20191220(金) <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 04時02分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日の気分(本文)

おはようございます。
今朝の白岡は晴れ。
気温5℃

 一時帰国して国際ロボット展を見に行き、いろいろ刺激を受けてきた翌朝

18日から東京ビッグサイトで国際ロボット展が開催されている。
2年に一度の開催で、今年は23回目となるそうだが、参加するのは初めて!
初回が1974年だから、まだ学生の頃^^;
工学系技術者としては一度くらい見に行っていてもいいはずなのだが、不思議に縁がなかったというべきか、多少分野の違う領域を歩んできたためか。
いずれにしても、今回は過去最大規模となったようで、一日ではとても全部を見て回ることはできず、二日がかりでの見学となった。

主な所感をまとめると、
1. AIという用語のオンパレード
いろいろと説明するのが面倒な時は、「AIが判断して最適に.....云々」と言っておけば、お客さんは分からないなりに納得してくれそう(笑)
2. パワースーツが目についた
実際に体験させてくれるので、関心を集めているように見受けられたが、着脱には他人の助けを借りないといけないようで、完成度はまだまだ。
しかし重量物を扱う職場ではすでに導入が始まっているようで、需要は意外に大きいのかな、と感じた。
パワースーツが普及すると、整体師さんの商売上がったりになるかも(?)
3. SIerが活躍する余地は大きい
ロボットの個々の完成度は、すでに十分高まっているけれど、いろいろな分野に適用しようとすると、細かなところで問題がまだまだ残っているようだ。
ロボットは決まりきった動きしかできないので、目的を実現するためには様々なセンサーやいろいろな形状のグリップなどの開発が必要で、今後それらの分野でノウハウを溜め込んだ会社が業界をリードしてゆくことになるのだろう。

その他いろいろあるけれど、最近の展示会のなかではもっとも活気に溢れていることは間違いなく、久しぶりに興奮(笑)した展示会だった。

-----(後日談)
ビッグサイトには今年完成した青海展示場があり、こちらへはシャトルバスに乗るか、りんかい線で隣の「東京テレポート」駅まで乗って行くのだった。
一応パンフレットにはちゃんと掲載されているのだが、昔の感覚でいるとうっかり見落としてしまうし、実際見落としていたのだった(笑)
ということで、最終日の土曜日にもう一度出かけて行った。
こちらはFanucや川崎重工などの老舗が堂々たる展示をしており、いや〜、気づいてよかった〜と少々ほっとした。
また韓国コーナーがあり、10社ほど小規模ながら存在感を示していた。
この日韓関係厳しき折よくぞ出展した、とそちらの面でも感心したが、見にくる人も多くはなくて、技術的レベルという面ではまだまだ格差が大きいな、と思わざるを得なかったのが正直なところだ。

-----