201910 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:07:00 平均起床時刻:07:57

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

10月31日(木)

起床時刻:09時00分

芙蓉燴飯、フーヨーハイハンと読むのだそうだ。日本では天津飯、あるいは丼と呼ばれている。
昨日から天津飯を食べたいと思い、今日は早めに入浴して、夕食に天津飯を食べに出かけてきた。お店や料理のグレードがどうあれ、食べたい時に食べるものはおいしいし、満足感もある。そのせいか、米飯による血糖の影響かもしれないけれども、帰宅したら眠気がすごい。


『すべての人は天に雇われている』より
"自分で自分が見えないとき、もう疲れてしまって、頑張れないとき、「そのままでいい」と慰めてほしい気持ちはわかる。
だけど、それでは何も解決しないことも本人がよく知っている。"

https://amzn.to/2JEq2GH

日別画面へ

10月30日(水)

起床時刻:08時00分

4月に神戸、三ノ宮駅前でバス事故で、運転手に実刑判決が出た。
https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201910/0012832722.shtml

この手のニュースを見るたびに思うのが、池袋暴走事故の飯塚幸三氏だ。この事件への対応は、その後どうなったのか?ということだ。何の償いもせず、罰せられることもないまま、なし崩しに忘れ去らそうとしているように感じる。被害者の署名活動などが実施されているが、全く無視も同然だ。

2週間前に雑誌FLASHが直撃取材しており、体調が良くないことについて触れている。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191017-00010001-flash-peo

また19日に、同氏がパーキンソン症候群に罹患していた可能性があると報道されている。だからどうだ、というのだろう。記事には、次の記載がある。

飯塚元院長は片脚の具合が悪く通院していた。パーキンソン症候群と似た症状もあり、医師は「運転は許可できない」と伝えていた。事故後には別の医師が、パーキンソン症候群の疑いがあると判断した。

パーキンソン症候群以前に、
・片足の具合が悪く
・医師は「運転は許可できない」と伝えている
https://this.kiji.is/557902046126605409

にも拘らず、飯塚幸三氏は自分自身の意思で運転しており、その結果があの事故なのだ。雑誌FLASHに記載されているコメント、「本当に申し訳ないということだけです。」だけで済ますつもりなのだろうか。
医師に止められていたにも関わらず、自分の意志で運転していた飯塚幸三氏だ。世間や操作がどうあれ、自分の意志で謝罪、償いをする事はしないのだろうか。

日別画面へ

10月29日(火)

起床時刻:09時00分

『考えないヒント』より
「お前、日本語読める?」
「読めるよ」
「話せる?」
「うん、話せるよ」
「聞ける?」
「聞けるよ」
「そうしたら、わからなくなったら聞けばいいんだし、標識を読めばいいんだし、質問すればいいんだし。なんで迷子になるの。お前」

https://amzn.to/2q36CUS

日別画面へ

10月28日(月)

起床時刻:09時00分

『絶対に達成する技術』より
"「立派な言葉」は「曖昧な言葉」なので、具体的に何をするのかが見えてこない"

https://amzn.to/2JpPKP6

日別画面へ

10月27日

起床時刻:08時30分

ひさしぶりに「平凡」な週末を過ごした。
起床して朝食、ゲーム、復習、ジムで入浴。
ロジスティック回帰についての理解を深めるものの、ダミー変数の回帰での取り扱いについての確認が7月以降、放置していたことを思い出した。明日はダミー変数の調査から、予習に着手する。

行動経済学に参照点という概念がある。例えばレジの順番だったり、商品の相場だったり、自分自身が「これくらい」と勝手に判断したところに基準が置かれる。現実と参照点の差によって、人は隣のレジが早ければ、想像よりも高ければ不満を感じる。これは正しいな、と感じることがよくある。
5月にHuaweiの問題がホットになり、HurweiのノートPCの値段が安くなるのではないかと、特にAmazon.comの価格を調査していた。当時の価格が底値で、現在は当時よりも高くなっている。
あの時買っておけば、と思うばかりではなく、実はさらなるガッカリがある。
当時の価格が、自分自身の参照点になってしまい、すべてのPCが割高に感じてしまう。

