201801 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:06:30 平均起床時刻:07:01

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

01月31日(水)

起床時刻:06時25分

昨日、業後に作業があり10キロくらいの段ボールを執務室内で持ち運んだりを8箱行った。
男性社員から手伝うと言われたが、力仕事で体を動かすのは好きなので断った。
「ありがとうございます。でもこの作業好きだから、やらしておいて〜。」
優しいなあ。
だけど、お前には惚れない笑

一方でグループの中の人間は、何人か性根が陰険なサディストがいる。
コレはどこの組織にも同じくらいの割合で、そう言った性質を持った人間がいるのは仕方ない。
そして自分のチームには地蔵と言うバカはいるがその様な人材がいないので余計なストレスを消耗することは無い。有難い。
隣のチームリーダーが表面上は紳士ヅラをして振舞っているが、サイコパス気質。突然キレたり、人を陰険に責め立てたりする奴がいる。
君子危うきに近寄らずで、なるべく関わらないようにするのが懸命だ。

日別画面へ

01月30日(火)

起床時刻:06時00分

朝食に日曜日に作ったシフォンケーキを食べた。
生クリームとインフルエンザの時に作ったこし餡を添えて。
美味しすぎる…。
自作ながらこの美味さに感嘆する。
いつもは使わない10個300円もする高級卵を使ってみた。
黄身がオレンジ色で、出来上がったケーキの断面も黄金色に煌めいて(いたように)みえた。
餡子も程よく味がこなれて、シフォンケーキとの相性もピッタリ。
甘いもの食べると元気が出る。
今朝はこのシフォンケーキ朝食にしようとワクワクしながら起床したので、最近にしては早めに起きれた。
朝ごはん大切だなー。

糖質摂取のことを考慮すると砂糖抜き生活は確かに若返りそうだが、何事において極端に物事を捉える事をなるべく回避したい自分なので、スイーツ抜きの生活は考えられない。
ましてや宗教的な領域に達しているかのようなマクロビ、ローフード、パレオなども押し付けがましい健康崇拝は余計なストレスを与えられそうで、自分には無理だ。
程よく、バランス良く。

でも、昨日からオフィスグリコに手を出すのはやめた…。

日別画面へ

01月29日(月)

起床時刻:06時20分

画家のニコ・ピロスマニと何年か前にロシアとアメリカの代理戦争に巻き込まれたくらいしか印象になかったグルジアだったが、昨日の千秋楽に感動した。
入門から12年。
努力して優勝。
こう言う話大好きだ。

お相撲が終わってから、少しヤル気が出て、作り置きのオカズ、南瓜の煮付け、切り干し大根の煮物、蓮根のはさみ揚げ、ほうれん草の黒ゴマ和え、シフォンケーキを作った。
入浴して勧められた本を読み11時に床に入った。
今日から1週間、仕事頑張るぞーーーーーー!

日別画面へ

01月28日

起床時刻:08時00分

昨日は週末家事後何をするでも無く過ごしてしまった。
疲れているからと言ってダラダラ過ごすのは疲れを助長して、あまつさえ自己嫌悪に駆られる。
それでも昨日は疲れに負けた。
なるべく楽しく過ごそうと、TEDでジャレド・ダイアモンドの講義を見たり、アマゾンビデオで「裏切りのサーカス」を観た。
「裏切りのサーカス」は映画館で1度観たのだけど、ストーリーの流れについて行けなくて、もう一度確認したいと思っていた作品だ。
それで昨日の2回目はハッキリわかったかと言うと、気づけないディテールが多くある様な気がする。又、観ようかな…。

グタグタ、モヤモヤしている時、友からメッセージが入った。
仕事の愚痴を漏らしたら「ヨシヨシ」と慰めてくれた。
弱っている時の友からの励ましの言葉は有り難くて涙が出た。
友は私にとって特別な存在だ。
見た目も心意気もまるで本物の英国紳士のような友。
彼の今後の成功と活躍をいつも願っている。

