201912 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:06:00 平均起床時刻:05:27

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

12月31日(火)

起床時刻:04時25分[いま起きた]ボタンで記録されました。

あっという間に、令和元年も最後の1日である~。

今年は目がいちだんと悪くなり、論文は3本で終わった。来年からさらに本数減らして、とりあえず定年までに50本でいいや。できれば白石君はまとめたい。

近所の図書館から借りた本は、1冊は最後まで読んだが、残りは冒頭でつまらなくなり、結局、「『隋書』音楽志訳注」を読んだりしている。労作だが、音楽の専門じゃない人が多いので、ちょっと不安が残る。そもそも「序」からして、「そういう問題設定でいいのかな?」と思う。ま、おいおい検討しよう、そーしよー。

エクセルで歩数を記録する表があったので、ダウンロードした。

書店で稲垣えみ子『もうレシピ本はいらない』を買って、読んだ。当たり前なことしか書いてなかったが、勝間和代の機械だらけの省力料理より、こちらのほうがまだ親しみを感じる。これはこれでやりすぎな感じもあるが、「ぬか漬け、またやってみようかな」と思った。続くかな~?

★昨日の歩数 12949歩

日別画面へコメントを読む(4)

12月30日(月)

起床時刻:05時44分[いま起きた]ボタンで記録されました。

曇りでも洗濯機は回しているのである~。部屋干しでも乾燥しているからニャ。

ふふっ。いまレコ大でDA PUMP見たわ。今年は気楽だー。みんな楽しそうでよきよき。YORIさんも入ってたし。ライブはまだ無理らしいが、よかったよかった。この前、なんかの歌番組で見た時は、涙うるうるしながらバイーンしたが、今日はにこにこしながらバイーン。

えっ? してるんですかって? してますよ。バイーン♪ あれは見ているとアホっぽいけど、試しにやってみると、存外に楽しいのです。わはは。

ふーん。結果は見ずに寝たが、「パプリカ」だったそう。私は知らなかったが、ダンスが流行っていたらしい。レコード大賞は前年10月1日から今年9月30日までに発売された楽曲が対象のはずなのに、それより前の楽曲を選ぶとは「どないなってんねん。だったら去年の外国曲でもよかったろうに」と思う。

ま、そんなことより、ISSAはヒゲないほうがいいな。

★聞いて楽しむ漢詩100選
(99)沈園二首(其一) 陸游
城上斜陽画角哀  城上の斜陽 画角哀し
沈園非復旧池台  沈園 復た旧池台に非ず
傷心橋下春波緑  傷心 橋下 春波緑なり
曾是驚鴻照影来  曾て是れ驚鴻の影を照らし来たる

 城壁に沈む夕日、角笛のもの悲しい響き。
 沈園の池や楼閣はもう昔の姿ではない。
 橋の下にたゆたう緑の水が、私の心を傷ませる。
 この水は、驚き飛び立つおおとりを映したこともあったのだ。

(100)尋胡隠君 高啓
渡水復渡水  水を渡り復た水を渡り
看花還看花  花を看 還(ま)た花を看る
春風江上路  春風 江上の路
不覚到君家  覚えず 君が家に到る

 川を渡り、また川を渡り、
 花を眺め、また花を眺めて、
 春風の吹く川ぞいの路を歩くうち、
 いつの間にか、あなたの家につきました。

日別画面へコメントを読む(8)

12月29日

起床時刻:05時02分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日は穏やかな晴れらしいので、洗濯機を何回もまわそうデー♪ 昨日は風が強かったニャ。

年末年始に読む本を、近所の図書館でたくさん借りてきた。

★聞いて楽しむ漢詩100選
(97)和孔密州五絶 東欄梨花 蘇東坡
梨花淡白柳深青  梨花は淡白 柳は深青
柳絮飛時花満城  柳絮飛ぶ時 花 城に満つ
惆悵東欄一株雪  惆悵す 東欄 一株の雪
人生看得幾清明  人生 看得るは 幾清明

 梨の花はほんのりと白く、柳の葉は深い緑色。
 柳のわたが舞うころ、花は町中に咲きほこる。
 胸がいたむのは、あの東の欄干のそばに、
 雪のように咲いていた梨の花の思い出。
 短い人生、これから何回、
 このような素晴らしい春の景色と出会えるだろう。

(98)澄邁駅通潮閣 蘇東坡
余生欲老海南村  余生 老いんと欲す 海南の村
帝遣巫陽招我魂  帝 巫陽をして我が魂を招かしむ
杳杳天低鶻没処  杳杳として天低(た)れ 鶻 没する処
青山一髪是中原  青山一髪 是れ中原

 私は、ここ海南の村で余生を過ごそうと思っていた。
 だが、天帝が巫女を遣わして呼び戻し、私は海を越えて帰れることになった。
 はるか遠く、大空が海の彼方に交わり、ハヤブサの姿が消えるあたり、
 そこに見える髪の毛一筋ほどの青い山並み、あれこそ懐かしい中原だ。

日別画面へコメントを読む(6)

12月28日

起床時刻:06時39分[いま起きた]ボタンで記録されました。

ねぼー。今日から冬休みなので、問題なーい♪

夜中に目が覚めたので、全粒粉25%パンを仕込んだ。タイマーもあるけど、電池切れで動かない。電池を交換して時刻設定などやり直せばいいのだが、面倒でやっていない。だらしないぞ!

★聞いて楽しむ漢詩100選
(95)飲湖上初晴後雨 蘇東坡
水光瀲灔晴方好  水光 瀲灔として 晴れて方(まさ)に好(よ)し
山色空濛雨亦奇  山色 空濛として 雨も亦た奇なり
欲把西湖比西子  西湖を把(と)って西子に比せんと欲すれば
淡粧濃抹総相宜  淡粧 濃抹 総て相宜(よろ)し

 さざ波を浮かべた水の光は、晴れ渡った今こそまさに素晴らしい。
 一方、ぼんやりと山を包んだ雨の景色も、またひときわの眺めだ。
 もし、この西湖を、いにしえの美女西施にたとえて見るならば、
 薄化粧も、濃い化粧も、どれもみな風情があって美しい。

(96)春夜 蘇東坡
春宵一刻直千金  春宵一刻 直(あたい)千金
花有清香月有陰  花に清香有り 月に陰(かげ)有り
歌管楼台声細細  歌管楼台 声細細
鞦韆院落夜沈沈  鞦韆院落 夜沈沈

 春の夜は、ひとときが千金の値にも思われる。
 花には清らかな香りが漂い、月はおぼろにかすんでいる。
 先ほどまで高殿から聞こえた歌や笛の音は、賑わいも終わって、
 今はか細く聞こえるだけ。
 人けのない中庭にひっそりとぶらんこが下がり、夜は静かにふけてゆく。

日別画面へコメントを読む(5)

12月27日(金)

起床時刻:04時50分[いま起きた]ボタンで記録されました。

夜に雨ふった?