知識が広がるほど、その理解が深まるほど、現象を合理的に解釈できるようになるものの、感情はそのようにコントロールできない。


『結局、自分のことしか考えない人たち』より
こんにち、特権意識は、個人レベルでも集団レベルでも蔓延している。
イノベーションをもたらす最近の秘訣は「既成概念にとらわれるな」だし、ルールを公然と無視する現代のカウボーイはいまも英雄だ。それに比べ、現実に根ざす必要性は堅苦しく時代遅れに感じる。世間が好むのは、誇大感や全能感を満たしてくれ、何でも手に入る、また手に入るべきだ、という錯覚を生みだす無限の可能性のイメージだ。こんにち、特権意識は、個人レベルでも集団レベルでも蔓延している。

https://amzn.to/2qOKQot

日別画面へ

10月26日

起床時刻:08時00分

『超三流主義』より
"お金がなかったからできなかった―。こんなことを口に出すほど、みじめなことはありません。"

https://amzn.to/2MMNX8Q

日別画面へ

10月25日(金)

起床時刻:10時00分

『日本一社員がしあわせな会社のヘンな“きまり”』より
働く人間のモチベーションが低ければ、会社の儲けは出ない。
同じことをさせておいて半分しか払わないのに、パート社員が正社員と同じ気持ちで仕事すると思うか?働くわけがないだろう。

働く人間のモチベーションや幸福感が低ければ、会社の儲けは出ない。そういうことは、自分がいろいろな立場で働いたことのある人間ならわかると思うが。

https://amzn.to/31MYcOA

日別画面へ

10月24日(木)

起床時刻:07時00分

予習をして夜食を食べたら、こんな時間だ。
何かと効率が悪い。

『「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー』より
ゲームだと割り切ればこだわっても罪はない
勝ったからエラいわけじゃないし、負けたからダメなんじゃない。だからこそ思いきり勝負ができる。とにかく勝ちに行こうぜ!と。負けたら負けたでしようがないんです。もともとムダなんですから。じゃんけんに教育的意義があるなら、勝ちにこだわるとなんか下品とかいわれたりするんですが、ゲームだと割り切ればこだわっても罪はないと思います。

https://amzn.to/2JhK35I

日別画面へ

10月23日(水)

起床時刻:08時00分

何かを勉強する際に困る事の一つが、用語に関する日本語と英語の差異だ。日本語の遂になる英語が直感的にリンクせず、理解しにくいことがあるのは一番の困りごとだが、それは翻訳の問題で仕方がないことでもある。回避可能であるにも関わらず、学習上の障害になる問題と言えば、
1.ある事象について、複数の用語がある。
2.あまり一般的ではない表現を用いる。
2が厄介だ。検索の引っ掛かりが悪いだけでなく、自分が目的に沿った情報を見つけられているか判断に困ることがある。

例えば、線形回帰とベイズ推定について、こんな表現がある。
・Bayesian Linear Regression
・Bayesian Regression

これが日本語と対になる時、「ベイズ線形回帰」となり「ベイズ回帰」とは言わない。あるいは「ベイズ推定での回帰分析」のような感じで単語を分けて表記されることもある。細かい事柄だが、初学者には気になるところだ。

今日はベイズ線形回帰について予習した。ベイズの定理は条件付確率から導出される。私の感覚的な理解では、条件付確率の解釈、概念を拡大、あるいは変化させて、応用範囲を広げたものと捉えている。その考え方を線形回帰の推定に応用したものがベイズ線形回帰だ。