日別画面へ

01月27日

起床時刻:09時00分

仕事の事がモヤモヤと頭に漂い続けていた1週間だった。
昨日、帰り際に上司の酉年と少し話したら、奴は雑居ビルを出たら仕事の事は何にも浮かんで来ないと言う。
さすが、酉年だ…。
三歩歩いたら直ぐ忘れる…。
今の私は無理だ。
ただ、本当のところこのモヤモヤが自分にとって与えられている過剰なステレスなのだろうか?始終仕事の事が頭から離れないのが重い負荷として健康状態に悪い影響を与えているのだろうか?
少し帰りの電車内で考えてみた。
仕事は嫌だと言う印象を自分の心の中に植えつけているだけなのでは無いか?
仕事は嫌いでは無い。
寧ろ今の仕事は好きだ。
本当は仕事の事を考えているのが好きだから、自らの意志で思考しているのでは無いか?
他に仕事を多く振られる事で被害者意識が膨らんできているのも、自分の思考のゆがみでは無いか?
自問を繰り返す。
やじろべえの様に揺れながらで良いから、バランスを中心に保てるようにゆっくり疑問と答えを見つけられれば良いのかな。

昨晩、Eテレで大好きな文化人類学者のジャレド・ダイアモンドの番組を見た!人間は動物の進化なのか、退化なのか?来週も楽しみ!

日別画面へ

01月26日(金)

起床時刻:06時00分

四半期毎の精算処理が終わったと思ったら、直ぐに月次の精算報告書提出期日が迫ってきた。
今月は年始のやすみ、インフルホリデーの負の影響で日次処理も滞りがちで私のフォルダボックスはサーディンの缶詰状態…、いや鮒鮨の如く熟成度が増した案件が溜まっている…。
他のチームの手伝いに駆り出されるのに、ワシの案件は日に日にブラックボックス化していくのを皆生暖かい眼差しを向けるだけだ…。
この二日間朝のコーヒーブレイクを省いて執務室に直行した。
ガッデム!
*雑居ビルコーヒー屋にて記入。眠気覚ましの本日5杯目のコーヒー。胃が痛いのに…。

日別画面へ

01月25日(木)

起床時刻:06時00分

01月24日(水)

起床時刻:06時40分

昨日、登山靴を履いて出勤した。
ボトムはズボン。
普段、出勤用の洋服はスカートかワンピースしか着ない。
どちらかと言うと女性らしい服装が好みなのだが、昨日は屋外がまだ雪の後遺症、路面凍結が残っているかな?と想像して、少しワクワクしながらアウトドア風のいでたちで出勤。
雪の影響はほとんど無く、登山靴は大袈裟だったかも。
でも、久しぶりに履いたノースフェイスのトレッキングシューズ!冒険気分になれて楽しかった。

日別画面へ

01月23日(火)

起床時刻:06時00分

雪は大した事ないだろうと残業していたら、電車運行がされず、迂回バスも来ない。タクシー乗り場は長蛇の列。迂回して別路線の電車に乗ったはよいが降りた駅から家まで3キロ吹雪の中徒歩・・。死亡フラグ。
遭難仕掛けたが1台タクシーが支払いのために止まった。
そのタクシーは千葉県から来たというが、泣きながら頼み込み乗車。
引っ越しから半年となるがこんなに雪に弱い路線とは思わなかった。
次回雪の日、運行停止のアナウンスが出たら迷わず退社する。
死ぬかと思った。

日別画面へ

01月22日(月)

起床時刻:06時33分

昨日は午前中週末家事を済ませた後、全てのやる気が消失してしまう。
これではいけないとカメラを持って新宿御苑に行った。
ロウバイが咲いている情報があったが本数が2本でさびしかったが、白の水仙が見事に咲きみだれていた。
香りがよい。
寒いが日差しに溢れて、園内を歩いていると敷物を敷いてお弁当を
を広げている人達がいる。
わたしもカメラのレンズを交換ついでに枯れた芝生に座って、少し青空のもと横になった。
そろそろ梅がさいてくる。
もうすこし暖かくなったらお弁当だのおやつだの持って公園散歩たのしみたい。

