200908 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:04:30 平均起床時刻:06:29

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

08月31日(月)

起床時刻:07時00分

08月30日

起床時刻:07時00分

08月29日

起床時刻:07時30分

08月28日(金)

起床時刻:06時30分

08月27日(木)

起床時刻:07時30分

08月26日(水)

起床時刻:07時00分

08月25日(火)

起床時刻:07時00分

08月24日(月)

起床時刻:04時25分

夏の終わりを感じさせるような涼しい気候でした。

昨日息子と二人でプールへ行きました。
天気予報は外れてしまい、少し肌寒い天気となり
プールから出るたびに寒さで震える息子が可哀想でした。

午後から早めに切り上げ、気分を切替えて今度は娘も
一緒に近くの公園で遊びました。逆に今度は涼しいお陰で
本当に快適でした。

夜には近所の息子の仲良しさんと一緒に花火をし、夏休み
最後の週末を満喫出来ました。
ママ様方は明日から始まる幼稚園の夏季保育で
ホッとしているようです。

今週から涼しくなりそうですね。あっと言う間の真夏の日々
でしたが、これから始まる一年で一番過ごしやすい秋の季節が
楽しみです。

日別画面へコメントする

08月23日

起床時刻:06時30分

08月22日

起床時刻:06時30分

08月21日(金)

起床時刻:06時15分

08月20日(木)

起床時刻:06時35分

08月19日(水)

起床時刻:05時25分

08月18日(火)

起床時刻:06時45分

08月17日(月)

起床時刻:07時45分

今の住まいに居を構えてから9年
初めて五山の送り火をたった一人で
自宅のベランダから観ました。

一人ではさびしいかなと思いきや
TVの生中継を同時に観ながら
幻想的で厳かな炎の祭典を静かに
眺めていました。
ゆっくりと点火されて行く五山を
その一つ一つの山のしきたりなどを
TVで聞いていると、京都の歴史の深みを
改めて堪能出来ました。

この美しい風情をいつまでも心の平穏と
共に後世に受け継いで行きたいものです。

それぞれのご先祖様の魂が皆様を見守り
くださいますように・・・

日別画面へコメントする

08月16日

起床時刻:05時30分

本日京都では五山の送り火が催されます。

今年のお盆もあっと言う間に終ろうかとしています。

今に生かされている事に感謝し、謙虚な心を貫きたいと思います。

日別画面へコメントする

08月15日

起床時刻:07時00分

08月14日(金)

起床時刻:07時15分

お盆休みで父側の親族が法要を兼ねて集まりました。
1周忌の亡き叔母が一族を集めてくれているのだと思います。

幼き頃の思い出とそれぞれの現実の世界が交錯しながらも
健康で笑いながら語り合える場がある事に感謝したいです。

日別画面へコメントする

08月13日(木)

起床時刻:07時00分

昨晩、何時間寝れたでしょうか?
合計で3~4時間?

下の娘が泣き止まないと妻が
眠っている私を無理矢理起こして、
子供を寝かすよう押し付けました。

何とかあやしながら抱いていると
娘は泣きませんがベッドでは寝付いて
くれないので、体勢を色々工夫しながら
1:00~6:00の間は奮闘しておりました。

不平不満は言いたくないですが、
あまりの妻の自分勝手で理不尽な
言動は許し難かったです。
「育児放棄したい」と叫ぶほどでした。

家事と子育てだけに専念させている事が
反って彼女を苛々させるのでしょうか?

上の子の時もそうでしたが、1~2歳の子を
育てるときは育児ノイローゼになりやすいと
聞くので、やはりそうなのかもしれません。

ここは私も踏ん張り所で、言い争っても
何も温和に解決しないだろうと思います。

一番気になるのは、妻が駄々を捏ねる娘に
キツイ言葉を使うときに息子が見ている事
です。これが一番耐えられません。

しかしそんな母親でも息子にとっては大切な
母親です。
目の前での夫婦喧嘩だけは私には出来ません。

日別画面へコメントする

08月12日(水)

起床時刻:05時25分

最近、仕事に対する使命感に
熱い気持ちをいだきます。

今の自分の意識の甘さや
感謝の気持ちの足りなさから
この様な気持ちになるのだと
思います。

自分にとっても
家族にとっても
社会にとっても

誇れる存在で在りたいと
思います。

日別画面へコメントする

08月11日(火)

起床時刻:05時20分

何かを見て
美しいと感じる心
その心が一番
美しいんぜよ

すべては自分がどう感じるか
どう思うかによるんだと
最後はそこの価値観だけですね

日別画面へコメントする

08月10日(月)

