201906 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:07:00 平均起床時刻:07:54

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

06月30日

起床時刻:09時00分

夕方、ジムへ出かけるまでは確率統計の復習。帰宅後は宿題のRとPythonのプログラム。
私はRの方が慣れているので、Rを先に作成して、それをもとにPythonを作成する。

Pythonは日頃、使用していないので慣れていないのは仕方ないが、その記述方法が直観的ではないように感じる。また、ありそうな機能が用意されていない、という意外なところ足を引っ張られることがある。あるはずだ、と思ってパッケージやモジュールを探してしまうのだ。今回はF検定ができるモジュールがないのか、探し回って必要以上に時間を取られてしまった。


『勝負論』より
"世の中は、思い通りにならない。"
世の中は、思い通りにならない。むしろ運に左右されないほどの圧倒的な実力差があるような状況のほうが、特殊なのだ。
特に勝負の世界では、頑張ったから勝てるはずだ、という発想はおごっているし、危険だと思う。自分がどんなに頑張ろうと、レベルが上がれば上がるほど、つまらないことで無慈悲に負けさせられる。それをいちいち真正面から受け止めると、自分の精神状態が不健全になる。

https://amzn.to/2Xf3GUY

日別画面へ

06月29日

起床時刻:06時30分

今年も前半が終了する。


『一生お金に困らない「華僑」の思考法則』より
"時間を持つ=選択権を持つこと"

https://amzn.to/2RMMikz

日別画面へ

06月28日(金)

起床時刻:08時00分

通いの美容室にて飛び込みでの受付では、本日分受付終了になることが毎月続いていた。今回は電話予約することにした。電話予約でも、当日予約はいっぱい。数日後の朝一番を予約することにした。今日が、その散髪当日だった。

人手不足だと言われているが、美容室も同じだった。店舗の事情は分からないが、人が減っているだけでなく、美容師のなり手もいない、新卒採用も厳しい様子だった。
非正規雇用についてはともかく、人手の足りないところへ人材を派遣するビジネスというのは当分、安泰なのではないかと思う。

今回の有酸素運動でも、YouTubeの講義を見ながら挑戦してみた。やはり調子が良い。


『置かれた場所で咲きなさい』より
"時間の使い方は、いのちの使い方です。"

https://amzn.to/2RKuoij

日別画面へ

06月27日(木)

起床時刻:08時00分

06月26日(水)

起床時刻:08時30分

前回同様、YouTubeで統計講義を見ながら有酸素運動してみた。体の重さが負荷と感じなかったのは前回から変わらず。一方、発汗は前回より少なめに感じた。とはいえ、入浴後に体重を測ると63kg、前回よりは消耗していたはず。

今日は天候の良さも手伝って、良好な気分だったので、体調にそれほど意識を取られなかったのかもしれない。明日以降、梅雨の天候に戻ると同時に、金曜日からは30度越えが予想されている。なるべく消耗しないよう、心掛けたい。


『僕たちは知恵を身につけるべきだと思う』より
人が自立するというのは、言い換えれば「孤独になる」ことです。
人が自立するというのは、言い換えれば「孤独になる」ことです。人に何でも決めてもらって、責任を全部背負ってもらって、与えられた仕事だけを淡々とこなしていく。言っては何ですが、それでは赤ちゃんと変わりません。

自分の意志で決めたことを、自分の意志でできる。権限があること、自由に決められることに感謝すべきではないでしょうか。

https://amzn.to/2XcpCAj

日別画面へ

06月25日(火)

起床時刻:07時30分

『ウェブはバカと暇人のもの』より
ネットとの幸せなつきあい方
本当に能力や根性のある人間は、インターネットがなくても必ず評価をされるし、「機会がないから私はこれまでダメだったんだ」「夢さえあればいつかは叶うはず」などと言わない。
~中略~
「ネットがあれば、私の才能を知り、私のことを見出してくれる人が増える」と考えるのはやめよう。
~中略~
「ネットはただ単にとんでもなく便利なツールであり、暇つぶしの場である」とだけ考える

https://amzn.to/2ZRjeLH

日別画面へ

06月24日(月)

