20191008(火) <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 05時33分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日の気分(本文)

すーしー秋だ。が、また30℃近くまであがるらしいで。

プーアル茶の団茶(茶葉が瓦みたいに固まっている)をもらったので、くだいて、ジャスミン茶のあいたカンに入れた。なかなか味わい深い。

これで煮豚を作ってみよー♪ がんばれ、炊飯器。

・・がんばってくれた。炊飯器は窯の底が丸いから、少ない水でいけるのがGOOD♪ 

白石君、おわって提出、査読コメント待ち。山谷さん、初校が出たのでやった。ちかれたので、早めに帰宅。帰りがけにショッピングで、気分あげあげ。

こんなに働いているのに、上海の古い友人(商社勤務で最近は介護のことをやっているそうな)が、シニア労働とか年金の記事をラインで送ってくる。私は老後の金の心配はしていない。みんなを見送ったあと(自分が最後に死ぬ予定なんで)、誰が私の始末をしてくれるのか、それだけが心配だった。

でもそれも、この前うちに泊まった留学時代の友人が、「あら私がやるわよ。私が先だったら、息子たちが世界のどこからでも駆けつけるわよ」と言うので、すっかり安心。

そういう人がひとりでもいるってことは、潜在的に10人くらいはいるものよ。Gを1匹見かけたら……理論を展開したら、上海の古い友人も「ボクがやりますよ。家内もいるし、娘とその旦那さんもいるし、もう4人集まりましたね♪」と言うので、何も心配ないのだー♪

呆けるのも怖かったが、きょう山谷さんを読み返したら、なんて面白い論文だっ! たとえ私が呆けて何も覚えていられなくなっても、こういうのが残って誰かが読むのだから、私の人生は有意義なものだった、余は満足である。

★聞いて楽しむ漢詩100選
(31)磧中作 岑参
走馬西来欲到天  馬を走らせて西来 天に到らんと欲す
辞家見月両回円  家を辞してより月の両回円かなるを見る
今夜不知何処宿  今夜知らず 何れの処にか宿せん
平沙万里絶人煙  平沙万里 人煙絶ゆ

 馬を西へ西へと走らせて、天に行きつかんばかりである。
 家を出てから月がもう二回も満月となった。
 今夜はどこに宿をとろうか。
 砂漠は見わたす限り続き、人家の煙はどこにも見えない。

コメント

michi0401 michi0401 2019/10/08 05:35

おはようござますにゃあ♪
あめー(╹◡╹)

ymznjp ymznjp 2019/10/08 20:29

わたしもそのGの一匹になってもいいです。でも、わたしの方が先になるかもです( ̄∀ ̄)

haruno haruno 2019/10/08 21:08

中国に介護のいろんなノウハウを教えても、「まだまだダメですねー」だそうです。「でも春月せんせいはますます中国人みたいだから、北京の施設のほうがいいかも知れませんね」だと。

(この日記にコメントできるのは登録ユーザーだけです → ユーザー登録 / ログイン