201911 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:03:00 平均起床時刻:04:28

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

11月15日(金)

起床時刻:03時57分

民主主義とはどういうものかについて、興味がある。
民主主義は、要は暴力を使わずに、理性的な言論を通じて問題を解決しようとするものだろう。
理性的な言論とは何かということは難しいが、ひとつは嘘をつかないことが前提になるだろう。
嘘がはびこると、民主主義が根元から崩壊していく。
大げさに聞こえるかも知れないが、私はそう思っている。

日別画面へ

11月14日(木)

起床時刻:04時14分

読む人の歓心を誘おうとして文を書くと、
後で読み返すと恥ずかしくなる。

インターネット上に公開する以上、
何かの役に立つ文を書きたい。
しかし非力なので、さらっと書くだけ。

日別画面へ

11月13日(水)

起床時刻:03時45分

デスクトップパソコンを2台もっているが、
1台を修理に出すことになった。
Windowsを新しく入れ直すかも知れない。
バックアップして下さいといわれたが、
工場出荷後に私が入れたすべてのソフトやファイルをバックアップして下さいということか。
バックアップについて詳しくないので、心配だ。

オンラインストレージは利用している。
複数のパソコンをもっていると同じファイルを共有したくなるが、その点、Dropboxは優秀なオンラインストレージだと思う。
特殊なソフトで作った特殊なファイルをDropboxにバックアップしているが、2台のパソコンにそのソフトが入っているならば、その特殊なファイルを2台のパソコンで共有し、即同期させる感じで閲覧編集できる。
OneDriveやGoogleDriveはそれができない。
その特殊なファイルを保管することはできるのだが、そのファイルを複数のパソコンで即同期させるような使い方はできない。
ワードなどのファイルならできるが、特殊なファイルについてはできない。

私は2台を接続できるNASという外付けハードディスクにもファイルをバックアップし、2台で同じファイルを同期させながら閲覧編集できるようにしてある。

と書くとすごそうだが、バックアップに詳しくない。
AOMEIとかいうフリーソフトを入れてあるので、少し調べてみよう。
外付けハードディスクはまだもっている。

日別画面へ

11月12日(火)

起床時刻:04時41分

薬局で睡眠導入剤マイスリーのジェネリック薬品30日分の錠剤を2分割してもらった。
つまり30錠を2分割して60錠にしてもらった。
2分割は保険が効かないので1320円余分にかかった。
見ると、きれいに2分割されている。

インターネットで調べると、錠剤カッターなるものがいろいろ販売されている。
いずれよさそうなものを購入してみよう。
均等にきれいに分割し、粉が散らないものがよい。
できれば4分割し、1錠から3/4錠へ、次に1/2錠へ、次に1/4錠へと徐々に減量し、睡眠薬への依存性を減らしていけたらよい。

日別画面へ

11月11日(月)

起床時刻:04時14分

携帯(ガラケー)を紛失したので、同僚が私の携帯宛に電話をかけながら一緒に歩いてくれ、ついにりりりという弱弱しい音を探し当てた。
それはゴミ置き場のゴミ袋の下でコオロギのように鳴いていた。

日別画面へ

11月10日

起床時刻:06時02分

一睡もできなかった。
忙しく過ごしていたので、
睡眠薬が切れていることに気がつかなかった。
マイスリー5mg、ベルソムラ15mgを1錠ずつ常用しているが、
マイスリーがなくなっていた。
たとえ微量でも、常用していれば依存性が出てくる。
やはり徐々に睡眠薬を減らしていくべきだろう。
以前はマイスリーを包丁で割って、1/2錠、あるいは1/4錠だけ呑んでいた時期もあった。
しかし当時は夜の仕事もあり、帰宅後しばらく神経の昂りがあったので、マイスリー1錠の服用に戻った。
夜の仕事を辞めてからもそのまま1錠を服用してきた。
医者は、薬局に頼むとマイスリー5mgを小分割して錠剤にしてくれるという。
今後は小分割した錠剤で服用量を減らしていこう。
生活に規則性をつけるならば、可能だと思う。

災害に備え、リュックサックに緊急時の持出品を入れている。
そこにマイスリー3錠が入っているので、今夜は1錠呑むことにしよう。

台風19号の時は水害を心配し、ライブカメラの映像で多摩川の水位を注視していた。
国交省の京浜河川事務所のサイト(http://www.ktr.mlit.go.jp/keihin/keihin_index033.html)では多摩川の水位が図示されているが、台風19号の時はたくさんのアクセスが集中したためか、サイトがダウンした。
肝心の時に多摩川の水位が確認できなかった。

