202002 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:06:00 平均起床時刻:05:54

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

02月01日

起床時刻:05時13分[いま起きた]ボタンで記録されました。

ねむい。1時すぎに目が覚め、寝てない。これからまた二度寝を試みる。眠いのに、横になっても眠れない。昼間の活動量が足りないのかも知れない。昨日はけんきゅー室へ行き、琵琶と駱駝がいちお終わったのだが。。

今日はトークショー&飲茶+α。昨日はセミナーの学生とお寿司ランチ。3日夜は学生たちと食事会、ディープな池袋中華街で。4日は別のクラスの学生と女子会ランチ。外食が続く~♪

少し眠った。でもまだ眠い。三田寛子と一緒に、米倉涼子のマンションの部屋を訪ねようとして、デパートみたいなところの裏口からエレベータに乗るのだが、店員が乗り込もうとしたのを押し戻し、エレベータのボタンを押したが上手く上昇せず、ガタガタいってまた1階に戻ってしまい、店員に見つからないように作業場みたいなところをくぐって外へ。三田寛子が「私が店員を説得するから、やらせて! 絶対うまくやるから!」と何度も言って、うざかった。・・という夢を見た。

もしかして正夢? 誰が三田寛子で、誰が米倉涼子で、誰が店員?

★昨日の歩数 13107歩

日別画面へコメントを読む(5)

02月02日

起床時刻:01時50分[いま起きた]ボタンで記録されました。 07時18分[いま起きた]ボタンで記録されました。

またこんな時間に目が覚めた。もうどーしょーもない。寝たのは9時だが、1時や2時に目が覚めるなら、6時には寝ないと睡眠7時間を確保できない。

昨日はしゃべりすぎて、帰り道で左足を挫いた。医学的エビデンスは得られないが、ほかに思い当たるフシがない。昼間もっと活動しようと、『東京大人のミュージアム』というムックを買ったのに。副題は「無料で遊ぶ!学ぶ!」である~。

貧乏性で、金の使い道がない。という話を昨日した。あまり物欲がなく、けんきゅーもさほど金がかからない。

今日は長野からマスクが3箱届くようだが、ホント、要らないのに、と思う。なんで電話で確認してから送らないのだ? 使い捨てマスクといえども、同じ物が大量にある状態はストレスに感じる。使いもしないで捨てるのも、ストレス。じゃがいもと違って、ほっておくと芽が出て「あーあ、捨てるしかないわね」とはならないし。

★昨日の歩数 8264歩

日別画面へコメントを読む(7)

02月03日(月)

起床時刻:05時06分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日はまあまあ眠った。昨晩は10時過ぎまで起きていたし、布団がすこし冷めてから寝たのが、よかったかも知れない。しかし左足を挫いたので、体操もウォーキングもできず。。

★昨日の歩数 5601歩

日別画面へコメントを読む(4)

02月04日(火)

起床時刻:04時24分[いま起きた]ボタンで記録されました。

まだちょっと左足(足の甲)が痛い。しばらく歩数をつけるのは中止。1日の目標8000歩だったけど、ついつい歩きすぎていた。。

やっぱ定年後は平たいところに住みたい。いまは階段上り下りできるように身体のほうを整えなきゃ、だけど。

皆さん(↓)がそこまでおっしゃるなら、と1階(もともと和室)を畳+コタツ仕様に模様替えしまちた。夏にテーブル仕様にしたままで、足もとが寒い、足首から下が冷たい、とずっと思っていたので。足は温めたほうがよいでせう。畳で「よっこいしょーいち」と立ち上がる動作も、足腰つよくなるでせう。

★旧暦1月11日 立春 月齢10.2

日別画面へコメントを読む(4)

02月05日(水)

起床時刻:04時29分[いま起きた]ボタンで記録されました。

学生さんから誕生日プレゼントをいただいた。わーい♪ 

うまく説明しづらいが、茶葉やコーヒー粉を沈める網のついた保温マグカップ。茶葉はほっておいても時間がたつと沈むので、コーヒーで威力を発揮するよね、といまコーヒーを淹れて飲んでいる。

ずっとステンレス茶漉しで淹れていたが、だんだん目が詰まってきて時間かかるようになったので、最近はフィルターで淹れていた。フィルターだとコーヒーの油分が落ちないんだよね。。