勉強の後はジム。フルコースで運動して、入浴後の体重はちょうど63k。昨日の予想通りだが、いつもよりも疲れたようで、夕食後は何もする気になれなかった。コーヒーのカフェインが速攻で作用してくれたらうれしいのだが。


『グズの人にはわけがある』より
自己防衛的な態度
自己防衛的な態度は自分にではなく、他人そのものに自己の意識の焦点を合わせることになる。その結果、自分は具体的になにをすれば幸せになり、日常生活を楽しめるのか、まったく見当がつかない。「ただ静かにほうっておいてほしいだけです」と彼らは言うかもしれないが、皮肉にも他人に対して、常に守勢に立つことに忙しいために、静かな生活を送れないでいる。

https://amzn.to/2pKSZcW

日別画面へ

10月22日(火)

起床時刻:06時00分

何かを始める際、思いたったところで、いきなり取りかかることができれば苦労しない。何か他のことをしながら、だらだらと過ごすうちに、何とはなく本題に着手始めるのはいつもの話だ。こういう時、机上の整理のような雑事を始めることで、脳に作業興奮を起こしてから作業に着手すると良いというのだが、だらだらと過ごしているときにやっている何かでは作業興奮は生じないのだろうか。だらだらと何をしていたかと言えば、webめぐりとtwitter投稿だ。

朝、少し停滞したものの、線形モデルの検証についての学習を進める。特にGVLMAという線形モデルの残差に注目した包括的検証の理解を深めることができた。ブログにもまとめた。
https://impsbl.hatenablog.jp/entry/GVLMA1

夕方前に少し仮眠してからジムへ入浴に出かける。今日はなぜか人が多く、5時前で浴場も混雑していた。入浴後の体重は63.5k。適切な食事量であれば、明日は有酸素運動しても体重は維持できるだろう。


『「貧乏」のすすめ』より
子曰く、君子は義に喩り、小人は利に喩る。
君子はどんな場合でも、まず「義」を考えます。それが正しい道筋に叶っているかどうかを考える。義に敏感です。それが君子・エリートです。
一方、小人は真っ先に「利」を考えます。利益になるかどうか、儲かるか否か、そればかりを考えているのが小人です。

https://amzn.to/35YmXL0

日別画面へ

10月21日(月)

起床時刻:10時00分

10時ごろに目覚め、ぐうたらにも12時までベッドに籠る。こういう日の典型的な活動パターンが次の2つだ。今日はパターン2だった。
1.何をするでもなく1日を無駄にしてしまう。
2.反省から、規律正しく、合理的に過ごす。

ブランチの後、講義の復習、予習を始める。ポモドーロ式に短時間集中の学習、休憩代わりの短時間雑務を繰り返し、夕方からジムに出かける。
昨日、入浴後の体重が63kちょうどだったことから、調整を考えて有酸素運動は無し。ストレッチと筋トレのみで、予想通り、体重は昨日から変わらず。このタイミングで有酸素運動をしていたら、体重は61~62k台を記録していたかもしれない。
有酸素運動による減量は基本的に、むくみ防止の脱水と捉え、必要以上に体重を減らさないことを心掛ける。


『「認められたい」の正体』より
それだけ人間の承認欲望は強い
「他者から認められたい」という承認への欲望は、他社の存在を抜きにして充足することはできないため、しばしば自己中心的な欲望と対立する。そして大抵の場合、承認欲望が他の欲望を凌駕し、衝動的な言動を抑制してしまう。それだけ、人間の承認欲望は強いのである。

https://amzn.to/33RMhR0

日別画面へ

10月20日

起床時刻:10時00分

昨晩の記録を忘れていた。

土曜日は講義、その後、いつもの運動をフルセット、さらに課題を当日提出と、大変調子のよい一日だった。同時に、多少の無理があったのかもしれない。睡眠時間も長かった。

こんな調子のよい一日が舞いに続けられるようになるには、どうすればよいのかと思う。勉強や作業など、座業において集中力を保つ秘訣は筋力にあると言われる。同じ姿勢を続けられるほど筋力が強いので、頭よりも先に体が疲れることがない。精神力や根性のようなものではなく、同じような理屈がるのではないかと思う。
真っ先に思い浮かぶのは持久力=体力ということだが、それだけでは不十分に思う。その欠けているものは何だろうか。

