201704 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:06:00 平均起床時刻:05:41

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

04月29日

起床時刻:05時35分[いま起きた]ボタンで記録されました。

おはようございます。
今朝の大船渡は晴れ。
気温7℃

 昨日帰国してさっそく熱い風呂、寝起きにも入ってほてりつつPCに向かう朝

結局今回の滞在期間中もシャワーだけで過ごしてしまった。
少しづつ疲れが溜まってゆくのを自覚しつつも、それゆえにサウナに出かける気力もなえて、会社と宿所の往復のみになってゆくルーチン生活(苦笑)
つらつら思い出すに、三年半の期間に韓国でサウナに行ったのは理事さんに連れられて行った一回のみだ。
日本に帰って来れば、日に二回は入るようになるのだから、平均すると二日に一回入っている勘定になる、まあ普通かな(笑)

昨日TVで在宅被災者への支援ができていない問題提起の番組があった。
家が半壊したけれど、手直しをすれば住める状態であれば、なんとか修理して住み続けたいと想うのは人情だ。
そのためにいろいろと援助する仕組みがあるのだけれど、いったんそういう援助金(そう多いとは思えないが)を受け取ってしまうと、事情が変わったときに他の支援、たとえば仮設に入居したいというようなときに、「資格がない」と言われてしまい、受け付けてもらえなくなるのだとか。
一方仮設住宅は、一軒あたりの建設コストが700万円以上かかるのだけれど、人が出てゆけば解体して何も残らないというもったいなさ。
半壊した家を修理するのに、もし700万円の支援があれば、ほとんどの被災家屋はかなりよい状態にできるという調査結果もあるという。
家はそのひとの財産だと考えると、なかなか一律には支援もできない場合もあるけれど、財産というよりも社会インフラとしての生活基盤と考えれば、もう少し柔軟な方策があっても良い気がした。

それにしても昨日陸前高田をバスで通ったのだけれど、かさ上げしている土地がさらにまた高く積み上がっているのに気づいて、正直少々驚いた。
いったいどこまで高くするのだろうか?
上に建てるべき建物はまだ一つも姿なく重機ばかりが目につく。
ましてそこに住むべき人々の姿はいっさい見えてこないし、そもそも戻る予定の人にも待つ限界があるだろうと考えると、かさ上げすることよりも、もっと他にやることがあるのではないかと思ってしまう。

復興の遅れというけれど、優先順位がまちがっていないか考えさせられた。

-----

日別画面へ

04月27日(木)

起床時刻:05時45分

おはようございます。
今朝のソウルは晴れ。
気温8℃

 アンデス風の民族音楽を聴きながら広大な青空を眺めつつ歩く自分を想う朝

世界は広いけれど、自分がなぜか心惹かれる場所がある。
若い頃はアメリカだったりドイツだったりしたけれど、いろいろと歴史を知るにつけそういったいわゆる強国への関心は薄れ、中南米の国々に関心を持つようになった。
エコツーリズムで有名なコスタリカはもちろんだけれど、言うなれば昔のアステカ、インカなどという文明圏諸国に今は惹かれる。

その特異な宗教儀式や文化などもあるけれど、想像を絶する戦いの果てに途絶えてしまったかっての文明に生きた人々に、なぜか勝手に親しみを感じている。
征服者スペイン人との混血が主体となってしまっている彼の地の今の国民は、複雑・壮絶な歴史の生きた証人たちなのだが、しかしいまだに多くの課題を抱えるようだ。

どういう国家のしくみか知らないけれど、経済的には恵まれない社会、図らずも悪の道に迷い込む青少年も多いという。
20年前のペルー日本大使公邸をゲリラに占拠された事件のなかにも、親に数十ドル(?)でゲリラ組織に売られた15歳ほどの少年がいたという。
日本では一律にテロリストで片付けられてしまうが、思想信条もなにもない少年がテロリストとして射殺され葬り去られる、貧しさが招いた悲劇だろう。

