20130429(月) <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 08時20分

今日の気分(本文)

晴れ どろどろに眠い・・・明日は出発でやる事が山積み・・・

今日は お世話になっる家のラウラ、チャールズが私達を山にハイキングに連れて行きたいというので行くことに。。。
はっきり言って私もダンナもは気乗りしない。
でも彼女達は自然が大好きで ハイキング仁山に行くのが趣味、その景色を私達に見せたいという気持ちはありがたく、
ハイキング出発。
私は安易にハイキングなんて 緩やかな山道をのんびりあるくだけ、だから 何て思っていた。
もちろん 装備も何も、普通のジーンズにスニーカー、
専用の靴を貸してくれるといったが 断った。。。
そして、車で2時間ほど、隣の州の山の麓の観光案内で 山の状態を調べると・・・、何だかその辺りで???想像していたハイキングと違う、案内所には スキーヤーもボーダーもいた、まだ上は雪があるらしい。そういえは 日本にいた頃、GWが最後のすべり収めだったなぁ。。。。と思い出した。
また滑ってみたいなぁ、スノーボード。まぁ10年以上すべってないからなぁ。。。無理かな
なんてことを思いながらいたら、ラウラが戻って来て 山はオープンしてるから登れるって。少々雪で湿ってるとか。。。
さーって出発! 小さな川を渡って、林のようなところを抜け
???雪あるじゃん!? というか凍っていてやばい
でもって、山道、雪の残る結構な急斜面。。。。木の枝や 岩を頼りに登って、雪に足を滑らせないように 雪の無いところを進んでいく 50Mくらい登ったところで 雪が多く、ダンナの足がズボッとひざ上まで雪に入る。。。。
で、とうとうダンナはいやになったらしい、足が濡れるのが大の苦手で 何しろ南米人いくら毎年冬にアメリカ来て仕事してるとはいえ 街中でのこと雪と山の雪は違うし慣れていない 雪を歩くのは苦手、これ以上言ったら危ないと私とダンナはここで諦める そしたらラウラ、チャールズもだったらということで、ハイキング終了!
少し車で降りたところのダウンタウンでお昼に!
キノコのパイ、ローストビーフサンドイッチ、ガスパチョ

ハイキングを途中でやめたことで 時間も出来きお昼の後は その近くのお店を見て回る、とっても小さなところすぐに町外れになってしまい
またしばらくいったところにある アウトレットに。そこはかなり広く 時間を決めて別々に行動。とはいってもダンナは絶対に離れ無い、ここで私を一人にしたら迷うって戻れないとでもおもったのか、いや自分のものを一緒に探して欲しいのだ
で、結局どこに入っても ダンナのジャケット探しになり、結局何も買えないし私の分は見れなかった。
待ち合わせ場所に行ってみると ラウラ、チャールズは口論中
ここのところの2人はなんか険悪ムードで心配。
家に戻り 仕事で朝の早いラウラのために早めに夕食 

夕食 ロブスターだしの味噌汁、ステーキ、サラダ