起床時刻:08時30分

2日間運動しなかったので体が重く、有酸素運動はきつく感じるだろうと身構えていたら、何のことはない、不思議と丁度良い負荷だった。入浴後に体重を測ると45kg丁度だったので、発汗により失われた重量を考慮しても、運動前の体重は重かったと思うのだが、体の重さが負荷と感じなかったのは筋力が上がったのか、単純に何かの気分の問題なのか。

今日は、いつもと趣向を変えてYouTubeの統計講義を見ながら有酸素運動してみた。体の重さに加えて、頭を使ったり、ペースに合わない調子の動画は、必要以上に運動中の負担を増やすのだが、これもまた不思議と、運動のペースに合う具合だった。


『平常心のレッスン』より
同じような状況に立たされなくても、心理的な不安が襲ってくる
あることに失敗して、その瞬間にとても興奮して、「うわあ、いやだ、ダメだ」と思ってノルアドレナリンの回路を活性化させてしまうと、それと同じような状況に立たされるたびに、同じ神経状況が自動的に再現されるようになります。ノルアドレナリンが条件反射的に分泌され、「はい、苦しいですね、回避しなさい、逃げなさい」という指令が、好むと好まざるとにかかわらず下されるようになるのです。
さらには、同じような状況に立たされなくても、似たような情報を見たり、聞いたりしただけで、心理的な不安や恐怖が襲ってくることもあります。ノルアドレナリンが自動的に活性化して、身体と心がつらい状況をつくるのです。

日別画面へ

06月23日

起床時刻:08時00分

湿気、空気によるだるさは、相変わらず克服が難しい。何もやる気がしない。何かを始めても、疲れやすくさせるのか、そのような気分が醸し出されるのか、長続きしない。挙句、仮眠してしまう。

意志の力にも限界があるので、温泉感覚でジムのお風呂に出かけて、やることリストを一度リセットする感覚でリフレッシュするも、その後の用事で帰宅すれば眠くなる。
自分で作業するのは止め、強制的にインプットできるYouTubeの講義を視聴しても、やはり眠くなる。そして、やはり寝てしまう、ということになるのだ。


『禅的シンプル仕事術』より
いい意味で現実から逃げる。
ただ頭に浮かんだことはそのままとどめず流してください。マイナスのことが浮かんでも、とりあえず今は頭にとどめないようにして、いい意味で現実から逃げてしまうのです

https://amzn.to/2J0eegQ

日別画面へ

06月22日

起床時刻:05時30分

朝早く目覚めた。講義から帰宅してから仮眠すればよい、とそのまま起床した。

毎年受け取るフリー・ステイ・ギフトは、年によっては使わず、無駄にしてしまうことがある。今年は無駄にしてしまわないよう、特別な用事もないのに予約してみる。
浅はかだったのは、ギフト券の起源は意識していたにもかかわらず、周辺環境に事を意識していなかったことだ。具体的には夏休みシーズン、追加料金が必要な期間、あるいは受付停止期間だ。結局、希望通りの日程では枠が埋まっており、希望順の低い日程で予約することになった。

空気は、相変わらず湿気を多く含んでいる。湿度計がHIから下がらない。不快だ。


『ほら、あの「アレ」は・・・なんだっけ?』より
拮抗的多面効果
人生のある段階では有益だった遺伝子が、のちに見当はずれな形で害をおよぼすようになるということです。

~中略~

年老いて起こる変化の多くは、若いときには必要だったけれど、もう用ずみになった機能が関係していると考えられます。

https://amzn.to/2J48VwQ

日別画面へ

06月21日(金)

起床時刻:07時30分

温度はそれ程でもないが、空気は湿気を含んでいる。湿度計もHIを表示し続けている。湿度が90%を超えているということだ。この空気のまま、これから気温も上昇していくのだ。不快な季節が始まった。これが10月までの、3か月間半、続くのだ。