北朝鮮も今や核を保有してミサイルまで飛ばすというけれど、強がる支配者の陰で、一般国民の多くは貧しい生活を強いられているという。
日本から拉致されて想像を絶する人生を強いられた人々もいる。

そういった多くの問題がすべて解消されて、晴れた青い大空の下をゆったりと歩いてみたいものだと想うのだった。

-----

日別画面へ

04月26日(水)

起床時刻:05時35分

おはようございます。
今朝のソウルは晴れ。
気温10℃

 ネットの住人はFBを除き通常匿名・別名が多いし、年齢も不詳だなと思う朝

YouTubeやニコ動などに投稿される動画を見ていると、人気を博しているのは主として若い人々で、見ていてコメントをつけたりしている人も若いと思われる人々だ。
ところが実際には、実体で会うわけでもなく、匿名同士の世界だから、こういう人かなと思っていたのに蓋を開けて見たらビックリ仰天ということも多々ありそうで、ある意味こわい(笑)

投稿する方は顔出しの場合はもう隠しようがないけれど、ときどきマスクをかけたりマイクで顔の80%くらいを隠していたりする人がいて、ハッキリしろよ、と言いたくなったりもするけれど、まあいやなら見なければいいので、それはその人のポリシーと思って尊重しよう。

かくいう自分はといえば、そろそろご隠居かと思われるのに、匿名をいいことにテキトーにあちこちコメントを残しては悦に入ってるのだからいい気なものだ。
これもネットの世界だからできることで、生身の実体世界だったら、少々大人気ないなどと言われそうで、世間体を考えると恥ずかしくてできないかも(苦笑)
しかし、これはある意味若さを保つ秘訣かも、などと考え、当分は自由にさせてもらいたい、と密かに思い直すのだった(笑)

-----

日別画面へ

04月25日(火)

起床時刻:04時49分[いま起きた]ボタンで記録されました。

おはようございます。
今朝のソウルは曇り。
気温12℃

 久しぶりに早起きをして最近見つけた瞑想音楽を流しながらゆったり過ごす朝

「映像の世紀」というTV番組(NHKスペシャル)が20年ほど前にあり、今でも人気があるという。
調べたら「新・映像の世紀」などという企画も最近あったらしい^^;
その流れでいえば、今はインターネット通信とデジタル画像技術の普及による、ユビキタス映像の世紀とでも形容できる時代だ。
一昔前は撮影機材とFilmと撮影技術が必要で、ごく一部の人間しか扱うことのできなかった映像情報が、今やスマホなどがあれば誰でも気軽に記録にとどめ、それだけでなく世界中に発信すらできてしまう。
あまりにも情報が多く、何が本当のことで真実なのか、という判断が見るものに委ねられる、考えようによっては少々アブナイ時代でもある(笑)

それにしてもYouTubeのような仕組みを作りあげて運用しているというのは、まさに映像革命と呼んでもいいくらいの出来事だった。
日本でもニコニコ動画なるサービスがあって、コメントがつけられるという面白い機能がなかなか捨てがたいけれど、あくまで日本Localなサービスであるのが惜しいところ。

いろいろと著作権の問題もあって、昨日見ることができたものが今日は削除されていたり、ということもあるけれど、それにしてもUpされた情報量は膨大で、音楽に限ってみても、自分の観たい、聴きたいと思うクリップが一つは存在して実にありがたい。
最近少々疲れ気味だな、と思っていたらたまたま「瞑想」系の音楽があり、これがまた実にツボにはまって気分がよくなるので、さっそく流している。

こういうこともあって、こりゃあ平均寿命が伸びるなぁと思うのだった(笑)

-----

日別画面へ

04月23日

起床時刻:06時30分

おはようございます。
今朝のソウルは晴れ。
気温7℃

 花粉症はないかなと思っていたのに、今回は目が痒くて困るなと感じる朝^^;

