20190402(火) <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 05時45分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日の気分(本文)

「令和」の出典の『万葉集』巻五の梅花の宴の序文(漢文で書かれている)の出典が張衡「帰田賦」で、それは『文選』に入ってます、とさっそくにぎやか。

梅は外来種で、「うめ」は中国語(当時の)を聞いて、いまならカタカナで書くような外来語だし。だから「平安時代までの日本古典を出典にすると、中国古典の孫引きになる」懸念は当初からあったらしい。

が、そんなことは承知で、あえて『万葉集』から採った、ということだと思う。梅花の宴よりもっと前の天皇の歌とかあったはずだけど、微妙なところからチョイスしたんだなー、と思った。最終的に決定した人たちが、どこまで古典の素養があったか、はなはだ疑問だけど。

「命令して平和にする」なんておかしい、という人もいるみたい。象徴たる天皇が内閣に命令して平和な国家を作らせて、なにが悪い?、と思う。べつに「天皇が国民に」命令するわけではないでせう、とりあえず現行の憲法なら。

コメント

michi0401 michi0401 2019/04/02 06:33

おはようにゃんた♪
雪降りの朝(^ ^)

mack_chan mack_chan 2019/04/02 06:49

ふむふむ、、
ですよね。
万葉集からと聞いて、おお!となったけどせ
梅? なんで? やっぱり中国… と思ってまちた。

haruno haruno 2019/04/02 06:56

「漢字二文字で」なんて制限をかけているうちは、逃れようがないですよねー。次はいっそ平仮名で、になる鴨? 「うらうらと・・」の「宇良」なんか如何?、とおもったけど、四股名にありそうだし。平仮名も漢字のくずし字ですけどね。

huangzi huangzi 2019/04/02 07:11

うちもウィキペディアでエセ情報がかすってしまい、いきなり騒動。

mack_chan mack_chan 2019/04/02 07:23

中国からは逃がれられないってことですね。
ま、キラキラネームでなくて良かった。ぷぷ

tak_si tak_si 2019/04/02 08:20

憲法が権力に、暴れたらいかん、と命令するというのが立憲主義なのです。

(この日記にコメントできるのは登録ユーザーだけです → ユーザー登録 / ログイン