禅的に「今ここ」に集中するということはキーの一つだと感じるが、それだけでは日々、思いたったことを繰り返すことになりかねない。何か長期的な計画や目的に沿ったものでありたい。それが実に自分自身のやりたいことに繋がることであれば、毎日が充実したものになろうかと思ったところで、自己啓発のようなものに繋がってしまう。
考えるのが嫌になった。


『「計画力」を強くする』
"オーストリア人のコリン・ロスは『日中戦争見聞記』の中で、一九三九年当時の「日本の経済危機の本来の理由は、日本人がもろもろの根本的決意、決定を、最後の瞬間まで回避していることである」とし、「日本人は当座の間に合わせに終始する民族である」と続けています。"

https://amzn.to/2MY5KsB

日別画面へ

10月19日

起床時刻:07時30分

『凹まない人の秘密』より
"セレンディピティが起こるポイント"
①ありがたくない出来事が起こる。
②機転や知恵を持ってそれに向き合う
③それを思いがけない幸運やギフトに変える

https://amzn.to/2Bnn5ps

日別画面へ

10月18日(金)

起床時刻:06時00分

『ほら、あの「アレ」は・・・なんだっけ?』より
"自然の摂理が行うことは、すべて子孫繁栄のため。用ずみの私たちにかまっているひまなんかないのだ。"

https://amzn.to/2J0asVw

日別画面へ

10月17日(木)

起床時刻:10時00分

『平常心のレッスン』より
平常心を失わない一つのコツは「諦める」こと
部下として上司との人間関係で疲れないコツ、平常心を失わない一つのコツは「諦める」ことです。不公平な扱い、自夫人な命令、上司に説教される時間――それらをすべてひっくるめて給料をもらっているのだと認識するのです。一人でこつこつと仕事をして結果を出し、嫌な思いもしない、というのは不可能なことで、「支配」「被支配」という関係の中では、諸々の理不尽さ、嫌なこともひっくるめて仕事であって、それも含めたものに対してお給料をもらっている、と受け入れることです。

https://amzn.to/31pFkFe

日別画面へ

10月16日(水)

起床時刻:05時00分

清水亮
"現場から上がって来たアイデアなんて、経営者にしてみれば、他人の夢ですよ。他人の夢のためになんで自分の身を危険に晒さなきゃならないんですか。だから社長のところまで話が行く前に、握りつぶされるんです。"

日別画面へ

10月15日(火)

起床時刻:10時00分

『人工知能は人間を超えるか』より
"コンピュータが自ら特徴量や概念を獲得するディープラーニングでは、コンピュータがつくり出した「概念」が、実は、人間が持っていた「概念」とは違うというケースが起こりうる。"

https://amzn.to/33xvUJh

日別画面へ

10月14日(月)

起床時刻:10時00分

ショート・スリープの日と、ロング・スリープの日が交互に訪れている気がする。昨晩はロング・スリープの日だった。スマート・フォンとiPadの目覚ましが鳴っていたのは覚えているのだが、結局10時まで眠ってしまった。寝すぎた感じはなく、目覚めの感じは良かった。

祝日のためジムの営業時間が短く、週末以上に混雑する。ご老人たちは平日同様のスケジュールで運動するし、平日のビジネス・アワーには訪れない人たちも運動する。いつもであれば、特に3連休の月曜日に運動することは避けるのだが、今回は土日に台風の影響があったこともあり、運動することにした。
負荷は落としていたつもりだったが、また運動しすぎてしまったようだ。入浴後の体重は61k台だった。

