201805 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:06:00 平均起床時刻:05:19

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

05月31日(木)

起床時刻:05時09分[いま起きた]ボタンで記録されました。

晴れー♪ 洗濯、洗濯。。2回まわしてしまいまちた。雨が来るまえに撤収しないと。。

★昨日の歩数 9824歩。

日別画面へコメントを読む(6)

05月30日(水)

起床時刻:05時29分[いま起きた]ボタンで記録されました。

また雨になるらしい。。梅雨も近いかな?

★昨日の歩数 11956歩。

日別画面へコメントを読む(3)

05月29日(火)

起床時刻:04時33分[いま起きた]ボタンで記録されました。

眠い。。昨晩はちかれて8時半に寝てしまい、2時前に目がさめて勉強していた。二度寝したーい。またはお昼寝でリカバリ。

東京に戻って「ねんきん定期便」を確認したら、62歳から「特別支給の老齢厚生年金」ってのが出るみたい。年齢がばれるわ。。こんど心配性の仲良しセンセに教えてあげよう♪ ・・ダメみたい。。収入がばれるわ!

★昨日の歩数 8780歩。

日別画面へコメントを読む(4)

05月28日(月)

起床時刻:06時04分[いま起きた]ボタンで記録されました。

筋肉つー。目録と序跋のセットも送った。紙がいいので、重い。まあ必要だーねー、工具書はね。

これを全文検索できるデータベースにして売っている会社があるようだ。あらあら。こういうのは最初からざざーーっと目を通すから分かることも多いのに。。

あいこさん、退院。私は東京へ。

★昨日の歩数 4565歩。

日別画面へコメントを読む(5)

05月27日

起床時刻:05時23分[いま起きた]ボタンで記録されました。

あいたたたー、筋肉つー。

『蘇軾全集校注』20冊を研究室へ送る。中国で買って、定年後にゆるゆる読もうと思って長野に送ってあったけど、必要が出てきたので。ネットでチェックしたら、日本円だと9万円だって。ほえー。・・安いと思う。安いな、本は。だからといっていちいち買っていると、スペースがない。

ないっ!と言いつつ、結局、『仏教語大辞典』3冊本と、ついでに『図説仏教語大辞典』1冊をぽち♪してしまったので、研究室に届くでせう。下の階のレファレンスルームにあるんだけどね。。

私が熱心に読んでいる例の管理人氏が「年金は出なくなりますよ。これから
どうやって食べていくんでしょうか?」とあおって貼りつけている「年金繰り下げ受給シミュレーション2020年改正案対応」というどっかの番組のビデオを見た。

ある仲良しセンセもしきりに「70歳まで年金もらえなくなる、定年65歳なのにどうしたらいいの?」と心配していて、「それ、70歳からもらい始めてもいい、ってことですよ。私は65歳になったらさっさともらいますけどね」と話が噛み合わない。

そのシミュレーションだと、基礎年金80万+厚生年金120万の人の場合、年間の受給額が、65歳からだと200万、70歳からだと284万、75歳からだと368万。すっごーい、こんなに差が?

でも5年、10年、と受給しない期間があるので、長い目でみると、90歳まで生きた場合、65歳からもらい始めると合計5200万、70歳からだと5964万、75歳からだと5888万。90歳まで生きて、最多と最少で688万しか違わない。10年おくらせて75歳から90歳までの15年間で688万のお得。688万を15年で割ると、45万くらい。12ヶ月で割ると、3万ちょい。・・大きいかな?

このビデオのどこから「年金は出なくなりますよ」なのか斟酌するに、65歳からだろうと75歳からだろうと、こんな朝三暮四みたいな政策をしても、私のように「いつまで生きるか分からないから、さっさといただきます」な人もいて、払いきれない、年金制度は破綻する、ってことかな?

★昨日の歩数 11182歩。

日別画面へコメントを読む(6)

05月26日

起床時刻:05時23分[いま起きた]ボタンで記録されました。

なぜ日大はロクに準備もせず、次から次へとアホが出てきて騒ぎを大きくさせているのかニャ? 学長も横柄でおどろいた。

あいこさん、手術成功して元気でちた。

★昨日の歩数 8593歩。

日別画面へコメントを読む(5)

05月25日(金)

起床時刻:05時32分[いま起きた]ボタンで記録されました。

あさー♪

あと少しで竹田君が終わりそうだが、メシ食って授業へ行かねば。。いったん切り上げて、中国語に翻訳し、陳さんが来たらチェックしてもらって、台湾へ出荷。締切は10月だがな。。

きのう竹田君の詞論もけっこう面白いことに気づいたので、きちんと読んで、こっちは日本語で別のに投稿。作っていた年表は、台湾のほうではちゃんと組んでもらえるか不安なのでやめて、日本語のほうで使おう。ぽんぽこ改め、にんにん藩主たちの件も、こっちで。

★昨日の歩数 8379歩。

日別画面へコメントを読む(5)

05月24日(木)

起床時刻:05時09分[いま起きた]ボタンで記録されました。

鼻水がでる。。花粉症?

