20191109 <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 05時10分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日の気分(本文)

冬晴れー♪ きのう立冬だった。。

冬のお片づけ第一弾、玄関周りの雑草など。サッシの掃除も。もっと寒くなってからやるのは、イヤだからニャ。(← こういう文末の表現がイタい、と学生さんに言われまちた。・・あ、またやっちっち)

昨日お昼寝のあとに読んだ論文では、現代の琵琶につながるのは四弦だけど、唐代に亀茲を経由して伝来した五弦が流行り、五弦琵琶譜は日本にちょびっと残っているだけだが、亀茲人が五弦琵琶をもとに理論も教えた、ということで、そうだったっけ?

どこかで思い違いをしていたのかも知れニャイ、と『林謙三「隋唐燕楽調研究」とその周辺』とゆー本をけんきゅー室から持って帰った。この週末、じっくり読みませう。

★聞いて楽しむ漢詩100選
(54)旅夜書懐 ② 杜甫
名豈文章著  名は豈(あに)文章にて著われんや
官応老病休  官は応に老病にて休(や)むべし
飄飄何所似  飄飄 何の似たる所ぞ
天地一沙鴎  天地の一沙鴎

 人の名声というものは、文学などによって得られるものではない。
 さりとて、この年老いた病気の身では、
 もはや宮仕えも見切りをつけざるを得ない。
 さすらい続けるわが身は、いったい何に似ているだろうか。
 果てしない天地の間をさまよう、砂浜の鴎のようなものだ。

コメント

michi0401 michi0401 2019/11/09 06:54

おはようございますにゃー♪
エ゛!
学生の前でも、にゃー?(^ ^)

nekonori-216 nekonori-216 2019/11/09 07:23

どこでもにゃー。

haruno haruno 2019/11/09 09:47

昨日はセミナー(今年はマンツーマン)で、「あーやだ~、もーやだ~♪」と歌い出して、たしなめられまちた。ご存じではないかも知れませんが、みんなのうた10月・11月に流れているDA PUMPの「ばけばけNight!」の一節でございます。

唐代の凝った料理の名前がたくさん出てきて、ネットで検索しながら。小麦粉を練り上げて美しい舞姫70体にして蒸して食べる、という料理(素蒸音声部という)があって、それは復元した人がいて、画像がアップされていた。。

(この日記にコメントできるのは登録ユーザーだけです → ユーザー登録 / ログイン