韓国には杉の森林というのがあるのかないのか知らないけれど、花粉症で悩んでいるという人に会ったことがないので、ないのだろう。
実際、今までは春にソウルに来れば、日本にいれば必ず出てくる花粉症の症状に悩まされる状態からしばし解放されて、あまり薬にも頼らなくてよくなる^^
でも今回は目の痒みがなかなか抜けなくて、結膜炎かと思い抗菌性の目薬をさしてみたもののあまり効かず、やはりアレルギーなのか?と感じている。
しかし、街をあるいても咲いているのはツツジばかり、原因とは思えない。
...ひょっとして、これは花粉というよりも、最近コンスタントに飲み始めたミネラル系サプリメントのせいかと疑い、しばし止めてみようかと思う。

それにしても春の日々!
晴れた日には相変わらず街中には人が溢れ、露店で商売する人も気合が入る。
無事に今回の「危機」が何事もなく過ぎ去ればよいのだが、と思うのだが...。

-----

日別画面へ

04月22日

起床時刻:05時43分[いま起きた]ボタンで記録されました。

おはようございます。
今朝のソウルは曇り。
気温7℃

 朝鮮半島危機といわれるものの実際のところはどうなの?と悩ましく思う朝

カールビンソンを中心とする米国の空母打撃群がオーストラリアに向かうのを止め、朝鮮半島に向かうという報道を信じ、どうなるやらと思っていたら、さにあらずインド洋方面をうろうろしていた、という報道に力が抜けた(笑)

空母打撃群などという言葉を初めて目にして、おやおやこりゃあ本格的だな、と思っていたら、以前は空母戦闘群という呼称だったのが、今から10年ほど前に名前を変えたのだとか。
まさに一発ガツンとお見舞いするぜ、という危険な雰囲気が名前に表れていて、相当な抑止力となる雰囲気が漂うが、あらぬ方向に行ってしまってはねぇ(笑)
もっとも米軍関係者によれば予定通りに動いているのだとか。

それにしても、そういう報道だけで北朝鮮が核実験を延期しているらしいというのは、やはり相当なプレッシャーになっていたのだろうし、報道を信じて反発した声明を出したりしていたのだから、北朝鮮の情報収集能力も大衆並みか、とアメリカにバレてしまったようなところもある。
アメリカが意図的に行った頭脳的作戦だったとしたら、たいしたものだが、日本の政府中枢・自衛隊には正確な情報がもたらされていたのかが気になる。

-----
日本では25日頃が危ないという説も出ているようで、職場の日本人同僚と、「地下シェルターを探しておかねば!」と冗談で言っていたのだが、さて?
東京の国会議事堂前の地下鉄駅はすごく地下深くにあり、当然シェルターがちゃんと整えられていると思われるけれど、韓国のヨイドあたりはどうなのかな?
最寄りの地下鉄の駅も割と深いところにあるから、とりあえずいざとなったらそこに行こうかと考えたのだった。

-----

日別画面へ

04月19日(水)

起床時刻:04時59分[いま起きた]ボタンで記録されました。

おはようございます。
今朝のソウルは快晴。
気温9℃

 にんにくを務めて食べてみたら体調が軽くなって来たように感じている朝^^

韓国といえばキムチ、焼肉、サンゲタン、いずれにも欠かせないニンニク。
日本と韓国は土壌が異なるので、同じ野菜でも味が違うという意見があり、実際白菜や唐辛子などは韓国のもののほうが甘みが強いなどと言う。
にんにくも日本のものは辛味というか刺激が強くて、なかなか生ではかじれないけれど韓国のはわりと平気でかじれる、などと聞いたことがある。
もっとも最近では野菜は中国からの輸入品もまざっていて、そういった食感の違いは単純ではなくなっているようで、よく分からなくなっているかも(?)
実際問題として、スーパーで買って来たにんにくを生でかじるのはきつい(笑)

いままでは一ヶ月の滞在中に小さな袋入りで10個ほどの小片が入っているものを全部食べきるかどうか、と言う感じだったのだけれど、今回味噌汁を飲むときに1〜2個を刻んで混ぜるようにしたらどんどん消費が進み、滞在半ばにして二袋を使い切ろうとしている^^