教材の表現、用語の用い方は大変重要な要素の一つだ。例え教材が提供する情報だけでは理解に到達できなくても、その表現、用語でインターネット検索することで、より深い理解につながる情報にたどり着くことができる。
もし表現、用語が適切でなければ、検索で適切なクエリーを提供することができず、結果としてより理解につながる情報を見つけることも難しくなる。
加えて、時間までも浪費するし、気分も悪くなる。教材の開発者、執筆者は、このようなことを意識して作業しているのだろうか。


『自省録』より
"名誉を愛する者は自分の幸福は他人の行為の中にあると思い、享楽を愛する者は自分の感情の中にあると思うが、もののわかった人間は自分の行動の中にあると思うのである。"

https://amzn.to/2MZ7zIV

日別画面へ

06月20日(木)

起床時刻:07時00分

朝、明るくなる時間が早まってきたせいか、目覚める時間も早くなってきている。きっと原因はそれだけではなく、就寝時刻と周期が関係しているはずだ。最近、毎晩2時に寝ている。

今日は物書きに費やす時間が多かった。就寝同様、これも何か周期のようなものがあるのかもしれない。ノリと言うのか勢いというのか、レビューにせよブログにせよ、書こうとする動機が強い一日だった。こんなブログを書いた。
https://impsbl.hatenablog.jp/entry/PriceStabilityTarget


『人生に意味はあるか』より
空虚感はより身体的レベル、実感レベルの欠落
現代人の抱える空虚を克服しうるには、観念的な答え、「観念(物語)としての生きる意味」では不十分である。なぜならば、多くの人が抱える空虚感はより身体的レベル、実感レベルの「欠落」であって、したがってそれを克服しうるには、やはり、観念ではなく、実感レベル、身体レベルの充実(濃さ)が必要だ

https://amzn.to/2ZBaCZy

日別画面へ

06月19日(水)

起床時刻:07時30分

『人を喜ばせるということ』より
"彼をいろいろな仕事の場へ連れていき、相手に挨拶をするとき、「うちの作家です」って紹介してます。まだ来て1か月くらいなのに。
でも、作家だと紹介されれば、相手はそう思う。あとは本人が成長できるかどうかにかかっています。"

https://amzn.to/2WNVWEA

日別画面へ

06月18日(火)

起床時刻:07時30分

『小さなチーム、大きな仕事』より
"一度エゴとプライドが出てくると、悪びれずに考えを変えることは難しい。体面を保ちたいという欲求が、正しい選択をしようという欲求をしのぐ。"

https://amzn.to/2KoNtFX

日別画面へ

06月17日(月)

起床時刻:07時30分

梅雨以降、本格的に秋を感じられるまでの期間が、1年で最も不快で嫌な季節だ。今年はまだ不快な経験をしていないどころか、昨日から大変過ごしやすい天候が続いている。
日差しが強いのもの、風が少し冷たく、空気も乾燥している。大変心地が良い。

とはいえ、体は着実に暑熱順化に向かっているようだ。ここ数日、昼寝をするようになった。意識する程度ではなくとも、何かが原因で疲労が生じているのだろうか。

3月下旬以降、副鼻腔炎対策で抗生剤を飲み続けていた。今日の診察で、抗生剤の投与は終わった。レントゲンを確認すると、副鼻腔の状況は改善しているのだが、後鼻漏というのか、鼻から喉に伝わる部分の不快感は続いている。


『自分をいかして生きる』より
センスがいい
「センスがいい」というのは文字通り感受性が良好であるということだが、その力がまず最初に向けられる先は、外部ではなく、何より自分の内面だ。

https://amzn.to/31NFVCi

日別画面へ

06月16日

起床時刻:07時30分

梅雨の合間の晴れ間と言うには、過ごしやすい一日だった。

昨日やらなかった分の運動をする。最近、膝の調子が悪いので、有酸素運動は気を遣う。スピードを維持しながら歩数を削減するため、少し大股に歩いてみた。

英語配列のSurface Type Coverを入手した。Amazon.comで格安で販売されている新品を見つけたもの。今週、金曜日に届く予定だったものが、今日、届いた。
先日、紹介のために投稿したブログに、質感などを伝えるための写真を追加掲載する。
https://impsbl.hatenablog.jp/entry/SurfaceProTypeCover