★昨日の歩数 10076歩。

日別画面へコメントを読む(4)

05月23日(水)

起床時刻:05時12分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日は曇ってますねえ。雨は夜にうつったみたい。よよよーい♪

・・降られまちた。。

★昨日の歩数 7407歩。

日別画面へコメントを読む(5)

05月22日(火)

起床時刻:05時15分[いま起きた]ボタンで記録されました。

よう晴れてまんなー♪

研究室。からの~、気が向いたら国会図書館へ。まだ少し通わないといけない。書庫からの出納は思いのほか速く、10分程度で出してくれる。が、書庫へ行くのが1時間に1回である~。内閣文庫のほうは空振りだった。

私は図書館が好きだ♪ 

研究室棟のレファレンスルームも好きだ♪ このまえ『仏教語大辞典』を見に行ったら、いつの間にかけっこう充実していた。もっと利用しよう♪

定年後は時間たっぷりあるんだから、あちこちの図書館に通って、2時間ばかり勉強して、ランチやお茶して、そこらへんの公園を散歩して帰る、なんてのもいいかもなー。

東京は住居費が高すぎで、本の置き場に困る。また陳さんがハルピンから「もう少し残っているから持っていくね、ぜんぶ春月が買った本だよ」とか言っていて、「ありがとう」とは言ってみたものの、アタマが痛い。長野の書庫もけっこう満杯。研究室の語学関係の本を処分して、長野から中国美術全集を送ったら、弟が仏教美術の全集を買ってスペースを埋められた。。

メンタリストのだいご氏は、月100万円、本を買うそうだ。広いおうちの書斎には蔵書3000冊。・・ちと勘定があわない。どんどん買って、どんどん処分しているのかニャ?

★昨日の歩数 6270歩。

日別画面へコメントを読む(4)

05月21日(月)

起床時刻:05時40分[いま起きた]ボタンで記録されました。

涼しい。爽やか。高原の朝みたい。

・・ぶちこわすようなイカの匂い。面倒なのでイカごはんを炊いているナウ。ちかれが蓄積しているので、鳥むね肉もゴボウ・きのこ・ニンジンと炒め煮にした。あとはタマネギで味噌汁を作る。・・材料が余ってんだよー。このまえ野菜を買いすぎた。

★昨日の歩数 9484歩。

日別画面へコメントを読む(2)

05月20日

起床時刻:05時22分[いま起きた]ボタンで記録されました。

さみーわ。。風がちびたい。が、日本晴れ~♪

けんきゅーしつに行きまちた。日曜なのでガラッガラだが、入口で後ろから声をかけられた。久しぶりに会ったセンセで、30分も立ち話。近況はお互い、介護たいへんだの体調わるいだの、それから定年後の生活どーする?

家の建て替えはやめて、修理しながら住めるだけ住んで、お金ためて近所の施設に入り、自宅も残しておいて元気なうちは行ったり来たりし、いよいよ動けなくなって最期を迎えるときには、施設のお友だちに見送られて安心。とにかく家の建て替えはやめて、お金ためる。建て替えるにしても、サイズを小さくする。物も減らす。

おんなじ、おんなじー。まちがってもローン組んで不動産投資で不労所得とか、考えないこと。ローン終わるころには補修でまた金がかかり、何やってんだか。借金を資産と思いこめる人だけが、手を出すものだと思う。

竹田君を書きはじめた。

★昨日の歩数 5883歩。

日別画面へコメントを読む(3)

05月19日

起床時刻:06時00分[いま起きた]ボタンで記録されました。

雨雲はどこへ行った?

★昨日の歩数 11739歩。

日別画面へコメントを読む(3)

05月18日(金)

起床時刻:05時06分[いま起きた]ボタンで記録されました。

東大生が「一応・・」などとアホな庶民にあわせて謙遜してみせることなく(え、ちがう?)、堂々と活躍できる社会のほうがいい、と私は思いまふ。

★昨日の歩数 13341歩。

日別画面へコメントを読む(2)

05月17日(木)

起床時刻:04時42分[いま起きた]ボタンで記録されました。

国会図書館。からの~、公文書館(内閣文庫)。1日で回れるかニャ?

お昼は自民党の議員さんたちが会合でよく召し上がっている1皿3000円のカレーライスでも食いましょうかの?(うそ、食堂に入れてもぜったい食べない)

国会図書館は国会議事堂のそばにあり、国会議事堂の近くに東大進学率を誇る都立日比谷高校がある。『赤頭巾ちゃん気をつけて』の舞台であり、赤頭巾ちゃんシリーズは『僕って何?』とか『ライ麦畑でつかまえて』とか『ノルウェーの森』とか『車輪の下』とかのドイツ的教養主義世界(男子限定)物語の系譜である~。いわゆるエリート養成っす。

東大になんとなくするする入っちゃった子の中には、「どこか遠いところで誰かが幸せになるような仕事がしたい」などと仙人みたいなことをのたまう子もおり(テレビ番組で見た)、そういう子が1人でも2人でも巣立っていくなら、教育としては大成功である。エリート誕生にゃ。