勝間本『やればできる』にあったMBTIテストをやってみたら、E(外向)N(直感)T(思考)J(判断的態度)の指揮官タイプと出た。最初からこうだったわけではなく、仕事しながらある方向に強化された結果だと思うけど。

若い頃はS(感覚)だったと思うし、定年後はF(感情)のほうがいいと思うし、中国にいるとP(知覚的態度)のほうがラクだと思う。あ、保育園ではI(内向)だった。

がっこに着いたで~。MBTIテストの結果は、欠点も含めて「まあそうかもね」だった。香山リカが「努力できない人はどうすればいいんですかっ!」と叫んでも、「知らんがな」と言い放つわけだし。個人的に頼られても引き受けられないから、できる人は社会に貢献し、できない人には社会が保障するシステムに、乗っかりたい。できるうちは私も頑張るが、できなくなったらヨロシク♪

「利害関係がない」というか「共通の目標が設定されていない」場合はそうでもないが、共通の目標がある場合、「できないけどやりたい、やりたいけどできない」な人にけっこう厳しいし、世の中の大半の人は私より気が弱く、言いたいことも言えずに我慢してしまう心根のやさしい人たちなんだ、と知ってはいるつもりだけど、ついイラっとするとかなり乱暴、ときに粗暴になるし。

感情に寄り添うことをせずに、「じゃあもうやめよう!」と切り捨てて、「どっか私の見えない遠いところで幸せになって♪」と願うが、自分で思っている以上に「威圧的」かも知れない。それなりに経験とか積んで、地位みたいなものもついてきているわけで。

なんでこんな反省をしているんだ? 年末だからかニャ?

★聞いて楽しむ漢詩100選
(94)初夏即事 王安石
石梁茅屋有彎碕  石梁 茅屋 彎碕有り
流水濺濺度両陂  流水 濺濺として 両陂を度(わた)る
晴日暖風生麦気  晴日 暖風 麦気を生じ
緑陰幽草勝花時  緑陰 幽草 花時に勝る

 石橋、茅ぶきの家、曲がりくねった川岸。
 小川の水はさらさらと、土手を過ぎてゆく。
 日差しに暖められた風が吹き、麦の香りが立ちのぼる。
 緑の木陰も、生い茂る草も、花咲く春にまさる風情である。

日別画面へコメントを読む(4)

12月26日(木)

起床時刻:06時31分[いま起きた]ボタンで記録されました。

ちゃんと読もうと思って、近所の図書館で『勝間さん、努力で幸せになれますか』を借りて、読んだ。これは香山リカが『しがみつかない生き方』の中で「〈勝間和代〉を目指さない」という章を設けて、勝間vs香山、カツマーvsカヤマーの論争に仕立て上げられたもの。議論は平行線だが、タイトルに「女性は」を加えるべきだな。「女性の幸せって?」論議だった。

香山は、努力なんてしたくない、そこだけ受かった医学部でラクそうな精神科で医者になり、べつに楽しくない仕事をして、帰宅したらコンビニ弁当食べながら、好きなゲーム等してるのが、幸せ。と言いつつ、文句たらたらで、あまり幸せそうに見えない。いろいろ「しがみついている」人に見える。

勝間は、家族が幸せそうにしているのが幸せ。でも好奇心と学習意欲と能力が高くて、仕事も面白がって成果出してバリキャリ、時間的余裕を経済的余裕で得ているが、家に帰ると「全面的に応援してくれるパートナー」がいないのが、ちょっと寂しい人だった。「年下の家事やってくれる崇拝男」を家事苦手の香山が勧めたが、「わたし、家事もできるんで」だって。なかなか釣り合うパートナーがいない。

この対談のあと、勝間は懲りずに『やればできる』という本を書いていて、それも借りてきた。こっちは、ぱらっと読んだ。香山からいろいろ聞いて、「ひとり勝ち」ではなく仲間を作って「みんなで勝ちにいく」にはどうするか、という話。「勝つ」というのは、誰かと競争して負ける人を作るという意味ではなく、「自分の夢をかなえる」ことのようだけど。がんばれ~♪

私は前任校に就職した時点で、「もっと○○について知りたい」を経済的不安なしにできる環境になり、「全面的に応援してくれるパートナー」もいて、幸せである~♪

★聞いて楽しむ漢詩100選
(93)鍾山即事 王安石
澗水無声遶竹流  澗水 声無く 竹を遶(めぐ)って流る
竹西花草弄春柔  竹西の花草 春柔を弄す
茅簷相対坐終日  茅簷 相対して 坐すること終日
一鳥不鳴山更幽  一鳥鳴かず 山 更に幽なり

 谷川の水は、音もなく竹林を巡って流れている。
 その西では、花や草がいかにも春らしい柔らかな気配を見せている。
 茅ぶき屋根の軒下で、鍾山と向かい合って一日中座っていると、
 一羽の鳥すら鳴かず、山はいよいよ奥深く静かである。

日別画面へコメントを読む(4)

12月25日(水)

起床時刻:04時52分[いま起きた]ボタンで記録されました。

さむさむ? 年末は大荒れらしい。

ん~、ねむねむ。2時すぎに目が覚めて、うつらうつら。ロコモのテスト(椅子から片脚で立ち上がる)なんかやるからだっ! 

できたよ。今度、健康指導してくれたお医者さんに見せてあげよう。あの時は「ぜったいできるはずないしー」と、やってもみないで否定していたけど。

★聞いて楽しむ漢詩100選
(92)夏意 蘇舜欽
別院深深夏簟清  別院深深として夏簟清く
石榴開遍透簾明  石榴開くこと遍く簾を透かして明らかなり
樹陰満地日当午  樹陰 地に満ちて 日 午に当たり
夢覚流鴬時一声  夢覚めて 流鴬 時に一声

 はなれの庭先はひっそりと静まり、竹のむしろが涼しげに敷いてある。
 石榴の花が咲きほこり、その燃えるような紅色は、簾ごしに鮮やかだ。
 木々の影が庭のいたるところにしるされて、夏の日は今や真昼どき、
 うたた寝から目覚めると、ちょうど鴬がひと声鳴いて枝から枝へ飛び移った。

日別画面へコメントを読む(5)

12月24日(火)

起床時刻:04時19分[いま起きた]ボタンで記録されました。

最近ここが長いのは、パソコンの横に年賀状が置いてあるからである。今日こそ書いて、投函しなくては。。 → した!