『脳を最適化すれば能力は2倍になる』より
"「なに不自由ない生活」ではドーパミンが出ません。「満足した生活」を得てしまうと、それ以上の目標設定や目標達成ができなくなります。"

https://amzn.to/2Ily5rR

日別画面へ

06月15日

起床時刻:07時30分

早起き、講義、仮眠して本の半分を読書してガルパン。
充実した一日だったが仮眠の時間は、本来ジムに出かけるはずだったのだ。


『自分をいかして生きる』より
"考えてもわからないことは、いくら考えたところでわからない。さらに言えば、考えて・わかったところで、力が出ないことははじめられないし、つづかないんじゃないかということを思う。"

https://amzn.to/2XOlin1

日別画面へ

06月14日(金)

起床時刻:07時00分

『脳を鍛えるには運動しかない!』より

ストレスの役割は記憶を形成し呼び起こすこと
余分なものをそぎ落とすと、人間にもともと備わっているストレス反応は、危険に集中する、反応を起こす、将来のためにその経験を記録する、という三つに絞られる。おそらく、この将来のための記録というのが知恵なのだろう。科学者たちは最近になってようやく、ストレスの役割は記憶を形成し呼び起こすことだと気づき、そう説明するようになった。ストレスのそのような役割を探求していけば、ストレスが私たちの世界認識になぜ、そしていかに、大きな影響を及ぼしているかが解き明かされていくだろう。

https://amzn.to/2IHgRnz

日別画面へ

06月13日(木)

起床時刻:10時00分

ベイズの学習は、機械学習適用直前までを理解するところへ到達したように思う。
なぜそれが学習機能、予測機能を持つのか、まで理解することができた。
学習機能については繰り返しの計算と、都度のデータ更新によって実現されていることが分かった。
予測機能を理解するためには、予測分布(確率)の計算を理解しなければならない。次の未踏領域だ。

宛てなく、地図無しで続けている勉強だが、前進している感じがする。


『自省録』より
人間の魂が自己を損なうのは
第五に、自分の行動や衝動をなんら一定の目的に向けず、でたらめに、関連なしに、なんでもおかまいなく力を注ぐ場合。

https://amzn.to/2ReLapN

日別画面へ

06月12日(水)

起床時刻:08時00分

先週の金曜日から、ベイズ推論の学習で夜更かしが続いている。
ハマっているとか、面白さがあるわけではないのだが、理解できそうで、しきれないところが長引かせる原因だと思う。疲れや眠気が無ければ、ずっと続けられそうな感じだ。
結局、今晩も3時前までやってしまった。


『「うつ」とよりそう仕事術』より
"睡眠時間は6時間がいいとか、7時間がいいとかいわれますが、記録するべき重要なポイントは、本当に6時間なら6時間寝続けられていたのかを把握することです。"

https://amzn.to/2Ib4EIY

日別画面へ

06月11日(火)

起床時刻:08時00分

怠惰に過ごした時間を定量化できないだろうか。その浪費した時間の勿体なさを痛感できる形で。

例えば一日の行い毎に、消費時間を記録する、という方法がある。読書に何時間、テレビに何時間、ネット・サーフィンに何時間...といった具合だろうか。
確かに怠惰に過ごした時間を直接的に表現することはできるのだが、その時間を見て確かにもったいない、無駄にしてしまった、と痛感できるほどの印象を感じさせない。もっと勿体なさを痛感できるような表現方法はないだろうか。

例えば図書館で本を借りる。返却の度に、途切れなく求める本を借り続けられるよう予約し、本を途切れさせないとする。ある時、怠惰に過ごしてしまったがために、中途半端に読書した状態で本を返さざるえなかったとき、その怠惰な時間が本何冊分を無駄にしてしまったのか、に繋がる。しかしまだ、勿体なさを痛感するには弱い。


