201811 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:06:30 平均起床時刻:06:56

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

11月30日(金)

起床時刻:06時18分

11月29日(木)

起床時刻:06時13分

11月28日(水)

起床時刻:06時10分

11月27日(火)

起床時刻:06時18分

11月26日(月)

起床時刻:06時08分

3連休は充実していた。
初日は部屋の片付け、洗濯、夕方から年上の友人宅で夕飯をご馳走になった。2日目土曜日は洗濯と部屋の掃除。年末の大掃除が少しでも楽になったら良いなと思い、少しづつ初めている。夕方から港へ行き夜景を撮った。最近の日暮れは早い。モタモタしているとすぐに暗くなる。その後、映画「SEARCH」。新鮮な切り口の作り方で観て良かった。
昨日は主に料理。昼食に鮭の寿司。作り置きオカズのひじき煮物、大根と手羽元のスープ。
午後はAmazonプライム「メンインキャット」
ケヴィンスペイシーは嫌いだが、にゃんことクリストファーウォーケンが観たかった。まあ、面白かった。
夕方出だし遅く外出。六義園ライトアップを撮りたかったが三脚禁止と。去年まではOKだったのに。人が多すぎる。紅葉もサッパリで消化不良。写真撮れずに消化不良だったので、東京駅まで行く。KITTEの屋上庭園で手持ち、ふぇんすにカメラを置いて長時間露光。これまた忘れ物。レリース忘れてた。仕方ないので手押しシャッター。家で現像のとき確認すると微妙にブレがあった。
外で体が冷えたので久しぶりに湯を張って入浴。
その前にひじきをツマミに冷酒を飲んでた。
良い連休だった。

日別画面へ

11月25日

起床時刻:08時30分

11月24日

起床時刻:08時30分

休日の午前の過ごし方に溜まった洗濯や掃除、片付けのほかに昼食の準備が加わった。
本屋で見かけた健康志向の味噌汁の本で玉ねぎを摩り下ろして白と赤を混ぜた味噌で作った具沢山の味噌汁が美味い。米を炊き、葉物サラダ、作り置きの煮物、納豆とナマタマゴを海苔でくるりとはしで巻き上げて食べる。
自分は最近まで卵かけご飯が気持ち悪くて食べられなかったが、納豆で混ぜてみると食べられると誰かに教えてもらったのか忘れたが試しにやってみたら炊きたての銀シャリとよく合って大変美味でなものであった。
好き嫌いの激しい子供時代を過ごしてきたが、徐々に食べられるモノが増えたのは嬉しい。
偏食克服は野菜だの乾燥食品だののいわゆる健康的な食品にだけではない。
近所にセブンイレブンが出来て、ケースに入ったコロッケや唐揚げの揚げ物のほかにアメリカンドックが100円で売られていた。これも昔から苦手な食べ物だた。しかし一昨日の夜、仕事帰り、ビールを買いに店に寄った。
そしてレジで精算のとき、どの悪魔が通り過ぎて囁いたのか、店員さんに注文していた。
家に帰りケチャップとマスタードに毒々しく彩られた不思議な食べ物をビールと一緒に食す。
美味い…。
どうして今まで食べなかったのだろう。
体に悪い食べ物とはなんと美味しいのか。
偏執的に砂糖断ちをしたり、痩せるからと同じものばかりを食べたりするなんてパラノイアだ。
要は食べ方と日頃の運動量なのだろう。
ご飯はお代わりをした。
それでも体重は49キロを維持している。

日別画面へ

11月23日(金)

起床時刻:08時20分

11月22日(木)

起床時刻:06時20分

「スポーツ映画トップ100」柴山幹郎著を購入、ざっと目を通す。
スポーツ雑誌のNumberで連載したものをまとめたもの。
今年封切りになった作品、例えば「アイ、トーニャ」も掲載されていた。
100作品の内、どれだけ観ているものかなとチェックしたら31だった。
3割未満か。自分はスポーツ映画は割と好きで観ている方だが、それでもこれくらいの数にしかならないのだなあ。大した映画ファンではないと言う事だ。
著者は1位にクリント爺さん監督の「ミリオンダラーベイビー」をあげていた。いい趣味だ。
自分のスポーツ映画1位は何だろう。
大昔に観たジョアンウッドワードが主演の普通の中年女がボストンマラソン挑戦する映画、淀川長治の日曜洋画劇場で観たやつ、タイトル思い出せないけど、あれが良かったな。
登山家が日本100名山の様登頂目標するように何年かかけてこの本の映画を全部観てみようかな。

日別画面へ

11月21日(水)

