201112 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:04:30 平均起床時刻:07:06

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

12月28日(水)

起床時刻:04時40分

クリスマスイブ以来の4:40起床です。

3時間睡眠で決めた時間に起きれたのは、

「何か」自分の意志に降りてきたものがあったのか

ここ最近ではこのような起き方はなかったです。


瞑想や読書からも得るものが多く、静かな朝は

自分の心を内省・内観するには大切な時間だと

思います。

「人生を如何に生きるべきか」

「何のためにこの世に生を授かったか」

44歳にしてまだ見えていないという事は、

まだまだ「人」として人生の折返し地点に

到達していないとい事なのでしょうか。

年齢の問題ではなく、おそらく過ごしてきた

時間への意識の問題で、もっと与えられた時間

というものを大切に消化して先人者からの教えを

読書などから教授し、出会う人との「縁」に深く

感謝し、自分の存在価値が有意義な人生を送れる

ように精進したいと思います。

と思います。

日別画面へコメントする

12月27日(火)

起床時刻:07時50分

12月26日(月)

起床時刻:06時45分

12月25日

起床時刻:09時00分

12月24日

起床時刻:04時40分

ホワイトクリスマスになっている地域も多そうなくらい

冷え込んだクリスマスイヴになりましたね。

我家では一日早いクリスマスプレゼントにどんな顔をして

もうすぐ起きてくるか楽しみです。

世界中の人達に平和なクリスマスが訪れますように・・・

日別画面へコメントする

12月23日(金)

起床時刻:10時15分

44歳の誕生日を迎えました。

祝福される事はとても幸せな事なんですが、

それよりも最近は一年で一番、親に感謝する

日なんだって感じます。


自分も親となっている今、子供に対して

望む事は、ただ健康でさえ居てくれればと

いう事です。



少し贅沢を言えば、

「新しい年齢の」

「新しい自分で」

「新しい感動を」

追い求めることが

出来たなら、その事が

健康な成長の証となり、

一番の親孝行でもあると

思います。  感謝拝

日別画面へコメントする

12月22日(木)

起床時刻:07時30分

12月21日(水)

起床時刻:07時00分

12月20日(火)

起床時刻:07時15分

12月19日(月)

起床時刻:06時40分

この寒さもどのように受け止めるかで

感じ方は変わる。決して極寒ではない。

ランニングに行ってきます。

日別画面へコメントする

12月18日

起床時刻:07時00分

12月17日

起床時刻:08時30分

12月16日(金)

起床時刻:06時30分

12月15日(木)

起床時刻:06時40分

12月14日(水)

起床時刻:13時00分

12月13日(火)

起床時刻:07時45分

12月12日(月)

起床時刻:04時45分

12月11日

起床時刻:05時45分

今週末はとても冷え込みましたね。

京都の秋は例年より少し遅めの晩秋にて

紅葉の見頃を迎えています。

楓や銀杏の美しさ(逞しさ)を観ると

この冬の寒さを乗り切ろうとする必至な

営みがあるからこそ、あれだけの人を感動

させる色彩美が生まれてくるのだと弛まぬ

自然生物の厳かな存在に心が奪われてしまいます。


人生観という程の人生経験はまだまだですが、

若かりし時とは少し違う森羅万象への敬意や

感謝の気持ちが、人間としての自分の感性を

少しでも高めて行ければと思います。


就寝 23:30
睡眠 6.0h

日別画面へコメントする

12月10日

起床時刻:08時45分

12月09日(金)

起床時刻:07時15分

12月08日(木)

起床時刻:06時15分

12月07日(水)

起床時刻:06時15分

12月06日(火)

起床時刻:06時50分

12月05日(月)

起床時刻:06時00分

12月04日

起床時刻:06時00分

12月03日

起床時刻:06時00分

大分市に来ています。

子供の頃に別府にはフェリーで来たことが

ありましたが、大人になって大分県に来たのは

初めてです。

昼間はうみたまご水族館でショーをみて、

夕食は駅前の繁華街で名物「とり天」を食べました。

だんご汁を飲めなかったのですが、朝食のバイキングで

ありそうなので楽しみです。

今日は九州も肌寒かったですが、明日は晴天で気温も

上がりそうですね。

日別画面へコメントする

12月02日(金)

起床時刻:07時15分

12月01日(木)

起床時刻:07時10分