スノッブだー。鼻につくぞー。仕方ない。エリートってば鼻につくものなのでせう、「臭老九」っつーくらいだから。

将来は総理大臣になりたいので書道を習う、ってのがエリート男子の考え方でしょうな。

**
回ったで~。国会図書館内の喫茶店で「富良野 北の野菜カレー」650円也を食べまちた。やさいがごろんごろん入って、おいしかったです。

★昨日の歩数 10394歩。

日別画面へコメントを読む(8)

05月16日(水)

起床時刻:05時01分[いま起きた]ボタンで記録されました。

暑くなるらしい。でも湿度が高くないので、さほど苦しゅうない。

このまえ電車で「寒いわねー」と隣の婆さんがつぶやいたので、つい「冷房は早いですよねー、暑くなると思って半袖着てきたのに」と返事してしまい、どどどーーっと話しかけられた。

40代で母子家庭となり、教えられないけど一流の研究所でばりばり働いて、4人の子どもを「なにより学歴が大事」と全員大学までやり、子どもの義理家はもとお店やっていたけど畳んでマンションを建て(共産党がとんでもないところまで署名集めて日照権うんたらで階数減らされたのが怒りおさまらず)、自分たちは最上階に住んで、下は入居者で埋まっているそうだ。

教えられないけど一流の研究所では、大学の上の大学院というところまで出ている人もいるのよ。ほー。理系かな? 昨今は学歴高すぎてもプアな危険ありだが。

浪人して東大に入ったら目の前に東大進学率の高い中高一貫校があって絶望したフルブライト留学生は、こういう価値観の親に育てられていたら、不満や怒りをためこまずに生きやすかったのかも知れない。

ただこの著者には誤解があって、目の前に東大があって東大生をしょっちゅう目にしているから「東大へ行こう!」と思うのではなくて、「東大へ行こう!」と思うような人たちがそこの中高一貫校に通う(通うために受験する)のだと思ふ。

そこが男子校であることをどう考えるんだ?問題は置いといて、そこ出身で東大へ行けず、ぐじぐじひねくれて人生送っている人を私は知っているし、東大を卒業しても、ぐじぐじひねくれて人生送っている人を私は知っている。

ひねくれている1人は例の管理人で(まだ読んでいた!)、「翻訳に絶望して、翻訳者補完計画に向かう」そうだ。つまり、特許翻訳でまだまだ稼げる(ってことはもう以前ほど稼げない)となんぼハッパかけても目を覚まさない(受講しない)アラフォー英語女子に絶望し、翻訳者補完(不動産投資やネットビジネス)のシステム(を構築して儲ける)に変えよう、オレ、という意味である。

この人も、夏はホタルが飛ぶような自然豊かな地域の出身らしい。カネカネカネカネうるさいので、新種のセミじゃあるまいし、大企業の正社員やめなきゃよかったじゃないかと思ったが、副業を本業にするに至る理由もあったようだ。苦労したんだね。。だからといってアラフォー女子に八つ当たりすんな!

「なにより学歴よ!」はしょせん貧乏人の発想なんだろうな。。金持ちは「なにより人脈ですよ」じゃないかな? 田舎でも裕福で親が意識高い系だと、東京にマンション買うて、子どもと母親がそっちに住んで、裕福な子だらけの学校に通わせたりするんですよ、きっと。または寄宿舎のある外国の学校に早くから留学させちゃうとか。

★昨日の歩数 10170歩。

日別画面へコメントを読む(6)

05月15日(火)

起床時刻:05時36分[いま起きた]ボタンで記録されました。

筋肉つー。きのう荷物が重かったからニャ。

★昨日の歩数 10261歩。

日別画面へ

05月14日(月)

起床時刻:06時00分[いま起きた]ボタンで記録されました。

メドがついたので、竹田君の資料を運びなおして、研究室でやることにした。うちは白石君とクマちゃんが居座っていて、竹田君には島を用意して座っていただいていた。

これから晴れの日が続きそうだし~。しばらくせっせと通うべし。

木曜夜7時にやっている俳句査定ランキングを見るのが、楽しみである。芸能人がどんどん上手くなって、すっごく勉強もしていて、だんだん個性も出てきて、ほかの人の句に対するコメントも的確になってきて、すごいなー。指導している毒舌先生も、もちろんすごい。

消しゴム判子と水彩画も好き。一発特待生(1回目で特待生に昇格)もいて、その判断ができることも、さすがだな、と思う。先生の容赦ない「お手本」も、楽しみ。

生け花は、よく分からない。盛り付けも。「対称的にしない」とか、日本の美学ルールがあるみたい。あと、季節感は大切。ここから俳句は、ほんのお隣という気がするけど。

俳句の毒舌先生はよく「映像化する」と言っている。句を読んだ人が、ぱっと映像を思い浮かべられるかどうか。目に映るものを心で感じて、感じたことを感情のまま示すのではなく、映像として示す。すると読んだ人が、映像を思い浮かべて(それは作者が見たものとは違うのだろうけど)、別のその人の心で感じてくれる。

いちど言葉にすることで、思いは永遠の命を持つことになる。時空を超えて。竹田君の感じたこと、白石君が考えたこと。・・画にしてもいいんだけどね、そっちのほうが得意なら。

竹田君は若い頃に目を患い、それがけっこう重篤であると分かって、そんなら人生を詩に奉げますわい、と誓ったそうだ。画のほうが有名になったけど、竹田君にとっては詩画一体だったでせう。受けとめる側がダメダメなんだな。。「なんぼで買うたる!」みたいな輩も現れて?