日別画面へ

01月21日

起床時刻:08時00分

先週は仕事が金曜日までのしめきり対対応に追われてキツイ毎日だった。
四半期ごとの勘定科目確認の取りまとめ集計表をカウンターパートに提出するのだが、慣れてきたとは言え不明な精算処理の解明に毎回とんでもない時間を要する。
直属上司となった酉年は初めての処理で疲労困憊して、半分なきながら対応に追われていた。
木曜日は22時まで残業。翌日の金曜日は有給取得の予定だったっが酉年、2個上の上司二人そろって半泣きの状態をほったらかしてもおけず、出勤してしまった。
私がいなくてもお前ら仕事できるようになれ・・。

金曜日は夜銀座でスパニッシュ。
女友達3人が誕生パーティをを開いてくれた
某経済評論家の最近の動向に話が盛り上がる。他は今年1年の目標開示をしあった。
昨日日中は女子会新年会。こちらは恵比寿だが、ここでもスパニッシュ。
2日連続で芋入りオムレツとパエリヤを食べた。
さっき体重測った49.8.
アラートが鳴り始めている。

昨日は新年会の後東京都写真美術館でユージンスミスを見に行った。モノクロームポートレートの力強いメッセージと物語に打ちのめされる。
今年はまだカメラに触っていない。
自分なりの物陰を写さないと…。

ある友の沙汰の様子が見えない。
体調を崩していなければ良いが。

日別画面へ

01月20日

起床時刻:07時08分

01月19日(金)

起床時刻:06時29分

大嫌いなワード、それはアンチエイジグ。
私は抗わない。
必死な抵抗は余計なエネルギーの消費促進となり、新鮮な細胞を消失させる。
真っ直ぐ前を向こう。
受け入れを拒否せずに弛緩した後に何が足りぬのか、気づく事もキミの人生を受け入れる体勢作りに有効なんだ。

日別画面へ

01月18日(木)

起床時刻:06時00分

HONNEと言うブルーアイドソウルのユニットの曲を聴く。
ブルーアイドソウルは黒人では無く、白人のソウルミュージックを指す言葉で、彼らの音楽は先輩黒人ソウルミュージシャン達へのへの愛とリスペクト、憧れに溢れている。そして実際には元々のソウルブラザー達よりも洗練されていることもある。
私は昔からブルーアイドソウルの愛好家なのだ。
昨晩入浴中にYouTubeでこのトンデモナイ二人組ユニットを見つけてしまった。
ボーカル担当の彼の声が素晴らしい。そしてルックスもカッコいい。
入浴中の彼らのナンバーWarm on a cold night は雨の東京の寒空から帰宅した自分の気分にピッタリとハマった。
キリンジに続くヘビーチューン決定だなあ。
昨年11月に来日してたって!?あー、ライブ行きたかったなあ!
もう、ホテルにラウンジミュージックでも良いな…。
次回機会に期待。

日別画面へ

01月17日(水)

起床時刻:05時50分 06時08分 06時37分

手作り化粧水の材料として卵の殻の薄い膜、卵殻膜というらしいのだが、それを小さいボトルに集め始めた。基礎化粧品が手作り出来たらその分の費用投資にまわせるなあ。
他にゆずの種も集め始める。
草食系投資信託が15%の利益率を超えた。
ばんざーい!

今日は山羊座新月。
がめついお願い事をするのだ!

日別画面へ

01月16日(火)

起床時刻:06時08分

初の実弾取引!
勝てた。
勘に頼らず、データ分析の勉強を続けよう。
思えば叶う、なんて嘘。
スピリチュアルも信じない。
統べては実績に基づくデータで予測が出来る。
ともあれ、
動かなきゃ!