昨日は帰宅すると1階の様子がすっかり変わっており、「ん、小公女?」と一瞬思ったが、模様替えをしたのは隣家の金持ちではなく、朝の私なのだった。

しばらく外へ行かなくても退屈しないよう、けんきゅー室から本を持ってきた。楽府を読まなくちゃ、だなー。

★旧暦1月12日 月齢11.2

日別画面へコメントを読む(2)

02月06日(木)

起床時刻:06時39分[いま起きた]ボタンで記録されました。

風がすごい。今季いちばんの冷え込みになるらしい。

岩波文庫の『文選(詩篇)』全6冊(箱入り)を送ってくれた先生がいるので、ぼちぼち読みまふ。

注はこれくらいの分量でいいよねー、と思ふ。思いながら、白石君の訳注でもつけるかな。読んでいるだけでは退屈だー。

★旧暦1月13日 月齢12.2

日別画面へコメントを読む(2)

02月07日(金)

起床時刻:05時58分[いま起きた]ボタンで記録されました。

サミー君が居座っている。。今週末は極寒で、来週は3月の陽気らしい。

今度は研究会仲間から、訳書が届いた。これが噂の「年度末いぇ~い!」かしら? みんな頑張ってるなー。私も頑張るぞー、えいえいおー♪

とはいいつつ、もらっておいて言うのもなんだが、中国語は原文で読むほうが断然おもしろいし、訳注やら翻訳やらやるより、論文書きのほうが楽しい。身体もラクである~。いろんな姿勢になるので。訳注や翻訳だと、ずーっと同じ姿勢で、身体ガチガチぢゃ。

学生さんからもらった茶漉し付き保温マグカップ、原理はフレンチプレスなのだが、本来の使い方をアレンジして、網を沈めたままコーヒーの粉を入れて数分蒸らし、網をそっと引き上げて粉を捨て、保温マグカップとして飲んでみた。・・旨い! 若干の網からはみでた粉は沈んで、気にならないし、保温がよきよき。

★旧暦1月14日 月齢13.2

日別画面へコメントを読む(4)

02月08日

起床時刻:04時46分[いま起きた]ボタンで記録されました。

ねむっ。本当は3時すぎに目がさめて、もらった本を読んでいた。訳者ではなく著者からの献本だそうな。我が恩師、呉熊和せんせが「次世代で注目しているのはこの人」と言っていた先生である~。『全宋詞』を「もう1回さらっておくかな」と最初からぜんぶ読み直すような人である~。そういうことだ、そーなんだ。

肺炎には2種類あって、

>病変の起こる場所によって、せきや痰の強い気管支肺炎と、突然の高熱や胸痛で発症する大葉性肺炎に分けられます。気管支肺炎は、気管支の炎症を伴うことから、せき・痰の症状が最初からみられ、発熱が加わってくる場合が多い傾向があります。一方、大葉性肺炎は、気管支肺炎にみられるせき・痰の前駆症状なく、突然の高熱をきたし、特に高齢者では意識障害や歩行困難などの症状を起こすことも多いです。病原体の種類によって、気管支肺炎を起こしやすい病原体と、大葉性肺炎を起こしやすい病原体があります。

新型コロナウィルスは大葉性肺炎になりやすいのだと思う。喉の近くではなく、肺の奧に入り込んで、増殖する。PM2.5は、粒子が細かくて肺の奧までいくから黄砂などより危険、と言われている。武漢やその他の都市のあの白い空は、PM2.5まみれ。

日本での感染は、バスで3~4日一緒だったとか、土産物店で接客してたとか、2週間ほど船で一緒で食事はビュッフェとか、濃厚接触者に限られている。学級閉鎖みたいな隔離措置をある程度の期間やっていれば、沈静化しそう。

封鎖された外国の都市から政府のチャーター便できた人と、クルーズ船で入国前の検疫をしている人と、待遇が違って当然という気がするけどな。船のほうは船会社がもっとちゃんとしろ、と思う。

北京では、スーパーは開いているので、入口で検温して、買い物はできるらしい。住民の調査はやっていて、武漢の人はまだ戻っても武漢が封鎖されていて入れないので、どっか(北京市内または郊外の?)に隔離されているそうな。こわっ。陳さんがいう感染者数は、日本で報道されている数より桁が1つ多い。

普通にインフルエンザの感染者数を考えれば、そんなもんだろうな、と思う。日本は「2日までの1週間でインフルエンザの患者7万人、例年より14万人少ない」だって。亡くなる人も毎年1000人くらい、いるみたい。「新型」だから騒いでいるけど、09年の「新型」インフルエンザも定着してもはや騒がないだけ、だそう。