そのおかげかどうか、二週間目になるとそろそろ疲労が溜まってくる頃なのだけれども、今回は軽い花粉症の症状以外は体調もよく、筋トレでもしようかという気分になっている、もっともこれは春のせいか(笑)
もうしばらくにんにくを食べて、身体中からニンニク臭が出てくるくらいになると、いよいよ国籍不明になって来そうで面白いかも^^;

-----
昨日韓国の若手社員二人と一緒に昼食バイキングに行った。
そのとき、今回の半島危機に緊張しないかと聞いてみたのだけれど、「いつものことで慣れてしまっているので、それほど」ということだった。
若い人は軍隊に徴兵されるし、会社に入社してからも、予備軍の訓練を定期的に受けているので、よほど具体的なことでもない限り動じないようだ。
そう言う意味では、肝がすわっているという言い方もできる。
今は慌てず騒がず冷静になって、情勢の推移を見守るのがいいようだ。

-----

日別画面へ

04月18日(火)

起床時刻:06時00分

おはようございます。
今朝のソウルは晴れ。
気温8℃

 渡部昇一さんが他界されたとの報に接し一時代の区切りを感じている朝

個人的には何の縁もないけれど、著書にはずいぶん刺激をいただいて、自分のなかでは上智大学といえばこの方と桜並木が連想で浮かんでくる^^
「知的生活の方法」は大学院に入る頃のベストセラーで、ベストセラーと言われているから買ったというより、立ち読みして面白そうだから買ったらベストセラーだったというのが正確だ。
残念ながら正確な内容は忘れてしまっているけれど、とにかく本を読もう!という気にさせられたことは間違い無く、もともと読書好きだったこともあって、その後の自分自身のライフスタイル形成に大きく影響したように思う。

もう一度読み返して、新たな刺激を得てみようかな、「知的生活の方法」。
.....今は時間がないか、残念、老後の楽しみとして(笑)

-----

日別画面へ

04月17日(月)

起床時刻:04時58分[いま起きた]ボタンで記録されました。

おはようございます。
今朝のソウルは曇り。
気温13℃

 特に混乱的状況が起きるわけでもなく平穏に過ぎた土日を超えて迎える朝^^

平穏とはいいながらも、ミサイルは失敗とはいえ発射されているのだから、本当は危ないところだったと言うべきかもしれない。
ミサイルは迎撃すると予告されていたのだから、もし失敗せずに飛び続けていたらどうなっていたのか、というのはタラレバの世界の話となって、あまり意味はないのだけれど、また新たな緊張関係が生じていたことだろう。

それにしても、この21世紀になってもまだ、凶悪な独裁国家が世界に存在しているという事実に驚きを禁じ得ない。
この体制はおかしいと思いながも、しぶしぶ従っている者も多いだろうに、祭り上げられた権威に対抗して反旗を翻すということが容易ではないことをつくづく思う。

翻って日本ではどうか?
言いたいことを言える自由がある、という意見もあるけれど、落ち着いてよく見てみれば、必ずしもそうでもないなぁ、と思いながらも、勝手気ままなことを書き綴ることができる早起き生活は貴重だ、と改めて気づくのだった(笑)

-----

日別画面へ

04月15日

起床時刻:05時30分

おはようございます。
今朝のソウルは晴れ。
気温11℃

 何事もなく過ぎた昨日、今日はどうなるかな?などと他人事のように思う朝^^;

アフガニスタンでMOABという非核兵器では最強の爆弾が開発後初めて実戦使用されたとのニュースが流れた。一発の値段が318百万ドルするらしいから、いやはやなんとも。
ISの地下トンネルなどの拠点壊滅を狙ったものというけれど、これでもって北朝鮮の核実験を思いとどまらせようという狙いもあるよう。
ただし、効果のほどはしばらく様子をみないと分からない^^;

