20191114(木) <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 05時16分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日の気分(本文)

おはようございます。
今朝のソウルは晴れ。
気温−1℃

 立冬も過ぎ、氷点下を記録して、いよいよ本当に冬が来ているなと思う朝

この間までクーラーを入れていたのに、もうオンドルのお世話になっている。
ボイラーの修理を頼んでおいてよかった!さもなければ今頃寒さに震えていただろう、ちと大げさか(笑)
たとえテープを貼った応急ケンチャナヨ対策でも、有効であればいいのだ。
排気の熱気にさらされるテープが、いつまで大丈夫かな?というのは、まあ当分考えないようにしよう、ちと気にはなるが(笑)

-----
韓国で仕事をしていながら韓国のことを悪くいうことは常々避けたいと思っているのだが、でもやはりこれはどうかな?という事件が起こることもある。
韓国に限らず、日本でもありそうなことではある?
今までに経験したことをおさらいして置くと.....
● タクシーで目的地をわざと間違え、行き直して結果的に遠回り。
 これは悔しいけれど私の発音が悪いことにされた^^;
● スーパーの量り売りで、すでに量ったものを乗せたまま次のを量る。
 後から気がつき少額なのでそのままにしたけど、そこには二度と行かない。
● コンビニで、同じものを二回スキャナで読み込み倍の値段に。
 レシートをもらわなかったので、後日、カード引き落としで気づいた。
ここまでは、額もたいしたことがなく、相手も自覚なく無意識でやっている可能性もあるので、まあどうでもいいかなとも思える。

最近あったことで、どうしても怪しいと思わざるを得ないことが一つ。
某銀行(はっきり書くならば国民銀行(笑))で両替をしたときのこと。
これまでであれば、機械式計数機で万札の枚数を数えて確認後手渡してくれるのだが、そのときの担当は、わざわざ10枚づつ一枚二枚と机に広げて数え渡してくれるので、受け取った私はその都度封筒に入れ、すべて受け取った後、通常ならそのまま日本に持ち帰るところ、どうもあの手つきが気になったので会社に戻ったあと数え直した。
あっと驚いたのはその時、ナント!4枚足りないではないか!!
4万円はちと大きいので、慌てて銀行に行き先ほどの担当者を捕まえて問いただすも、「ちゃんと数えましたよね〜」と相手にしてくれない。
これは困ったな〜、でもここで争ってもな〜、としばし悩んだけれど、結局店長席にいる店長をジーッと数秒睨むに留めて引き下がることにした。
事務所に戻ってしばらくしたら電話が鳴って、先ほどの担当者から「4枚下に落ちてました」と連絡があり、最終的には無事解決したのだったが.....。
銀行に行ったとき、担当者が店長席で何やら話をしていたのは、何かあったのだろうと思うが、気のせいだったか?

どうも数えるときの手の動きを見ていると、何やらマジックでトランプのカードを配る手つきによく似ていたので、あの担当者は趣味でマジックをやっているのだろう。それでつい手渡すタイミングで、いつものクセが出て数枚飛ばした、と考えれば納得がいくのだが、そういう状況だったというだけで、証拠がなく、あくまで私の推理に過ぎない^^;
この件は、受け取ったその場で自分でも数え直すべきだ、というのが教訓。

自転車を盗まれると、盗んだやつよりも盗まれるような置き方をしていたあんたが悪い、と言われるような社会風土がこの国にはあるのだ^^;

おめでたい日本人と言われないよう、いろいろな出来事に日々鍛えられることに、むしろ感謝すべきなんだろうと思うのであった、.....おめでたいかな(笑)

-----