マスクでの予防効果は気休め程度、手洗いやアルコール消毒も医者のように徹底してやるのは無理。あんがい有効なのは、こまめにチビチビお茶飲んで、ウィルスを洗い流して胃液でやっつけること。

そこで私が心配しているのは、入試業務でお茶をチビチビ飲めないことだ。濡れマスクでもするかな~。

私が前に罹ったのは、大葉性肺炎だったと思う。はじめ腎盂炎と言われて、解熱剤でもなかなか熱が下がらないので家族が救急車を呼んでしまい、夜中に病院へ行き、着いたころ熱は下がっていて看護師に白い目で見られたが、「せっかくだから1晩泊まってく?」とレントゲン撮ったら、「肺が真っ白! 肺炎じゃないの!?」で入院。そのうちまた熱があがって咳も出てきて・・、という順番だった。

医者が「やっぱり肺炎だったな」とつぶやいていた。抗生剤は「効かないなー。別のを試してみるか」で、その別のが効いたのかどうかも、よく分からない。診断書には「原因不明」と書かれていた。原因は不明だが、病状は「肺炎」ということだ。実際、こんなものなのだろう。

武漢がらみじゃないと検査しないのはおかしい、という意見もあるが、科学的には究明したいことがあるだろうけど、現実的にはコスパも考えないとね。ただの風邪の人まで病院に押しかけて、本当に治療が必要な人が後回しになることのないように。

★旧暦1月15日 月齢14.2

日別画面へコメントを読む(6)

02月09日

起床時刻:04時38分[いま起きた]ボタンで記録されました。 06時49分[いま起きた]ボタンで記録されました。

おやすみ。。・・起きたど~♪ 2時すぎに目が覚めちっちで、二度寝した。

長野から大量に届いた黒豆が、やっと終わった。水分が多くてカビそうだったので、むしゃむしゃむしゃ、せっせと食べた。これからは大豆や小豆も混ぜたミックス豆玄米ご飯である~♪ だって黒豆はお高いのだ。成熟するのに時間かかって、生産量が少ないらしい。

★旧暦1月16日 満月 月齢15.2

きのう15日が元宵だろうけど、満月は今晩。ということで、十六夜もけっこう詩詞に詠まれる。それとも実質的な満月を「元宵」「小正月」にするのかな? と検索したら、少なくとも現代では15日を元宵節として祝うみたい。台湾ではランタン祭だって。

日別画面へコメントを読む(4)

02月10日(月)

起床時刻:05時29分[いま起きた]ボタンで記録されました。

サミー。花粉も飛んでいる。鼻がぐずぐず、クシャミも出る。たまに鼻水もタラ~。お湯を使って「ぼっちゃん」という石鹸で食器を洗っているが、手もガサガサ。

案外、これがインフルエンザ等の予防になっているかも知れないが、荒れた手指から菌が侵入(しないらしいが)したら怖いので、せっせとクリームを塗り込む。尿素20%配合の。

旅行会社からキャンセル料免除のメールがきたので、3月の北京行きをいったんキャンセルした。いま外務省の渡航レベル2(不要不急の渡航は止めなさい)が出ているので、大学からも「よほどの事情がない限り禁止」メールがきている。

3月の早めの日程にしていたからニャ。だって15日に暖房がなくなるんだもん。いちおオイルヒーターもあるけど。状況が変わってチャンスがあれば、遅めに北京へ行こう!

★旧暦1月17日 月齢16.2

日別画面へコメントを読む(5)

02月11日(火)

起床時刻:06時22分[いま起きた]ボタンで記録されました。

ミックス豆玄米ご飯がいまいちだったので、混ぜた豆(黒豆・大豆・ひたし豆・小豆・金時豆・白隠元豆)を別々により分けた。ヒマ人である~。やっぱり黒豆がいちばん好き♪

小豆と白隠元豆はきのう茹でて、けさは金時豆とひたし豆を茹でた。しばらくおかずは豆づくし。あまり甘くしないで、サラダとかスープに加える。

もらった本を読んでいたら、「詩板」が出てきた。セミナーで詠んでいる本にも出てきたが、詩を板に書いて、壁に掛ける。板をとっかえひっかえ。「題壁」というのは壁に詩を書くことだけど、直接書く場合もあったが、お寺なんかのは板に書いたのを壁に掛けていたらしい。消すの大変だもんね。

