20200114(火) <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 05時38分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日の気分(本文)

ぬま津がきた。もう目が覚めていたが、3階で寝ているので、けっこう揺れる。

勝間動画をまだ見ているが(猫が一緒にいて可愛いので)、昨日は英語学習法を話していた。聞いて分かるし発音もできる語彙を7000語まで増やすと、だいたい用が足りる。いきなり7000語はたいへんなので、まず1000語、それを組み合わせながら次の1000語、と増やしていく。教材としては、単語集で覚えるのではなく、オーディオブックや映画で、実際に使われている場面で覚えていく。英語字幕のでる映画、日本語翻訳されて内容を知っている原書のオーディオブックを、何回も観るとか聴くとかして。7000語までいったら、次は1万語、さらに1万5千語・・。

何か他のこと(通勤や家事・育児など)しながらだと、オーディオブックのほうが使い勝手いいでしょうね。

勝間さんは慶應中等部→ 慶應女子高→ 慶應大学→ 早稲田大学院の人で、外資系で働くための英語「量稽古」の勉強法について、話している。基本的な文法や語彙は、大学以前にマスターしているし、学生時代に7000語は「見れば分かる」レベルだったと思う。そこを勘違いして、ただ真似して映画みたりしていても、ダメだと思うが。

私は中国語で、2005年度の留学を機に、あれこれ買い集めた教材を2007年から08年にかけて、自分で使ってみて、おさらいをした。映画やドラマも中国語字幕つきで観たし、オーディオブック(有声小説)も聴いた。ここ(もう削除しちゃったけど)にも記録していましたネ♪ 

いちばん効果あったのは、

①初級の簡単なテキストを毎日音読する。ぜんぶ読んで20分程度のテキストを、1日1回、3ヶ月。→ 会話のストレスが減った。アタマで考えなくても、反射的に口から中国語が出てくるようになった。

②北京語言学院の本科生テキストを、1年用から4年用までぜんぶ音読した。→ 語彙が増えた。見れば意味は分かるが、発音が分からないものを辞書で引きながら、音読した。つらかった。とくに「報刊」が。クソ面白くもない話ばかりで。しかし、これがニュースでよく使われる語彙であり、言い回しなのだった。

①②とも、「他のことしながらついでに」はできないので、これにプラスして、通勤ついでにテキストの朗読を聴くとか、やっていた。

映画やドラマや小説は、「学習」から離れてみると、たいして面白いわけでもないので、最近は観てないし読んでないなー。最近やっているのは、同じ方法で「古典の量稽古しなくちゃ♪」である~。

山谷さん(任淵注)は、典故てんこ盛りで、けっこういい教材だった。しかし私の性分として、細切れはどこまでいっても細切れなので、「やっぱり『詩経』からちゃんと全部読もう!」みたいなことを、やっている。

ええ、やっています、ここには書いていませんが。いったいいつ終わるやら、です。「漢詩大系」や「漢文大系」みたいなものを、端から全部読む。やりかけては、途中でほかに気をとられて、また振り出しに戻る、みたいなことをここ数年、繰り返していますニャ。

★昨日の歩数 10136歩

コメント

michi0401 michi0401 2020/01/14 06:35

おはようございますにゃー♪
俺は、ナマズじゃー(^ ^)
3だったらしい。。。

nekonori-216 nekonori-216 2020/01/14 06:57

おはよう春ねえ♪
読書人万歳!!

samskywalkerjr samskywalkerjr 2020/01/14 13:43

今はもう削除してしまった、あの内容が懐かしいです。刺激を受け、勉強にも役立てていました。引用した先生のコメントが僕のブログにも残っています。手に汗握る『英語喉一家』との死闘もありました。いまとなっては、懐かしい思い出です。いま書いているこの日本語さえも、中国語の影響があるように思えます。

haruno haruno 2020/01/14 15:00

やだ、ありましたね、そんなこと…(遠い目)。あの時は結局、お互いに最後は理解しあって、よい感じに落ち着いたんですよね。

mack_chan mack_chan 2020/01/14 18:10

うーん、、

haruno haruno 2020/01/14 19:21

あれ? どの部分がうーん?

samskywalkerjr samskywalkerjr 2020/01/14 22:06

あれ?
僕の勘違いかな?
この文章の、ブツブツと切れている『ブツブツ』感が。

強いて言うと、

起:今はもう削除してしまった、あの内容が懐かしいです。
承:刺激を受け、勉強にも役立てていました。引用した先生のコメントが僕のブログにも残っています。
転:手に汗握る『英語喉一家』との死闘もありました。
結:いまとなっては、懐かしい思い出です。

のように感じていたのですが、勘違いかもしれません。もうそろそろ来ているようです。(笑)

haruno haruno 2020/01/15 05:06

コパさんの「うーん」は英語学習に関してなのかな、意見を聞きたいな、と思ったのですが。

サム君の起承転結は、分からなかった。(笑)

あの死闘に関しては、若気の至り、忘れたい気もするが、現在はもう少し気持ち歩み寄り的です。

(この日記にコメントできるのは登録ユーザーだけです → ユーザー登録 / ログイン