↑ なぜ関西弁? このまえ弟が師匠からマルチの機械を借りて「これじゃあ※○△百姓だ」とつぶやいたのを、「どん百姓なんて言うもんじゃない」とたしなめたら、「本百姓って言ったんだよっ! 偏見があるからそう聞こえたんだろ!」と叱られまちたっけ。

★昨日の歩数 3323歩。

日別画面へコメントを読む(5)

05月13日

起床時刻:05時29分[いま起きた]ボタンで記録されました。

肩めりめり、目かぴかぴ。お散歩がてら買い物に行くと、いろんな野菜が出回るようになっていて、嬉しい。フキを煮ましたニャ。

竹田君がらみで色々やっていたら、軽井沢に文学記念館がある堀辰雄の蔵書にけっこうな数量の漢籍があり、詞集もあるとか、長野県飯田市出身の詩人にして英文学者である日夏耿之介が、詞も翻訳していたとか分かって、軽く打ちのめされる。ふんがー♪

★昨日の歩数 5412歩。

日別画面へコメントを読む(4)

05月12日

起床時刻:05時13分[いま起きた]ボタンで記録されました。

洗濯日和になりそうニャ。

ケンカにも集中力を発揮してしまうのが私の悪いクセ、と常日頃はんせいしているのである。

しかし思い返すと、子どもの頃からけっこうイジワルされてきたな。親切にされることも多かったが、イジワルされることもけっこうあった。ざっくり言うと、親切なのは余裕がある人たちで、イジワルなのは余裕がない人たち。余裕には、いろんな余裕がある。

子どもの頃は、たいてい大人のほうが子供より余裕があるので、大人に可愛がられていた。イジワルするのは同級生とか、登下校で一緒の上級生とか。かばってくれる子ももちろんいたよ。

中学の数学教師は「大人のくせに、なんだこの人は?」で、東大卒が自慢の学年主任で、「M教師なんだって」「Mって?」「問題のMだよ。前の学校で生徒に暴力ふるって飛ばされてきたらしいよ」という噂があった。本当だとしたら、飛ばされたうちの学校でも、問題行動はいっこう改まらなかった人である。男子生徒は黒板の前でビンタされ、女子生徒は職員室で制服のスカーフをねじねじされた、どっちも一部の生徒だけど。

で、私は「わざとでたらめな答えをする」と言われて、「まじめにやってます」と口答えしたカドで、廊下に締め出された。まるまる1学期のあいだ。廊下で正座させるのは、当時の先生のマイブームで、ほかの生徒たちもやられていた。せめて教室の中でやってくれないと、授業内容がまったく分からない。学習塾で先取り学習している生徒ばかりじゃないのに。

そんな数学教師だが、無事に定年を迎え、さらにどっかの学習困難児童のための教育機関で教えていて、「彼らは純粋でいいですよ」などと、だいぶ前にやった同窓会で挨拶していた。。世の中、どうなっているんだ? 先生の胃潰瘍は治ったのか?

授業参観では猫なで声なので、自分の子どもを信じるあいこさんは「気持ち悪い人ね」と言っていた。「行きたくなければ、学校なんか行かなくてもいいのよ」とも言っていた。たしかに義務教育の「義務」は、子どもが「学校に行く」義務、「教育を受ける」義務ではないけどね。。

その後も何人か現れた、はげしくイジワルするのは、この数学教師と同じタイプだったな。優越感と劣等感がからみあい、ねじけあって、ぐっちゃぐちゃになっているタイプ。「早く幸せになってください」と願うばかりだが、幸せは自分が決める(byみつを)。

★昨日の歩数 9348歩。

日別画面へコメントを読む(6)

05月11日(金)

起床時刻:05時25分[いま起きた]ボタンで記録されました。

なぜか筋肉つー。何したっけ?

文学と文学研究、文学者と文学研究者、作家と学者が、ごっちゃになっているんだな、と思った。あのエッセイ?中の「書く」は、文学研究者としての「書く」であって、文学者としての「書く」ではない。

「読む」のほうは、純粋に読みたくて「読む」でも、勉強の「ために読む」でも、結果、恐れや歓びが得られるか、論文や学会発表という業績が得られるか、違いはあっても、「読者」として読んでいる。文学研究者は、職業的な「読者」かも知れないが。

プロの読者として、新しい「読み方」を提示できたとして、それ自体は文学「作品」では、やはりないであろう。どこまでも文学研究の成果であって、作家が新しい作品を「創る」のとは、違う。これを「再創造」と呼んだところで、リメイクぐらいのことであって、「再」はどこまでいっても「再」である。