宋代になると、石板に詩を刻して、拓本にして大勢に配ったりした。お寺では石板を持っていて、有名な詩人に書いてもらったりした。お寺というのは人が集まるので、こういうプチ出版社みたいな機能があったみたい。

板(木)に書くのと、石に書くのと、古いのは石だよね、と思った。石碑に書くのは漢代からやっていた。書く文字も、鑑賞の対象となった。石板のこの性質は北宋でも同じだったようで、誰の作品かと同時に、誰の文字か、も大事だった。

>石刻の簡便性、可復性、久延性は、当時の彫版印刷よりもすぐれている(単に単篇の彫版と比較した場合)。そのため、彫版印刷と比較すると、宋代の人は石刻のほうをより重視していたようである。

この「可復性」は「可複性」かな? 複製を作りやすいという意味? 簡体字はどっちも「复」だからニャ。

それはともかく、木版印刷の場合、「誰が書いた文字か」問題は薄れて、書体(フォント)という形に規範化していった。

有名な詩人の作品を木版印刷して売るというのは、唐の白居易の頃からあった。当人の知らないところで勝手にやってる、困ったことだ、という記録で、木の板に書いた文字を鑑賞するというのは、「詩板」(本人が書いている)でもあまり話題にならないみたい。文字を云々するのは、石板のほう。

石刻より木刻のほうが「簡便性」は高いだろう(「可復性」は同等で「久延性」は石刻のほうがある)と思うが、漢代以来の伝統で、作品の内容だけでなく書かれている文字に芸術的価値を置いた結果、宋代では石刻が重視された、ということかな。

全集は、当人が編纂に参加する場合は晩年になってからが多く、しばしば亡くなった後に友人や子孫が編纂する。当人が参加していると「出来の悪いのは削りたい」傾向が強く、ほかの人が編纂する場合は「なるべく全部集めたい」傾向が強い。

こういうの、現代でも同じだなー。石刻は葉書で、木版はメール、みたいな感じ? 私は、手紙はパソコンで書いたのをプリントして署名だけ自筆にしたりするが、さすがに葉書はいまでも手書き。悪筆だが、葉書は短いので。現役の頃は論文を送りあって、少し落ち着いてきたら本にまとめる、なんてのも同じだ。自分でまとめる場合は取捨選択するが、誰かがやってくれる場合は細かいものも全部拾おうとする。

いまいきなりパソコン使って書く人が多いから、初稿とか直筆とか、なくなっていくんでしょうね。

★旧暦1月18日 月齢17.2

日別画面へコメントを読む(6)

02月12日(水)

起床時刻:06時52分[いま起きた]ボタンで記録されました。

もらった本の題壁の部分を読んでいたら、寺や公共の建物、旅館や橋などには比較的自由にだれでも詩を書けたが、私邸の場合は下手な詩人が勝手に書くと、捕まったりもしたそうな。建物の壁は、いまみたいに白い粉(石灰?)をまぜて塗ったもので、黒い墨色がはっきり。消したい時は、上から塗り直す。

この壁塗りは、障子と同じくらいの頻度でやるかな? 汚れやすいし、はがれるので。いま壁の下半分は、もう少し油分のある(色は緑色)のを塗る。上半分よりさらに汚れやすいので。お金があれば、色の変わり目の部分は何か装飾をつけたりする、欧風に。しかしたいていは塗っただけ。

陳舜民も出てきた。この人は、山谷さんの任淵注でよく「陳舜民小説」として登場する。山谷さんや蘇軾と交友があり、奥さんは陳師道の姉だって。メモメモ。李公麟の「陽関図」がらみで登場!

