖畔を走り出し、午前0時前くらいまで湖畔の風景が続いた。終盤、高台からの眺めは絶景だった。高解像度で鑑賞できないのが残念だった。


『マンガ 禅の思想』より
食べて、睡る
禅宗では「平常心是れ道」とし、日常生活を平常心で過ごすことが大事だとする。そして「平常心(当たり前の心)」とは、「不染汚の心」「真心(真実心)」「絶対心」であるから、日常的な仕事にしても食べたり寝たりする場合でも、「汚染心」「妄心(虚妄心)」「相対新(分別心)」などを起こさずに、「無心」になってそのことに「なりきる」ことが大事である。

日別画面へ

01月04日(金)

起床時刻:07時00分

今週1日だけの市場は予想通りの展開。思った通りならば空売りすれば良いのだが、分かりやすい展開には、それに応じた仕掛けもあるだろうと、踏み上げを恐れて手出しできなかった。
踏み上げはそれ程でもなかったが、やはり次は上がるのだろう。先物は続落しているものの、上海市場は上昇し、NYも上昇で始まっている。月曜日は買戻しも入るのではないか。
ベンチマークとの騰落率比較では、日経もファンドも-2%強ところ、ポートフォリオは-0.23%。一日信用で空売りしていればプラスだっただろう。

朝、まずジムに出かけて入浴。ジムの入り口で営業開始の行列ができているのを初めて見た。1週間、座りっぱなしで運動なしの生活の結果、体重は64.4K。
夕方、改めてジムで運動。ストレッチするだけで血行が良くなり、体が温まってくるのを感じた。年末から筋トレの重りを5K増やした。1週間ぶりの手ごたえも変わらず。今日は調子がよかった。
入浴後の体重は63.5K。体重減の原因は発汗による脱水だ。


『ブッダにならう 苦しまない練習』より
「自信を持つ」ことは危ない。
「自信を持つ」ことは、実は危ないことではないでしょうか。
何かができたから、自分を評価する。誰かが賛同してくれたから、自分を評価する。すると嬉しく思える。アレもできたら、さらに自分を評価しよう。自信を持つということは、そうやって自分に「条件付け」をしていくことになるのです。そうすることで一時的な安らぎを得られるのですけれども、それが本当の安らぎかと言えば、そうではありません。
なぜなら、「よくできたら、自分を認められる」という条件がついているので、「できなかったら、認められない」と、自分を常に脅迫しているようなものだからです。

日別画面へ

01月05日

起床時刻:08時00分

昨晩(5日深夜)、ブログを投稿したためか、日記のことをすっかり忘れていた。

https://impsbl.hatenablog.jp/


2年前のMSNニュース記事より
"高額なものはお金を出せば買えるが、品質のいいものは目利きがないと買えない"

日別画面へ

01月06日

起床時刻:11時00分

昨晩(6日深夜)も、日記の投稿をすっかり忘れていた。ニコ生のシベリア鉄道放送を見ていた。

夜11:30頃にモスクワ到着の映像が流れ、そのままモスクワ・レポートが2時間ほど続いた。担当者は7日間、電車に乗り続け、モスクワ到着直後からレポートを始める。
・駅周辺のモスクワ市街
・モスクワ・カルチャー・センター(お土産市場)
・赤の広場
・クレムリン
・モスクワ市街を見渡せる丘
到着日夜にはアエロフロートで日本へ向かうというハードワーク。
https://twitter.com/takeshikubota_

年末年始、ほぼ在宅で過ごしたものの、退屈を感じることなく、気分もニュートラルから陽性に、楽しく過ごせたのはこの番組があったからこそだった。
コメントの多くがシベリア・ロスについて触れていた。それはとてもよく理解できる。今日で終わってしまう寂しさみたいなものを感じた。


『自分をいかして生きる』より
仕事というより労働
仕事は収入を得ること、つまりお金を手に入れることとほぼ同義になってしまって、生気を失いがちだ。しかし、そもそも主にお金のために、かつ言われたことを言われたとおりやることは仕事なんだろうか。僕の感覚では、それは仕事というより、労働という言葉のニュアンスに近い。

日別画面へ

01月07日(月)

起床時刻:09時00分

『ユダヤ五〇〇〇年の知恵』より
"朝寝坊して昼間酒を飲み、夕方くだらぬ話をしていれば、人間は一生を楽々と棒に振れる。"

日別画面へ

01月08日(火)

起床時刻:10時00分

籠って本を読もうかと、近所のマクドナルドに向かったのだが、気が変わった。そのまま3Kほど歩き続けて、これまで一度も出かけたことのない地域まで散歩した。
20年ほど住み続けた地域だが、まだ出かけたことのない領域がある。数駅先の場所とはいえ、基本的には駅の周辺しか知らないのだ。駅から離れた場所、自動車や自転車、バスが交通手段となる地域には、特別な用事がない限りは出かけることがない。