日別画面へ

01月15日(月)

起床時刻:05時53分

今日から出社。
久しぶりに早起き。
昨日は胃の調子が悪く、日中は白湯を飲んで過ごす。
胃液が逆流して、えずいていた。
今朝は少し頭痛もあったが、鎮痛剤を飲んで治る。
咳は少し残っている。

自分の体の声を無視せず、メディテーションで意識を細胞の一つ一つに声かけと血の巡りに沿って細胞に笑いかけ、意識と細胞を仲良くしてあげる。
これが今の私のメディテーションレシピ。

今日から仕事!
ワクワクする!

日別画面へ

01月14日

起床時刻:07時12分

5日間分で処方されたタミフルが昨日無くなり、今日がインフルホリデーの最終日となった。
熱があったのは早退した火曜日と水曜日だけで木曜日からは平熱に戻った。
外出は禁止という会社のお達しを忠実に守り、「雪の女王」並みにおこもりライフを満喫した。読書、ビデオ鑑賞、料理、片付け、大物洗濯など時間があったらしたいことを焦燥感に駆られることなく自由にこなせたのが良かった。
年末年始は今回のインフルエンザよりも微熱が続いて辛かったのに、フラフラ買い物に出かけたり、温泉に行ったりしていた。いつもの休日はあれやって、これやってと予定を詰め込みすぎて、実際にそれらができなかったら反省するような感覚になるのだけど、今回は「一応、病人なんだし。ま、いっか」と、余裕があった。
リタイアしたら毎日こんな感じになるのかな?
日々、こんなだと飽きちゃいそうだけど。
完全リタイアは生涯したくないな。

昨日はロールケーキを作った。
シフォンケーキのいつもの材料の半分でロールケーキをつくる。

玉子3個分のメレンゲをつくる。30グラムのグラニュー糖を一緒にいれる。
黄身と30グラムのグラニュー糖を攪拌する。白っぽくなってきたら25グラムの米油、25グラムの水を少しづつ入れて攪拌する。それに70グラムの米粉を徐々に入れて十分に混ぜる。
メレンゲの半分量を黄身の生地に入れてスパチュラでメレンゲの泡を潰さないようにボールの下から混ぜる。それをメレンゲのボールに移して十分に生地同士を合わせる。
天板にクッキングシートを敷き、25センチ四方になるように生地を伸ばす。
180度に予熱したオーブンで12分焼く。
焼きあがったら、焼き縮みを防ぐため天板ごと台に叩きつける。
生地の表面をラップで覆う。
ラップを剥がし、焼き目のついた方に生クリームを塗って巻きつけていく。

ロールケーキは時間がかからず、すぐできるけど次の手順がわかっていないと余計な時間がかかる。
料理は次の工程が常に何を行うか、今やっている作業と並行して考えを巡らせていかなければならない。

読書は宮部の「悲嘆の門」の下巻の半ばになった。
ううむ。私はこの人の小説のファンタジー部門と歴史部門は苦手なので今回は純然としたミステリーだと思って読み始めたのに、途中で まるでRPGのキャラクターみたいなのが出てきて唖然としている・・。騙された・・。
この人の初期の小説はきちんと整合の取れたミステリで大好きで、キングの「ファイアスターター」から影響受けて書いた「クロスファイア」もファンタジーではないけど超能力モノで、筒井康隆の「七瀬シリーズ」に通じるところもあって好きなんだけど、今回のはいきなり異世界キャラクターが事件に関わってくるとか、なんかもうありえない・・。
ファンタジーと江戸小説に流れた頃から、この人の小説は一切読まなくなってしまって、久しぶりの普通のミステリーかなと思ったら・・、勘弁してほしい・・。