北宋の時代、みどころのある詩人がいたら引き立てる、禅宗を真似て「印可」していたそうだ。蘇軾は積極的に「印可」と「品題」(ランク付け)したし、白石君も「品題」に熱心だったという。

>宋代の文士は熱心に「宗盟」を結成し、文壇の宗師は、欧陽脩から蘇軾へ、蘇軾から黄庭堅へ、黄庭堅から江西詩派のほかのメンバーへと代々相伝しても、盟主はその責を放棄することなく、常に領袖たる宗師として自任し、メンバーも自ら願って盟主たる宗師の門下にあった……

科挙が、唐代の推薦式から、宋代は公募(面接あり)式になって、結社結成が進んだ? 王安石は養成式(防衛大みたいな)に改革しようとした。邦彦君は養成学校の出身。

あれこれ考えながら、新型ウィルスの話題もテレビで聞き流している。クルーズ船の人となまじ接触できるもんで、マスコミは騒いでいるが、乗客から厚労省に要望とか、お門違いだと思う。「保菌者でないことを証明」なんて潜伏期間も不確定な状況で出来るはずもなく、人道的立場から一部の人は下船させるけど、検疫の結果「上陸許可できません」でいいと思う。厚労省がお願いして「隔離」しているわけではない。

チャーター便で帰国して、「子どもがいるから」帰宅した人が発症したが、勝手に解熱剤飲んで病院へ行ったとか、そういう人だから自宅でおとなしくしていたかどうかも怪しく、家族もアテにならない。乳幼児を連れた40代男性で、奥さんは中国人で飛行機に乗れず、自宅ではジジババが世話してたかなー、と想像する(知らんけど)。

もう蔓延しているからと言って、「じゃあいいや」とおっ放すわけにもいかず、数はできるだけ抑えておかないと、病院がパンクして武漢みたいになる。ウィルス性肺炎はどのみち(原因が新型であろうと旧型であろうと)対症療法しかなく、でも武漢だけあれだけ死亡率が高いのは、院内の感染予防が不完全で細菌による肺炎が蔓延し、細菌性なら抗生剤が効くはずだが抗生剤使いすぎで耐性菌になっている、とか。日本の病院はすこしマシなのかな?

検疫官も1名感染したらしい。発症してから検査しているだろうから、潜伏期間中に家族や同僚に感染している可能性もあり、もうクルーズ船からもウィルスは漏れている。10日ほど重い風邪のような症状があり、だるさがきつく、そこから回復する人と肺炎になる人がいる、とほぼ分かってきたので、高熱があるがインフルエンザではない場合は注意して、肺炎になった人は隔離して治療する、みたいな方法が現実的かと思う。

カオスだの後手後手だの批判されるが、状況が刻々と変化するのだから、仕方ない。これだけが仕事でもないし。と、ついつい管理する側の目線になってしまうな。

★旧暦1月19日 月齢18.2

日別画面へコメントを読む(3)

02月13日(木)

起床時刻:05時46分[いま起きた]ボタンで記録されました。

雨が降るようだ。・・いちお傘を持って出たが、妖怪「傘要らず」は健在であった。。

★旧暦1月20日 月齢19.2

日別画面へコメントを読む(4)

02月14日(金)

起床時刻:05時27分[いま起きた]ボタンで記録されました。

昨日は強盗を追いかけて、左足首がまた痛くなった。だいぶ治っているが、歩く時に違和感があり、ちょっと多く歩くと痛みもある。完全に左足首の存在を忘れるようになるには、半年くらいかかると思ふ。

少し前は右股関節が開かなくなっていたが、だいぶ元に戻った。数年前は左腕が上がらなくなっていたが、いまは何ともない。

こうしてポンコツになってゆくのである~。

留学の世話をした学生がお礼をしたいというので、「たわけ、100年早いわ!」とメール。学恩は学恩で返しなさい、とえらそーに♪

★旧暦1月21日 月齢20.2

日別画面へコメントを読む(6)

02月15日

起床時刻:05時39分[いま起きた]ボタンで記録されました。

「琵琶とラクダ(仮題)」を見直して、提出した。ぽぽぽーい♪ 締切は3月だがな。。

北京は、春節前に各地から出稼ぎにきている人たちが帰省して1ヶ月くらい戻ってこないので、小さな食堂や商店は「しばらく休業」になる。いま新型コロナウィルス対策で「戻って来るな!」と規制しているので、帰省した人たちが帰京しないから、閉まったまま。

外地の出稼ぎ組は、何かというと「北京から出てけ!」とやられて、たいへんなの。思い返せば、私が20代に留学していた頃は、他の省へ出張や旅行に出るのに、いちいち許可が必要だった。許可証がないと、列車に乗れない。いまは自動車で出ようとするから、道路を封鎖するようなことになる。高速道路も当時はほとんどなかったし。

武漢からの団体旅行は中国がいち早く止めたが、個人旅行は春節前から来ていて、1月にすでに日本でもヒトヒト感染があって、発症して新型コロナが原因だと確認された人が出始めた。感染した順番に発症するわけではないので、「感染ルートが分からない」と騒いでいるが、ちゃんと調べればぜんぶ武漢に行くと思う。たどっても意味ない状況に、なりつつあるが。

ウィルスが解明されてワクチンができれば、インフルエンザの予防接種と同じように、毎年このウィルスのワクチンも打って、発症しても重症にならないように対策できるだろう。今年はワクチンが間に合わないが、発症して回復した人の血漿が有効との研究が出た。抗体ができてる、ということかな?

