201909 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:06:00 平均起床時刻:06:28

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

09月20日(金)

起床時刻:12時21分[いま起きた]ボタンで記録されました。

羽田に着いたよ

日別画面へコメントを読む(2)

09月06日(金)

起床時刻:05時42分[いま起きた]ボタンで記録されました。

行ってきまーす♪

★聞いて楽しむ漢詩100選
(15)黄鶴楼 ② 崔顥
晴川歴歴漢陽樹  晴川歴歴たり 漢陽の樹
芳草萋萋鸚鵡洲  芳草萋萋たり 鸚鵡洲
日暮郷関何処是  日暮 郷関 何れの処か是れなる
煙波江上使人愁  煙波 江上 人をして愁えしむ

 晴れわたった長江の対岸に漢陽の町の木々が日をうけて立ち、
 中洲の鸚鵡洲にかぐわしい花の咲く草が生い茂っている。
 黄昏がせまり、故郷はどのあたりかと見れば、
 川もやがたちこめていて、望郷の思いが胸をひたす。

日別画面へコメントを読む(4)

09月05日(木)

起床時刻:05時08分[いま起きた]ボタンで記録されました。

明日から北京、ネットは使えません。

しかしパソコンは陳さんのが使えるので、またDA PUMPのDVDを持っていく。わはは。

白石君はけっこういいところまで進んでいる。これもギリギリまでやって、リュックに資料担いでいくかなー。

★聞いて楽しむ漢詩100選
(15)黄鶴楼 ① 崔顥
昔人已乗黄鶴去  昔人 已に黄鶴に乗りて去り
此地空余黄鶴楼  此の地 空しく余す 黄鶴楼
黄鶴一去不復返  黄鶴 一たび去って復た返らず
白雲千載空悠悠  白雲 千載 空しく悠悠

 黄鶴に乗って仙人は飛び去り、
 この地には、黄鶴楼だけが残された。
 黄鶴は飛んで行ってもう帰ることはない。
 ただ白雲だけが千年の昔と変わらぬ姿で大空にポッカリ浮かんでいる。

日別画面へコメントを読む(5)

09月04日(水)

起床時刻:05時37分[いま起きた]ボタンで記録されました。

すーしー。

★聞いて楽しむ漢詩100選
(14)回郷偶書二首(其一) 賀知章
少小離家老大回  少小 家を離れて 老大にして回(かえ)る
郷音無改鬢毛催  郷音 改まる無く 鬢毛 催す
児童相見不相識  児童相い見て 相い識(し)らず
笑問客従何処来  笑って問う 客は何処より来たると

 若いころに故郷を離れ、年をとって帰ってきた。
 お国なまりは昔のままだが、鬢の毛は白さを増した。
 子どもたちは私と出会っても、顔見知りでないので、
 ニコニコしながらこう問いかけてきた。
 「お客様は、どちらからいらっしゃったのですか」

日別画面へコメントを読む(4)

09月03日(火)

起床時刻:05時06分[いま起きた]ボタンで記録されました。

メロンが届く。5個。ハウスの中でヒモにつるして育てていた、皮にしわしわが出る、青肉と白肉。

★聞いて楽しむ漢詩100選
(13)照鏡見白髪 張九齢
宿昔青雲志  宿昔 青雲の志
蹉跎白髪年  蹉跎たり 白髪の年
誰知明鏡裏  誰か知らん 明鏡の裏(うち)
形影自相憐  形影 自(みずか)ら相(あい)憐れまんとは

 昔は、功名をあげて出世する大志をいだいていた。
 しかし、人生、失敗が多く、いつのまにか白髪の年になってしまった。
 だれが予想したであろう、鏡の前で、
 私と私の影が互いに憐れみ合うようになろうとは。

日別画面へコメントを読む(2)

09月02日(月)

起床時刻:05時25分[いま起きた]ボタンで記録されました。

バーバリー、ではなく、今治ぃになった。「今、治りました」とかけて快気祝いによく使われるそうな。あとは毎回頼まれている化粧品や医薬品。これでスーツケースは8割がた埋まった。。

★聞いて楽しむ漢詩100選
(12)汾上驚秋 蘇頲
北風吹白雲  北風 白雲を吹き
万里渡河汾  万里 河汾を渡る
心緒逢揺落  心緒 揺落に逢い
秋声不可聞  秋声 聞くべからず

 北風が白い雲を吹き流している。
 私は万里はるかな旅路をゆき、今、汾水を渡るところだ。
 私の心は、木の葉が舞い散る眺めに出会い、
 秋の物音を耳にするのも耐えがたい。

日別画面へコメントを読む(5)

09月01日

起床時刻:06時02分[いま起きた]ボタンで記録されました。

みんみん。

今日はデパートへ行って、お土産を探す。陳さんの快気祝いを兼ねたもの。何がいいかなー。

★聞いて楽しむ漢詩100選
(11)登幽州台歌 陳子昂
前不見古人  前に古人を見ず
後不見来者  後(しりえ)に来者を見ず
念天地之悠悠  天地の悠悠たるを念(おも)い
独愴然而涕下  独り愴然として 涙 下(くだ)る

 私より前に生まれた人々の姿は見えない。
 私より後に生まれる人々の姿も見えない。
 ただ天と地のみが永遠であることを思い、
 私はひとりいい知れぬ深い悲しみに涙を流す。

日別画面へコメントを読む(3)