私は正確には「時間に追われたくない」のではなく、「決められた日時に何かするのが苦手、その日時を覚えていなくてはいけないのがストレス」なので、職場の保健師さんと約束した「夏前までに2㎏減らす」も、「夏前までに」がストレス。

なので自分では「3年後に」にタイムリミットを先延ばしし、2㎏ではなく「20歳の体重」にした。20歳の体重に戻すには、あと12㎏も減らさなくてはならないが、3年で12㎏=1年4㎏=半年2㎏で、同じ分量である~。

もう冬至はすぎていたらしい。これから日が長くなるが、寒さのピークは2月。「夏至までに」2㎏減らそう。「春分までに」なら1㎏でよい、楽勝だ!(たぶん)

★聞いて楽しむ漢詩100選
(91)山園小梅 ② 林逋
霜禽欲下先偸眼  霜禽 下りんと欲して 先ず眼を偸(ぬす)み
粉蝶如知合断魂  粉蝶 如(も)し知らば 合(まさ)に魂を断つべし
幸有微吟可相狎  幸いに微吟の相狎るべき有り
不須檀板共金尊  須(もち)いず 檀板と金尊と

 白い鳥が地上に降りようとして、こっそりあたりを見回す。
 白い蝶がもしその花の白さを知ったなら、気が遠くなるほど驚くだろう。
 幸いなことに、静かに吟ずるわが詩が梅の花ととけあい、
 拍子木を打ち鳴らす歌声も酒樽も必要ないのだ。

日別画面へコメントを読む(3)

12月23日(月)

起床時刻:06時03分[いま起きた]ボタンで記録されました。

山道がないので、ゴミ捨てに行きながら、「努力」について考えた。

私は「努力している人が報われるストーリー」が好きだし、「めぐまれてるよね」と言われると「そだねー♪」と返しつつ、ちょっとムッとして「私だって努力してるのよ」と思うところがあるし、今回のダイエットも「半年くらいなら努力できる」とここにも書いていた。

はて、私はいったい「何を」努力しているのだらう? どういう時、私は「努力している」と思うのだろー?

答:タイムリミットがある時。タイムリミットを越えないように「努力」している。

ほっとくと、机の上は物だらけで教科書もなくす(小学生時代)、1限の授業は毎回5分程度遅刻する(高校大学時代)、ご飯を食べそこなってみるみる痩せる(20代の留学生時代)、とーってもだらしのない人間なのだ。留学生時代に生命の危機にさらされ、計画的に物事を運ぶ(運ぼうとする)人間に生まれ変わったのである~。

タイムリミットのある事柄は、日常生活にはいくらでもあって、うかうかしていると社会人として生きていけないので、日々「努力」している。時間に追われるのがストレスなので、ストレス緩和のための工夫をいろいろしているし、どうせやらなければならないことは、さっさとやる。

たとえば、9時に始まる授業のために、私は8時すぎには研究室に到着しており、そのために7時には家を出て、5時に目覚ましをセットしている。それより早く起きることのほうが多いが、目覚ましをセットするのは、授業のある日の前の晩だけで、「あした授業だな」と思い出して目覚ましのボッチを押す動作をする。いちいちちょっとしたストレスだけど、社会人なので、「努力」してやっています。

そして私が9時のチャイムの鳴る前に教室に着くように、研究室を8時50分頃出て、下へおりていくと、その頃、登校なさる先生もいらっしゃる。それが苦手なアンコウ殿であっても、「すごいなー、これで間に合うのかな?」と感心する。なぜアンコウが苦手なのか考えたが、あいつが自分のペースに人をまきこむタイプだからだな、と思い当たった。

私の苦手なタイプって、ぜんぶコレじゃん、と思い当たったよ。そして母や弟が、実はこのタイプである~。長く一緒にいると、あっちはあっちで「すぐに動かない」とイライラし、こっちはこっちで「勝手に自分でやってよ」とイライラする。母親が身体よわって自分で動けなくなった分、私にいろいろ言いつけるので、「あ~、子どもの頃、これでよくケンカになってたな」という感じ。すこし優しくしてあげないとネ♪

世の中には、
①締切があっても、気にせず(または気にはしているけど)破る人。
②締切直前に「遅くなりましたが…」といって出す人。
③締切ずっと先なのに、出す人。

がいて、私は③だけど、これはこれで自分のペースでやっているので、「いまではなく締切前に出してくれませんか」と原稿をいちど断られたこと、ありましたよ。その編集担当の先生も、五月雨式に出されると混乱するのでしょう。

というわけで、勝間和代(もしくはカツマーと呼ばれる人たち)は経済的余裕を持ちたい人、私は時間的余裕を持ちたい人。みんな「努力」して幸せになろう♪

目的と手段は、よくゴッチャにされる。「努力」は手段で、目的は「幸せ」。香山リカとの噛み合わない論争(だいぶ昔の)も、二人とも「努力」と「幸せ」をゴッチャにしているせい。香山にケンカ売られて「努力そのものが幸せ」とか安易に反論していたが、最近は「得意なことを伸ばす努力をする」「不得意なことは、支障があるなら人並み程度になるまで努力する」と言ってますね。

★聞いて楽しむ漢詩100選
(91)山園小梅 ① 林逋
衆芳揺落独暄妍  衆芳揺落して 独り暄妍
占尽風情向小園  風情を占め尽くして小園に向かう
疎影横斜水清浅  疎影 横斜 水 清浅
暗香浮動月黄昏  暗香 浮動 月 黄昏

 多くの草木にまだ花のないこの時期、ただ梅だけが美しく咲き誇り、
 わが小さな庭先の風情を独り占めにしている。
 その枝は、澄みきった小川にまばらな影を斜めに落とし、
 ほのかな香りは淡い月明かりの中、漂っている。

日別画面へコメントを読む(2)

12月22日

起床時刻:04時53分[いま起きた]ボタンで記録されました。

天安門事件の番組をBSで見た。もう30年たったのだ。元学生リーダー達も、立派なおっさんになっていた。

あれは3年前~♪、ではなく、30年前、私と陳さんが出会ったころですニャ。当時、私は留学生で、デモをしていた学生たちと年齢が近かったわけだが、30年後の現在、同じ風景が違って見える。あの頃、学生たちは「要求、要求!」といったい「何を」要求していたのか? 「民主化」なんて、それこそ海を沸かそうというようなものだ。

社説に出た「動乱」を撤回しろ、が具体的な要求のひとつだったようだが、「動乱」でなければ何? 学生「運動」? 文化大革命「運動」のような? この場合の「運動」は、「スポーツ」という意味ではないからね。

文革も、10年で終わると知っていれば耐えられるかもしれないが、そうでなければ、あんなの、うわ~~、ぜったいイヤ! 読むものが毛沢東語録と人民日報(しかも壁新聞)しかないとか、観るのは「白毛女」バレエばっかりとか?

私ははじめて親元を離れたのが留学で、寮生活だったせいか、人民公社みたいな共同生活もわりといいんじゃないか、みんなで一緒に働いて、みんなで一緒に食堂でご飯食べて、楽しそう、という気持ちがないわけではないので、こわい。好きでやる分にはいいが、それしかないとなったら、刑務所とあまり変わらないかも知れない。「外でお金使うこともないでしょ、ぜんぶ公社にそろっているし、配給あるよ」なんて。

刑務所の中で囚人たちが騒いでいる、みたいな感じなのかな? 「もっと自由を!」 私もおっきな刑務所の中にいるのかも知れないが、自由に本が読めるので、とくに不満ないです、みたいな感じかしら?