解説を聞いてはじめて「そういう意味があったのかあ」と、映画などで納得することは、ある。だが、解説なしに観て、とんちんかんな場面で泣いたり笑ったりしても、別にいいではないか。

忘れられていたフィルムを見つけて、上映できるようにする。壊れている部分は修復し、きちんと保存して。そういう仕事かも知れないわ、古典作品の研究って。観客が少なく、商売としては成立しづらいのかも知れないけど。

だいたいが、「本」を読むのか、「作品」を読むのか、そこもいい加減で、学会便りを「読む」のはほぼ全員研究者なんだから、それを意識したらもう少し厳密に書き分けてくれないと。。「つぶやき」じゃないんだから、と思いまちた。

・・てくてくてく。研究室に着きまちた。道すがら考えた。やっぱ「作らない」「作ろうとしない」のがダメダメなのでは? 漢詩は、作る人がいないわけではない。でも詞となると、ほとんどゼロ、いまの日本では。江戸時代にはいたわけですけどね。中国人の先生の中には、さらさらと作る人がいますし。

私はチャレンジするぞーーっ! 破格でも駄作でも、いーじゃないか。

自分も「作品を創る」つもりなのと、そんなつもりまったくないのとでは、「読む」もぜんぜん違ってくる気がしますね。

★昨日の歩数 5277歩。

日別画面へコメントを読む(6)

05月10日(木)

起床時刻:05時11分[いま起きた]ボタンで記録されました。

昨晩はサミーだったので、ぽんぽこ温泉♪

日本中国学会便りが届いた。「振り込め」用紙と一緒に。

エッセイ?「読むということ」は何が言いたいのか、いまいち分かりづらい。私が気になったのは、「国内学会消息」での中国人の多さである。大学院重点化で定員を増やしたが、日本人で進学する人はいっこう増えず、留学生で埋めているのでは?

このまえ地獄の検討会にも、留学生が参加した。現代中国語の感覚で自由に読んで、「こうだと思う!」と積極的に発言する人もいた。作者の支配から抜け出し、新しい読みで作品に新しい息吹を与えているのかも知れないが、作品を自分のほうへ引っぱってくるやり方は、私はあまり好きではない。それをやるなら、対象は中国古典でなくても、いいではないか。

他人のことなんて分からない。まして千年、二千年も前の人たちのことなんて。自分をモノサシにして、あーだこーだは、おこがましいのでは?

最後の段落がまとめなのだろうが、「中国学」と「今の文学を語る枠」の中での「中国古典文学」と、二つに分けていて、前者は厳格だが古くて退屈、後者は生気あふれて豊穣、みたいな感じ。でも、その「文学」って西洋からきた革靴みたいなものだから。古典世界の「文学」って、背広にワイシャツ・ネクタイじゃないから。

古典に対して「今の文学として認められることはむずかしい」って、当たり前ではないですか。今の文学じゃないんだから。

中国文学が、学科の定員を減らされ、ポストも減らされ、国際○○学部みたいなのに統合され、学会員も減り、留学生だらけになり、本も売れず、衰退していく。なんとかしなくちゃ、ということかしら?

★昨日の歩数 11475歩。

日別画面へコメントを読む(6)

05月09日(水)

起床時刻:05時07分[いま起きた]ボタンで記録されました。

雨だ。。さみー。水曜のたびに雨に当たっている。サイクルにはまったらしい。水曜は教室が遠いのに。。

昨日はやっと竹田君の前まで読んだ。春休みにやっていた方法、色とりどりの付箋を使いながら、年表にぺたぺた貼りながら。

日本では詞は、平安時代に貴族がちょろっと作った後、五山文学時代は僧侶が詞のアンソロジー『花間集』を読んでいた形跡はあるが作ることはせず、江戸時代初期にぽんぽこ藩主が林羅山一門と、『花間集』や『草堂詩余』などを読んで作ってみた。中国では時はもう明代も末である。『草堂詩余』というのは、いくつもバージョンがあって、当時とても流行っていた詞集。

江戸初期、詞に手を染めたのは、江戸にいた人たち。明末清初の混乱を避けて渡来した朱舜水、心越禅師、明楽を伝えた魏氏など、入り口は長崎だが、江戸に来てようやく、参勤交代などで江戸詰めしていた武士(ぽんぽこ藩主)や、江戸幕府の御用学者たちと会うことになった。

江戸中期になると、浪花の儒者にも詞を作る人が現れた。それから江戸・名古屋・備後などにも。もちろん京都も。このうち備後(広島)は、菅茶山が出てから、頼山陽、そしてその一門へと、広がりを見せる。竹田君と山陽さんは「親友」だそうな。山陽さんは竹田君と出会ってから、ぱったり詞を作らず、「席を譲った」のでは?、だそうだ。

竹田君は江戸後期に属する。詞の格律について、江戸初期の人はあまり拘らなかったが、中期になると「詩とは違うな」と気づいて本を書く人も出はじめ、また大阪では「唐話(中国語)」を習うこともできた。詞はアンソロジーのほか、俗文学(小説)中に出てくるので、それで知った人も多かったらしい。長崎には中国人もいるし、江戸後期になると、各地から長崎へ来て、中国人にじかに唐話を習う人(中には女性も)もいた。