今後は風速100m級の台風も起こりうると専門家が警告している。
台風が頻発し、かつ規模が大きくなることが予想される。
実のある対策が必要だ。

日別画面へ

11月09日

起床時刻:03時57分

同僚が欠勤を続けているが、辞める可能性がある。
いやいや働いていたが、このところ腹が異様にポッコリ膨らんでいた。
ある人は空気を吸い込むから膨らむんだよという。
ストレスでそうなるのだろうか。

何でも、いやいやするならしない方がよいと思う。
一般論でいうと、受け身でやっている限り、それはおもしろいものにならないと思う。
むしろ前向きに取り組み、工夫し、その結果を見てさらに工夫するというような探求心が出てくると、おもしろくなってくると思う。
スポーツだって、探求心があってこそ、本当に面白くなると思う。

私は以前は製造の仕事をしていた。
それは探求心を刺激する面白い仕事だった。
仕事中はそれに集中したから、余計な雑念が入る余地はなかった。

しかし人間相手の仕事となると、感情が入ってくる。
不愉快な相手に向き合うことが多いと、やはりストレスがたまるだろう。
工夫することでそれを乗り越えられるかどうか。
物を相手にするのとは違うむずかしさがあると思う。

日別画面へ

11月08日(金)

起床時刻:05時11分

仕事の疲れと団地の活動の疲れが合算され、足腰がかなり痛い。
400世帯以上の団地の役員を引き受け、いやいややって来たが、ある特定の責任を負わされ、このところ忙しい。
昨日も各戸に説明とお願いにまわっているが、いろいろな人を知ることになった。
悪いことばかりではない。

団地の役員の成り手がいない。
何もかも他人任せで暮らす人が多い。
自治会は民主主義の学校ともいうべき身近な組織だが、そこにおいてすら民主主義が機能しない。
推して知るべしだ。
役員の任務をうまく分散させてより多くの人に負担してもらえば、各人の負担は少なくなる。
そのくらいならば引き受けてもよいという人が出てくると思う。

現状では自治会は消滅する方向にある。
管理会社に委託する方向にある。

日別画面へ

11月07日(木)

起床時刻:05時03分

11月06日(水)

起床時刻:03時53分

11月05日(火)

起床時刻:04時13分

11月04日(月)

起床時刻:03時57分

厚生労働省がパート労働者の厚生年金加入を増やす「適用拡大」を検討しているというニュースを見た。
世の中にはパート労働している高齢者がたくさんいる。
私の職場では80歳の人も傾いた身体で働いている。
パート労働者の年金加入を企業に義務付ければ、年金基金をもう少し拡充できる。
ただ企業は負担が増えるので反対するだろう。
しかし今は人を募集しても人がなかなか来ない時代だ。
有給休暇があって、年金の上積みもできる企業ならば、それはそれで魅力であり、人が来るかも知れない。

国民年金基金への加入は65歳未満までだが、希望者は65歳以上でも加入できるようにできないのだろうか。
国民年金は満額でも月65000円ほどだ。
これではとてもじゃないが生活できない。
これでは年金の名に値しないじゃないか。
せめて年金の支給額を上乗せできるように、加入期間の延長を認めることはできないものだろうか。

日別画面へ

11月03日

起床時刻:05時15分

BLOGOSというオピニオンサイトがある。
たまにコメントを入れたいと思うが、
TwitterあるいはFacebookのアカウントがなければコメントを入れられないらしい。
私はコメントを入れられない。
Twitterで不特定多数の人と言葉のやりとりをするのは面倒くさいし、そう暇ではない。
Facebookで自分をさらすのは恥辱であり、今後もひっそりと隠れて暮らしたい。
ただ日記を書く習慣があるので、早起き日記も少し書く。
ところで、BLOGOSにどういうコメントを入れたかったのかというと、郷里の空の広さ、少年の頃の遊び、そしてラーメンのおいしさ。
他愛もないコメントだね。

日別画面へ

11月02日

起床時刻:05時00分

昔はうつ的になった時期があったが、今の私にうつはない。
今日の気分は?と問われたら、薄曇りと答えるだろう。
ほぼ恒常的に薄曇りである。

身体的な疲れはかなりある。
精神的な疲れもあるが、これはかつてもっていた生きる目標を失ったためだろう。
気力を失ったためだろう。

日別画面へ

11月01日(金)

起床時刻:03時43分

悪いことばかりなら気が腐ってしまうが、
うれしいことも時としてあるから、
何とかやっていけるのかも知れない。

うれしいことは些細で他愛のないことであっても、、
意外に生きるエネルギーを与えてくれているのかも知れない。
とすると、些細で他愛のないうれしいことは大事にしなければならない。

日別画面へ