ところで勝間和代の動画をまだ見ているが、仕事術や人生訓は「うんうん、そうだよね♪」な部分も多い。黒豆玄米ご飯の「豆:玄米=1:1」は彼女の話で知って、「そんなに豆入れて大丈夫かな?」と思ったが、これがかなりおいしい。理論的には、白米を黒豆玄米ご飯にするだけで、炭水化物がけっこう減るから、1ヶ月に1キロのペースで減量できるはず。理論的には。

脂肪1キロ≒7000キロカロリー、1ヶ月で減らすなら1日≒230キロカロリー、ご飯1杯または速歩80分に相当。ご飯少なめにして、速歩き多めにすればいい、ということだから。

勝間さんとの決定的な違いは、私の場合、「○○のために△△する」という図式にならない。△△自体が楽しくないと、ぜったい続かない。いろいろ合理化して、浮いた時間で△△して○○を達成する、のではなく、楽しく△△してたら○○になった、というのが好き♪

勝間和代と香山リカの論争があったらしくて、

勝間和代:
「やる気は開発できる能力。努力そのものが幸せなんです」
「努力というのは、別に苦しいものではないんですよ。プロセスが一番楽しいところに自分の時間を使えばよくて、つらい努力ならやめていいんです」
「努力をすると、より簡単に幸せになれるということです。私はわりと近道を教えているつもりなんですね」
「気持ちよくおいしいご飯を食べて、お茶を飲んで、好きな人や愛する家族と時間をすごし、その毎日をサポートするための経済的な余裕を、自分の得意技を社会で発揮することで得る、そんな毎日が幸せなのです」

香山リカ:
「なぜ、こんなやさしくてよい人が“負け組”などと呼ばれなければならないのか」
「効率をよくして、努力をして競争に勝ち、成功を収めることがそれほどすばらしいことなのか」
「努力ぎらいの人がいてもいいじゃないか、というだけではなくて、努力したけれど思ったような結果が得られない人、アクシデントによって努力を中断せざるを得なくなった人についてはどう考えればよいのか」

ここだけ読むと「香山リカが因縁つけてるだけ、どうせいっちゅーねん、知らんがな」だけど、「やる気(誰でも開発できる能力)を出して努力する」の部分が、違う。「経済的に余裕のある人が勝ち組」という考え方も、違うけど。

ISSAの「練習はしてるけど努力はしてない。好きなことをしているだけ」っつーのが、いいじゃないですか。しかしあの路線でいいのかな、とふと思うがな。

★聞いて楽しむ漢詩100選
(90)長安春 ② 韋荘
簾間笑語自相問  簾間に笑語して自ら相問う
何人占得長安春  何人ぞ占め得たる 長安の春と
長安春色本無主  長安の春色 本(もと) 主無し
古来尽属紅楼女  古来 尽く属す 紅楼の女(むすめ)に
如今無奈杏園人  如今 奈(いか)んともする無し 杏園の人
駿馬軽車擁将去  駿馬 軽車 擁して将(ひ)き去る

 みすの中でにぎやかに笑いさざめき、
 長安の春は私のためにある、と自慢顔。
 長安の春は皆のもののはずだけど、
 昔から楼の乙女たちが独り占め。
 でも今日だけは仕方ない、杏園に向かう人たちが、
 軽快な馬車で春を連れ去った。

日別画面へコメントを読む(2)

12月21日

起床時刻:04時58分[いま起きた]ボタンで記録されました。

ねむねむ。6時になったらパンを仕込むこと。お昼に焼きたてを食べられるように。

うまうま。全粒粉25%のパン、焼きたては食べ過ぎてしまうな。。

そしてポストには、私のダイエットを阻む赤色・緑色・金色に包まれたすばらしき物体が・・。たとえこれでここ1ヶ月の痩せる努力が空しくなろうとも、心にかけていただいて感謝しかございません。謝謝、謝謝♪

ポストには熱帯雨林でポチ♪した古武術介護のDVDも届いていた。陳さんが、やれ膝が痛いの、歯が痛いの、春の手術の後遺症で味覚障害もあり、ほぼほぼロートル(老头儿)。中国は、医療レベルは日本と遜色ないが、患者が多すぎて金かコネがないと医者までたどり着けない。陳さんは金もコネもあるので、すぐ手術してもらえた。

が、看護がダメダメ。陳さんをストレッチャーに乗せるのに、義姉2人とそれぞれの旦那さん(70歳すぎで1人は糖尿病、もう1人は狭心症)、計4人で担架を持ったのだそう。義姉2人も70歳すぎ(双子なんで同じ歳)、4人合計で300歳近い。。老老看護である~。

まして介護なんてっ! 人を雇おうにも、「文字が読めないからよく薬を間違える」とか、恐ろしい話をいろいろ聞く。古武術の動きを取り入れた、介護する側にもされる側にもやさしい介護術を、今から少し予習しておくのだ。

★聞いて楽しむ漢詩100選
(90)長安春 ① 韋荘
長安二月多香塵  長安 二月 香塵多し
六街車馬声轔轔  六街の車馬 声 轔轔
家家楼上如花人  家家楼上 花の如き人
千枝万枝紅艶新  千枝万枝 紅艶新たなり

 長安は春の盛りのおおにぎわい、
 都大路に馬車が行き交う。
 並ぶ屋敷の楼(たかどの)には花も恥らう乙女たちが、
 枝々に綻びはじめた蕾のようになまめかしい。

日別画面へコメントを読む(4)

12月20日(金)

起床時刻:05時03分[いま起きた]ボタンで記録されました。

日本語もおぼつかない今日このごろ。白石君の初校が出たので、やった。

★聞いて楽しむ漢詩100選
(89)長城 汪遵
秦築長城比鉄牢  秦 長城を築いて鉄牢に比す
蕃戎不敢逼臨洮  蕃戎 敢えて臨洮に逼らず
焉知万里連雲勢  焉(いず)くんぞ知らん 万里連雲の勢い
不及堯階三尺高  及ばず 堯 階三尺の高きに

 秦の始皇帝は鉄のように頑丈な万里の長城を築き、
 異民族を臨洮の町に寄せつけなかった。
 だが、はるか雲まで届きそうな勢いの万里の長城は、
 あの堯帝のわずか三尺の階段にも及ばなかった。

日別画面へコメントを読む(4)

12月19日(木)

起床時刻:05時29分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日は一転、さむさむデーらしい。

きのう学生が授業中に内職していたので注意したら言い訳するので、「ぬけしゃーしゃーと」と言ったが、何かおかしい。でも何が? 