つまり、初期は漢籍を広く読んでいる中で詞に触れたケース(林一門など)が主流で、中期には巷で流行っている俗文学の中で詞を知るケースが増え、後期には長崎で実際に中国人や彼らが扱っている詞に触れる人も現れた。

竹田君は、江戸後期。多作で、詞についても専著や諸々あるので、竹田君を軸に、江戸時代の詞のようすを整理しなおすと、いいかな。神田先生の本は、作者ごとになっているので。

付箋の色分けは、今回は場所ごとにしまちた。年表の左側を北、右側を南に、ざっくり分けて。いつ、誰と誰がどこで交わる、みたいなことが分かるように、これから作っていきまふ。

ん~、逆がいいな。すでにある中国の年表の右側に足すので、左が南、長崎、そこから右へ行くにつれて、山陽、京阪、江戸、水戸(心越禅師を黄門様が招いた)、右が北。そのほうが、実際の地理とも合っている。(← 右左まちがっていたので訂正しまちた)

日本列島が細長くて、よかったね♪ 年表におさめやすいと思ふ。

★昨日の歩数 4561歩。

日別画面へコメントを読む(5)

05月08日(火)

起床時刻:05時53分[いま起きた]ボタンで記録されました。

台湾からのメールは、論文集を「域外詞人」特集にしたいので、何か書いてくれ、だった。「域外」とは「中国の外」という意味で、要は日本の詞人(というほどの人はいない)、詞を作っていた人について紹介すればいいので、竹田君をまた少し掘り下げようと思ったが、この前ぜんぶ研究室に送ってしまったのだった。。

日本で詞を作っていた人については、神田喜一郎博士の本(中国語訳もある)でほぼ出そろっていて、わずかな隙間を埋める作業しかない。神田せんせの本は家に置いてあったので、昨日から読み直している。たぶん3回目くらいだが、最初のほうで、江戸時代に詞を作り始めて林羅山一門に影響を与えたのが、加藤勿斎(明友)という人で、忍者の里の初代藩主になった人ですって♪ あちこち線を引いてあるが、地名は見落としていましたニャ。

このまえ書いた「留学で知った私より地アタマもセンスも格段に上の人たち」はぜんぶ中国人、中国の先生たち。格段上で当たり前だが、ふりかえって日本では神田喜一郎博士なども、雲上人である。漢文や漢籍についての素養が、私なんぞとはまるで違う。あのころの「博士」は、正真正銘。最近のはスタートラインだけど。

・・うらやましい。漢籍がそこらへんの書棚に置いてあるような家に生まれたかった。。などと愚痴ってもしょーがない。高校で漢文の授業あったでしょ、あれから何年たってんだ、個人の精進の問題だよ、と思うのである。

地アタマ問題だが、地アタマ(当時そんな言葉なかったけど)がいいと言われ続けていた私だが、小学校で運動系と美術系が脱落し、中学で数学の教師にいじめられていた期間があって、関数が抜けて(廊下に締め出されていたので)、高校で物理がさっぱり分からん。中学卒業の作文で「将来は天文学者になりたい」と書いたはずだが、あきらめた。・・・が、いま中国古代の音律に興味があって、近いところはやっている。

小学校の教師(いろいろやれて楽しそう)をめざして大学に行ったが、すぐ中国語にはまり、ほかの科目も合唱のクラブ活動も、捨てた。テストはしょうがないがレポートは何でも中国にからめ、バイトしてお金がたまると日中学院へ通い、他大学の図書館へ本を見に行ったり、他大学の学部や大学院の授業も聴講(もぐりで)に行ったり、した。

つまり私は、好きなことばかりやって、ほかのいろんなことを、ぽぽぽーい♪ 手放してきたのだった。だから「狭い世界でぼーーっ」と結局は同じです、と言いたいのです。私は「これ!」が見つかったのは大学1年の時だったけど、もっと早く「自分の世界」を見つけていた人もいた、ってことだろうな、と。

★昨日の歩数 8219歩。

日別画面へコメントを読む(5)

05月07日(月)

起床時刻:05時10分[いま起きた]ボタンで記録されました。

さみー。

・・ぬくい東京にもどりまちた。雨が降りだす前に。私は晴れ女だが、予報を見て行動している面もあるのだ。

人口1万に満たない町には、小学校と中学校はあるが高校はないので、朝の通学の生徒たちと電車に乗って長野市方面へ。途中駅には高校も大学もある。私も町内には公立中学までしかなく、高校から以降は電車で通学だったけど。

小学校の同級生には、私立中学を受験するために進学塾に通っていた子もいたな、と思い出した。近くに団地があり、サラリーマン家庭も多く、空地には戸建がたちはじめて転校生が入ってきて、親は会社経営者とかパイロットとか。一方で、「○○さん、びんぼーで何日もお風呂はいらないから臭い」なんて言われている子もいた。