3K先にはマルエツがあり、その2階には品揃えの充実したホームセンターがあった。少し買い物をして、往復6Kの散歩から帰宅。テイクアウトしたバーガーキングのセットで、少し遅い昼食で済ます。相場が安定している日は、気持ちにも余裕がある。

マザーズ指数の上昇には、先週までの下落に伴う追い証売り一巡が反映されているようだ。とはいえ、追い証売りの決済日は証券会社により異なる。1営業日後に清算するところもあれば、7営業日後もある。
米中協議の進展期待が反映されたセンチメントの回復も一要因だとは思うが、背景が不安定であることに変わりはない。「日本株を含めたグローバル株式の底入れを示すものだ」という発言は怪しいと思う。
https://www.msn.com/ja-jp/money/news/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%A0%AA%E7%B6%9A%E4%BC%B8%E3%80%81%E7%B1%B3%E4%B8%AD%E4%BA%A4%E6%B8%89%E6%9C%9F%E5%BE%85%E3%82%84%E5%86%86%E9%AB%98%E4%B8%80%E6%9C%8D%EF%BC%8D%E8%BC%B8%E5%87%BA%E3%82%84%E8%B3%87%E6%BA%90%E9%96%A2%E9%80%A3%E6%A0%AA%E4%B8%AD%E5%BF%83%E3%81%AB%E4%B8%8A%E3%81%92/ar-BBRWQHI


『新しい株式投資論』より
"博打とシャブ(覚醒剤)は、他人にやらせるもので、自分でやるものじゃない。ヤクザが、自分でやってどうする!"

日別画面へ

01月09日(水)

起床時刻:09時00分

木村佳子
"「ときめかないものは捨てましょう」とこんまりさんもおっしゃっているわけですが、ゴミを捨てられない人はまさにゴミにときめいているわけです"

日別画面へ

01月10日(木)

起床時刻:09時00分

『1分間の日記で夢は必ずかなう!』より
"他人に言われた正論や理屈で人が動かなように、自分が自分に対して命令する正論も自分を動かすことはできない。"

日別画面へ

01月11日(金)

起床時刻:09時00分

『持たない幸福論』より
"なんでもいいから何かをやって、それで何かやった気になって満足する、ということの繰り返しが人生"


以前から試してみようと思っていたプログラミング言語、C#への取り組みに着手した。最初に初心者向けの本を一冊、昨日から読み進めていた。言語の記述スタイルは、これまでに触れた言語とそれほど変わらず、クラスやライブラリの追加学習で使いこなせるくらいの感覚を覚えた。

今日は運動はお休み、というか実質サボりだ。
その影響もあってか入浴後の体重は63.8K。

日別画面へ

01月12日

起床時刻:10時00分

ホセ・ムヒカ
"質素なだけで、貧しくはない"

日別画面へ

01月13日

起床時刻:05時00分

スティーブン・r・コヴィー
"本当の意味では、自分の身に起こる出来事によって傷つけられるのではない。自分がその状況を容認するという選択によって、傷を受けるのだ。"

日別画面へ

01月14日(月)

起床時刻:08時00分

ニコニコドキュメンタリーの安楽死特集は、かなり突っ込んだ内容で印象的だった。民法では採用の難しい話題を取り上げるだけでなく、現地生中継で安楽死マシンの開発者にインタビューし、視聴者のコメントから質問を拾うなど、ネットならではの取り組みだった。
明日は海外ドキュメンタリーに続いて、社科学者、刑法学者らの討論がある。
http://nicodocumentary.jp/

C#の初心者向け本を3冊読み終わる。文法と基本的な事柄はマスターできた。これまでに触れたことのある言語と、ほとんど変わらない内容だったことに驚かされた。いっそVisual Basic.Netから乗り換えても良いかもしれない。


『ビクトール・フランクル 絶望の果てに光がある』より
"人間は常に、真っ暗闇のステージにいて、何ものかから視線を注がれている"

日別画面へ

01月15日(火)

起床時刻:07時30分

『脳には妙なクセがある』より
シャーデンフロイデ
シャーデンフロイデ(他人の不幸を喜ぶ感情)が紛れもなく脳回路に組み込まれた感情であることを示しています。どんなに表面をつくろって同情する素振りを見せたところで、他人の不幸を気持ちよく感じてしまう本心は、根源的な感情として脳に備わっているわけです。

日別画面へ

01月16日(水)

起床時刻:10時00分

もともとメイ首相はEU残留に投票したものの、他候補者の辞退から首相になった経緯がある。離脱案をまとめる苦労を考えると、よくやっているのだろうと思う。
離脱合意期限は3月29日なのだが、総選挙したとして新離脱案を仕上げる時間的猶予はあるのだろうか?UKは権謀術数の国でもあることを考えると、離脱なき合意がもたらすリスクをカードに、何かを狙っているのではないか?とも考える。