インフルエンザで死ぬ人のほうが圧倒的に多いのに、予防接種しない人が多いそうだ。私もずっとしていなかったが、数年前にいちどインフルになってから、するようになった。区から連絡がきて、「してください。代金はあとであげますから」というので。親切な区なのである~。だから「ふるさと納税」は利用せず、税金は全部この区に納めている。

ヒマなので、石川忠久せんせの「漢詩紀行100選」のDVDを少しずつ見ている。DVDの制作が2004年、放送はもっと前で、撮影はさらに前だろう。映像に出てくる中国の町並みは、いまと全然っ違う! 昔はこんな感じだったよ~、涙がちょちょ切れるな。。 

08年の北京五輪のあと、あちこち高層マンションだらけになったけど、「中国人はもとの貧乏暮らしに戻れ!」という訳にはいかんでしょう? トランプさんは言いそうだけど。

★旧暦1月22日 月齢21.2

これ(↑)は、ネットの「六曜・月齢・旧暦カレンダー」を見ながら書いてます。朝、窓をあけて月が見える日は、カレンダーに描いてある月の形と同じかどうか確かめて、楽しんでます。今朝は月が見えたよ。

日別画面へコメントを読む(9)

02月16日

起床時刻:07時07分[いま起きた]ボタンで記録されました。

お、0707だ。めでたい?

★旧暦1月23日 月齢22.2 下弦

きのう写し間違えた。今日から下弦の月です。ちなみに今日は大安です。

日別画面へコメントを読む(3)

02月17日(月)

起床時刻:05時59分[いま起きた]ボタンで記録されました。

玄米モードで炊くと、黒豆もホクホクだー。

昨晩は川口春菜応援「麒麟がくる」を見ないで、「うたげ」という音楽番組を見ていた。DA PUMPが出るからである~。KIMIやYORIさんも歌ったが、ダンサーのわりには上手だけど、ボーカルを張る人たちとはやはり違う。他の人の持ち歌であっても(この音楽番組は他の人の曲しか歌わない)、それなりに歌いあげる歌手は、すごいな。

ISSAは画面に映ると、ほとんどの曲を口ずさんでいて、たいしたものだ。歌うと安定の歌唱力だが、踊りながらのほうが上手いのは、どういうことだ? わけ分からん。

★旧暦1月24日 月齢23.2

日別画面へコメントを読む(3)

02月18日(火)

起床時刻:05時12分[いま起きた]ボタンで記録されました。

世界でいちばん私の体型に関心のある隣の奥さんに、「少し痩せた?」と言われた。はっはっは。「ええ、少しだけ~」

もちろん隣の奥さんは、「痩せたり太ったり、はげしいわよね。またすぐ太るわね」と付け加えることも忘れなかった。事実なので、べつに腹は立たない。

「いくつになるの? え、もう還暦!? やーだー♪」と大声で笑う。いや還暦にはまだちょいあるし、隣の奥さんはもうすぐ古希のようだが。。しかし隣の奥さんは私と違って、「できれば韓国へ行って整形したい」という美意識の高い人であり、べつに腹は立たない。

運動して筋肉をつけろと言うので、「理論は分かっているんだけど、すぐ足を傷めたり、ダメなんですよねー。平たいところに住みたいわ」と言ったら、ホームエレベータをつければいいと言う。「ひゃく万くらいで付けられるようですね」「いっせん万よっ。あそこのウチの旦那さんが言ってたわ」「家が2000万から3000万で建てられるのに、そんなにするはずないですよ、旦那さんの勘違いじゃないですか~」 隣の奥さんの勘違いだと思うが、話が長引くので、知らないおっさんのせいにする。

平和だな~。

調べてみたら、ホームエレベータは500万ほどかかるようだ。家全体を車椅子仕様にしてるのかな? それなら1000万余計にかかった、みたいなことになるのカモ?

