201709 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:06:00 平均起床時刻:05:37

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

09月23日

起床時刻:05時00分

おはようございます。
今朝のソウルは曇り。
気温19℃。

 目が冴えて早くに起きだし、いろいろ音楽を聴いたり動画を見ていた朝^^;

最近寝相がよろしくなく、布団を蹴飛ばし、またたぐりしているうちに上下が反対になっていてあきれることがある(笑)
体の向きまでは逆さまにならないけれど、30度くらいは平気でずれていたりするから、ベッドなら下に落ちかねないところだ^^;
腕が痛くなったのも、蓄積疲労のためというよりは、知らない間に壁に打ち付けていたのかもしれない、などと思ったりするが、まさかね(笑)

-----

日別画面へ

09月20日(水)

起床時刻:06時00分[いま起きた]ボタンで記録されました。

おはようございます。
今朝のソウルは晴れ。
気温14℃。

 外気温が低くても建物には潜熱があり、すぐには室温が下がらないと思う朝

木造家屋であれば、外気温にほぼ同期して室温も下がるのだろうけれど、鉄筋コンクリートの場合は時間差がある。
韓国の建物は厳しい冬を快適に過ごすために断熱構造はしっかりと作られている?ようで、室温はいま27℃近くもあり、外気温と10℃以上の差がある^^;
昨晩は暑くて寝苦しいので冷房を入れ25℃にしたのだが、また上昇している。
シャワーしてすっぽんぽんで過ごしてちょうどいいのは、快適ではある(笑)

でも、あと一週間もすれば、いよいよ秋支度、冬支度をし始めなければいけないのだろうし、ちょうど日本では衣替えの季節になる。
今年も早いな^^;

-----
日本ではまもなく衆議院の解散があり、総選挙に向けての動きが活発になる。
今年は北朝鮮のミサイル・核実験などが相次ぎ、その危険な動向から目が離せずに来ているので、日本も否応なしに、誰もがまじめに国防を考えなければいけない状況になってきて、国としては戦後体制からの脱皮も視野に入れ、大きく変わろうとしているように感じる。

海外にいて投票しようと思うと、あらかじめ在外選挙人証というのを用意しなければならないと、大使館から届いた10月にある補欠選挙の案内メールに書いてあった。
そのためにわざわざ日本に帰るのもなんだな〜と思いつつ、総選挙に間に合うようなら次回帰国時に市役所で問い合わせてみようかなどと思うのだった^^;

-----

日別画面へ

09月18日(月)

起床時刻:06時03分[いま起きた]ボタンで記録されました。

おはようございます。
今朝のソウルは晴れ。
気温17℃。

 緊張を解いて全身グターッと弛緩した土日を過ごしたら右腰部が痛む朝^^;

しばらく前から特に何もしていないのに右腕が痛むようになった。
思い当たることといえば、8月の富士登山でストックを一本貸してもらい、右腕の力を補助的にかなり活用して登り降りしたことくらい。
その痛みが少し和らいできたと思ったら、今度は右の腰だ^^;

昨年は下山してから両足の親指が内出血して真っ黒になり、爪が剥がれて完全に治るまでには数ヶ月かかったのだけれど、今年は爪は大丈夫な代わり、筋肉や関節痛となって現れてきているように感じる。
やはり富士登山は相応のストレスが体にかかってくるようだ。
下山してからゆっくり休養をとることもなく過ごして来ていたので、体が悲鳴をあげているのかもしれない。
そういえば、この頃抜け毛もひどくなった(笑)

若い時は徹夜をしても平気だったのがしだいに無理になるようなものか。
ストレスをかけたあとは見合うだけの休養時間が必要な歳なのだと自戒。

-----

日別画面へ

09月15日(金)

起床時刻:05時44分[いま起きた]ボタンで記録されました。

おはようございます。
今朝のソウルは晴れ。
気温16℃

 外はもう秋の気配なのに室内気温はまだ27℃で、窓を開放して涼む朝^^;

このところ日中は青空が続き、日差しはまだ強いものの気持ちがよい。
街路樹ではセミが最後の力を振り絞って騒がしく鳴いている^^
そろそろ紅葉が始まると思えば、トレッキングのプランを練りたいところ。
どっこい仕事も追い込みで、その余裕はないなとつぶやく声が聞こえる(笑)

-----
先日帰国した折に持参し、一昨日読了した本がある。
Netの記事で見つけ、疾風の設計者の物語ということで興味を惹かれた。
「銀翼のアルチザン」(長島芳明著、角川書店、2017/7、¥1,600)だ。

零戦は有名だが、実は実力的に日本を代表する戦闘機といえば「疾風」だ。
小学生の頃プラモデルで作り、その頃から別格な戦闘機だという認識がある。
四式戦闘機という名前が示すように、制式採用されたのが昭和19年でありながら、生産された機数は零戦、隼につぐ3,500機で、如何に期待が大きかったかが分かる。