経済的に余裕がある家は、教育熱心だったのかも知れない。教室ではよく分からなかったけど。なにしろ私は地アタマがよかったので、学習塾には行かなかった。が、英語の塾には通っていた。中学前に。ピアノも習いに行っていた。中学まで。こうしてみると、受験に熱心ではなかったが、好きなことはやらせてくれていたな。歯の矯正も小学校のときに歯科大に通ってやって、おかげでずっとあだ名は「入れ歯」だったが、保険効かないのに、こういうところはお金かけてくれた。

それでも国立大学の学費がいまみたいに高かったら、大学進学はあきらめていたかも知れない。景気のいい頃、「私立との格差をなくすため」に上げすぎたと思う。国立大学はタダでいい。特待生や奨学金を増やすのもいいが、「学費タダ」がインパクトあっていいと思ふ。

★昨日の歩数 6993歩。

日別画面へコメントを読む(7)

05月06日

起床時刻:05時13分[いま起きた]ボタンで記録されました。

ほーほけきょ。

うちは裕福でも教育熱心でもない家庭で、「私立に進学? 目の前に公立があるのに?」という(とくに母親が)環境だったが、私は地アタマがよかったので、4月に教科書をもらうとさっさと全部読んでしまい、図書室の本もかたっぱしから読み、でも授業はけっこう楽しく、積極的に参加し、学校に行くのは好きで、しかし運動系はダメダメ、よく掃除の時間や放課後に体格のいい子にぶたれたり蹴られたり、していた。・・いじめられてるぢゃないか! 口達者で応戦していたので、あまり深刻に考えなかったが。

そういう子はどうなるかというと、「勉強する」習慣が身につかない。参考書や問題集をやって「勉強する」という習慣が、身につかない。やらなくても、公立の学校という狭い世界では、それなりの成績がつくので。

教師になろうと思って教員養成系の大学に行ったのに、すぐに中国語にはまり、センスもあったようで伸びが早かったが、そのうち頭打ちになるぞー、結局は「やり続ける」人が残るぞー、と悟ったのは、大学院(修士)の時ですニャ。その後の留学で、地アタマもセンスも私なんぞより格段に上の人たちを見て、「ここだけは私にやらせてください、好きなんで」路線に変更。遠回りしたが教師となり、中国語では参考書や問題集もやってみて、集中して「勉強する」メリットも、ないとは思わない。どこか(合格とか昇級とか年収○○万とか)で終わる勉強かな、とは思うけど。

終わらない勉強は、いつまでも終わらない。どこかで終わる勉強ばかりやっていると、終わった時に(目的を果たしても果たせなくても)、「つまらない」とか「もっとラクしてる人がいた、ずるい!」とか、思うのかも知れない。どこかで終わる勉強は、目的ではなく(目的は合格とか昇級とか年収○○万とか)、手段だからだらう。

何かを選ぶということは、ほかの何かを選ばない、ということである。何かを「見る」ということは、ほかの何かを「見ない」ということである。「ない」のか「あっても見えない」のか「あるけど見ない」のか、または「見ようとしない」のか。「見る」にもトレーニングが必要なのかも知れない。

そのトレーニングは、学校以前に、家庭とその周辺で行われるのかも知れない。花が咲いたら「花が咲いたね」と言葉にするとか、そういうことの繰り返しが、大切なのかも知れない。・・と、一時退院してネコに「花が咲いてるねー、きれいだねー」と話しかけまくっている母親を見て、思いまちた。

★昨日の歩数 5192歩。

日別画面へコメントを読む(8)

05月05日

起床時刻:05時03分[いま起きた]ボタンで記録されました。

真に受けて論文を書くことにした。

あいこさん、1泊2日で外泊ちう。ぶつけた足の親指はかなりよくなったので、いったん退院して、下旬にまた入院して、系列病院の先生がきて手術。

それが、「外来おわってから」来るそうだ。「ええ~~っ!」 すごいな。。 しかもデータを送ったらすぐにでも来そうだったけど、受け入れ側の準備が整わないので、2週間ほど待ってもらった、とか。クレヨンしんちゃんの街から、長野市へ。

めまいがする。。どんだけスーパーだ? うちの主治医もいつも忙しそうで、でもニコニコしていて、どえらいスーパー、アタマ下がると思っていたけど。

というわけで、まんじゅうの箱を渡しても受け取らないので、「ありがとうございます」とだけ言って、私は私の仕事をしませう、と真に受けることにしまちた。

★昨日の歩数 5095歩。

日別画面へコメントを読む(2)

05月04日(金)

起床時刻:05時29分[いま起きた]ボタンで記録されました。

長野にいますニャ。ほーほけきょ。

長野市は人口38万らしい。に対して、私がいまいる町は1万に満たない。東京では人口56万ほどの区に住んでいる。子どもの数は減って、私が卒業した中学はほかの中学と合併し、なくなってしまったが。

「「底辺校出身の東大生」には何が「見えている」のか」がとても的確な意見だと思うが、「田舎にも格差がある」と反論に反論した時点で、「都会にも格差がある」という反論と同じになり、「都会と田舎の格差」はぶっとんでしまう。実際、格差(機会が均等でない、田舎は選択肢が乏しい、という意味で)はあって、だからこそ多くの人が反応したのに。

