20181207(金) <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 05時00分

今日の気分(本文)

 おはようございます!


 今回も北野さんの提言は
 相変わらずスルドイですね。


 一つだけ賛同できないのは
 唯一エネルギー自給率を上げるために
 耕作放棄地に太陽光設置を
 提言していること。


・耕作放棄地を「発電施設」に変え、
 有効利用することは、
 日本のエネルギー自給率アップにも、
 大きく貢献することでしょう(p258)


 太陽光については、
 まさに太陽まかせ。
 エネルギーというよりも
 ノイズなのです。


 さらに、
 大口電力の販売価格が10円/kWh強なのに
 太陽光の買い取り価格は
 下がったとはいえ26円/kWhと逆ざや。


 不安定電源の電気を
 売る値段より高く買うという矛盾は
 永続するはずがないのです。


 さらに、FIT買い取り期間が終了し、
 買い取り価格が安くなれば、
 太陽光をメンテナンスし
 続けることができるのかどうかが
 課題となります。


 直流を交流に変換する「パワコン」が
 壊れたら、修理するより放置されるか
 廃棄される太陽光が激増するのではないか?


 今でも3兆円と言われる賦課金は
 ますます増えていくことでしょう。
 何十兆円もの金を使って
 太陽光廃棄物を作っただけにならないのか
 見守っていきたいものです。

コメント

(コメントはまだありません)

コメントする

名前: