201911 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:05:30 平均起床時刻:05:10

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

11月12日(火)

起床時刻:05時00分

おはようございます。
今朝のソウルは晴れ。
気温5℃

 食卓を手に入れ、机の上が綺麗にスッキリして、気分良く過ごす朝^^

こちらに来てから入居したOfficetelには、会社の人が準備してくれた事務机が一つしかなかったので、食事も読書もパソコンワークもそこでやっていた。
おまけに32インチのTVもその机の上に置くしかないので鎮座しており、さすがに物があふれて狭くなり、整理整頓もできないので、食卓などを購入。

以前の会社の理事さんが、家具店を教えてくれたので行ってみたら、ちょうど閉店セールで持ち帰る場合50%ディスカウント!
つい欲張って少し大きい幅140cmのテーブルを買ったら、運ぶ予定の理事さんの車にはギリギリで押し込む状態で、ガラスに角があたって、車が揺れるとガラスを割ってしまいそうなため、急遽会社のAS用の大きなバンを借りて運んだ^^;

幸い室内は十分広いので、新しい食卓はちょうどよい具合に収まり、事務机と棲み分けて、ようやくスッキリ整い、使いやすくなった。
TVも専用のTV台を買うことができ、ようやく場が治まったのだった。

-----
先日部屋の暖房に欠かせないボイラーの調子がイマイチで、コントローラにエラー表示が頻繁に出るので、修理に来てもらった。

調べた結果、排気用のダクトを通る空気の流れが速すぎて、種火が消えてしまう現象が起きているとのこと。どうやって直すのかな〜?と思っていたら....!
テープはないかというので、梱包用の幅の広いテープを渡したら、なんとそのテープでダクトの半分を塞ぎ、対策完了と相成ったのであった^^;

確かにエラーは発生しなくなり、暖房に困ることはなくなったけど!?
これがうわさのケンチャナヨ対策(つまり、その場しのぎ)だな〜、と痛く感心した出来事が自分の身にも起こったので、つい記録した次第(笑)

-----

日別画面へ

11月07日(木)

起床時刻:05時01分[いま起きた]ボタンで記録されました。

おはようございます。
今朝のソウルは晴れ。
気温6℃

 気温も下がり紅葉真っ盛りのソウル、オンドルそろそろ必要かもと思う朝

先回帰国した時の帰りの飛行機について記録に留めておくべきことがある。
イースター航空に乗ったのだが、これまで60回以上日韓を往復していて初めて言われたのが、「お客様のチケットでは無料で荷物を預かることができません」で、「え〜、まさか!」と思ってよくよくeチケットを見ると、確かに帰りの便にはBAGGAGE 0PCの文字が.....!!
よく確認しなかった自分が悪いのではあるが、JTBのサイトでチケットを購入するときには、そんな注意書きも何もなく、いつもとまったく同じように手配していたので、まさに寝耳に水といった感じで驚いたのだった。
結局、荷物重量が11kgで110,000ウォンのところを100,000ウォンにしてもらい支払ったのだが、考えてみると総額3万7千円ほどかかったことになり、これではLCCを利用する意味がなくなった。

その日は天候が悪くて成田に着陸できず、一寝入りして目覚めたら、なんと関空に着陸していたというおまけつき!
えーっここで降ろされるのか?と一瞬覚悟して、新幹線やらせっかく関西に来たからには近くの友人に連絡して会おうかな、などとめまぐるしく考えていたら、燃料を給油して再び成田に向かうというアナウンス。

それで1時間ほど待ったのだが、問題が発生!
トイレの数が足りなくて、長い待ち行列ができてしまった。
まさかトイレの数が少ないなんて予想もしていなかったぜ、イースター航空!
ソウルー成田間はせいぜい3時間のフライトなので、それほどトイレ需要がないのだと思うけれど、こういう非常事態の時は別になる。
仕様を決めるときはワーストケースを考えて、というのは安全を考える場合鉄板だが、まあねぇ、そうは言ってもそうしないことがあるから問題が顕在化するわけで、最近の災害を見て、さもありなんというのが多いのと似ている。
結局なんとか間に合って、無事関空を離陸し、約3時間遅れで成田に着いた。

というようなことで、先回の帰国は人生初めてのことだらけ!!
旅はインパクトだ!よね〜、ということを身にしみて実感したのだった(笑)
(悪天候で関空に行ったのはイースター航空の責任ではなく、むしろよく対応したと褒めるべきだけど、もうイースター航空には乗らないことにしたい:あくまで個人の感想です)

-----

日別画面へ

11月04日(月)

起床時刻:05時30分

おはようございます。
今朝の白岡は晴れ。
気温10℃

 大船渡への往復、都内ウォーキングと続き、身体中が痛がっている朝^^;

10/29に帰国したのだが、31日の夜にレンタカーを借りて、11/1の未明から大船渡に向かい、残った荷物を積み込んで白岡に2日の夕方帰ってきた。
往復1060kmのドライブだった。
3日はかねてから約束していた都内紅葉ウォーキングで朝から夕方まで歩き、さすがに疲れたというべきか、昨夜は風呂に入った後、朦朧とした(笑)

-----
都内紅葉ウォーキング顛末記。

9時に東京駅丸の内北口に集合し、皇居前広場から恒例の楠公像を経て日比谷公園に向かう。
東京駅から皇居に向かうとき、今回は初めて地下道を通ったのだが、綺麗に整備されていて、両側壁面には世界各国の代表的な駅の写真が展示されており、見て歩くだけでも楽しい空間になっていた。まだ知られていないのだろうか、人通りもまばらで、落ち着いた雰囲気が心地よかった。
皇居前広場はまだ紅葉が始まっていない感じだったが、観光客はいつものように多く、ほとんどが中国人団体、ときどき日本人の団体、そしてちらほらとその他外国人。
楠公像の前に茶屋があり、いつもはそこでソフトクリームを頬張るのだが、昨日は中国人観光客が金箔ソフト(1個800円!)をつぎつぎに買ってうれしそうに写真を撮る光景が目立った。
春にも来たのだったが、そのときは金箔ソフトを注文する人を見かけなかったので、「何が変わったのだろう?」と少々いぶかしく思った。
我らは質素な日本人を代表してA教授がなんの変哲も無い、普通のバニラソフト(それでも500円)を一つ買ったのみだった^^;
数年前はソフトは300円くらいだったのになぁ〜、と嘆くばかりだ。

楠公像でいつものように記念写真を撮り、日比谷公園に向かう。
日比谷公園も紅葉にはまだ早かったが、いろいろなことがあって興味津々。
今回はいつもと異なる西側の通りを歩き、野外音楽堂のあるところから公園に入ったのだが、何やら警官が多勢いて、ものものしい雰囲気。
何事かと思ったら「沖縄基地変換」「オリンピックいらない」「安倍やめろ」といった幟が翻っており、何やら左翼の集会をやっているらしかった。
それにしても静かで全く盛り上がっておらず、少々拍子抜けの感じ。
その近くに池があり、その真ん中あたりに鶴の彫刻があってその口が天を向いた噴水になっており、勢いよく水を吹き出していて、なかなか風情があった。
その他、日比谷公会堂前ではでらんちゅうなどの品評会が開かれており、中央の噴水の周辺では山形ヌーボーまつりが開催されていた。

日比谷公園を後にして、増上寺に向かう。途中プリンスホテルを通過。
増上寺参詣。
周囲の欄干の柱の上には昔なら銅製の被せ物があることを評して、つい「今はドウか分からないね」と一言(笑)
この後は要点だけ記すことにして.....。

増上寺から麻布に向かう途上、食堂がなかなかなかったのだが、幸いにも済生会病院のなかのセブンイレブンにイートインコーナーがあるのを見つけ、とても景色のよいところで、昼食をとることができた。

途中横を通った韓国大使館の周囲は、100mくらいに渡って警官が警備していて、写真を撮る雰囲気ではなかった。いつもこんな雰囲気かな?と思った。

ようやく到着した有栖川宮記念公園、東京都立中央図書館で一服。なかなか大きな図書館でサービスもよさそうだった。広い公園と大きな図書館、この辺りに住んでいる人は本当に恵まれていると感じた。
大使館が多いためか、公園で遊んでいる子供達の国籍も多様なようだった。
麻布の大使館近辺は住んでいる人も違うのか、なんか上品な顔立ちの人が多い印象だねとA教授、確かにね〜、それは正直言って感じました^^;
公園を出たすぐのところにドイツ大使館があり、その周囲の道路に面した壁には、ひとことドイツ語がかわいいイラストとともにずらり貼ってあり、某仏人のためにA教授が一つ一つ解説。
本当はそこからさらに歩いて東京都庭園美術館(旧朝香宮邸)までゆく予定だったのだが、すでに2万歩近く歩き、ほどほどに疲れてもいたので、歩きはそこまでにして、日比谷線広尾駅からそれぞれ家路に着いたのだった。

私は5時すぎに家に着いたのだが、ちょうどその頃雨が降り始めた。
紅葉にはまだ少し早かったが、都内は歩けば数多くの発見がある、なかなか楽しいところだということを再確認した一日となった^^

-----

日別画面へ