20200922(火) <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 05時42分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日の気分(本文)

さぶっ。急にこれだもんなー。風邪ひかないように、っと。

李清照の詞をタイトルにした「おしん」系ドラマ、「知否、知否、応是緑肥紅痩」があったので、見始めた。北宋の時代のお話。

まだ北宋らしさは出てこないが、「花と将軍(原題:将軍在上)」はセットや衣装が現代風(貴族たちの衣装は日本の平安時代調)だったが、こちらは全体的に地味~な色合いで、「当時はきっとこんな感じですよね」と思ふ。

夜の場面が暗いのが、リアル。私が最初に留学した1980年代終わりも、夜はとても暗かった。長野はいまも夜になると外は「漆黒」みたいになるが。なんせクマやらイノシシやら鹿やら、出てくる所なんで。

台湾映画「幸福路のチー」、予告編を見たら、胸が苦しくなりそうだったので、やめまちた。たぶん多くの人と違う感想を持つと思うけど。

私は「花と将軍」がけっこう気にいって、いくつかのシーンを何度も見ていた。私がいちばん泣いたのは、花花公子がさいごに女将軍の替え玉として、女将軍の面をつけて出陣するところ。面の裏側から整列している兵士たちが見えるシーン。この花花公子はジェンダーバイアスきつめに育った男で、結婚して少しずつ変わるんだけど、「やっとあなたも妻の見ている風景を見たのですね」と思って、泣けた。

その点、軍師や遊撃将軍のほうが、結婚相手としては楽だけどな、と思うが、女将軍がイケメン好きなんで、とほほ。

じんわりきたのは、花花公子がちっさい官職を与えられて、くさって帰宅した晩、「皇室の身分がなければ誰も私なんか相手にしないさ」と言うのに対して、「欲しいと思って誰でも手に入れられるものではないぞ」と女将軍が言うシーン。才能なり容姿なり家柄なり、平均より上に抜けているせいでかえって生きづらい、というのがちょいちょい見えるドラマだけど、そっちの多様性も認めようよ、みたいな。

母親が息子を溺愛していたようで、実は息子のことなんか全然見えてないし、信じてもいなかった、というのも切ない。この母親も少しは変化するが、のびしろが小さいのは仕方ないのかな。

「隠秘的角落」の怖い朝陽ママが、「知否、知否、応是緑肥紅痩」でヒステリックな正室をやっている。

★旧暦 8月6日 月齢4.7 秋分・社日(秋)

コメント

michi0401 michi0401 2020/09/22 07:09

おはようございますにゃあ♪
昨日は、月がきれいに見えました(╹◡╹)

nekonori-216 nekonori-216 2020/09/22 08:10

おはよう春ねえ♪
台風が来るんだって。

haruno haruno 2020/09/22 08:12

明日とあさって、大雨らしい。

ymznjp ymznjp 2020/09/22 08:54

「幸福路のチー」、胸が苦しくなるよ。
「ほのぼの」、「懐かしい感じ」とレビューを書いている人がいて、それもそうだけど、それだけじゃないから。

haruno haruno 2020/09/22 09:07

たぶん、だけど、理想を求めて他郷に出て成功して、ふるさとに戻って「かつての平凡だけど懐かしい」ものや人々を思い出し、自分が失ってしまったもの、捨ててしまったものの大きさに気づかされ、苦いものがこみあげてくる、みたいなことを期待されてそうで、イヤ。(笑)

ここで例のマーク、^_^? が必要だな、きっと。

haruno haruno 2020/09/22 09:43

あらすじ読んだら、ちょっと違うね。「両親の期待を背負っての受験勉強」だって。うちと真逆だ。

ymznjp ymznjp 2020/09/22 10:08

まあ、内容自体はそういうもので、私の場合はそんなに自分とは重なりあわなかったけど、
個人的な部分もそうだけど、台湾も歴史的にいろいろな困難があったんだなーと、それが生活にじんわりと影をさしているところが見てて胸が痛かったです。
だけど、昨今の台湾ブームは「癒しの島」「懐かしい島」みたいな表面的なものだったなと。沖縄なんかもおなじだけれど。

haruno haruno 2020/09/22 11:00

なるほど、そっち系の痛さなんですね。ずっと戒厳令でしたもんね。台湾の海賊版『大漢和』は、共産党がらみの項目が白く抜かれているんですよね。台湾に留学すると中国に入国できなくなる、なんて噂もあったし。

アメリカに在研で行った時も、年配のすでに仕事している人たちはほとんど台湾組だった。若い院生やオーバードクターは大陸もぼちぼち。論文の英文にピンイン使いたくない、という台湾系の先生もいるし。

「ほのぼの」しちゃう人たちもいるんでしょうね。台湾へ行くと、みんな静かで優しいし。

ymznjp ymznjp 2020/09/22 13:01

台湾に行く日本人もそうだけど、日本に観光旅行に行った中国人の感想も、なんとなく聞くともやもやします。観光旅行なんて娯楽だから表面しか見えなくてもしかたないかもしれないけど。

haruno haruno 2020/09/22 15:23

「幸福路上」、見たよ~♪ けっこうイラッとした。^_^? 

予告編やあらすじで想像していたのと、ぜんぜん違うストーリーだった。私は何やかや言うて自分の好きなことだけやり続けてきた、それができる国や時代だった、とは思った。

ymznjp ymznjp 2020/09/22 17:23

おお、わたしはまた見てみようかなとおもてます^_^? 

「糸」もそうだけど、これも予告編のほうが泣けそうになる感じ^_^? 

(この日記にコメントできるのは登録ユーザーだけです → ユーザー登録 / ログイン