20180924(月) <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 07時08分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日の気分(本文)

ねぼー。昨晩は暑いのか寒いのか、寝そびれて何度もベッドから起きてはまた横になり、3時すぎにようやく眠った。今週からやっと授業なのに、この時刻起床では遅刻しまふ。

藩主様は、じいちゃんが武功をたてて大大名(打ち間違いではない、かなりな大名)になったが、とうちゃんが家臣をうまくまとめられず、領地返納。藩主様がちっさい(しかし経済的には重要と思われる)地域の藩主となり、とうちゃんはそこに隠居して、そこで没する。藩主様は晩年に少し加増されて東海道要衝の地(将軍様がお宿にした)の藩主様になるが、実際には息子ががんばって、藩主様はすぐ亡くなる。息子は本当にがんばって、若年寄もつとめた。

史料のほうでは、それぞれいた場所に絡んでおもに政治的な功績を記すようだが、藩主様は江戸にいた期間が長く、林羅山一門やその周辺の人たちと交流が深い。藩主様の著作は長いあいだ知られてなかったが、筑波大図書館にいまあるよ、と今世紀になって気づいた人たちがいて、おもに文学面から研究している。

藩主様は漢学をたしなんでおり、この辺がじいちゃんの時代と違うんだろなー、と思った。とうちゃんはちょうど建国の武勲の時代から、長期安定政権(というかな、江戸幕府ね)へ移ろうかという時期で、不運だったと思う。藩主様は、しっかり漢学をおさめて幕府の中枢に入り(もどり?)お家復興のきっかけを作った。息子がどんな著作を残したかは、まだ分からないが。

藩主様の著作は、一つは自分が書いた詩文集で、一つはいろんな人から唱和されたりもらったりした詩文を書き留めたもので、いろんな人もそれぞれ詩文集を残しているので、それとつきあわせて補足すると、いいでせう。けっこうな分量だが、みんなまめに作った日付を残しているからニャ。

読みづらいわー、な論文はいろんな人の人ごとに資料をまとめているが、藩主様を中心にして、いつ○○作ったら、誰が△△作って返した、みたいに。

藩主様の二集は筑波大図書館が、林羅山一門のは内閣文庫その他が、それぞれ画像データを公開しているので、利用しやすい。

ふっ。日本では平安時代に琴(七弦琴)をやっていたが廃れて、江戸時代に中国から渡来した東皐心越が古琴を持ってきていて、水戸光圀なんかに教えたりして「日本の琴楽の中興の祖」ということになっており、私も論文に書いちゃったと思うが、心越禅師が日本にくるずーっと前に、にんにん藩主様が古琴をやっていて、藩主様の琴(中国で作ったもの)の腹(あそこだな)に林鵞峰が銘を書いたりしたそうだ。心越禅師が亡命したのは、それより後。

私は昨日は「読みづらいー」といいながら論文読んで、今日は「なんであたしが?」と思いながら、歴史年表を拡大コピーして、そこに色分け付箋でぺたぺた、論文であっちこっち前後しながら書いてあったことを貼りつけて整理していたら、こんなこと(↑)が分かってきまちた。

林羅山(1582-1659)と明から来た陳元贇(1587-1671、陳与義の16世の孫)が年齢も近いし、江戸で交流があって、羅山の子等と藩主様は年齢近くて、親密だった。陳元贇の正月の宴に行って詩を作ったりしているが、藩主様もじいちゃんすごかったし、とうちゃんの代で領地没収されたけど、江戸のお屋敷は健在で、牡丹見物に林一家が来たり、していたようだ。子や孫も連れて、一家で顔出すんだと思う。

藩主様に唱和する形で、林一家が詞を作り、藩主様が詞を作らなくなってからも林一家のもう一代若い世代が詞を作っていたが、そもそも藩主様はなんで詞を作った?、はこれまで言及されてなかったからニャ。陳元贇の影響でしょうねえ。

陳元贇は、春休みに作った年表に書き込もうとしたら「もうスペースないけど?」な時代の人。隠元さんより5歳ほど年上ですね。「多芸で、中国拳法や医薬、書にも優れ中国陶器なども伝えた」そうだ。琴ぐらい弾けても不思議ではないかもしれない。琴譜を残して琴学を復興させたのは心越さんだとしても。

★昨日の歩数 8945歩。

コメント

tak_si tak_si 2018/09/24 07:50

山は涼しいです。

mack_chan mack_chan 2018/09/24 09:19

少しずつ秋らしくはなってますね。

michi0401 michi0401 2018/09/24 12:34

人参は、小ぶりです。

huangzi huangzi 2018/09/24 13:34

藩主様のじいちゃんは武功の人で有名ですが、娘は公家の日野光慶の室で、京都に行っては茶会に参加しています。本阿弥光悦に茶碗の作製を依頼し、その焼成は樂家にゆだねられたらしい。とうちゃんと光悦の交流も続いている。じいちゃんは勘のいい人で、存命中に領知を減らしてほしいと幕府に申し出たこともあったみたい。

huangzi huangzi 2018/09/24 13:37

藩主様のじいちゃん所持の洋剣のせいでオランダ東インド会社まで勉強ちう。
http://www.city.koka.lg.jp/secure/19264/p2223.pdf

huangzi huangzi 2018/09/24 13:38

話はかわりますが、図書館目録を送りました。ご教示くださいm(__)m

haruno haruno 2018/09/24 13:39

こねーな、と思いながら勉強して、たくさん追記しまちた。

nekonori-216 nekonori-216 2018/09/24 17:10

がんばれ!

(この日記にコメントできるのは登録ユーザーだけです → ユーザー登録 / ログイン