体重を増やすために少し脂っぽいものを食べようと、運動後の食事を豚ラーメンにする。セブンイレブンへ買い物に出かけたところ、物流はまだ完全には復旧していないのだった。流通在庫との関連もあるのだろう。スナック菓子やカップ麺、生菓子の棚には一部の製品しか残っていないのだが、おせんべいやチョコレートをはじめ、その他の食品は十分に並べられていた。
弁当関係はものによるのだろうか。3時ごろと言う時間帯も影響しているかもしれないが、在庫は少なめだった。豚ラーメンは残っていた。
ちなみに、野菜を買いにスーパーへも出かけたのだが、やはりスナック菓子の在庫は少なかった。腐りにくいものと言うことで、大量に購入されたのだろうか?


『平常心のレッスン』
「自己認識」の積み重ね
不快の神経システムによって、実際には起きていないことを先読みして危険を察知する、あるいは不安が明確な対象を持った場合は、「恐れ」という形であらわれます。動物で考えれば、恐れを感じながら、用心深く行動したほうが生存確率が高まるのは当然ですから、人間にもそれがあるということです。
このように、わけもなく不安になる時も、勝手に先読みして恐れを抱き苦しい状態のときも、「また、神経システムによって不安を感じさせられているんだな」と認識することで、苦痛は緩和されます。あるいは、「過去に起こったことがまた起こるんじゃないかと、先取りして恐れを感じているんだな。あのとき拒絶したことによって、また拒絶せよと命じられているんだな」と過去も含めて、認識するのです。
そうすることで不安による苦痛は取り除かれ、落ち着きを取り戻すことができます。大切なのは普段からの「自己認識」の積み重ねです。

https://amzn.to/35yH8iE

日別画面へ

10月13日

起床時刻:06時30分

またしてもゲーム三昧の一日。年を経ると考え方も変わる。懐かしのゲームで遊んでいても、遊び方は少年時代の頃とは異なる。少年時代には考えもしなかった、より効率的な遊び方ができるようになる。

金曜日の夜から『復刻版・大戦略Ⅳ』というゲームを遊んでいる。少年時代の定石は、じっくり遊ぶには良いが、テンポも効率も悪い。
考えながら遊んでいると、色々とアイデアが浮かんで試してみたくなる。大変地味なゲームなのだが、このゲームの面白さはこの点にあったかと気づく。

https://impsbl.hatenablog.jp/entry/daisenryaku4

台風後は晴天と決まっている様なものだが、今日は格別だった。風もそれほど強くなく、布団を干すにも良い。台風により深刻なダメージを受けたところもあるだろうが、インフラ復旧に携わる人たちにとっては恵だったのではないだろうか。


『マンガ 禅の思想』より
一日作さざれば一日食らわず
働く能力がありなすべき仕事があるのは天の授けた福なのさ。働く能力がなければ必ずしも働かくともよい。これも天の授けた福なのさ。

https://amzn.to/32eiy4v

日別画面へ

10月12日

起床時刻:06時00分

またしても眠れない。朝6時にベッドを出て、そのまま過ごす。
台風上陸により、ゲーム三昧の1日。夕方まで遊び続ける。

台風の本番は夜8時から9時にかけて。その時間まで、1時間ほど眠ることができた。
降雨レーダーを見ると、先ほど通り過ぎたようだ。風は思ったほど強くはなく、前回のように肝を冷やされるようなことはなかった。窓がたわむくらい、真正面からぶつかってくる暴風ではなかったことに、ホッとした。

これから深夜は停電の心配が残っている。心配事は自宅のことから、インフラ復旧へと移り始めている。各サービス施設も、早くて明日のお昼過ぎから営業再開するのではないだろうか。


『日本一社員がしあわせな会社のヘンな“きまり”』より
職人さんが喜ぶ4つの要素
①簡単に作業できること
②早く作業できること
③上手に作業できること
④安く作業できること
これに、
⑤見た目

https://amzn.to/2VzuqLO

日別画面へ

10月11日(金)