帰宅する頃、もうすぐ家に着きそうなタイミングで、やっと思い当たった。「いけしゃーしゃーと」だよっ! 「ぬけぬけと」と混ざったんだな、きっと。学生さんは誰も注意してくれなかったので、先生、呆けたままでちた。やれやれ。

★聞いて楽しむ漢詩100選
(88)夏日題悟空上人院 杜筍鶴
三伏閉門披一衲  三伏 門を閉ざして 一衲を披(き)る
兼無松竹蔭房廊  兼ねて松竹の房廊を蔭(おお)う無し
安禅不必須山水  安禅は必ずしも山水を須(もち)いず
滅却心頭火亦涼  心頭を滅却すれば火も亦た涼し

 夏の暑い盛りに戸を閉め切って、きちんと衣を着ている。
 松や竹が、涼しい影を部屋や廊下に落としてくれることもない。
 しかし、安らかな禅の境地は、必ずしも静かな山水に
 囲まれることを必要とはしない。
 心の中の雑念を消し去れば、燃えさかる火の中にあっても、
 涼しさを感じるものだ。

日別画面へコメントを読む(8)

12月18日(水)

起床時刻:05時07分[いま起きた]ボタンで記録されました。

ぬくい朝だニャ。

★聞いて楽しむ漢詩100選
(87)秋怨 魚玄機
自歎多情是足愁  自ら歎ず 多情は是れ足愁なるを
況当風月満庭秋  況んや風月満庭の秋に当たるをや
洞房偏与更声近  洞房 偏(ひと)えに更声と近し
夜夜燈前欲白頭  夜夜 燈前に白頭ならんと欲す

 自分でもつくづく嘆かわしく思います。
 情が深く多感なほど憂いも多いものだと。
 まして、風や月あかりが庭中いっぱいになる秋の季節ではなおさらのこと。
 わたしの部屋は皮肉にも、時を告げる太鼓の音が近くに聞こえます。
 くる夜もくる夜も、燈火を前にして、その音を聞かされると、
 白髪になってしまいそう。

日別画面へコメントを読む(3)

12月17日(火)

起床時刻:07時09分[いま起きた]ボタンで記録されました。

ねぼー。ずつー。筋肉つー。

★聞いて楽しむ漢詩100選
(86)己亥歳 曹松
沢国江山入戦図  沢国の江山 戦図に入る
生民何計楽樵蘇  生民 何の計(はからい)あってか樵蘇を楽しまん
憑君莫話封侯事  君に憑って話すこと莫れ 封侯の事
一将功成万骨枯  一将 功成りて 万骨枯る

 ここ水郷の国々も、戦乱のためすっかり荒らされてしまった。
 人々は、木を切ったり草を刈って暮らすことさえできない。
 あなたにお願いします。
 手柄をたてて出世することなど口にしないでください。
 一人の将軍が手柄をたてるかげには、
 何万もの兵士の骨が朽ち果てるのですから。

日別画面へコメントを読む(3)

12月16日(月)

起床時刻:06時26分[いま起きた]ボタンで記録されました。

さむさむ。いもいも。

サツマイモを圧力鍋で蒸してみたー。どでかいのである~。肥料は要らないというのに「念のため」すこーし入れたら、大根みたいに育ったそうな。あーこりゃこりゃ。

★聞いて楽しむ漢詩100選
(85)山亭夏日 高駢
緑樹陰濃夏日長  緑樹 陰濃(こま)やかにして夏日長し
楼台倒影入池塘  楼台 影を倒(さかしま)にして池塘に入る
水晶簾動微風起  水晶の簾動いて微風起こり
一架薔薇満院香  一架の薔薇 満院香(かんば)し

 緑の木々が濃い影を落として、夏の強い日ざしはいつまでも続き、
 池には、楼台がさかさまに映っている。
 そのときふと、水晶のすだれが揺れ、そよ風がふき、
 ばらの棚から庭一面に香りが漂ってきた。

日別画面へコメントを読む(3)

12月15日

起床時刻:05時03分[いま起きた]ボタンで記録されました。

北風ぴゅー。さむさむ。

駱駝の本を読んだ。世界的な生息数はヒトコブのほうが圧倒的に多そうだけど、中国の北西部、長安にいたのはフタコブ。

エクセルのテンプレートで体重や体脂肪率をグラフにしてくれるのがあったので、ダウンロード。BMIも勝手に計算してくれる。

黒豆玄米ご飯の写真を、貼りつけてみたー。体操セットも、DVDを止めて画像をスキャンし、貼りつけたった。ウォーキングは、歩数計の写真でも貼ってみるかな?

★聞いて楽しむ漢詩100選
(84)夜雨寄北 李商隠
君問帰期未有期  君 帰期を問う 未だ期有らず
巴山夜雨漲秋池  巴山の夜雨 秋池に漲る
何当共剪西窓燭  何れか当に共に西窓の燭を剪(き)って
却話巴山夜雨時  却って巴山夜雨の時を話すなるべし

 君は手紙で「いつ帰ってくるの」と尋ねてきたが、
 まだ帰るときはやってこないのだよ。
 ここ巴山には、今宵も秋雨が降りそそぎ、池には水が満々とあふれている。
 いったいいつになったら、西の窓辺で、君と燈火の芯を切りながら、
 巴山の夜の雨の寂しかったことを話すことだろう。

日別画面へコメントを読む(4)

12月14日

起床時刻:05時40分[いま起きた]ボタンで記録されました。

須磨子がどうかしたのかな? 重いから、また引き出しに入れっぱ、遠出する時だけ使おうかな~。

★聞いて楽しむ漢詩100選
(83)勧酒 于武陵
勧君金屈巵  君に勧む 金屈巵
満酌不須辞  満酌 辞するを須(もち)いず
花発多風雨  花発(ひら)けば風雨多し
人生足別離  人生 別離足る

 さあ、さしあげよう。この金色に輝く大杯を。
 なみなみとついだこの酒、遠慮することなく飲み干したまえ。
 花が咲けば、雨風も多いもの。
 人の世も、楽しみのあとにはつねに別れが待っている。

日別画面へコメントを読む(8)

12月13日(金)

起床時刻:04時57分[いま起きた]ボタンで記録されました。

昨日のネタばらし。

学生が電車の遅延で遅刻したというので、「私も同じ路線使って8時15分前には着いていたよ(始まりは9時)」と言ったら、「それは7時45分ですか? 8時13分や12分ですか?」と言うので、「はあ? 7時45分の一択でしょ?」とあきれたが、「いやいやいや、そうとは限らない」という子が複数いて。

ところがこれは、一定数で7時45分じゃない人たちがいて、某巨大掲示板でも話題になり、そのもとは私がよくのぞいている小町だったらしい。その小町のは私も読んだことがあって、「ばかな夫と暮らすとたいへんだ」と思ったものだった。すっかり忘れていたが。。

「いま何時?」「7時10分前だよ」「うわあ!(あわてて支度)」・・「なんだよっ、まだ7時じゃないか!」「え?」「もう7時8分頃かと思ったよっ!!」「はあ?」・・みなさん、こんな夫どう思います? 私、間違ってますか?

「8時前って言ったら何時何分ですか?」「それは7時58分とかだよね」「だから8時15分前も、8時13分でアリですよ」「ナシでしょ」

「8時15分過ぎ」は、私の感覚では8時15分のことだけど、これも「8時16分とか17分かも?」という子が毎年いて、そのうち大勢を占めたら広辞苑にも載ったりするの鴨?

★聞いて楽しむ漢詩100選
(82)遣懐 杜牧
落魄江湖載酒行  江湖に落魄して酒を載せて行く
楚腰繊細掌中軽  楚腰 繊細 掌中に軽し
十年一覚揚州夢  十年 一覚 揚州の夢
贏得青楼薄倖名  贏(あま)し得たり 青楼薄倖の名

 江南で遊び暮らしていたときは、どこへ行くにも舟に酒樽を乗せて行き、
 腰のほっそりとした美女を抱いたものだった。
 十年が経ち、はっと揚州の夢から覚めてみると、
 残ったのは、色町での浮気男という評判ばかり。

日別画面へコメントを読む(6)

12月12日(木)

起床時刻:04時56分[いま起きた]ボタンで記録されました。

問題:
きのう私は、朝8時15分前にけんきゅー室に到着しまちた。
さて、それは=何時何分だったでせう?