今日も平穏に過ぎゆくことを願うのみ。

-----
MOABの値段を修正。

-----

日別画面へ

04月14日(金)

起床時刻:05時02分[いま起きた]ボタンで記録されました。

おはようございます。
今朝のソウルは曇り。
気温7℃

 ネットでは朝鮮半島の危機的状況と煽る記事があるけれど、まだ平穏な朝^^

日常生活を見る限り、今そこにある危機は実感できない、いつの世も(苦笑)

相変わらず北朝鮮の尖った挑発姿勢には困ったものだけれど、対するトランプの好戦的ともいえる判断は、多方面に影響を及ぼし、同じくらい危険かも。
死語になったと思われた「黄禍論」的思考が、今また鎌首をもたげて来ているようでもあり、油断できないと思わせるには十分な緊張感が漂い始めた^^;
米国本土から遠く離れたアジアや中東において、自分達には直接影響の出ないところでなら冷酷に迷わず先制攻撃のゴーサインを出せてしまうだろう。

万一の時、直接的に影響が出るのは半島に止まらず日本も避けられない。
日米同盟の絆、とはいっても、日本人が期待するほどトランプは日本への影響を考えてはいないだろう、というか関心がないだろうと訝る。
なんといってもアメリカファーストが判断の基準でしかないだろう。

とかなんとか考えていてもしょうがないので困ってしまう(笑)
無事に今日一日が過ぎることを祈るのみ。

-----

日別画面へ

04月13日(木)

起床時刻:05時30分

おはようございます。
今朝のソウルは晴れ。
気温5℃

 MacBook Air のOSアップデート後、作業環境が変わり果て、困っている朝

WindowsのOSアップデートもよく問題を起こすけれど、MacのOS Xもアップデートにはたいてい慎重になる^^;
OSの提供元としては一日も早く新しいOSへと誘導したいので、ときに強硬手段に出て、これまたユーザの不評を買ったりする。
Windows10など、知らない間にアップデートされていて困った経験を持つ人が周りに必ず一人はいたりする^^;

Macの場合Sierraと呼ばれるバージョンが半年くらい前にリリースされていたのだけれど、それほど評判が良くなかったのでずっとほって置いた。
それで問題もなかったのだが、最近Xcodeの新しいバージョンを使おうと思ったら、これまで使っていたversionでは対応できないことが分かり、「やむなく」
不本意ながらSierraを導入したのだった。

導入してびっくり、DeskTopに置いておいたFileやFolderが全部表示から消えてしまった。
無くなったわけではなく、ちゃっかりiCloud Driveに引っ越されているのだけれど、そんなこと頼んだ覚えがないよ、と言いたくなる仕様だ。
おまけにIMEの変換方法が変わってしまい、入力していると勝手に変換してゆくので、確定のタイミングが従来と変わる場合があり戸惑う。
これはライブ変換という機能で、それを外せば従来と同じになるけれど、デフォルトでそれを選択しているのは紛らわしくて迷惑だ。

なんだかんだブツブツ言いながら、でもWindowsの仕様変更による混乱よりはマシだな、と思いながら今日もMacに向かうのでしたとさ(笑)

-----

日別画面へ

04月12日(水)

起床時刻:06時40分[いま起きた]ボタンで記録されました。

おはようございます。
今朝のソウルは晴れ。
気温6℃

 インプラントの埋込んだ棒に舌がすれ、できた血豆を潰し血を流した翌朝

物言わぬ臓器といえば肝臓で、状態がよほど悪化するまで痛くもなんともなく、ある日突然症状が出て来て驚いたりする。
同じように、舌も割り合いおとなしく、ちょっと変だなと思うと、すでに口内炎などができていて慌てたりする^^;
昨夜は甘納豆を食べたあと何か感じが変だったので、鏡で見たら納豆が舌の裏にへばりついているように見えた。
そこで綿棒などで取ろうとするのだけれど、なかなか取れないのでフォークで刺してやったら、ドバッと血が出てびっくり。納豆でなく血豆だった。
いつの間にできていたのか、全く気づかなかったので意表を突かれたのだが、考えてみればインプラントの埋め込んだ棒の先が歯茎から少し飛び出していて、これが舌の裏側に当たっている。
まだ被せる部分がないので、当たりが舌にとっては辛い角度になっていたのだ。
何か今までと異なることをすれば、どこかに影響が出るものだ。
それにしても静かな働き者、舌くんにある意味感心したのだった^^