日別画面へ

01月13日

起床時刻:07時28分

本当にすっかり元気なので外出したいところだけど、我慢で過ごす。
昨日は午前中こしあん作り。
秋の帰省のとき、実家の畑で採れた小豆がまだ500グラムほど残っていた。
いつもなら時間と手間がかかるのであんこは粒あんにするのだけど、時間がたっぷりあるので一念発起でこしあんを作ってみた。
手順は結構簡単なのだけど手間のかかる作業だ。
親から教えてもらった見よう見真似の素人あんこ作りなので、何か手落ちがあるのかもしれないけど、こんな感じで作っている。

小豆をさっと洗ってから水に一晩浸す。
朝起きたら小豆を2度茹でこぼす。
1時間半ほどかけて小豆が指で潰れるくらい柔らかくなるまで煮る。
小豆を濾して皮を取り除く。
濾したあんこの元を水にさらす。あんこの元が沈殿して上澄みの水を静かに捨てる。この作業は水がきれいになるまで3度ほど行う。
上澄みの水がきれいになったら日本手拭いであんこの元を入れて水分が残らないように搾る。
絞ったあんことザラメ、グラニュー糖、水を加えて強火で煮上げる。
砂糖は元々の小豆の分量より20パーセント程度少なめが好き。
味の加減で塩を加える。

出来上がりは濾しのやりすぎで余計な皮まで濾してしまったのでちょっと粒子が粗い。
でも美味しい。
何年ぶりで作ったか忘れたくらい久しぶりの作製。
今朝、お餅を焼いてお汁粉を作って食べた。
美味しい〜。
白玉粉で作った団子の汁粉も好きだけど、ヤキモチのお汁粉は鏡開きのこの時期欠かせない。朝から4個もお餅食べてしまった・・。

昨日、トモダチ2名からメッセンジャーとラインでお大事にメール拝受。
元気になった後だけど、優しい心遣いが嬉しかった。
会社からは酉年が毎日2回電話。
こちらは急に私の仕事を振られた酉年がオロオロして私にアドバイスプリーズ!なのだが、心配せんでもええから、ワシが週明け出てきたら解決するからとなだめる。
木曜の夜電話で
「コケ、早く出てきてね」
「じゃあ、暇だから明日金曜日出社するかなあ〜」
「それはダメコッコ〜!」

日別画面へ

01月12日(金)

起床時刻:07時27分

タミフルのおかげであっさり熱は下がる。
昨日は部屋の掃除、洗濯、不用品の片付けで過ごす。
四半世紀前の古い年賀状が出てきた。
何通か送り主の名前が思い出せない賀状があり、この人誰だろ?と考えたら、結婚前に付き合っていたボーイフレンドだった。
これは、持っていたのは分かる。
うん、確かに前のダンナより彼の方がカッコ良かったし。でも、名前直ぐ思い出せなかったので、もういいや。ポイ。
他には前のダンナの親戚筋からの賀状!
破り捨てた。
そして生ゴミと一緒にゴミ袋に入れた。
あいつらのせいでどれだけ嫌な思いをさせられたか…。
全くなんで今までこんなもの持っていたのかしら。

突然の休みで片付けが出来て良かった。
友のkzと話していて、年始に風邪を引いたり、熱が出たりするのは1年を先立ってツキ落としをするので良い事なんだという事らしい。
そう願いたい。
体調不良で会社を休むのはカッコ悪くて嫌いなので、残りの1年は予定休以外休まない様にする!

日別画面へ

01月11日(木)

起床時刻:08時07分

熱は下がり、36.5。
会社はコンテンジェンシー・プランに則り今週明日まで休み。
昨日は38度の熱は下がらずでだるかったけど、せっかくの平日お籠りなのでアマゾンビデオ2本、トム・クルーズの「ザ・ファーム」、続編が現在公開中の「キングスマン」。
読書は町山智浩の〈映画の見方〉がわかる本 ブレードランナーの未来世紀を4時間ほどで読了。昨晩は宮部みゆきの「悲嘆の門」を読みはじめた。