コメント欄にて回答、絶賛♪受付ちう!!

★聞いて楽しむ漢詩100選
(81)題禅院 杜牧
觥船一棹百分空  觥船一棹 百分空(むな)し
十載青春不負公  十載の青春 公に負(そむ)かず
今日鬢糸禅榻畔  今日 鬢糸 禅榻の畔
茶煙軽颺落花風  茶煙 軽く颺(あが)る 落花の風

 大杯になみなみとついだ酒を、ひといきに飲み干す。
 わが青春の十年は、だれにも負けない日々だった。
 いまや髪も白くなって、禅寺の腰掛けに座り、
 茶の葉を煎る煙が、花を散らす風にゆらぐのを見つめている。

日別画面へコメントを読む(5)

12月11日(水)

起床時刻:04時34分[いま起きた]ボタンで記録されました。

ダイエットといっているが、私は食事制限はしたことがない。食べるものや順番は、変えているけど。勝間和代さんも、腹八分目なんてムリだから、満腹になるまで食べても太らないものを食べればいい、と言っていた。わーい♪

黒豆玄米ご飯は、それだけで甘く、いわゆる「ごはんが進むおかず」が要らない。おかずは、自然と薄味になる。玄米だけだと私はお腹に負担なので、黒豆と一緒はいいね♪

健康診断が終わった日から体操をちょいちょい始め、この前、帰りの電車が止まって仕方なく池袋から40分歩いて帰宅したら足が大丈夫だったので、行きも(晴れていて荷物が少なければ)歩くようにしていて、黒豆玄米ご飯はさいきん始めて、これも3日以上たった。

そして私はいま、「久しぶりにプール行こうかしら?」な気分である。しかし寒いからなー。温水プールとはいえ、身体冷えるかもなー。

★聞いて楽しむ漢詩100選
(80)赤壁 杜牧
折戟沈沙鉄未銷  折戟 沙に沈んで 鉄 未だ銷せず
自将磨洗認前朝  自ずから磨洗を将(も)って前朝を認む
東風不与周郎便  東風 周郎が与(ため)に便ならずんば
銅雀春深鎖二喬  銅雀 春深うして 二喬を鎖(とざ)せしならん

 折れた戟(ほこ)が岸の砂にうずもれ、鉄はまだ錆びていない。
 その戟を洗って磨くと、ああ、これはあのころの物だとわかった。
 東の風がもし呉の周瑜の味方をしてくれなかったならば、
 二人の喬姉妹は、曹操に捕えられ、春深いころ、
 きっと銅雀台に閉じ込められていただろう。

日別画面へコメントを読む(3)

12月10日(火)

起床時刻:06時02分[いま起きた]ボタンで記録されました。

「3」がカギである。

三日坊主というが、3日くらいは意識して続けられる。そのあと3週間続けてやれると、自分で「ん?」と変化に気づく。そのまま3ヶ月続けると、周囲が「ん?」と気づき始める。石の上にも3年、そこまでいけばもう「そういう人」で通る。30年やると・・?

目標:
30年後 ぴんぴんころり。寝たきりにならない。
3年後  20歳のころの体重に戻り、太った人を見たら、
     「なぜ痩せないの?」と真顔で尋ねて、ヒンシュクを買う。

20歳の頃は痩せていて、太った人を見ると「どうしたら太れるの?」と真顔で尋ねていた。大学院に進学し、中国へ留学し、就職し、中国へ留学し、また中国へ留学し、合間にちょこちょこダイエット成功しても、こうしたイベントのたびに3キロずつ太った。アメリカに行った時は、あまり太らなかったネ。食べ物が口に合わなくて、自炊していたせいかも知れない。

歩数計つけてウォーキングしていたら足(かかと)が痛くなったので、ここ1年間はやめて、高野豆腐とおからを食べ続け、体重は3キロ落ちた。が、肝機能や血液の検査数値はあまり良くなっていない。腹囲はむしろ増えた。腸内環境が悪化した感じがある。

なので今回は、体操とウォーキングと食事、どれもまんべんなく、どれもやりすぎず、まったり続けたい。

★聞いて楽しむ漢詩100選
(79)題烏江亭 杜牧
勝敗兵家事不期  勝敗は兵家も事期せず
包羞忍恥是男児  羞を包み恥を忍ぶは是れ男児
江東子弟多才俊  江東の子弟 才俊多し
巻土重来未可知  捲土重来 未だ知るべからず

 戦の勝敗のゆくえは兵法家でさえも予測のつかないものだ。
 恥を忍び、肩身の狭い思いに耐え、再起をはかってこそ真の男子といえよう。
 項羽の本拠地である江東の若者たちには、すぐれた人材が多いというから、
 もし勢いを盛り返してやり直したならば、
 その結果はどうなっていたかわからなかったのに。

日別画面へコメントを読む(3)

12月09日(月)

起床時刻:06時14分[いま起きた]ボタンで記録されました。

黒豆玄米ご飯は、玄米はモチモチ、黒豆はホクホク、とても甘く、腹持ちもいい。

面談の結果、夏前までに体重を2キロ落とす目標を設定されたが、その気になれば出来ると思う。優先順位を上げて、やる気にさえなれば、半年くらいは努力できる。その代わり、論文も2本くらい減ると思うが。

せっかくなので、体重グラフもつけ始めた。半年後に、面談してくれた先生と保健師さんに、見せてあげませう。

グラフは手書き。何事も認識するには視覚化するのがよろしい、と思ふ今日このごろ。数字やITに強い勝間さんはスマートウォッチを身につけているが、私はデジタル情報よりアナログ情報のほうが、ピンときやすい。

時計なども、針の時計で見慣れてからデジタルならなんとなーく感覚あるが、最初からデジタルだけだと、訳わかんないだろうな。勝間氏は動画視聴者のどんな質問にもズバズバ答えていて、数字に強くなるには、自分の身体感覚で分かるようになるまで細かくする、と言ってたけどネ。

★聞いて楽しむ漢詩100選
(78)山行 杜牧
遠上寒山石径斜  遠く寒山に上れば 石径斜めなり
白雲生処有人家  白雲生ずる処 人家有り
停車坐愛楓林晩  車を停めて坐(そぞ)ろに愛す 楓林の晩
霜葉紅於二月花  霜葉は二月の花よりも紅なり

 遠く、もの寂しい山に登っていくと、石の小道が斜めに続く。
 その上の、はるかに白雲が湧き上がるところに人家が見える。
 車を止めて、夕暮れの楓の林をしみじみと眺めた。
 霜にうたれて紅葉した楓の葉は、春の盛りに咲く花よりも、
 いっそう艶やかに赤く色づいている。

日別画面へコメントを読む(5)

12月08日

起床時刻:05時09分[いま起きた]ボタンで記録されました。

さすがに昨日は寒かったので、夜、石油ストーブをつけた。無しで過ごす冬もあるので、ストーブ処分しようかと思ったが、「もう1年使ってから」と灯油を頼んでおいたからニャ。

黒豆1合:玄米(ロウカット玄米)1合で、炊いてみた。手まりむすび5個でけた。ダイエットの救世主になるか?

