201708 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:03:00 平均起床時刻:03:48

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

08月01日(火)

起床時刻:03時48分[いま起きた]ボタンで記録されました。

月刊誌「Wedge」のウェブ版に以下の記事が載っている。

うつ病は日本でどのように広まってきたのか 『うつの医療人類学』 北中淳子教授インタビュー - 本多カツヒロ (ライター)
http://blogos.com/article/238030/?p=1

これはなかなか考えさせる記事だと思う。
うつと診断されている患者は製薬会社の戦略に踊らされていないかどうか、一考してもよいと思う。
また、いわゆるうつ患者が増えたのは社会の歪みが大きくなったことを反映しているかと私は思う。

私もかつてはうつ状態があった。
より正確には、早朝に自殺願望が異常につのることがよくあった。
これは私の人生経緯が絡んでいたし、重度の不眠症も絡んでいたと思う。
私は自分のうつ思考を具体的に列挙しながら、それを検討するノートを書いた。
それはすぐに効いて来る訳ではないが、徐々に効いてきたように思う。

それと睡眠導入剤で睡眠を確保するようになったことも大きかったと思う。
私の自殺願望は不眠が何日も続いてから起きて来るものだった。

また、60歳近くで職を変えたことも影響したと思う。
その仕事は嫌いではなかったのだが。

内向きな姿勢でいると、とかく、うつ思考の悪循環から抜け出せなくなると私は思う。
目を外に転じて、たとえば困っている人の手助けをするなどすると、それが自分によい影響を与えると思う。

私は物質に即して考える方であり、うつは神経生理学的な過程に関連していると思っている。
ただ、筋肉の使い方が適切でないと筋肉がダメージを受けるのと同様に、脳の使い方が適切でないと脳がダメージを受けると思っている。
認知療法的な考え方が大事だと思っているが、それで実生活上のいろいろなトラブルを乗り切っていけるとは限らないし、うつが改善しない場合もあるだろうと思う。
多面的な対処が必要だと思う。

今現在、私にはうつ状態はない。

私はいずれ別のブログに移るつもりでいる。
しばらくはここに籍を置いておくが。

日別画面へ