起床時刻:05時30分

旅の楽しみは、
その道中にある

人生も旅なら、
その楽しみは、
日々、生きる中にあるんぜよ。


夢や目標を達成するのは大事です。

でもその過程を楽しまずして、
幸せの達人とは言えないと思います。

日常のどんな場面も様々な経験と思い
心から楽しんで人生を生きて生きたい
と思います。

日別画面へコメントする

08月09日

起床時刻:05時00分

行動しなかったら
可能性はゼロ
一番後悔するのは
行動しないことぜよ


出来るかどうかわからなくても
まずは1歩でも進む事で道は開ける事があります。

一気に物事を進めるのではなく、
まずは目的(目標)に向かって一石を投じる習慣を
身に付けると自ずとそこに近づいていけます。

日別画面へコメントする

08月08日

起床時刻:06時15分

人は「幸せ」を求めて
旅を続けているけんど
幸せと「共にいる」ことには
誰も気がつかないんぜよ

ほんとにそうでした。

五体満足なのに何か日常に不満を感じていた時が
ありました。

6年前、大怪我で初めて入院・手術をし、利き腕の
右手が全く使えなくなり、物事の視点が変わりました。

本当にこの事のお陰で色々な悟りが生まれ、人間的にも
成長できたと思います。

周りのお世話になった人からは笑われましたが、本当に
怪我をした事に感謝しています。

そして2年かかったリハビリで右手が元通りに使うことが
出来るようになり、普通に何でも出来る事に今までにない

「幸せ」を感じました。

その後、2人の子供にも恵まれ、両脇に両手で子供達と
「普通」に手を繋いで歩く事ができるだけでこの上なく

「幸せ」です。

日別画面へコメントする

08月07日(金)

起床時刻:07時00分

人は愛されている事には
・・・鈍感
愛されていない事には
・・・敏感ぜよ


昨日、私は行けなかった温泉旅行から
妻子が帰ってきました。

妻は凄く満足げでしたが、息子の表情は
そうでもなく、少し気になって旅行の事
を聞くと

「パパがいなかったから楽しくなかった」

本当は従兄の子達とハシャギ回って
楽しかったはずなのに・・・

気を遣ってくれたのだろうか。

少し胸が熱くなりました。

1歳半の娘も走り寄ってきて抱っこを
いつもより求めてきました。

何とも言えない「幸せ」がこみ上げて
きて、力が湧いてきました。

「ありがとう」

日別画面へコメントする

08月06日(木)

起床時刻:06時25分

人生は想い通り
「人生はつまらん」と思う人は
つまらない人生を生きている
「人生はおもしろい」と思う人は
おもしろい人生を生きている
すべて、自分の想い通りの人生ぜよ。

困難に遭遇したとき、「いつも何とかなる」
と思うタイプかもしれません。
本当に何とかなってきました。
自分はたまたま運が良いのだと思っていました。
でもそれは「自分の想い通り」だったんですね。

日別画面へコメントする

08月05日(水)

起床時刻:06時55分

「死んでもかまわん!
・・・ちゅうくらい
“本気”になれたら
幸せじゃのう」


仕事にかける情熱と使命感
自分にはどれ程あるだろうか

我身を顧みず人の命を救う仕事をしている人を見ると
その使命感に感動して体が震える時があります。
でもその人達だけの力では社会はよくならない。
今、自分に出来ること(使命)は何か。
社会に貢献すべき仕事が出来ているか。
日々自分に問いかけたいです。

日別画面へコメントする

08月04日(火)

起床時刻:06時30分

楽をしても
楽しくないことがあるけんど
楽しくやれば
どんなことでも楽にできるぜよ

ようやく近畿も梅雨が明けました。
まるで気候が違います。
京都は気絶するほど暑くて
興奮?します。

やっぱり何でもメリハリがある方が
気持ちいいですね。

日別画面へコメントする

08月03日(月)

起床時刻:06時45分

見て見ぬふり
をするのではなく
助けて助けなかったふり
をするんぜよ。

先日の車の縁石乗り上げを
助けた時は、出来ていなかった
と思います。

日別画面へコメントを読む(1)

08月02日

起床時刻:07時15分

どんな仕事でも
雑にすれば、雑用になる
どんな雑用でも
心を込めれば、立派な仕事ぜよ。


時々、クライアントの意識が低いと
感じるときがあります。
でもそれは単に自分との価値観の違い
だと認識しなくてはならない。

昨日に引き続き睡眠時間が7.5hです。
その日の夕刻以降の体調がすこぶる
良いのは、やはり疲れが溜まっていた
からなのでしょうか・・・

日別画面へコメントする

08月01日

起床時刻:06時30分

雨に打たれ、
雪に凍えて、
風に倒れてきた奴は、
空が晴れちょるだけで、涙が流れてくるんぜよ


どんな致命的とも思える心労も
その苦しみがあってこそと
スルーした瞬間が最高に幸せだと思います。

日別画面へコメントする