★聞いて楽しむ漢詩100選
(77)清明 杜牧
清明時節雨紛紛  清明の時節 雨 紛紛
路上行人欲断魂  路上の行人 魂を断たんと欲す
借問酒家何処有  借問す 酒家は何れの処にか有る
牧童遥指杏花村  牧童 遥かに指さす 杏花の村

 春の盛りの清明節、折からこぬか雨がしきりに降っている。
 その雨は、道行く私の心をすっかり滅入らせてしまう。
 「すまんが、酒屋はどちらのほうにあるのかな」と問うと、
 牛飼いの子があっちのほうと指さした。その彼方には白い杏の花咲く村が。

日別画面へコメントを読む(5)

12月07日

起床時刻:04時53分[いま起きた]ボタンで記録されました。

雪になるかな? 予報は曇りに変わった。

★聞いて楽しむ漢詩100選
(76)江南春 杜牧
千里鶯啼緑映紅  千里 鴬啼いて 緑 紅に映ず
水村山郭酒旗風  水村 山郭 酒旗の風
南朝四百八十寺  南朝 四百八十寺
多少楼台煙雨中  多少の楼台 煙雨の中

 千里四方に鴬が鳴き、緑の柳と赤い桃花とが照り映えている。
 川のほとりの村、山すその村、酒屋ののぼりに吹く春風。
 この地には南朝時代の寺院が数多く残り、
 たくさんの楼台が春雨の中にけぶっている。

日別画面へコメントを読む(3)

12月06日(金)

起床時刻:04時42分[いま起きた]ボタンで記録されました。

東京でも雅楽を教えているところがあった。楽琵琶の演奏動画をいくつか見たが、ほんとにこんなテンポなのかな? でも宮女図の琵琶の弾き方は、こんな感じにも見える。

★聞いて楽しむ漢詩100選
(75)憫農二首(其一) 李紳
鋤禾日当午  禾(いね)を鋤いて 日 午に当たる
汗滴禾下土  汗は滴(したた)る 禾下の土
誰知盤中餐  誰か知らん 盤中の餐
粒粒皆辛苦  粒粒 皆 辛苦なるを

 雑草取りをしていると、太陽は真上にのぼり、
 噴き出る汗が稲の下の地面に滴り落ちる。
 誰が知っていよう、茶碗の中のご飯の
 一粒一粒が、皆、農民の苦労の結晶であることを。

日別画面へコメントを読む(5)

12月05日(木)

起床時刻:06時40分[いま起きた]ボタンで記録されました。

長野から黒豆とサツマイモが大量に届いているので、黒豆ご飯を炊いた。黒豆だけだとふきこぼれるが、米と一緒なら大丈夫。

ロウカット玄米なるものをスーパーで売っていたので(元は長野産コシヒカリらしい)、それと白米と1合:1合、+黒豆も1合、あわせて3合、水加減が不安だったが、玄米のほうの3合で試してみたら、大成功♪ モチモチして、すんごく甘いっ!! 幸せである~。

幸せといえば、けんきゅー室は南向きなんだが、昨日ふと窓際で右のほう(西のほう)を見たら、富士山が見えた。何年も気づかなかった。もしかすると知っていたのかもしれないが、ずーーっと忘れていた。あと数年だが、ここでケンキューできるのだ、幸せだなー、としみじみ思った。

白石君の査読がもどってきて、とくに意見も出なかったので、体裁を整えて、提出する。→ した。

正倉院展から始まった琵琶の旅は、『隋書』音楽志、北宋・沈括『夢渓筆談・補筆談』、いずれも訳注があるので読んだが、いまいち音楽部分はピンとこない。南宋・張炎『詞源』も研究会仲間の詳細な訳注があるが、肝心な部分は「春月せんせいも論じておられる」で、アテにならない。。

みんなてんでにビーカーで水を沸かしているので、わたくしが海に戻してあげませう。そろそろ着手する。→ した。

楽琵琶のビデオがあったので、見た。ふーん。実際に触ってみたいなー、と検索したら、なんと! 長野の善光寺のそばに、雅楽会があった。お稽古は土曜の夜10時から11時。。

「鐃」のほうは、おいおいに。楽府をいっぱい読まないとあかんからね。

★聞いて楽しむ漢詩100選
(74)聞白楽天左降江州司馬 元稹
残燈無焔影幢幢  残燈 焔無くして 影幢幢
此夕聞君謫九江  此の夕べ聞く 君が九江に謫せられしを
垂死病中驚起坐  垂死の病中 驚いて起坐すれば
暗風吹雨入寒窓  暗風 雨を吹いて 寒窓に入る

 ともし火の炎が消えかかり、影がゆらゆらと揺れている。
 今宵、君が九江に左遷されることを聞いた。
 私はいまにも死にそうな病に臥しているが、驚きのあまり起きあがると、
 雨を含んだ夜風が寒々とした窓に吹き込んでくる。

日別画面へコメントを読む(3)

12月04日(水)

起床時刻:04時49分[いま起きた]ボタンで記録されました。

簡単で安全(=ほったらかし)、早くておいしい、洗うのがラク、で総合的に判断すると、トップを走っているのは圧力炊飯器である~。

ただし玄米と豆(大豆や黒豆)は、ガスの圧力鍋の勝ち。炊飯器にも玄米モードあるけど、モチモチにならない。豆はふきこぼれが激しく、柔らかくなる前にスイッチが切れた。

小豆は土鍋がいい。圧力鍋だと柔らかくなりすぎて、粒がつぶれる。ツブだけに? 金時豆やインゲン豆は浸水時間が必要だが、これも土鍋で十分柔らかくなる。

大豆系(黒豆や緑のひたし豆)は、圧力鍋だと驚くほどふっくらモチモチ甘くなる。もさもさ系(金時豆とか)は、土鍋のほうがいい。たぶん成分が違う。もさもさ系は炭水化物寄りで、大豆系はタンパク質寄り、とか(知らんけど)。

もちろん、おでんは土鍋ですニャ。熱々のまま食卓へ、は土鍋の一人勝ち。

★聞いて楽しむ漢詩100選
(73)度桑乾 賈島
客舎并州已十霜  并州に客舎して已に十霜
帰心日夜憶咸陽  帰心 日夜 咸陽を憶う
無端更渡桑乾水  端無くも更に渡る 桑乾の水
却望并州是故郷  却って并州を望めば是れ故郷

 并州に身を寄せて十年、厳しい冬を過ごした。
 日ごと夜ごとに、帰りたいという思いはつのり、
 長安の都がいっそう懐かしくなる。
 ところがいま、思いもかけず桑乾の流れを渡って、
 さらに遠くへと赴任することになった。
 振り返って望み見れば、あんなにも嫌だった并州が、
 まるで故郷のように思われる。

日別画面へコメントを読む(3)

12月03日(火)