起床時刻:10時00分

台風上陸に伴い、お昼ごろから鉄道各社が明日の運休を告知し始めた。学校も明日は休校だ。
今回、いつもと違ったのは病院の休診、ジムなどのサービス施設なども終日休業を事前告知したことだった。明日、首都圏のサービス機能は、ほぼ停止するのだろう。


中国人の友達優先順位
1番が幼なじみの「友少(ユウショウ)」、 2番目がクラスメートの「同学(ドウガク)」、 3番目が大人になってからの友だちである「朋友(ホウユウ)」 つまり、ビジネスでできた友人は、クラスメートには絶対にかないません。

https://www.lifehacker.jp/2016/03/160301inoue.html

日別画面へ

10月10日(木)

起床時刻:04時00分

睡眠のリズムが元に戻ったかと思ったら、またショート・スリープになってしまった。実際には、事実上の徹夜。仕方がないので企業分析に取り組んだり、ゲームをして過ごす。

企業分析はモノになりそうな予感がするものの、些細なところでつまづく。企業分析の情報と言えば四季報や決算資料などだが、必要な情報一式を網羅している単独の資料と言うのは存在しないのだろうか。情報さえ簡単に入手できれば、分析することだけについては簡単なのだが。
ジムに出かけるついでに書店に立ち寄り、四季報を読んでみるのだが、必要な情報の一部が掲載されていない。

台風は前回同様、警戒が必要なレベルにまで発達しているようだ。土曜日の講義は開講されるだろうか。鉄道の状況次第では通えないこともあるだろうが、現在のところ、学校の発表は開講だ。


『正しい恨みの晴らし方』より
道徳的正当化
自らの行為は攻撃的だとわかっていても、間違った相手をただすという目的の良さが手段の悪さを上回るなら、迷わず実行に移せるのです。

https://amzn.to/2AYc4L7

日別画面へ

10月09日(水)

起床時刻:09時00分

眠りのリズムが正常に戻ってきたのだろうか、2日続けて、まとまった時間眠り続けることができた。目覚ましで一度目覚めるが、眠気を感じるので、さらに眠り続けることもできる。ショート・スリープを繰り返したのは猛暑に適応した結果だったのだろうか。

株式市場は乱高下を繰り返している。長期的な下落圧力は払拭できず、兆しはすでに見えているのだが、下落トリガーの決定打に欠ける。内閣府が景気判断を「悪化」に下方修正したが、まだ不十分なようだ。米中合意が、そのトリガーになる可能性はあるものの、株価を気にするトランプ大統領なので、市場の下げに対する何らかの上げ対策を持っているのかもしれない。とはいえ、上げ下げするのはアメリカ市場であり、日本市場は関係ないのだが。

少々気になるのが、全シ連のコラムだ。個人の市場参加者が減っていることに懸念を示す内容だった。
https://www.zenshiren.jp/?p=2868

実際のところ、ここ数か月間、市場参加者も売買代金も減少しており、大口取引の仕掛けが相場に鮮明に反映されることが多い。乱高下の原因の一つだ。
興味深かったのは、都市部への人口集中と同様に、株式市場でも売買対象となる銘柄が目立つ銘柄に集中するのではないか、という話題だ。これはすでに起きているが、この傾向に拍車がかかると、将来の有望企業に先んじて投資する戦略は報われないことになる。コラムでは「市場の多様性が失われる」と表現されているが、私なりの解釈では、株式市場が正常に機能しなくなる、と考える。
いずれにせよ、将来の年金として株式市場に参加しようかという人にとって、これは追い風にはならない。ある程度考える人ならば、日本市場を投資対象にはせず、日本市場を除くインデックスを投資対象とするのではないだろうか。
実際、ひふみ投信で有名はレオス・キャピタルは、ひふみワールドと言う海外株ファンドを始めた。基準価額1万円でスタート。初日は9973円。マイナスからのスタートだ。1日間だけの短期で評価できるものではないが、海外市場も甘くはない。