-----

日別画面へ

04月11日(火)

起床時刻:06時30分

おはようございます。
今朝のソウルは曇り。
気温11℃

 ソウルにも少し花粉は飛んでいるらしい、目が痒くなって少々鬱陶しい朝^^;

目が痒いと何が困るかといえば、集中力に影響が出る。
ひどい場合はそわそわと落ち着かなくなってしまうのだが、そこまでではない。
桜が満開なので、桜の花粉アレルギー?
もしそうなら、桜の木は好き、なかなか面白くていいかも、まさかね(笑)

今回先日上野のヨドバシカメラで買った「はずる」という、組み上がった複雑
なオブジェをバラバラに外し、また組み上げるというパズルを持って来た。
組み上がった形状はなかなか洗練されていて、置いておけば装飾品になりうる
出来栄えなのだが、これを外してまた組み上げるのはなかなか難しい。
昨日は目が痒くてどうも仕事に集中できなかったので、この「はずる」の一つ
に取り組んだ。...こういうものには集中できちゃうのだ、なんとまあ(笑)
バラすのは簡単だが、組み上げるのは少々手こずった。
けれど、最後にすっと落ち着くべき形状に一瞬で組み上がったのは快感だった^^

仕事もこの調子で!!

-----

日別画面へ

04月10日(月)

起床時刻:05時30分

おはようございます。
今朝のソウルは晴れ。
気温11℃

 ソウルに戻り桜が満開となった通りを眺めながら、春を満喫している朝

大船渡では梅の花は咲いていたが、桜はまだまだ蕾の状態だった。
東京では三分から五分咲きの中をウォーキングしたけれど、今ひとつ物足りず。
ようやくソウルで満開の桜の下歩くことができる^^

日本の国花は慣習的に桜と菊ということになっているそうだけれど、日本だけに咲く花でもなく、韓国にも桜の名所が随所にある。
ネットでは、日本のソメイヨシノは韓国済州島原産だ、という誤った説が流布されているようだけれど、これには実は裏の背景があるように思う。
今の社会的風潮で考えると、もし日本の桜が韓国に持ち込まれて名所が作られたものとすると、全て切り倒してしまえなどという暴論が出かねない。
韓国原産だ、とすることで、そのような暴論が出るのを抑えている。
と考えたら考え過ぎかもしれないが、ありうるように思う(笑)

まあ、それはそれとして、最近グッと朝鮮半島情勢が緊迫してきた。
今朝のニュースでは、「米空母打撃群が朝鮮半島へ」などという、まるで戦争がすでに始まっているかのような衝撃的な見出しの記事が伝えられている。
そういう緊張状態を作る意図はどのあたりにあるのか?と考えてみると、北の軍事的脅威に対抗という意味だけでなく、韓国で行われる五月九日の大統領選を睨み、左派系候補の当選を牽制する意味合いもあるのだろうと思われる。

中東情勢も不安定になっているし、世界は難しい状態になってきた。
日本が振り回されないよう、しっかりとした対応をすることを願うのみ。
国会でいつまでも森友問題ばかりやってないでくれよと言いたくなった朝(笑)

-----

日別画面へ

04月09日

起床時刻:04時30分

今日は早起きして大船渡から仙台までバスに乗り、12:40出発のアシアナで仁川まで移動し、17:00頃ソウル市内の宿所に到着した、足掛け11時間の旅。
飛行機を降りてからは、極めて順調で、15:10着陸して空港バスに乗ったのが
15:31だから、これは新記録だ(笑)
一週間留守にしていた間に、会社近くの桜通りの並木はすっかり満開になっていて、東京でできなかったお花見気分をソウルで味わうことになった。