残念ながらすでに日本の国力が削がれ、十分な資材もなく、良質のガソリンも生産することができなくなってゆくなかで、すでにゼロ戦では勝てなくなっていたP-51マスタングなどとよく互角に戦ったようだ。

その疾風の設計者については全く知らずにいたので、小山悌(こやまやすし)という設計主任の名前も初めて聞き、当時の中島飛行機が今のSUBARU(しばらく前までは富士重工業)ということもこの本を読んであらためて実感として理解した。

文章そのものは少々読みづらいところもあるのだけれど、史実に忠実に描かれていると思えば、その今まで知られていなかった内容も数多くあり、実に感銘を受ける内容だと思った。
単純に「すごい、すごい」ではなく、戦争に巻き込まれて波乱の道を歩むことになった人間ドラマとして、胸を打つ内容があった。

日本のロケットの父として有名な糸川英夫が、この小山技師長の元部下で、隼などの戦闘機設計者としても実績を残していたこともこの本で初めて知った^^;
変人とばかり思っていた自分の不明を恥じるのみ。

-----

日別画面へ

09月08日(金)

起床時刻:05時27分[いま起きた]ボタンで記録されました。

おはようございます。
今朝のソウルは曇り。
気温21℃。

 一ヶ月遅れで長岡の花火大会の動画を見つつ、すごいなと思っている朝

花火の醍醐味は、美しい映像だけでなく、その腹にズシンと響いてくる音響、そして流れてくる煙、火薬の匂い^^
これらはやはり現場に行かないと味わうことができない。
友達と見に行った思い出には、さらに人々の喧騒が加わるから、もう全身が記憶しているという感覚になって生々しい(笑)

どんなに映像が発達し、VRが普及しても、匂いや雰囲気までは当分満足のゆく再生手段ができないだろうから、やっぱり生がいい時代は続くだろうな。
でもバックグランドで気楽に流しながら見るぶんには、YouTubeで十分^^
たとえば ー> https://www.youtube.com/watch?v=biop-xp9WPE
すばらしい映像記録です。

-----

日別画面へ

09月07日(木)

起床時刻:06時00分

おはようございます。
今朝のソウルはうす曇り。
気温18℃。

 気がつけばすっかり秋になっていた、虫の音を聴きながら窓を開けた朝

日中は日差しがまだ強いものの、朝はもうすっかり秋になっている。
遠く近く、どこに潜んでいるのか、虫の音がにぎやかだ^^

まもなく山も鮮やかな紅葉となるのだろう、...ああ露天風呂に入りたい(笑)
それまでは、その後もずっと、世界が平穏でありますよう。

-----

日別画面へ

09月06日(水)

起床時刻:05時40分[いま起きた]ボタンで記録されました。

おはようございます。
今朝のソウルは曇り。
気温19℃

 シャワーをしてさっぱりしたところで窓を開け、涼しい秋の風に佇む朝^^

久しぶりに朝風呂に浸かろうかと思ったけれど、疲れがどっと出ると困るな、と思い直し、シャワーを浴びるに留めた。
そのとき、たまたま流していた音楽が「前前前世」になったので、つい合わせて身をよじる(笑)
テンポのいい曲は朝の目覚まし体操にちょうどいい。

その後、最近よくかける中島みゆきの曲を聴きながら早起き生活の入力。
個人的にアレンジして言うなれば「早起き音楽生活」だ(笑)

-----

日別画面へ

09月05日(火)

起床時刻:04時57分[いま起きた]ボタンで記録されました。

おはようございます。
今朝のソウルは曇り。
気温19℃

 極東アジア情勢が緊迫してきつつも、平常通り起床し顔を洗って佇む朝

イスラエルが断行したバビロン作戦のような、敵国の原子炉を完成前に爆撃して破壊してしまうようなガッツはすでに日本や韓国から失せて久しい。
またそういう時期もすでに遥か以前に過ぎてしまった。
そもそも北朝鮮を「敵国」と認識しているかどうか自体も怪しい^^;
北朝鮮と韓国は停戦中ではあるけれど、実はいまだ「戦争状態」にあるというのはよく知られた事実なのだが、日常生活の中ではまったくピンとこない話になってしまっている。

一見平和にみえるけれど、北のほうではその間着々と軍備を強化し、真偽は別としても「水爆」とそれを搭載可能なICBMが完成したと誇示する状況。
観念論ではなく、今そこにある危機、が現実になってきているとき、どう判断してどのような対策を取るか?

