202008 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:06:00 平均起床時刻:05:49

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

08月14日(金)

起床時刻:05時45分[いま起きた]ボタンで記録されました。

晴れ。ここ2~3日、雨が降ってそのあとムシムシだったが、今朝はもう涼しい。

東京から持ってきた楽府の研究書を読んだ。去年は積ん読だったが、ちゃんと読んだら面白かった。例によって年表にメモとりながら。

あれだな、楽府(がくふ)と楽府(がふ)は違うし、『楽府詩集』の「楽府」もまた違うな、分けて考えないと、とあらためて思った。漢の武帝の時代に楽府(がくふ)が整備されて、各地の歌を採集したり新しく作ったりして、後世これらの歌を真似たものも含めて楽府(がふ)というが、『楽府詩集』には武帝以前のもっと古い歌まで収録されている。

それが各時代の楽府(がくふ)で採集されたものなのかどうか検証が必要だが、唐代の新楽府まで『楽府詩集』には入っているので、『楽府詩集』の「楽府」は「歌う詩」ぐらいの意味だ。だから「詞」の原型みたいなものも採用されている。『楽府詩集』には、楽府(がくふ)で管理していたかどうか怪しい「楽府」が、大量に採用されているのではないかと思う。それをひとくちに楽府(がふ)として扱っていいのかどうか?(← 反語)

そういう目で見ると、カギになるのは傅玄と庾信かも? 楽府(がくふ)における楽府(がふ)の復興に、関与した。傅玄は、読んだ本に詳しく書いてあった。漢代風の楽府(がふ)の継承者として。庾信は、北周の郊廟歌の歌辞を作っている。「郊廟歌なんて形式的でしょ?」とあまり楽府研究では取り上げられず、庾信研究のほうでも「むしろ屈辱的な仕事させられてた」みたいな感じで、やはり関心薄いかもしれないが。

魏の曹操らが革新的な楽府(がふ)を作っていて、もし傅玄がいなければ、そっちに大きく流れが変わって、漢代風の楽府(がふ)は廃れたのではないか、ということだが、この辺の政治的な時代区分と実際に曹操や傅玄が活動していた時期が、ちょっとずれている気がする。魏の曹操とか晋の傅玄とかいって、魏の時代や晋の時代の楽府(がくふ)や楽府(がふ)がどうだった、というのは注意が必要な感じ。

東京が熱帯夜でなくなったら、帰ってもっといろいろ先行研究を確認しつつ論文書き書きしたいが、まだまだ暑そうだな~。

★旧暦 6月25日 月齢24.4

日別画面へコメントを読む(4)

08月13日(木)

起床時刻:06時22分[いま起きた]ボタンで記録されました。

お盆で、けっこう他県ナンバーの車が来ている。東京や、仙台からも。でも地元の花火大会などは中止。

★旧暦 6月24日 月齢23.4

日別画面へコメントを読む(3)

08月12日(水)

起床時刻:05時25分[いま起きた]ボタンで記録されました。

雨だ。。土砂降り。雷も鳴っている。

仁宗つながりで、林語堂(合山究訳)『蘇東坡』を読んだ。王安石がボロクソに書かれていた。

★旧暦 6月23日 月齢22.4 下弦

日別画面へコメントを読む(6)

08月11日(火)

起床時刻:05時59分[いま起きた]ボタンで記録されました。 06時04分[いま起きた]ボタンで記録されました。

さすがに昨日はあちかった。窓を開けて寝た。しかし今朝の空は秋だなー。雲と風が。

★旧暦 6月22日 月齢21.4

日別画面へコメントを読む(1)

08月10日(月)

起床時刻:05時04分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日は晴れそう。朝晩はすーしー。

中国ドラマ「花と将軍」60話を見終わった。男装した女将軍とひ弱で過保護に育ったイケメン花花公子(仁宗の甥っ子)のカップル。色物と見られがちで、本人たちも外れている感は持っているが、社会通念と折り合いつけながら互いの長所を認め、短所を補いあって、成長していく。

といってもスーパーマンに変身するわけではなく、等身大な感じが、よかったと思う。最終的に、女将軍は家庭に入り、花花公子はそれなりに能力を発揮できる官職について、末永く幸せに暮らしましたとさ、になるけど。

才能ある妻をサポートする夫というのは同じだが、「チャングムの誓い」(料理人→医者)や「月に咲く花の如く」(ビジネス)のヒロインが邁進する動機が「敵討ち」や「恩返し」だったのに対し、女将軍は武人の家柄で「生まれながらの将だ」(と夫の花花公子が言う場面がある)だったのが、私的にはよかった。ジェンダー・フリーみたいな? 