『才能が見つからないまま大人になってしまった君へ』より
"富は、小さな努力が大きな成果を生むときにもたらされる。貧は、大きな努力が小さな成果しか生まない時にもたらされる。"

https://amzn.to/2IzGA2f

日別画面へ

10月08日(火)

起床時刻:09時00分

『「うつ」とよりそう仕事術』より
"ポイントは、たとえうつ病であっても「~したい」という小さな欲を見つけ出し、その「好奇心」と「興味」に近しい同好の士を見つけることです。"

https://amzn.to/31YLsFP

日別画面へ

10月07日(月)

起床時刻:09時00分

茂木健一郎
"ひとびとが、「階層」を感じるのは、お金の問題だけでなく、「知性」や「教養」においてもそうなのだと。"

https://blogos.com/article/164695/

日別画面へ

10月06日

起床時刻:04時00分

ショート・スリープを繰り返す生活が続いている。こうなると、いつを起床時刻にするのか悩むときがある。昨晩はブログを書き終えて就寝したのが確か3時半ごろ、そして4時に起床して、ブログの訂正などで時間を過ごし、6時前ごろにまた就寝。9時前ごろに起床した。

ショート・スリープを積極的に生活に取り入れようとしている人たちがいる。彼らは一日にショート・スリープを複数回、繰り返す前提なのだろうか。あるいは一度きりの短時間睡眠で十分と言うことか。後者を実現できればうらやましいが、私の場合は図らずもこうなってしまったのが現実で、正直なところ望んではいない状態だ。

ショート・スリープを繰り返す状態になって、今のところ体調に異常はないものの、気分はあまり良くない。それは、自分自身ではきちんと寝ようとしているのに眠れないということからくるもので、大丈夫なのかと心配だ。
眠りたい時に眠って、眠れないときには、やりたいことをして過ごせばよい、と開き直っても良いのだが、きっとその心配は晴れないだろう。

ブログに「はてなスター」という仕組みがある。読者がブログ投稿に星印を付ける、ちょっとした拍手や声援みたいなものだ。実際に投稿に目を通したうえでの反応であれば良いのだが、星をつけてくれた読者のブログを参照しても、どうにも該当の投稿との関連が見えないのだ。
いわゆる互助会と呼ばれる仕組みなのかもしれないが、星をつけてくれたからと言って、その返礼として、私が読者のブログに星と付けることはないのだが。
読者が「良し」とする評価や賞賛、あるいは投稿が有益だった、役に立ったことに対しての星であれば、評価システムとして良好に機能する担保になり得るのだが、言うなれば「お付き合い」的な星の付け合いは、その評価システムを形骸化させると思うのだ。


プレジデントオンライン「嫌いな部下の力を最大限に生かすには」より
"昼食をともにするのも嫌だと思う相手に対して公正な上司であることは可能なのか。"

https://president.jp/articles/-/13186

日別画面へ

10月05日

起床時刻:08時00分

主成分分析を学び終えたものの、講義は不完全燃焼だった。かなり準備して臨んだものの、発表の機会を得られなかったからだ。この熱量を消費すべく、ブログにまとめた。
ブログの健全な活用であり、健全な発散方法だと思う。
https://impsbl.hatenablog.jp/entry/PCAwithR


『ちょっと面白い話』より
立派でいることはシンドイ
彼らに会ってみると、この三十年のあいだ、少しも変わってはいなかった。
しかしその奥さんたちは、すっかり老けこんでいた。
奥さんたちはみんな立派な人たちだった。
まったくシンドイことなのだ。立派でいるということは。

https://amzn.to/35a75Vz

日別画面へ

10月04日(金)