『真面目なのに生きるのが辛い人』より
自殺は殺人
自殺する人は、本当は周囲の人を殺したい。
「自己憎悪が外化されると自分の心の中の破壊的態度や意図はすべて他人から発せられているものとして経験される。」つまり他人が私を憎んでいると経験される。「そうなると他人に対して復讐的な態度をとるのは当たり前である。」

https://amzn.to/2Wzn3rE

日別画面へ

06月10日(月)

起床時刻:07時00分

阪急電車の吊り広告キャンペンが炎上している。阪急、JR、阪神沿線間の格差、手取り給与の話題が火種になっているが、本質的な問題は『はたらく言葉たち』から引用されている言葉の選択にあると思う。例えば次の言葉だ。

私たちの目的は、お金を集めることじゃない。地球上で、いちばんたくさんのありがとうを集めることだ。

引用では伏せられているが、これはワタミ、渡邉美樹の発言だ。このような言葉を選ぶ時点でボンクラだろう。この言葉を選んでしまう阪急広報担当者もボンクラだが、本来これらの言葉は『はたらく言葉たち』に収録されているものだ。株式会社パラドックスの企画だ。

https://www.hatakoto.jp/

炎上の理由の一つに手取り給与の話題があるのだが、パラドック社の社員にしたって、引用されている金額ほどの給与待遇ではないのだ。

https://employment.en-japan.com/desc_782062/

それでもワタミの言葉が選べてしまうのは、彼らもそれなりにボンクラだからなのだ、としか私には思えない。

もし阪急、パラドック社の担当者同士にも給与格差があるとするならば、ボンクラ度合いが同程度とするとき、これは相対的な見方だが、阪急の給与は不当に高くないだろうか?あるいはパラドック社の給与が不当に低いのか?


『自省録』より
"したがって我々は急がなくてはならない、それは単に時々刻々死に近づくからだけではなく、物事に対する洞察力や注意力が死ぬ前にすでに働かなくなってくるからである。"

https://amzn.to/2WpJiLO

日別画面へ

06月09日

起床時刻:10時00分

『日本一社員がしあわせな会社のヘンな“きまり”』より
経営者として大事なのは
セコムの年間契約料金と盗まれる金額ではどちらが高いか?
~中略~
経営者として大事なのは、算数ができることと、固定観念に囚われないことだよ。

https://amzn.to/2I4FkEf

日別画面へ

06月08日

起床時刻:07時00分

日曜日の昼前に、土曜日の日記を更新する。

土曜日は講義資料を午前4時まで読んでいた。その後、数時間寝た。
講義から帰宅したらジムに出かけて、夜はいつも通りに怠惰に過ごした。とはいえ、就寝時間はいつもより1時間程早かった。

さて、自分自身は理想的に充実した週末を過ごせた、と思っていたのだが、体は疲れていたのだろうか。はっきりと気づいたら日曜日の朝10時だった。


『ビクトール・フランクル 絶望の果てに光がある』より
人生から問われている存在
人間が人生の意味は何かと問う前に、人生のほうが人間に問いを発してきている。だから人間は、本当は生きる意味を問い求める必要はないのである。人間は、人生から問われている存在である。人間は生きる意味を求めて問いを発するのではなく、人生からの問いに答えなくてはならない存在なのである。

https://amzn.to/2WV3Lwc

日別画面へ

06月07日(金)

起床時刻:08時00分

世の中は、狡知に長けただけの世渡り上手によって運用されているのが現実なのだろう

年金では足りないから自己責任で投資しろと言う。ただでさえお金を使わない、使えない、消費低迷がデフレ要因の一つだというのに、お金が投資に回るだろうか?
アベノミクスで演出された状況ですら、投資しなかった人は多いのだ。投資に回すくらいなら、先に消費に回していておかしくないと思うのだが。

市場に目を向けると、米中冷戦やトランプ大統領の振舞いによる影響もあり、市場は安定していない。加えて少子高齢化、労働人口の減少による日本の市場縮小、低成長は確実であり、当然に市場も長期的には下落基調になる。
そこへさらに下落圧力を加えているのが消費税増税、金融引締めだ。意図的に下落を誘発させようとしているようなものだ。そんな状況で、誰が今から投資を始めるというのか?