一昨日の目覚めから調子の悪さは気付いていたのだけど、自分を誤魔化して出社。
連休明けはスタッフが休みがちなので、多分その日も誰かが休むだろうと予測していたら案の定、くだんのkさんが休むと連絡が入ってしまう。
2人前の仕事が待ち受けている状態で期日間際の案件2件を11時前に終わらせ、カウンターパートと軽く打ち合わせを終えた時点でクリニックに行く。
A型と判定。
今週中は出社禁止となってしまった。
昼に退社後、本屋で宮部、町山の本を購入。
熱下がったら暇になるのだし、どうせだったら、どっぷりと物語にはまれる本が読みたいと思いこの2冊を手に取った。

今日、熱が下がり朝から2日ぶり入浴。
寝坊して朝湯。
お酒は飲まないけど、大原庄助さんみたい。
昨日、一昨日は辛かったけど今日は何事も無かったかのように爽やか。
読書でインフルエンザ・ホリデーを満喫しようっと。

日別画面へ

01月10日(水)

起床時刻:07時25分

インフルエンザ。
熱が昨日より38.5。
下がらない。

日別画面へ

01月09日(火)

起床時刻:06時35分

01月08日(月)

起床時刻:08時00分

Photoshopの初級クラスの1日受講した。
現在、ニコンの無料の純正現像ツールを使っているが、どうにも使い勝手が良くなく感じている。
触ってみて、やはり私にはこちらがあっている様に思えた。
ライトルームとPhotoshopあわせて月額980円。
損は無いと思う。
それにしても、今年はまだカメラを弄っていない。
今年は人物に関しては「先生」と呼ばれる方達、男性のビジネスカジュアルの写真を写す予定。

日別画面へ

01月07日

起床時刻:07時00分

小さい頃は神様が居て、毎日夢を叶えてくれた子供って、そんな子ホントにいるの?
ああ、それは私の妹二人はそうかもしれないね。

それが最後がいつかも忘れてしまった。
走る。
7キロ。
走れることに感謝だ。この健康な体でいられる精神を保てていることも。
父さん、母さんありがとう。

私のアイドル達、27クラブのジム・モリソン、カート最近ではエイミーの2倍生きてしまったが、気分はその当時から変わっていないし、今まで歳取ったなど1ミリも思った事がない。実を言うと。
年齢が増加していき、元々のブサイクが歯止めが効かなくなったことは認めざるええない。
そう言えば私は子供の頃から母親から今まで見た最も醜い子供だと言われ続けてきたし。
何でこんなブサイクに生まれてきたのか?
両親、彼らが私のことを突然変異の存在として醜く産んだのだから仕方ない。
それでも健康でいられ、仕事もある。小学校に上がる前にどうせ死ぬだろうと言われてきた私だったしね。
だけど、オンナとしての幸せは立派な高給取りの夫のコドモを作る事が出来なかった私は育て方と産み方が悪かったからだと泣きながら余計なメッセージを送り続けてくれたね。
あはは、そうじゃないよ、母さん、いや、かーか。
私の人生は他の誰かさんのトレースを踏む事が出来なかったのは、あなたの教育が悪かったわけじゃないよ。
もう、いいよ。
もう、私はあなたを憎むのも飽きた。
それより、この時代に産んでくれてありがとう。
小さい頃に馬に乗って遊んだ子供がデジタルのこの時代に生き延びられているのは、あなた信じられないでしょう?
そして、四半世紀前だったら十分に老女と言われた50過ぎになっても恋愛に憧れたり、ロスアンゼルスオリンピックの時、女がフルマラソン走ったら死ぬと言っていたあなたは信じられないかもしれないけど1年に1度あなたの子供、つまり私が走っているのだよ。
ありがとう、かーか。
昨日、誕生日だったね。
ハンサムで優しい、とーとと結婚したあなたが羨ましいよ。