★旧暦1月25日 月齢24.2

日別画面へコメントを読む(5)

02月19日(水)

起床時刻:07時29分[いま起きた]ボタンで記録されました。

私はぜんそく餅なので、「風邪ひきそう」な段階で全てを、ぽぽぽーい♪ 風邪→ 喘息にならないよう集中する。それでも昨夏は喘息になり、授業はじまっても咳が出ていた。。

しかし世間の人たちは、多少の発熱・下痢・嘔吐でも、クスリ飲んで通勤・通学するのだった。今回の新型コロナはおそらく生き残って季節性肺炎になるから、これを機に「風邪かな?」と思ったら5日間は自宅で休む(シンガポールの対策のように)、という社会になったらいいな♪

新型ウィルスなんて、毎年いくつも発生しているのだと思う。たまたまうまーく鼻や咽頭、気管支さえすり抜けたのが今回ので、鼻や咽頭や気管支が異物として反応しない、でも口中にはウィルスがけっこういて、クシャミや咳ほどの爆発的な拡散ではない、ただの会話でも、飛沫にまじって外に出て、近くにいた人や付着物に触った人に感染するのだろう。「長い潜伏期間の間にも感染する」というのは、そういうことだと思う。

高齢者や持病のある人が重症化しやすいのは、異物に対する反応がより鈍いからカモね。低温ヤケドみたいなものかな? 高温ならすぐ気づくのに、って。

北京のアパートでは、社区とよばれるアパート群の大門から外に出られないそうだ。社区の中には、幼稚園や小中学校、医院や薬局、スーパーや小売店やレストランや美容室、公園や公民館もあり、大門の外になるが銀行や郵便局や書店がある。昨夏は喘息になったので、誰に言われるでもなく、社区の中外をうろうろしていた私である~。

3月の北京行きはほぼ無理なので、ヒマだから、鐃歌をやり始めた。締切は秋にゃ。

★旧暦1月26日 月齢25.2

日別画面へコメントを読む(1)

02月20日(木)

起床時刻:06時04分[いま起きた]ボタンで記録されました。

クルーズ船にツテで乗り込んですぐ追い出されたK大教授の動画を送ってくれた人がいたので、船内感染の責任は船の運営会社や船長にあるんですよ、と返した。日本は疫病を持ち込ませないよう、検疫していただけ。入国審査前なんだから。飛行機だって、検疫のゾーンを通ってから、入国審査して、そのあと荷物を受け取って空港を出るじゃないかー。

最初から船全体がレッドゾーンだとみなして、発症した人(持病のある高齢者もあとから追加された)を選んで下船させ、あとはWHOのいう潜伏期間が過ぎるまで下船させなかった。厚労省が言っているグリーンゾーンは、検疫する人たちが活動する区域であって、乗員が乗客に食事を配るとか、乗客が勝手に部屋から出てきて医務室に並ぶとか、ダンスやゲームをする人もいたとか、そこらへん全部レッドだから。

下船したあとで発症する可能性もあるが、重症になるのは一部で、その一部に集中して治療できるよう方針転換した(これは検疫の問題ではない)ので、とりあえず陰性なら隔離はしない、そのまま自宅へ帰ってくれ、迎えがくる外国人は空港まで送るから自分の国へ帰ってちょーだい、ということになった。

チャーター便の人たちも最初は「部屋が狭い」とか「こんな弁当がきた」とか文句言っていたが、世話していた警察関係の人(応援で駆り出された)が自殺?してから、ピタッと出なくなった。船の人たちはいつまでもお客さん扱いで、船会社も旅行代金返金すると決めた時点で、乗員のサービスは停止、毎食シューマイ弁当3700人分買って配る、みたいにしていればよかったのだ。1日1回、消毒液をシューーッと散布しながら。

ヒアリや噛みつき亀や象牙や麻薬や、いろいろ検査しなきゃいけないものあって、忙しいんだぞ。と、同情する。国会だって蕎麦がどうした桜がどうした、忙しいのだ。と、あきれる。

あのK大教授は、予防のためのマスクは無駄、自分は電車に乗るときも絶対マスクはしない、全員検査も無駄、2週間観察だけでよかった、と言っていたはずなのに、なぜ船に潜入したとたん大騒ぎなのだ? サーズやエボラとは感染のしかたも重症化→ 致死率も違う、と分かった頃になって。

★旧暦1月27日 月齢26.2

日別画面へコメントを読む(7)