市場は、離脱合意案の否決を織り込み済みで、何も影響はなかった。とはいえ、どこまでがコンセンサスなのかは分からない。合意なき離脱によって生じる混乱、その影響もコンセンサスだろうか?
これまでEU圏内の入国審査、物流の関税手続きは実施されていない。離脱の場合は、これらを実施しなければならなくなる。またロンドンは相対金融取引の中心地である。市内で取引を完結できない混乱が、市場に飛び火することはないだろうか。
合意なき離脱の結果、これらを混乱なく収集できるだろうか?この混乱と、それによって生じるリスクを盾に、UKは何かを狙っているのではないか?というアイデアが浮かぶ。


『気持ちが軽くなるストレス・コントロールの技術』より
ストレス耐性を高める方法
①心理的コントロール
認知を変えて、ストレッサーを驚異的とはとらえないようにしてしまう

②身体的コントロール
ストレス時の身体反応を平穏時の身体状態に置き換えることで、心理的平穏を得る

③行動的コントロール
行動を変えると、それにつれて心も変わってきます

④環境的コントロール
他人からの支援を受けるとか、環境を変えるとか、生活を変えることなど

日別画面へ

01月17日(木)

起床時刻:09時00分

一昨日からGoogle Analyticsを触っている。ブログのアクセス解析のためだ。juicerというサービスの障害が長期化しているため、その代替手段として集計レポートを作成しようとしたのが、当初の目的だった。想像よりも使いやすくレポート作成後にダッシュボード作成に凝り始めてしまった。

本来は誰がどこから、どのページを参照しているのか。そして検索エンジン以外でたどり着いたのであれば、それはどこからだったのか、を知るだけでよかった。
参照できる項目を眺めているうちに、ブログ読者の環境について調べてみることを思い立った。
Windows PCからの接続が過半数なのだが、ブラウザはChromeが過半数だったのが意外だった。ビジネス・アワーに企業から接続している人たちが多いため、Windowsが多数派なのは想像していたが、ブラウザはInternet ExplorerかEdgeだと想像していたのだ。


『人生に意味はあるか』より
私が死んだあとの世界を想像する
「『私が死んだあとの、この世界がどうなっているかを想像してみよ』と言われたとき、たいがいの場合、私がいなくなって悲しむ家族の姿や街の様子などを、死んだはずの私が雲の上から覗き込んでいるというシチュエーションで、われわれはそれを想像しがちである。しかし、残された家族の姿を覗き込んでいる私というものが、この世界以外のどこかにいるのならば、『私の死』は実は起きていないことになる。ここは重要な点なので、注意しなくてはならない。『私の死』とは、『私が死んだあとのこの世界の様子をどこかから覗き込んでいる私』という存在すらも完全消滅してしまうことなのだ。そのような事態において、なおかつ、この世界がこの私と無関係に存在を続けるとは、どういうことを意味するのか。ここに一つの究極の問いがある。」
「私が死んだあとのこの世界の様子をどこかから覗き込んでいる私」という存在すらも完全消滅してしまうこと―。この事態に思いを寄せるとき、思考が止まり、静かな沈黙が訪れます。

日別画面へ

01月18日(金)

起床時刻:09時00分

ブログを書いていたら、余談で思いがけず時間を取ってしまった。
https://impsbl.hatenablog.jp/entry/TheEarthIsRound


『聖書男』より
飛び込んで行って初めて奇跡が起こるんだ。それも、ごくたまに。
紅海割りというと、みんな『十戒』を思い浮かべる。チャールトン・ヘストン扮するモーセが杖を上げて、水が引いたあのシーンを。ところがミドラシェによると、事情が少し違う。モーセが杖を上げても海は分かれなかった。エジプト軍は迫ってくるし、海は動かない。そのとき、ナフショフという名のヘブライ人が海に入っていった。ナフショフは足首までつかって歩いた。それがひざになり、腰になり、肩になった。水が鼻の穴にまで達したとき、ようやく水が分かれた。つまり、飛び込んで行って初めて奇跡が起こるんだ。それも、ごくたまに。

日別画面へ

01月19日

起床時刻:09時00分

『何歳まで生きますか?』より
"世の中のために何か役に立つことは、まあたぶんこの先もないだろうって思ってて。役に立つこともないんだったら、あとは自分が主体的に楽しむしか生きのびる術がないんですよね。でもやっぱり主体的に楽しむっていうことは、それなりに面倒くさいことも引き受けていかなきゃいけないですからね。"

日別画面へ

01月20日

起床時刻:03時00分