日本の預金総額は1000兆円、タンス預金は40兆円と言われている。眠っているお金は多い。そんな預金の大半は、いわゆる高齢者のものだ。ほとんどの人は投資など経験したこともないだろう。
トランプ大統領にとってのディールの一つであった、105機のF35は1.2兆円と言われている。これは見せかけで真のディールは、日本人の預金資産を、株式市場を通じて米国へ資産移転させるつもりなのではないのか、と邪推してしまう。

長期的な労働人口減少は確実であり、すでに労働者不足として現実化している。
70歳までの継続雇用でその不足を補おうという魂胆だろうが、それは努力義務であり、企業は45歳以上からの早期退職希望を募っている。
受け入れ先が45歳以上を首切りしているところに、70歳までの雇用を受け入れさせようとして、うまくいくと思っているのだろうか?さらに継続雇用は「努力」義務だ。実現させる本気さ加減も疑わしい。

消費税増税に際しキャッシュレス決済であれば5%の還元措置が検討されている。現在の税率が8%。増税後に10%、還元されると5%。実際のところ減税だ。そもそも増税の意味があるのか?
還元は次元措置であり、結果として長期的財源になるのだとしよう。この期に及んで、増税延期、凍結、あるいは軽減と言い始めているのは単なる選挙対策か?
選挙対策であるのならば、それらは全く信用のできない出鱈目ということだ。選挙が終われば増税路線へ切り替えるのだろう。結局、消費税増税は必要だったということなのだから。ただ選挙対策の票集めとして、できもしないことを約束したということだ。
約束通り増税延期、凍結、軽減が実現したとしても、やはり出鱈目なのだ。長期的財源にする必要がないのであれば、そもそも増税は不要だったということになる。

全てが無駄で、思い付きの寄せ集めだ。


ホセ・ムヒカ
"質素なだけで、貧しくはない"

https://news.mixi.jp/list_quote.pl?sort=feedback_count&type=voice&news_id=3925275

日別画面へ

06月06日(木)

起床時刻:08時30分

首都圏も明日から梅雨入りだろうか。今日は梅雨入り直前の晴天と聞いていたので、タオルケットと敷パッドを洗濯する。
今日は夏を感じさせる暑さ。夜になっても湿気が残っている。明日の最高気温は25度と聞いているが、室温を確認する限り、そんなに下がるような気配は感じない。

この数か月、毎月の講義は同じ話題ばかリで、さすがに退屈を感じた。先月から感じてはいたのだが、何も新奇性のある話題はなかった。ただ相場の状況は、想像しているよりも先行きが暗そうだ、という印象は強かった。
ひふみ投信、5月の運用報告会でも、先行きが厳しいと予想していることに触れていた。

黙って眺めているつもりがないのならば、ヘッジ、売りの実践手立てを準備しておく必要がある。


『努力不要論』より
"妬みの感情が強くなる条件"
自分にも手に入れられる可能性があるのに、手に入れられない。でも、自分の近くにいるあいつは手に入れている。

https://amzn.to/2Wsaf6j

日別画面へ

06月05日(水)

起床時刻:09時00分

無用、必要は置いて、何かについて拘りがあること、その拘りがいわゆる多数派ではない場合、無用なコストを強いられることになる。例えばPCのキーボード、その配列だ。

最近はIT業務に携わる人たちが増えると同時に、仕事道具としてのキーボードが認知される、あるいはユーザーそれぞれの相性や嗜好が尊重されるようになったのか、選択が広がった。とはいえ、それらは通常提供されるものよりも高価なのだ。