起床時刻:06時21分[いま起きた]ボタンで記録されました。

土鍋複数使いのほうが安くて簡単、そのまま食卓に出せるし、よくない?、と昨晩ねる前に、鳥ぶつぎり肉とシメジに生姜・棗などをぶっこみ、酒と塩も入れて、煮えたらフタして一晩ほったらかし。今朝、浮いてきた油などをとり、温め直して、またフタして放置。

保温のできるカバーがあって、それを鍋にかぶせておいた。ここ書いて体操して、食べる頃にはじっくり味が染みているでせう。

★聞いて楽しむ漢詩100選
(72)尋隠者不遇 賈島
松下問童子  松下 童子に問う
言師採薬去  言う 師は薬を採り去ると
只在此山中  只だ此の山中に在り
雲深不知処  雲深くして処を知らず

 松の木のもとで、「先生はどちら?」と、召使いに尋ねると、
 「お師匠様は薬草を採りにお出かけになりました」との返事。
 おそらく、この山の中におられるのだろうが、
 雲が深くたれこめて、どこやら見当もつかない。

日別画面へコメントを読む(4)

12月02日(月)

起床時刻:04時58分[いま起きた]ボタンで記録されました。

チョコこわい。。(← まんじゅう怖いのパクリ)

私は「もう買わないっ!」と思っただけで、もらったら食べるのである~。ははは。

勝間和代の動画をまだ見ているが、今朝は「自分でおいしい料理を作れるようになったらスイーツは欲しくなくなる」という話をしていた。

「おいしい料理」を彼女はヘルシオとホットクックの複数台使いで実現しているが、仕込みをパパッとやったらあとは機械任せにしたいからのようで、基本、煮込みか蒸し料理か素焼き、同じことは無水鍋(うちはストウブ)や両面焼きグリルにスキレットで、できる。ほったらかしにしたいなら、炊飯器はすごいお勧め。(と、うさ子におそわったんだったな)

鍋やグリルも、そばについて見ていないといけないのは10分やそこらで、私は食べる時刻から逆算して1時間も2時間も前に仕込んで、のほうがよほど面倒くさい。

「調味料は塩とオリーブオイルだけ」、それで素材の味が引き出されて十分おいしい、という。・・だんだん彼女が松居一代に見えてきた。。どっちもカズヨかあ、ふたりともエネルギッシュで頑張り屋さんで、事業は成功しているが、パートナー運が薄いみたい。少しぼーーーっとした人が合うと思うんだけど(余計なお世話だ)。

雨が激しくなる前に出かけたいんだが、昨日頼んだ灯油の配達が午前中で、待っていなくてはいけない。この悪天候で、本当に来るのかどうかも分からんが。待つあいだに、時間割引率について少し調べてみた。

行動経済学の用語で、双曲割引ともいう。割引率は、反比例のグラフのように、今日と明日の差は大きく、たとえば10ヶ月後のある日とその翌日の差は小さい。投資の世界では、先々得することが分かっているんだから、いまの欲望に負けずに、合理的に行動しなさいよ、という風に説得?勧誘?に使われることもあるみたい。

私は、モチベーションが双曲割引の曲線だな。最初が最大。負のモチベーション(出さなければいけない書類とか)も、同じ。だからさっさとやる。郵便物も、そう。ポストから受け取って、歩きながら仕分けして、不要なものはすぐゴミ箱へ。必要なものも、不要になったらすぐゴミ箱へ。

いまの1万円より、1年後の2万円のほうが得でしょ?、と言われても、1年後、時間以外の要素に変化なければね、の前提であって、年金受給を「遅らせれば遅らせるほど得ですよ」と同じような話にも聞こえる。

いまの判断や選択が将来的にも得になるような仕掛けを作るのは、いいと思う。満腹中枢(いろんな意味で)が正常に働くような環境を整える、ってのもいいカモ。

さて、小雨になったタイミングで無事、灯油も配達してもらえたし、けんきゅー室にも到着した。もう少し「双曲割引」について調べてみたら、もとはテンプル大学の心理学者、ジョージ・エインズリー教授が唱えた理論で、人間の「遠い将来は待つことができるが、近い将来は待つことができない」という心理を表したもの。例えば、同じ「1万円」でも、渡される時期で価値が変わる?

A.1年後に1万円をもらえる
B.1年と1日後に1万1000円をもらえる

この二択だと、ほとんど全ての人がBを選ぶのに、

A.今すぐ1万円をもらえる
B.明日、1万1000円をもらえる

こっちはAの選択肢を選ぶ人が増える。人は、遠い将来の「1日」は短い時間と感じられるのに、「今から明日まで待て」と言われた場合の「1日」については、とても長い時間のように感じてしまうから。

ん? 今日の1万円と来年の今日の1万1千円とか2万円の話と、だいぶ違う。それに今日の1万円と明日の1万1千円なら、私なら明日の1万1千円だけど、相手や状況にもよる。商店街の景品かなんかで、その場で1万円もらえるのと、「明日また来たら1万1千円です」なら、「いま1万ちょーだい」となりそう。翌日のこのこ行ったら、千円増えるかわりに何か買えとか、裏があるかも知れないし。

勝間さんが、外資系で働いていた時に「海は沸かせられないが、ビーカーの水なら沸かせる」と学んだそうだが、こういう学説って、「ビーカーの水は沸かせても、海は沸かせられないでしょう、いろんな要素が複雑に絡むからね」と思ふ。

★聞いて楽しむ漢詩100選
(71)香炉峰下新卜山居草堂初成偶題東壁 ② 白楽天
匡廬便是逃名地  匡廬は便(すなわ)ち是れ名を逃るるの地
司馬仍為送老官  司馬は仍(な)お老いを送るの官為(た)り
心泰身寧是帰処  心泰く身寧(やす)きは是れ帰する処
故郷何独在長安  故郷何ぞ独り長安にのみ在らんや

 廬山は俗世間から隠れ住むのにふさわしい土地であり、
 長官を補佐する勤めも、老人が余生を送るにはちょうどよい。
 身も心も安らかならば、ほかに望むことがあろうか。
 長安の都へ帰りたがるのは愚かなこと、長安だけが故郷ではあるまい。

日別画面へコメントを読む(6)

12月01日

起床時刻:06時35分[いま起きた]ボタンで記録されました。

あいやー、また12月になってもうた。

★聞いて楽しむ漢詩100選
(71)香炉峰下新卜山居草堂初成偶題東壁 ① 白楽天
日高眠足猶慵起  日高く眠り足りて猶お起くるに慵(ものう)し
小閣重衾不怕寒  小閣に衾を重ねて寒さを怕(おそ)れず
遺愛寺鐘欹枕聴  遺愛寺の鐘は枕を欹(そばだ)てて聴き
香炉峰雪撥簾看  香炉峰の雪は簾を撥(かか)げて看る

 日が高く昇るまでずいぶん眠ったが、まだ起きるのは面倒だ。
 小さな部屋でふとんにくるまっていると、寒くはない。
 遺愛寺の鐘の音は、枕をずらして耳を澄まし、
 香炉峰の雪は、簾をあげて、ふとんの中から眺める。

日別画面へコメントを読む(2)