中国のことを知っていると、日本って格差すくないよねー(と陳さんがいつも感慨深げに言う)。アメリカもかなりな格差社会だけど。ニューヨークにいたら、それこそ目につきそうだけどな。。

アメリカという国は、「チャンスは平等でなければいけない」と思っていて、「フェアじゃない」には厳しいが、チャンスをモノにするかどうかは本人次第なので、結果として格差が広がる。それはキリスト教が、イエスは誰の窓の外にもいますよ、その窓を開いて天国に行くか、開かずに地獄?に行くかは、あなた次第ですよ、だからかニャ? 

中国が社会主義なのになんでああいう状態なのかは、分からない。私はクリスチャンではあるが、社会主義者ではないので。

とここまで来て、「チャンスが平等でないのはおかしい」思想にかぶれたのかな、と思い当たった。情報格差がなくなれば(気づくことさえ出来ない情報弱者がいなくなれば)、問題は解決するのだろうか? チャンスが平等でも結果は平等にならないし、結果を平等にしよう(社会主義?)としても、どうもうまくいってないようだし。むずかしいもんですニャ。

我が身だけを可愛がって言えば、定年後は田舎でのんびり晴耕雨読と思って書庫も建てたが、目はぐしゃぐしゃ、足はあちこち痛いわで、思案ちう。

★昨日の歩数 5246歩。

日別画面へコメントを読む(7)

05月03日(木)

起床時刻:05時46分[いま起きた]ボタンで記録されました。

筋肉つー。

論文かいてくれって台湾からメールがきた。。真に受けて書くべきだらうか?

★昨日の歩数 6848歩。

日別画面へコメントを読む(3)

05月02日(水)

起床時刻:04時33分[いま起きた]ボタンで記録されました。

足腰がたたにゃい。

このまえ授業で中国語の子音の有気音と無気音の違いを教えるために、「日本語の子音には濁音と清音があるけど、濁音と清音の違いってなに?」と質問したら、「濁音は勢いがある」とか頓珍漢なことを言う学生がいて、「おもしろいけど、『濁』音だって言っているのに~。どうしたら清音は濁音になるの?」と聞いたら、「点々をつける」と別の学生が言った。。わはははは♪

いくら経済学部だからってアホすぎでは? しかしこんなアホなことを言って教師に笑われても平然としているのは、彼らが自分たちを「勝ち組」だと認識しているからでせう。まさに特権階級なのである。「知らないだけ」だと思っている。実際そうなんだろうし、なぜ濁音と清音の違いも知らないかといえば、経済学部の入試に国語がないからなのでせう。

もっとも教師の中にも「中国語の無気音は濁音でいい」と教える人がいて、困ったもんだ。

知らなくてもいい。「なぜ?」と問いかけられた時に、「なぜだろう?」と考えるなら。その素養はある学生ばかりなので、授業は楽である~。

そして研究者は、「なぜ?」と人から問いかけられる前に、自分で「なぜだろう?」と考える人じゃないと、やっていけないと思う。たとえどこかの大学に運よく就職できたとしても。

★昨日の歩数 4587歩。

日別画面へコメントを読む(6)

05月01日(火)

起床時刻:05時09分[いま起きた]ボタンで記録されました。

5月になり、2018年はもう3分の1をすぎまちたよ。

おっと、続編がでた。「大反響「底辺校出身の東大生」は、なぜ語られざる格差を告発したのか」、著者の希望どおり最後まで読んだが、「なぜ」はやっぱり分からなかった。。

>私は仲間と頻繁に他校との乱闘事件を起こしては交番で説教を受け、教師は毎日のように個室で生徒を殴りしばしば大怪我を負わせる、といった状況だった。

著者の境遇には同情するが、これをざっくり「田舎」と言われても、かなり特殊じゃないのかな? 勝手に他校との乱闘にあけくれて、「同じ学力の子供が、田舎に住んでいるという理由だけで、都市に住んでいれば受けられたはずの教育の機会を奪われている」はないだろうに。

>私の田舎に対する態度はルサンチマンにすぎない、という意見も多数見られた。文章のトーンが呪詛に接近していたとすれば反省したい。だがしかし、私が恥をしのんで個人情報まで晒しながらこうして「プロパガンダ」している理由は、格差を告発するためなのであって、格差とは、とりもなおさず、不満以外の何物でもないではないか。私は格差に怒っているのである。そして、十代の頃は田舎に向けるしかなかった私の不満と怒りは、いま、田舎に対してではなく、地域格差という現実、そして田舎の実情を無視しようとする態度、それらへと向けられている。

「格差とは、とりもなおさず、不満以外の何物でもないではないか」なんて、支離滅裂ではないか。もっとまともな日本語の文章が書けるよう、練習したほうがいいと思ふ。「ルサンチマン」の意味も、たぶん理解していない。

★昨日の歩数 10657歩。

日別画面へコメントを読む(2)