起床時刻:05時00分

朝5時に目覚め、一度起床。そのまま起きていても良かったのだが、夕方に運動するので、6時過ぎ頃に再度就寝。
起きている間、一つtweetした。思いのほか反響があり、たった一つのtweetで3万超のimpressionを稼いだ。たまにこういうことがある。

https://twitter.com/snoozelight/status/1179851146657030144

今週は主成分分析に浸った1週間だった。夜の時間は、もっぱらこれだ。おかげで喫煙本数も増えた。
おおよその概要はつかめたので、細かい部分についての理解を埋めるよう、些細な事柄や、一つひとつの用語の意味、何を表しているのかを確認した。
この作業を通じて、行列を情報の集積とし、個々のデータについての情報量をベクトルの長さで表していることに実感を持てた気がする。


『僕たちは知恵を身につけるべきだと思う』より
"いずれも本来なら自分でやればいいことなのです。それを人に頼る。しかも過剰な効果を期待しているから「騙された!」と思ってしまう。
つまり、自分でやらないという判断をした時に、人には隙が生まれるのです。"

https://amzn.to/2nia3Gt

日別画面へ

10月03日(木)

起床時刻:08時00分

天気だけでなく、相場も気分に影響する。相場を眺めているわけでもなく、取引すらしていなくても、2%超の下落は気分が悪いし、落ち込みもする。±1%の範囲での変化は日常的なものだが、特に2%に達するダウンサイドは精神的に引っかかるものがある。

主成分分析のチャートがおもしろい。主成分分析の評価軸に対する解釈はリサーチャーに委ねられる。時に、評価に困るチャートもあるのだが、眺めていると多くを語ってくれるようなチャートもある。後者は色々な考えやアイデアが刺激されて、気持ちが高揚してくる。


『チェンジ・エニシング』より
自分がコントロールできるものに対して報いる
さらに重要なのは、正しいものに対して報いているかどうかだ。自分でコントロールできない結果に対して褒賞を与えるのは間違いだ。インセンティブは自分がコントロールできるものに対して与えられるべきで、その意味で重要行動とつないでおくのが正しい。結果ではなく自分の行動に報いるようにしよう。

https://amzn.to/2V8LHeA

日別画面へ

10月02日(水)

起床時刻:09時00分

昨日も2時半ごろまで主成分分析をやっていた。そのせいも手伝って、今日は起床時刻が遅いのだが、主犯はこれではない。iPadだ。

iPadの時計についているアラーム音が勝手に無音になっているときがある。設定されているアラームは作動するのだが、音はしない。原因がよくわからないので、Appleへfeedbackのしようもないのだ。


ホセ・ムヒカ
"私たちは、過半数によって決められる“議会制民主主義”というものを発明しました。多数派が決定権を持つ世の中。ならば、国家元首の生活も大多数の人々と同じであるべきでしょう?"

https://tabi-labo.com/222649/politics-money

日別画面へ

10月01日(火)

起床時刻:08時00分

入れ込んでいるというほどでもないが、主成分分析のチャートを眺めて考察していると、あっという間に時間が過ぎる。
ただ見て、考えるだけでなく、プログラムを操作しながらの活動と言うことがポイントではないかと思う。適宜、指先を動かすことで、覚醒を維持し続ける余蘊作用があるのではないだろうか。結局、2時過ぎまでやっている。

論理の学習から始まり、プログラムがその実践練習と言うことになるのだが、費やす時間がプログラムの方が多くなる、それもパッケージや関数を差し替えてみたり、チャートの細部を操作し始めるようになると、入れ込み過ぎではないか、と言う感覚が芽生え始めている。
そのような行動が始まる頃には、6~7割の事柄はマスターしているので、次の話題に進むきっかけと捉えると良いのだろう。


『自省録』より
"物事をその構成部分に解体して根底まで見きわめ、かように分解することによって、これを軽視するに至るべきことを忘れてはならない。同じ方法を人生前提に応用せよ。"

https://amzn.to/2on897w

日別画面へ