高価とはいえ仕事道具として納得できる拘りが反映されたものであれば、価格にも納得することだろう。厄介なのがアクセサリ的に取り扱われるキーボードだ。端的にはSurface Type Coverだ。無用に高額な製品なのだが、英語配列の物を求めるとなると、さらに高額になる。
ヤフオクを物色するのだが、やはり一部に需要のある製品のようで、中古とはいいながらもそれなりの値段で落札される。

Surface Type Coverに限らず、英語版のキーボードを求めるならば、それが多数派になる市場で探してみるのは一つの方法だ。日本に発送可能な製品があれば、送料込みでも日本で購入するより安価な場合がある。

今回、たまたまAmazon.comでSurface Type Coverの安価な製品を見つけた。MicrosoftとNFLがタイアップしたもので、NFLチームのマークが印刷されたものだ。チームに何の愛着もないのだが値段が破格だった。新品なのに売値はUS$50を下回り、送料もUS$10しない。現在のレートだと6000円くらいだ。
実際、ヤフオクに出品されている中古の落札価格がこれくらいなのだ。迷わず購入した。


『ほら、あの「アレ」は・・・なんだっけ?』より
"自然の摂理が行うことは、すべて子孫繁栄のため。用ずみの私たちにかまっているひまなんかないのだ。"

https://amzn.to/2Wq4NAJ

日別画面へ

06月04日(火)

起床時刻:09時00分

朝4時ごろに目覚める。午前2時からApple WWDCが発表を始めていたので、内容を確認する。そのまま30分ほど起きていたが、当然のごとく、この時間に目覚めたらもう一度寝る。

次の目覚めたら9時だった。ここしばらく相場の状況が悪いこともあり、何もやる気が起きない。
デイ・トレードしているわけでもなく、毎日に上下は気にしないのだが、それでも下落が続くのは気分が悪い。こういう状況も機会と捉え、稼ぎに繋げられたら良いのだが、結局それはギャンブルであることが分かっているので、何も手を出しようがないのだ。
ヘッジ程度の考え方、手法は取り入れても良いかもしれないが。


『持たない幸福論』より
"生きるにおいて本当に大事なこと"
一人で孤立せずに社会や他人との繋がりを持ち続けること
自分が何を好きかを、何をしているときに一番充実や幸せを感じられるかをちゃんと把握すること

https://amzn.to/2JYgB6S

日別画面へ

06月03日(月)

起床時刻:08時00分

『自省録』より
もういいかげんで心を静めたらどうだ
ところでいったい何に対して君は不満をいだいているのか。人間の悪にたいしてか。つぎの結論を思いめぐらすがよい。理性的動物は相互のために生まれたこと、互いに忍耐し合うのは正義の一部であること、人は心ならずも罪を犯してしまうこと。また互いに敵意や疑惑や憎悪をいだき、槍で刺し合った人びとが今までにどれだけ墓の中に横たえられ、焼かれて灰になってしまったかを考えてみるがよい。そしてもういいかげんで心を静めたらどうだ。

https://amzn.to/2Wi4fgp

日別画面へ

06月02日

起床時刻:08時00分

無職になり1年半が過ぎた。
梅雨を感じさせる空気感。空気が冷たく、湿気を帯びている。


『「人生を楽に生きる8つの方法」は半分ウソだと思う。』より
般若心経の新訳を読んだ。あれもやっぱり8つの方法の言い換えみたいなもんだ。聖書だってそんなに変わらないかもしれない。ぼくらはなんで2000年も前の真理がいまだに実行できないの?

そりゃあれじゃないの?本などの論理的なものにほとんど触れないような感覚で生きている人がすごく多いからじゃないの?

https://anond.hatelabo.jp/20110820121843

日別画面へ

06月01日

起床時刻:08時00分

ゴジラを観てきた。大満足。
『シン・ゴジラ』のような「こんなの全く想像もしていなかった」的な凄さは皆無なのだが、とにかく怪獣映画の王道、迫力のある描写と、IMAXの特性を活かした見上げる、見渡す要素のコンボで、2時間ぶっ通しアトラクション的一作だった。


"Low expectation, always happy"
https://twitter.com/ken_cph/status/844273988138422272

日別画面へ