日別画面へ

01月06日

起床時刻:08時00分

別チームの嘱託が年末年始にかけて、インフル、海外旅行と長期休み後に大量の案件を滞留させていた事象が発覚した。
案件の期日を落とした。
止血できない状態で何の手立ても無し。

仕事の属人化の弊害は上っ面の期待論だけペラペラと宣うリーダーが管理徹底していなかったと言うお咎めで帰結だが、グループ全体に持ち案件の管理状態がどうなっているかの痛く無い腹探られの「ガサ」が入った。
まったく、いい迷惑…。

仕組みを作らず、現場担当者の綿々と受け継がれる職人堅気的な徒弟制度的な方法に頼っている上層はジレンマを持っているのは理解している。
企業の仕事なんてこの人しか出来ないなんてのは無くて、皆新しい事を覚えるのが嫌なだけ。自分のルーティンをこなすのが楽で良いからね。
よく、今まですごく苦労して大変で如何に自分がクリエイティブに仕事を改革してきたかと自慢する奴がいるが、話1割に聞いた方が良い。別に何も変化していないことの方が多い。
他はワザと複雑で面倒くさい方法を他に仕事を誰かに奪われたくないだけでやっている奴も沢山いる。指摘すると今迄のやり方で慣れているからと逆上する。
ダイナソーが多すぎる。
そして、そいつのルーティンにハマった仕事は属人化の温床を生む。

で、誰でも出来るようになるため、マニュアルを整えたくとも、忙殺されて実務を行なっている状況では誰もマニュアルの手直しが出来ないし、やりたがらない。
皆が近視眼的、思考停止。
いっそのこと外注に依頼すれば良いのにと私は思っている。
自分の仕事もいつでも辞めて良いように準備はしているだけど、だらだら英文書きをやってくれる人間がいないのが難点だな…。
英文マニュアルを作るか…。

日別画面へ

01月05日(金)

起床時刻:06時20分

昨日、上野駅山手線ホームにて。
後期高齢と思われる上品そうなオシャレなカップル。
彼女が列車に乗る時、二人はちょっと見つめあって、それから彼が彼女のほっぺたにキスをした。
二人とも柔らかな、穏やかな笑顔。
彼女は席に座り、彼は列車が走りすぎるまで手を振って見届けて、彼女も彼の姿が見えなくなるまで手を振り続けていた。
私はぽわーとした気分でかれらを見つめていた。
私も幾つになってもあの二人のような恋愛をするのだ!

日別画面へ

01月04日(木)

起床時刻:06時20分

仕事始め。
電車は空いていて快適だった。
年末年始の休みは微熱が続いていて、ヤル気の出ない5日だった。
年末に熱があったのに無理して仕事をしていたのが良くなかったのだろう。
体調を整えたくて、昨日、近くの温泉に行ってきたがお湯が温くてシャッキとしなかった。
東京にいるのだから下町仕立てのアッツアツ温度の銭湯の方が良かったかも。ダラダラした毎日はショック療法が必要なんだ…。
今朝久しぶりに早起きして体がスッキリと同時にヤル気も漲っている。
今週末には走ろう!

日別画面へ

01月03日(水)

起床時刻:08時00分

買い物に行ったついでに日本橋の福徳神社にお詣り。
日本橋で映画を観る時には必ず御参りをしている小さなお稲荷さんだけど、金運上昇のご利益が期待できるらしい。
参拝者がそこそこ並んでいた。
今年は資産形成に特化した1年としたいためよく拝んでおいた。

少し体調が良くなったので家でゴロゴロするのも飽きたので、化粧品が無くなったので高島屋に行く。
リップの新色をディオールで購入した。
顔色がぱあっと華やいで見える。
嬉しい!

