20190110(木) <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 06時10分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日の気分(本文)

はい、今日は6番。寒さでかじかむ手で、震えながらなぞりました(筆ペンで)。

七夕伝説に関係する歌ですが、『万葉集』には入っていないので、大伴家持説は疑わしい、って。カササギも平安時代には生息していなかった。

★中納言家持
かささぎの 渡せる橋に 置く霜の 白きを見れば 夜ぞふけにける

コメント

michi0401 michi0401 2019/01/10 06:36

おはよーございますにゃー♪
6番! ⬅︎ 他力本願(・・;)

nekonori-216 nekonori-216 2019/01/10 06:53

え?!
七番?

mack_chan mack_chan 2019/01/10 07:33

六番、、いや、さんばーん!
おはようございます♪

ymznjp ymznjp 2019/01/10 12:30

七夕伝説に関係する歌ですが、旧暦の七夕は八月なのに、
なぜ霜がでてくるんだろうと以前から漠然とおもてまちた。

haruno haruno 2019/01/10 14:59

旧暦だと7月から秋だけど、霜が降りるほど寒くはないですね。定家は冬の歌だと思ったようです。

カササギはおなかが白いので、七夕伝説→ カササギ→ おなか白い→ 白?霜?、と、どんどん連想した?

nekonori-216 nekonori-216 2019/01/10 15:21

天空は寒いものと、昔の人は考えてたと、あれ?最近読んだよ、ここでかな?

haruno haruno 2019/01/10 17:02

ここじゃないね。夏でも寒いの?

tak_si tak_si 2019/01/11 04:47

七夕にカササギが橋を渡すのは中国の伝説らしい(出典はどこ?)ので、それをふまえて詠んだのでしょう。天空が寒いというのは私もどこかで読んだことがあります。ねこ老師と同じものを読んだかも。

nekonori-216 nekonori-216 2019/01/11 06:02

月とかも寒いと考えられてたらしい。
夏の涼かな。

(この日記にコメントできるのは登録ユーザーだけです → ユーザー登録 / ログイン