起床時刻:06時03分

Amazonプライム
「ルーム」

日別画面へ

11月20日(火)

起床時刻:06時41分

11月19日(月)

起床時刻:09時40分

ボヘミアンラプソディーを観る。
自分は大昔からロックファンであるがクイーン70年代から80年代にかけての勃興期にはあまり興味を持てなかった。ボヘミアンラプソディーやバイシクレースなどのヒット曲はもちろん聴いていたが、中学のクラスメイトから薦められたアルバムボヘミアンラプソディーだったか、世界に捧ぐだったかはひどく大仰な印象しか持てずにいて、自分はその頃パンク黎明期の時期もありパンクとニューウェーブに嗜好が移っていたこともありクイーンは馬鹿にしていた。
そして自分はロックファンだと言うことも忘れた頃フレディは死んだ。
その時も多分バンドとしてのクイーンではなく、オカマでエイズで死んだエキセントリックな変人としかフレディの事を思っていなかった筈だ。しかしこの当時90年代初頭に出されたベストアルバムを何の思入れもなく購入したが筈なのに私は一時期このCDばかり聴きまくっていた。
そして改めてフレディが亡くなった時の彼の痩せて疲れ果てた姿、多分世界エイズデー発足日、なくなる3日前だかの姿を見て私は愕然とした。
自己肯定を前面にしたゲイとして当時ゲイやバイセクシャルに厳しかった世間に対して闘いを受け入れつつ、パフォーマーとしての責任を果たした彼。その彼に対して自分はそれまで嘲笑気味にしか評価を下していなかった。
パンクやニューウェーブが偉いのか、ロックは死んだと信じ込まされて10代後半から20代後半まで評論家の意見を信じてきた自分がエセロックファンである事を認識した。
そして改めて何を聴いてもいいのだ。自由なのだと意識させてくれたのがクイーンだった。
初めから最後まで私はこの映画で泣き通しだった。
家族、友情、そして自由な思想。
もう一度観たい。

日別画面へ

11月18日

起床時刻:07時30分

数年前から月々積み立てをしている海辺近くの投信会社の運用報告会に行く。
タクシーで到着すると長身の男性が立って待ってくれていた。
立ち姿の美しさからスリムだけど無駄のない筋肉の持ち主であろうのが分かる。
軽くウエーブした多めの白髪、メガネ、体にフィットしたネイビージャケット、長い足が更に長く見えるブルージーンズ、穏やかな微笑み、低めの声。
誰、このイケメンドアマンは?
と思ったら社長だった。
社長自らお出迎えしてくれた。
恐縮。

日本家屋を生かした社屋で内装も昔のお茶の間のようでホッコリ落ち着。サッシ窓を使わないガラス戸は冬場は寒そうだけど、昨日も灯油ストーブを焚いてくれていて、ホカホカ懐かしい温かな部屋で説明会が催された。
私は難しい投資の話は分からないが、ここの会社はESG投資を企業理念として日本に本当に必要とされる会社を組み入れ銘柄に選んでいる。
個別銘柄の株式投資を今年目標としていたがそれが出来ていない。ここで選択している企業の株式を購入しても良いかもしれない。

運用説明会が終わり、海辺住みの写友が連絡してくれた。
二人で夕焼けの海岸線沿いを歩きながら写真を撮った。
友いわく、こんなにキレイな夕陽は滅多にないよと。
シーサイドのカフェに立ち寄り、山から帰ってきた友のテント泊の話を聞きながら秋のつるべ落としの夕陽を見送った。
良い1日だった。

日別画面へ

11月17日

起床時刻:07時00分

11月16日(金)

起床時刻:07時30分

秋の酵素液を作る。

日別画面へ

11月15日(木)

起床時刻:06時17分

チーム内の担当業務変更を言い渡される。
その業務は10月までいた二人のリーダーが業務を滞留、分類分けせずにしっちゃかめっちゃかにしてしまった。
元老院達が残ったメンバーで何とかしようとしたが立ちいかず2ヶ月経過して、チーム回復をするために私に泣きついてきた。
現業務に愛着を持っているので担当業務変更はショックだ。
長年頑張って勉強してきた英語も使用しなくなる。
会社で達成感を得ることができるのではと、少なからず期待した自分が哀れだ。

日別画面へ

11月14日(水)

起床時刻:06時30分

11月13日(火)