「インターステラー」を観る。
この映画は4年前の航空宇宙SFゼログラビティと並び、私の今まで見たSF映画の上位に食い込んだ作品だ。脚本はもちろん素晴らしいが、AIロボットの無骨可愛いTARS、CASEのユーモアに満ちたセリフが良い。
大画面でまた観たい映画の一つだ。

駅伝を見るが、民法TVを久しぶりに見るとCMが煩くて、見続けられなかった。子供の頃から駅伝見るのが好きだったが、集中出来なくなった。私の駅伝観戦は今年で終わりだ…。

日別画面へ

01月02日(火)

起床時刻:08時30分

年末からの風邪完治せず、節々痛み。
元旦はアマゾンビデオで過ごす。
「ブルージャスミン」」探偵はBARにいる2」「31年目の夫婦ケンカ」

ブルージャスミン。
ケイト・ブランシェット主演、ウディ・アレン監督。
資格も学歴も働いた事もないオンナが裕福な亭主の稼ぎで贅沢三昧のセレブ暮らしを満喫しているのだが、夫の不貞は見て見ぬ振りを続けてきた。そして遂に夫から「今度は本気だ」と若い小娘に乗り換えられそうになる。怒りと嫉妬、プライドの崩壊から半狂乱となった彼女が取った行動は長年事業で粉飾決済を続けて来た夫のFBIへの告発であった。
夫は逮捕され、そして全財産を没収され、刑務所で首吊り自殺を図る。
当然ながら妻である彼女の資産価値のある宝石やブランド物の時計、毛皮も二足三文ながら没収。
彼女は一文無しに成り果てサンフランシスコの妹に身を寄せる。
何もかも失ったはずなのに、ニューヨークからシスコまでファーストクラスで移動。カバンはヴィトン。
新しく仕事をしようにもパソコン知識は皆無。学歴も大学中退、職歴も無し。だけどプライドが高く出会ったばかりのオトコに「インテリアデザイナーなの」と大嘘をついてしまう。それもばれる。
現実を受け入れられない彼女はウォッカに溺れ、次第に精神を蝕んでいく。

原作はテネシー・ウィリアムズの「熱いトタンの屋根の猫」。
原作はもっとショッキングで主人公のダンナはホモセクシャル。
10代後半に読んだ戯曲。ひどく読みずらかった。

ウディ・アレンは綺麗な女優さんをわざとブサイクに撮る事があって、ケイトもこの映画で目尻のシワや顎の二重ライン、法令線出まくり、首のシワ出まくりで40代後半オンナのリアリティーをたっぷり見せつけている。
以前80年代初期の「スターダスト」でもシャーロットランプリングを凄まじく醜く撮ったシーンがあった。
普通ならオンナの立場であれば絶対にあんな瞬間は写真や動画に残したく無い筈だがそれを残してしまった。
それを許す女優の度量が素晴らしくて、シャーロットもケイトも私のベストオブベストの女優である。

ところで誰かが言っていたが、泥棒と粉飾決済どちらが悪者だろうと。
粉飾決済したものの方が多くの人間の富をスッカラカンと溶かしてしまう。こちらの方がタチが悪い。
自分の事業をウソで固め、プライベートは浮気三昧。
自殺して当然のダンナだわ。

日別画面へ

01月01日(月)

起床時刻:08時00分

歳上の友人宅にお呼ばれされ、大晦日食事会。
女子会のホームページがほぼ完成したと言う事でチェックさせてもらった。
配色が少し地味な印象があるが、上品な仕上がりになっている。
今後はNPO団体として活動枠を広げていくとの事。
自分も少し関わりを持てているのが嬉しい。

真面目な話ばかりでなく、世代が別々のオンナ4人が集まって女子トークが盛り上がった。
その中で一番盛り上がった話題は、デート時に於ける男子の鼻毛の存在がどこまで許せるか?
なぜ私はこんな話題を振ったのだろうか?
最近、本事案に関する懸念事象が勃発した事実があったから・・。
4人で小一時間ほど死ぬほど笑いまくって、許せる許せないを徹底議論。
年末の淑女の集まりで大笑いで締めくくり。
笑う門には福来る、ってね。

日別画面へ