飛行機の中で、今日は「モアナと伝説の海」を観た^^
日本のアニメと違って、とても立体的なコンピュータグラフィックスなのだが、色彩は綺麗で、お茶目な脇役も出てくるし、話もなかなか面白かった。
最後に枯れかけた花が息を吹き返し、辺り一面が色鮮やかに綺麗になってゆく場面はどこかで見たような既視感があった。
ジブリのアニメだったか、それとも「大神(オオカミ)」というゲームの一場面だったような気もして、ディズニーもパクるのか?と思ったけれど、アイデアとしてはよくありそうな場面なので、きっとオリジナルはもっと古いところにありそうだなと思い返したのだった。

.....さて、明日からの仕事に備えて、気持ちを切り替えてゆこう。

-----

日別画面へ

04月08日

起床時刻:06時30分

おはようございます。
今朝の大船渡は曇り。
気温9℃

 初春の一週間を日本で過ごし、また新たな気持ちに切り替えようと思う朝

明日からまた訪韓して仕事だ。
世の中の基準から言えば、もうそろそろ引退してもおかしくないし、実際の
ところ、古くからの友人たちもほとんどすでに「毎日が日曜日」状態だ(笑)
例外もある。
先日一緒に都内トレックをした竹馬の友A元教授は、この3月で大学教授を
定年退任したのだけれど、引き続き「特任教授」として同じところに勤務さ
れるし、それとは別に、某組織で引き続き重要なお仕事をされると聞く。
人生如何に生きるかというのは人それぞれだけれど、自然現象を相手にする
理科系の人間は、文科系の方々に比して、仕事に長く携わる傾向があるようだ。

最近の脳科学の知見によれば、脳細胞は加齢により死滅して数が減ってゆく
だけではなく、歳をとっても新たに増殖してゆくことがあるという。
要は筋肉も使わずにいれば衰えて細くなってしまうように、脳細胞も使いかた
次第で衰えたり、逆に強化されたりするというのだ。
というのは都合よく考えている私の理解なのだけれど、「脳トレ」という言葉
があるように、使い方によって機能の発現の仕方が異なってくるというのは、
合理的で説得力のある話だ。
その意味で、自然現象を相手に生きているところがある理科系人間は、次から
次に新しい発見があったりして飽きることがなく、脳機能も絶えず刺激され、
仕事に対する意欲も維持できるのだと思われる。

もっとも、行動を支える体力がなければ、何事もうまくゆかない。
体力をつけるためには日頃からの適度なトレーニングが必要で、それをするため
にはやろうとする気力に満ち溢れていなければならず、結局バランスの良い健康
状態が保たれているかどうかが肝心ということになる。

ということで、美味しいものをたくさん食べて健康になろうという結論(笑)

-----

日別画面へ

04月06日(木)

起床時刻:06時10分

おはようございます。
今朝の大船渡は晴れ。
気温4℃

 クラブ先輩の訃報が届き、現役で部活をされていた頃の姿が心に浮かぶ朝

大学時代のクラブの先輩が病没された。
クラブ関係では、先輩後輩近いところですでに三名他界されたことになる。
日本人男性の平均寿命が80歳を越えたとはいえ、一人一人の天命は異なることを改めて思い知らされる。
先輩の葬儀では、棺にお花と沢山のシャトルコックが入れられたと聞いた。
大学から始められたにもかかわらず、努力を重ねてレギュラー選手となられ、その明るいキャラクタから多くの人に愛された先輩だった。
ご冥福を祈ります。 合掌。