起床時刻:06時08分

知り合いの写友が銀座のギャラリーでグループ展に出品しているので、共通写友のHと見に行く。
銀座で展示なんてすごいーと褒め称えるが、そこの企業のプリントと出品料を出せば誰でも出来るわけで、と謙遜。作品素晴らしいから、キレイなプリントで沢山の人に見てもらうのが良いよね。
その後3人で近くの居酒屋でカメラ、写真談義。
最近のカメラ持ちたちがソニーα系のミラーレスばっかりで、自分が利用しているニコンd750、オッサン臭い気がしてなんか恥ずかしいと打ち明けたり、お互い何をこれから撮っていくか迷走状態である事なんかを話す。
写友との集まりは楽しい。

日別画面へ

11月12日(月)

起床時刻:06時23分

新規立ち上げを予定しているNPO団体メンバーの集合写真を撮った。
それぞれにポーズを指定しなければならないのと、バランスが上手くいっているか確認とで難しい撮影だった。
昨日は天気良好、爽やかで撮影が終わってから何処か秋撮影も兼ねて散歩しようかと思っていたが、思いのほか集中して撮影していたのか疲れが出て午後3時には帰宅。
家で作り置きオカズ、卯の花の炊いたの、カボチャの鶏そぼろ和え、キンピラ、鯖の塩焼きを作っておいた。
シフォンケーキ失敗。
20時半に床に着いたが、今朝は寝足りない気分で寝坊起床。

日別画面へ

11月11日

起床時刻:07時32分

先週のポートレートの現像の仕上げを済ませた。
Dropboxで先ずはデータを送り、CD-ROMにデータを焼いて今日クライアント本人に渡す。
昨日の夜、クライアントにDropboxで写真送った後にすぐに返事が来て、ブログで使うイメージとピッタリだと凄くよろこんでくれた。
天気の良い日で何処かにお出かけ日和の昨日だったけど、家で落ち着いて写真の編集するのも楽しい。

日別画面へ

11月10日

起床時刻:07時30分

近くにセブンが開店した。
ゴミ出しついでに外出して日経土曜版、玉子を買う。
土曜の朝ゆったりした気分でコンビニで買い物するのは良いな。
コーヒーもついでに…と思ったが、それは我慢して家で淹れて飲む。
11時までに洗濯、片付け、昼食のカレー作り、荷物受け取り。
新聞を読んでゆったりした土曜の午前を過ごす。
気持ちが幾分落ち着いている。今日はこれから何して過ごそう。

日別画面へ

11月09日(金)

起床時刻:06時21分

フランスの作曲家フランシスレイが亡くなった。
映画男と女はフランス映画では一番好きな映画で女優のアヌークエーメの劇中ファッションが若い頃の自分のお手本だった。そのアヌークエーメの夫役で劇中の音楽を担当していたピエールバルーはどうしているだろうと調べたら彼も2年前に亡くなっていた事を知った。
フランシスレイの映画タイトル曲も素晴らしかったが自分はピエールバルーが歌うフレンチボサノバが大好きでカセットで繰り返し聴いていた。
好きな人たちが次々と亡くなっていき悲しい。
サラヴァ

日別画面へ

11月08日(木)

起床時刻:06時03分

新規立ち上げのNPO団体メンバーの集合写真を頼まれている。
HPに載せるもので女子向けの明るくて、オシャレな感じに仕上げたいと思っている。色々と海外の写真を参考にしているが、当の自分が集合写真撮影苦手なので今から緊張している。

日別画面へ

11月07日(水)

起床時刻:06時11分

Amazonプライム
二つ星の料理人
ブラッドレークーパーが出ていると言うだけであまり期待しないで見たのだが、当たりだった。
何しろカメラワークが良い。
アッパーなオシャレフレンチレストランの話なので、料理の写し方が明るく、清潔で素晴らしかった。写真にしたらインスタ映えする写し方だ。他には主人公がロンドンにやってくるシーンで橋で写すシーンがあるのだけど、被写界深度を徐々に替えていく撮り方に痺れた。
又、セリフも良かった。
主人公がハンバーガー屋でシエナミラーをスカウトする際のセリフ。高級料理店で食べようと、バーガーキングで食べようと要は食であるが、彼はこう言った。

この店の問題点は一貫性だ。一貫性は死だ。ゴールは同じでも道は変えないと。セックスと同じだろ?