夫が妻や側室たちの衣装をデザインして自分で仕立てていて、それを女たちが素直に喜んでいるのも、よかった。日本でも「料理はボクの担当」という男性がいるが、私が知っている限り、たいてい能書きが多い上に、「買い物や後片付けは妻の担当」だったりする。目立たないところも全部やれや、と思ふ。

「太子妃」というドラマのスタッフが制作した、というのでそれも少し見てみたら、花花公子がそっちでは皇太子で、声が聞き覚えあるなと思ったら、「永遠の桃花」の皇太子と同じ声優さんのアフレコだった。中国のドラマはたいていアフレコで、作品によって俳優の声が変わってしまう。なんか不思議~。

「月に咲く花の如く」はメインの俳優さんが自分でアフレコしているので、「台湾?」とか「アメリカ?」な発音もあるが、スン・リーは自分でアフレコしてよかったんじゃないかと思っていたが、いやいや演技がいいのにもったいない、という声もあるみたい。

難しいね~、中国語って。ネイティブが聴くとすぐ分かるみたい。「この設定でこの話し方はあかんやろ」みたいなことが。私も日本語なら分かると思うけど。

★旧暦 6月21日 月齢20.4

日別画面へコメントを読む(6)

08月09日

起床時刻:05時47分[いま起きた]ボタンで記録されました。

すーしーな。今日も曇り。少し晴れてくれないと、トマトやメロンやスイカが甘くならなーい!

★旧暦 6月20日 月齢19.4

日別画面へコメントを読む(4)

08月08日

起床時刻:06時23分[いま起きた]ボタンで記録されました。

さぶっ。昨日は午後にけっこうな雨も降り、すっかり秋である~。

新潟の従兄が遊びにきて、「5℃違うな-」と騒いでいた。新潟のほうが平地で、暑い。雪は、水分の多いぼた雪。井戸水で道路の雪を溶かす設備があり、掘れば水脈にいずれは当たるが、いつ枯れるかは分からない。当たる水脈によって、金属くさい赤い水のこともあるが、従兄んちは赤くない水に当たって、飲み水にも使える。なんて話をして、帰った。

うちのほうは溶かした雪が凍結する可能性もあり、井戸水を使った融雪は見かけない。

★旧暦 6月19日 月齢18.4

日別画面へコメントを読む(2)

08月07日(金)

起床時刻:05時33分[いま起きた]ボタンで記録されました。

後期は一部(私はほぼ該当)対面授業も可になった。オンデマンドもこちらの都合で作れるから楽だけど、教育効果を考えたら、対面には遠く及ばない。

ま、感染者が1人でも出たら大学名が報道され、数人でたらクラスターと騒がれる現状なので、「やっぱオンラインにします~」に方針変更になるかも分からんが、そしたらまたせっせとビデオ撮影ですニャ。

インフル並の対策してれば大丈夫そうだけど、インフル対策は「ここ数年はワクチン打ってます」レベルで、とくに気をつけているわけではないけど、これまで1回しか罹ったことがない。毎年のように罹るとか、ひと冬で複数の型に罹るとか、そういう人はどーなってんのかな、と思ふ。やっぱ受容体が人によって異なるのか、私なんぞは風邪はひきやすいので、それで受容体がうまってインフルのウィルスがスルーするのか。

世界各国の新型コロナの100万人当たり死亡者数を比較すると、明らかに相関関係があるのはBCG接種率で、あまり関係ないのは行動制限。ホンマでっかの武田せんせがグラフを出しながら説明していた。

ところが武田せんせは、「米を主食にする国と小麦を主食にする国」のグラフも出して、米食を勧めるのだが、米と小麦は栽培できる地域が異なるので、これは結局、アジアと欧米を比べるようなものだ。アフリカの死亡者数が少ないのは、もともと高齢者が少ないから。

「チョコレートを食べる国ではノーベル賞の受賞が多い」だっけな。「統計的手法を用いた疑似科学」の例とされる。「ノーベル賞を獲りたいからチョコを食べよう!」なんて、ふつうの人は考えないと思うが、将棋の藤井そうた君がしていたマスクが飛ぶように売れているそうだ。

「チョコレート ノーベル賞」で検索して、ちょっと調べてみた。「因果関係」と「相関関係」は違うんだよ、という文章が載ってた。チョコとノーベル賞には相関関係はあるが、因果関係は不明。「チョコを食べる国ではノーベル賞が多い」が、「チョコを食べる『から』ノーベル賞が獲れる」にはならない。チョコとノーベル賞の間に、それこそ「ファクターX」がある。

★旧暦 6月18日 月齢17.8 立秋

日別画面へコメントを読む(3)

08月06日(木)