-----
先輩の訃報に接し、以前読んだことのある山田風太郎の「人間臨終図巻」を読みたくなって図書館に行った。
前に読んだ時は単行本だったが、いつのまにか文庫本に変わっていた。
数多くの人々の生き様死に様が描かれている、隠れた名著なのだろう。
1987年に単行本の初版、2001年になって文庫本の初刷が出ており、2006年の三刷本が大船渡図書館に置いてあった。
この本では学校では教えてくれない色々なことを学べる。
夏目漱石が50歳まで生きることがなかったこと等を知れば、ついこの間まで「人生50年」というのは普通のことだったのだと分かる。

70歳は古希というが、「古来稀なり」の意味とか。
自分の場合、今はとりあえず、そこを目標にしておこうか(笑)

-----

日別画面へ

04月05日(水)

起床時刻:06時30分

おはようございます。
今朝の大船渡は晴れ。
気温3℃。

 今朝はソウルは11℃とか、なんということ大船渡は春はまだ遠いと思う朝

31日に成田に帰国し、2日に毎春恒例の都内お花見ウォークをしてきた。
今年は東京の開花宣言が3/21だったので、もう満開を過ぎて散っているかな?と思ったのだったが、その後寒い日が続いたため、当日はまだまだこれからという状態だったが、人出だけは満開だった(笑)

今回は昔からのメンバーである、A元教授、S女史、某仏人D氏と私の4人で行うことになったのだが、寒がりのD氏は前日の冷え込みに恐れをなし、桜も満開じゃないので今回はやめておくとのドタキャン連絡。まあ、数年前のお花見のとき寒くて震えていたD氏だったから、やむを得ないなと半分同情^^;
A元教授も前日まで研究室のかたづけなどで朝3時まで起きていたそうで、朝連絡したら半分寝ぼけていて、集合時間を2時間遅らせることに。
S女史も実際のところ最後まで「どうしようかなぁ」と迷っておられた模様。
もういいや、一人でも決行しよう!と思いながらも、何度も電話やLineで連絡を取りながら、ようやく三人が集合場所に揃ったのはもう12時になろうとする頃だった(苦笑)
こういうとき幹事は苦労するものなのだ、メンバーも歳をとったし(笑)

最初、昔の知人が勤めているというお隣のKITTEのなかにある、某ショップに行き、ご挨拶をしてしばらく歓談、その後同じフロアにあったインターメディアテクという東大総合研究博物館と日本郵政が共同で運営するなんと入場無料の博物館に行って、30分ほど「へえ〜」を連発した(笑)
この博物館、教授は以前から知っていたとのことだったが、私は世事にうといからか(?)、そもそもKITTEという施設を知らなかった。
もっともOpenが2013年3月で、ちょうどその頃は大船渡への引越しに関わるいろいろな手続きや作業に忙殺されていたから、しょうがないかも。
ここは入場無料にしてはとても展示内容が充実していて、いわゆる穴場だ。
その他KITTEは屋上庭園があったり、なかなか面白いところだった。
いずれ観光客の人気スポットになるだろうと思った(もうなってるかも)。

その後例年のごとく皇居前の楠木正成像に行き、写真撮影後お花見出発!
桜田門横の桜の木の前で記念写真をとり、国会議事堂前公園、北の丸公園などを巡り、武道館を経て、最後は今回初めて靖国神社を訪れた。
桜の名所と言われるところも、概ね桜はまだまだ三分〜五分咲きの木が多く、満開にはほど遠かったけれど、人出は満開のときと同じくらい賑やかで、その意味では春を満喫したのだった(笑)

靖国神社は多くの人で賑わっていたが、日頃靖国問題では何かとうるさい中国からの観光客と思しき人々もけっこう多く、子供たちと笑顔でにこやかに記念写真を撮っていたのが意外で印象的だった^^
まあ一般庶民にとってみれば政府が何を言おうと関係ないのだろう(笑)
武道館から靖国神社に向かう歩道橋を渡るとき、振り返って写真を撮ったのだが、ちょうど行われた法政大学の入学式の案内板の下に、なんのイベントか知らないが大きな文字で「動物集合」とあったのはご愛嬌だった(笑)
看板をかかげるときは、その周囲の掲示にも神経を使わないといけません。

-----

日別画面へ