大学紛争の頃、大学に行くと突然パリンパリン!という乾いた音が聞こえ、驚いてそちらを見ると、覆面とヘルメットの男が建物のガラス窓を破壊して回っていた。
いわゆる「過激派の蛮行」の一つなのだが、近くにいた私は止めることもできず、ただ眺めるしかなかった。

中島みゆきのヒット曲「ファイト!」のはじめのほうに「私の敵は私です」という一句があるけれど、ではどうすべきだったのか?
 --> https://www.youtube.com/watch?v=qQun0atrnro
問題を先送りできるうちは先送りしてしまうのも一つの方法なのだが、いつかはけじめをつけなければならない時がくるとすれば、それはいつか?

そんなことをつらつら考えながら一日を始めるのも、なかなかつらいものがあるなぁ、などとボヤくのだった(苦笑)

-----

日別画面へ

09月04日(月)

起床時刻:06時05分

おはようございます。
今朝のソウルは晴れ。
気温19℃

 着実に進む季節の変化、人間も同じく確実に変わるなと感じている朝^^;

10年ほど前に作ったメガネを愛用している。
近近メガネとして、机上から半径2〜3mの範囲がもっとも見やすく、仕事の時には重宝してきた^^
近近というのに、けっこう遠くもよく見えているので、車の運転時にも使っていたけれど、ここにきてどうも見づらくなってきた。

老化による視力の衰え、というよりもどうも乱視が進んでいるらしい。
右目で丸いものを見ると、どうやっても二重丸に見えてしまうようになった。
左はそれほどでもないので、右とのバランスが崩れて見づらいのだろう。

人間、映像で見せられるとつい信じてしまうものだけれど、意外に丸が二重丸に化けていても気がつかないのでご用心というべきか(笑)

先日アマゾンで「フェアレディZ開発の記録」という書籍をKindle版で購入して読んだのだけれど、その中のエピソードとしてNHKのプロジェクトXに取り上げられたときのことが書いてあった。
本筋とは関係ないことだけれど、実際に起こったこととは少し異なる誇張した演出がなされたことがポロっと書いてあり、「そうだったのか〜」と思った。
完全な事実の再現と思ってテレビを見ていると、NHKスペシャルといえども多少の脚色が入っているもんだな、と認識を新たにした次第(笑)
あ、こんなのは昔から世の常だったか(苦笑)

まあ、話半分、よくできているものでも、7がけくらいで受け取るのがいいのかも知れないと思ったことだった。

-----

日別画面へ

09月02日

起床時刻:04時30分

今朝は早起きして、というよりも目が覚めてしまい、二度寝するほどでもなかったので、洗濯物を仕掛け、YouTubeを見ていた。

最近よく見るのは歴史ドキュメンタリーや世界の新七不思議のようなもので、玉石混交だけれども、けっこう新しい発見があり楽しめる。
先日見た十字軍のドキュメンタリーは、かなり衝撃的だった。
https://www.youtube.com/watch?v=pLNdiMZpKyg

英語で言ったらcrusadersで、クルセイダーズと呼べば、日本では印象としては悪くなかったりするのだが、史実として十字軍のやったことといえば、なかには今の基準で考えたら極悪非道残虐の限りをつくしたこともあるという感じになる^^;
現代世界ではイスラム原理主義者によるテロなどが大きな問題になるけれど、キリスト教だって異教徒を殺すことにかけてはためらいのない時期があったわけだ。

つらつら考えて見るに、それは900年前の十字軍まで遡らずとも、つい100〜200年前のアメリカ大陸やオーストラリア大陸では、先住民への虐殺が平然と行われていたことを考えれば、キリスト教徒はイスラム原理主義者達とそう大きな違いはないというべきだろう。

そういう史実を知れば、また現代社会に起きるいろいろな問題の捉え方も変わってくるなと思うのだった。

-----

日別画面へ

09月01日(金)

起床時刻:06時30分

今日のソウルは雲ひとつないほどの快晴。
昼の気温27℃。
久しぶりに降り注ぐ太陽の光が心地よい。
適度に吹くそよ風も気持ちよく、このままどこかに遊びに出かけたい気分^^
ミサイルのことなど誰も気にしていないし(笑)

とはいえ、仕事もいよいよ追い込みで、気の抜けない日々。
一仕事終える頃にはちょうど紅葉も始まっていて見頃かも、と考えながら、それを楽しみにして今月一ヶ月また頑張ってゆこう!

-----
それにしても、バドミントン世界大会、女子シングル奥原希望の金メダル、すばらしい快挙だった。
YouTubeで試合の様子を見て、さすがに女子の試合なので強烈なスマッシュで決まることは少ないのだけれど、そのぶん長〜〜いラリーが続いて、どちらが先に根負けするかの試合展開。
男子でも普通20回もラリーを続ければ、いいかげん嫌になってくるところ、奥原の試合は最長60回を超えるものもあり、想像を絶するものだった。
試合時間も2時間近くかかり、テニスの試合かよ、と言いたくなるほど(笑)
最後の奥原の笑顔がいつにも増して輝いていたのが印象的だった。

-----

日別画面へ