カッコいい。どんな仕事でも同じことが言えるかもしれない。
最高の達成感を得るために過程が大切なんだ。

日別画面へ

11月06日(火)

起床時刻:06時08分

寝付けない夜。
Macで日曜日の撮影の現像をして0時に床についたが、目を瞑るだけで入眠に至らない。1時になりお腹が空いてきて温めた牛乳とファミマで買ったオールドファッションを食べた。読み終わった村上春樹の短編の中で主人公がドーナッツで一番好きなのはオールドファッションだと言っていた。この一節を読み、オールドファッションを食べたくなり、ファミマで売っていたのを買った。夜中に食べたオールドファッションは全然カリッとしてなくて、ひたすらにモソモソするだけ。ちゃんとしたオールドファッションが食べたいと布団の中でモヤモヤとして、最後に時計を見たら3:58だった。その後眠れたのか、ドーナッツの妄想が続きながら時が流れたのかが分からない。
いまはプロントでクロワッサンを食べた。
やっぱりドーナッツが食べたい。

日別画面へ

11月05日(月)

起床時刻:07時30分

頼まれていたブログ用のポートレートを撮る。
前日の土曜日は晴れ晴れ天気だったが、空は時折の小糠雨がそぼ降る薄い雲に覆われていた。
前日のロケハンで確認した美術館、赤坂インターシティ、皇居前。
赤坂インターシティのカフェ前で撮った写真は窓に街路樹の写り込みとカフェ店内のボケが上手く合い、なかなか小洒落た写真となった。
先週のポートレート講座でLightroom現像のコツを教えてもらったので、試す。今までニコンの純正現像ソフトを使っていたが、使いやすいし、出来る事も色々あるのが良いと感じた。Lightroom現像の後にPhotoshopで仕上げるのが良いのかも。

Amazonプライム
ベンハー
人生で3回目の視聴。
チャールストンヘストンは全米ライフル協会会長でボーリングフォーコロンバインでマイケルムーアにキツイツッコミを入れられていた爺さんだった。若い頃の彼はブルーの瞳と筋肉質の肢体の持ち主で誠に美青年であった。

日別画面へ

11月04日

起床時刻:07時30分

KZに音大の大学祭に行こうと言われて、付き合いで出かけたら当の彼女から風邪ひいてドタキャンの連絡を受ける。熱が出ていたら仕方無い。初めから気乗りしていなかったので、音大には行かずにカメラも持参していたので国立新美術館、赤坂インターシティ、皇居前と千代田線沿線で写真を撮った。東京駅から皇居に続く道はほんのりとイチョウが黄色くなっていた。

日別画面へ

11月03日

起床時刻:06時30分

11月02日(金)

起床時刻:06時28分

月例映画鑑賞会。
ライ麦畑で出会ったら
小説ライ麦の冒頭で主人公ホールデンコールフィールドはハリウッドで映画の脚本を書いて、2万ドルのジャガーに乗っている自分の兄ちゃんを嘆いている。兄ちゃんは前は子供を主人公にした小洒落た短編作家だったのに、下らない映画のために働きやがってと。
ホールデンはプレップスクールの落ちこぼれでNYの街を彷徨う。
この映画の主人公も名門校の落ちこぼれで自分が正にホールデンであるとして、ライ麦の舞台脚本を書き、それをサリンジャーに会って、舞台化の承諾を得ようとする。しかし実際にはサリンジャーは隠遁した偏屈者でニューイングランドの田舎の周辺住民も彼がどこにいるか知っているのに、あたかもそんな人間は住んでいないかの様に不知を通す。
でも主人公は作家に出会えたが、ライ麦の脚本化には応じてくれなかった。

サリンジャーが来年生誕100年になるという事で、この映画の他にも実際の作家をモデルにした映画も公開される。
映画嫌いの彼がこれを知ったらどう思うだろう。
いや、案外喜んでいるのでは無いか?
この映画でもクリスクーパーはサリンジャーのツンデレ振りを良く演じていた。

日別画面へ

11月01日(木)

起床時刻:06時29分 08時00分

昨晩、日曜日の取材同行の写真を納品。
ガン患者の癒しと心の救済のためのイギリス発祥の国際団体であった。
ボランティアと企業からのチャリティでまかなっているそのNPO団体の小さな建物は木を生かしたナチュラルな内装とボランティア達が世話をしている花畑のお花が室内のあちこちに飾られている。ゆったりとしたインテリアはオシャレな今時のカフェの様だった。
ガンになった方たちが病院だの堅苦しく、みすぼらしい公的施設の様な場所では心が開けないからと、発祥となったイギリスのファウンダーが自然の素材を生かした建物と場所作りを提唱していると言う事で、欧米各国にも施設があると言う事だ。
又、私が訪れた日本団体の代表の方は元看護師の女性で、NHKの仕事の流儀?と言う番組でも取り上げられたらしい。
代表と副代表の方のお写真を撮らせていただいた。
東京の新しく出来た市場近くの水辺にある爽やかなスペースだった。
誰でも訪れることができるという事。
ガンにはなっていないけど、又、行ってみたいな。

日別画面へ