起床時刻:05時33分[いま起きた]ボタンで記録されました。

うげげげ、筋肉つー。ジャガイモ掘りで。今年は2列しか植えなかった上に天候不順で、不作でちた。

★旧暦 6月17日 月齢16.4

日別画面へコメントを読む(4)

08月05日(水)

起床時刻:06時13分[いま起きた]ボタンで記録されました。

中国ドラマ「花と将軍」、最初はおふざけが過ぎたけど、だんだん渋い面白さに。

★旧暦 6月16日 月齢15.4

日別画面へコメントを読む(3)

08月04日(火)

起床時刻:06時05分[いま起きた]ボタンで記録されました。

にゃんた、おはよー♪

★旧暦 6月15日 月齢14.4

日別画面へコメントを読む(3)

08月03日(月)

起床時刻:05時27分[いま起きた]ボタンで記録されました。

長野へ。

結局、楽府の本もすこし持っていく。ワーケーションでござる。お盆の墓参り帰省ではないので、大手を振って(← もちろんイヤミです)。

★旧暦 6月14日 月齢13.4

日別画面へコメントを読む(1)

08月02日

起床時刻:05時10分[いま起きた]ボタンで記録されました。

中国ドラマ「花と将軍」を見ている。ラブコメディで、ばかばかしいけど、仁宗の頃の設定で。柳永がでてきて「おお~!」 高中文言文にも柳永の詞が載っているので、中国人ならおなじみなのね。

去年の夏休みは何してたのかな、とここで振り返ったら、楽府を読んでいた。そうだ、そうだ。で、「鐃」をやり始めたところで東博の琵琶に引っかかり、そのうち「山谷さんが先だ」となって棚上げしていた。

といわけで、去年買った日本の研究書を読むと、しょっぱな先行研究(ほとんどは中国の)が「ひとつひとつの詩について、古書に散見する演奏記録をとり上げて詳細に考証したのである。すでに楽曲が亡び、歌われなくなった詩について、それらの曲名に拘泥してみたところで、文学上どういう発見が生まれるわけでもあるまい」なんて書いてある。・・これで去年は本を閉じた可能性があるニャ。

いわゆる「文学的」なるものに拘泥すると、『楽府詩集』100巻のうちの最初の15巻は宮廷祭祀の歌詞なんで、われわれ外国の一般人は所詮かやの外、分かろうとしたところで無駄、みたいなことになるが、中国の古典時代の文人にとっては、まさにここが本領発揮すべき舞台だったかも知れないのだ。

中国でも革命以後、庶民的とゆーか「人民」的なものでないと作品として価値がないような潮流になっていて、農民が搾取されて苦しんでいる歌とか、そんなものが「文学だー!」になりがちだけど、ドラマ「花と将軍」はそこんところ、仁宗と范仲淹が寵姫の作った料理をふたりで食べていたり、こっちのほうが本来の「文壇」だったのだ。

魏の時代にできた擬楽府を除いて、「楽府題」は楽曲だけでなく内容も規定し、後世歌われなくなっても、例えば「戦場南」は戦争の悲惨さを嘆く詩(替え歌)だった。ふむふむ。その点は詞とは違うよね。詞牌は曲のタイトルであって、内容はそこまで規定されない。

『楽府詩集』の最後の10巻は「新楽府」で、白居易らがせっせと作って「楽府題は空前のリバイバルを見た」が同時に彼らが「楽府詩を作る最後の詩人となった」という。そうなんだけど、『楽府詩集』には巻79~巻82に「近代曲辞」という分類もあって、王維や李賀なども作者として名前が見える。もちろん白居易もせっせと作った。楽府の衰退と詞の勃興がこの頃、と言われる所以ですニャ。

「楽府」という名称は、詞にも使われた。SNSに「本」という名称を使うフェイスブックみたいなもの。「歌う」という点で、楽府と詞は同じカテゴリーに入れられた。なので「曲名に拘泥して」みないと話が進まない、という立場に私もいる。

ところでコロナの直近1週間(7月25~31日)の感染者数が、人口10万人当たり東京都は14・38人、人口1万人当たり1・438人である。これで「感染者かも知れないんだから他県へ行くな」とか言われてもなー。感染していない9999人か9998人の1人である可能性のほうが、ずーーーーっと高い。私だけでなく、街ですれ違うこの人やこの人も、だ。

★旧暦 6月13日 月齢12.4

日別画面へコメントを読む(3)

08月01日

起床時刻:06時48分[いま起きた]ボタンで記録されました。

晴れたな。洗濯、洗濯。外干し、外干し。布団も干せそう。ミンミンが鳴いているしな。

少し窓をあけて乾いた風を通してから、長野に行きたいと思っていたので、ちょうどいい案配だ。ごっそり届いた野菜も、終わりそう。

★旧暦 6月12日 月齢11.4

日別画面へコメントを読む(4)