20110202(水) <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 04時30分

今日の気分(本文)

生田斗真、初の女性役で蒼井優を研究 異例の同一キャスト2舞台が開幕

俳優の生田斗真が2日、舞台『ミシマダブル 三島×MISHIMA vs 蜷川「サド侯爵夫人」「わが友ヒットラー」』(東京・渋谷Bunkamuraシアターコクーン)の初日公演前に舞台けいこを報道陣に公開した。蜷川幸雄演出で生田は女性役に初挑戦、自らの女性ぶりに「解放されますね。けっこうかわいいんじゃないかな」と自賛した。女性を演じる際に女優・蒼井優を参考にしたといい、「天然というか、つるんとしたかわいさを目指してやってます。けいこに来てくれて、きれいだって言ってくれた」とお墨付きももらった。

 舞台は、三島由紀夫の代表作2作を“同一キャスト”で交互に上演する異例の試み。主演の東山紀之(少年隊)の女装姿にも、生田は「かわいい。あまり見る機会のない先輩の姿を目に焼きつけておきます」と絶賛。当の東山自身は「だいぶ慣れたけど、やっぱり恥ずかしい」と苦笑いだったが、ばっちりメイクを施したポスター写真を見た友人の川平慈英から「お前となら付き合える」と言われたといい、自信になったという。

 プライベートでも女性ならではのしぐさを研究してきたという東山は、妻で女優の木村佳乃を参考にしたのかと思いきや「自分で学んだことです。(俳優としては)ライバルですから」とキッパリ。「美しさは負けてない?」との問いには「いやいや恐れ多い……」とそこはしっかり否定し、結婚式は「まだまだ忙しいんで、もっと先ですね。また報告します」と多忙ぶりを明かしていた。

 三島作品を“一対の2作”として同一キャストによる交互上演は、蜷川の長いキャリアでも初挑戦。男性俳優陣が女性役との2役を演じ分ける構成も見どころ。「サド侯爵夫人」は18世紀のフランスを舞台に6名の女性が“サド侯爵”の人物像を語り、もう一作の「わが友ヒットラー」はナチス党政権下のドイツで起こった「レーム事件」を描く。同所にて2日より3月2日まで上演。
http://www.oricon.co.jp/news/movie/84437/full/?from_todaysnews

* * * * *

東山と生田、蜷川作品で“姉妹”共演

少年隊の東山紀之(44)と後輩の生田斗真(26)が2日、東京・シアターコクーンで開幕した舞台「ミシマダブル『サド侯爵夫人』『わが友ヒットラー』」(蜷川幸雄演出)の直前けいこを公開し、美しき姉妹女装を披露した。

 主人公のルネ、妹のアンヌ役を演じる東山と生田は役衣装そのままで登場。東山は「みんな引いてますね」と笑わせたが、「最初のころは違和感がありましたが、慣れました。友だちの川平慈英に『お前となら付き合える』と言われ自信が出ました」と女装姿にまんざらでもない様子。

 役作りに妻の女優・木村佳乃が一役買ったのかと思いきや、東山は「(木村は)ライバルですから自分の中で役を作っていかなきゃ。お互いプロフェッショナルなので」と説明。「美しさでは負けてない?」とも報道陣から突っ込まれたが、「そんな恐れ多い…」とノロケ交じりに苦笑した。

 一方、生田は「解放されてます。気持ちいい」と“お目覚め”。演出の蜷川氏をけいこ場に訪ねてきた女優の蒼井優からも「カワイイ」とほめられたことを明かし、「蒼井優ちゃんみたいに、天然でつるんとしたかわいさ目指してます」と“乙女心”をのぞかせていた。公演は3月2日まで同劇場、3月8日から20日は大阪・シアターBRAVA!で。
http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/02/03/0003780736.shtml

* * * * *

東山紀之、ライバルは妻の木村佳乃!生田斗真と女装姿でじゃれ合う!!

[シネマトゥデイ映画ニュース] 2日、渋谷のBunkamura シアターコクーンで蜷川幸雄演出の舞台、ミシマダブル『サド侯爵夫人』『わが友ヒットラー』のけいこ風景が報道陣に披露され、主演の東山紀之、生田斗真、演出家の蜷川幸雄が取材に応じた。

 「ミシマダブル」は、三島由紀夫の代表作「サド侯爵夫人」「わが友ヒットラー」を蜷川演出で、同一キャストが交互に演じ分けるという公演。この日、報道陣に公開されたのは、18世紀のパリを舞台に、悪徳の限りを尽くすサド侯爵について6人の女たちに語らせ、人間に潜む謎と闇を描く「サド侯爵夫人」の中から、第2幕の冒頭部分。この場面は、サド侯爵夫人ルネ(東山)と、ルネの妹アンヌ(生田)が、サド侯爵の赦免の書状をじゃれ合いながら取り合うというもの。出演者の男性全員が女性を演じることが話題となっている舞台だけあって、2人は貴婦人として着飾ったドレスで登場。ボリュームたっぷりに盛られた髪と、気品あふれるしぐさはなんとも妖艶(ようえん)な雰囲気。そして二人は書状を取り合いながら、優雅に追いかけ合ったり、抱きついたりと、無邪気な幸せに満たされたシーンだった。

 その後、報道陣の取材に答えた東山は女装について、「最初は違和感があって恥ずかしかったですけど、だいぶ慣れました。でも友人の川平慈英に、ポスターを見て、お前となら付き合えると言われ、自信がつきました」と満足げな表情。この姿は妻で女優の木村佳乃を参考にしたのでは? という報道陣の質問にも「役づくりは相談せずに自分でやりました。(彼女は)ライバルですから。自分の方が美しいかですかって? いえいえ、恐れ多いです」と恥ずかしそうにしていた。そんな東山は、今後の結婚式について「まだまだ忙しいので、挙式はもっと先ですね。そのときは報告させていただきますから」と報道陣の質問をうまくかわした。

 一方、今流行の“男の娘”といったかわいらしさも醸し出す生田は「開放されて、気持ちいいものですね」とまんざらでもない様子。このかわいらしさは蒼井優を目標にしたそうで、「(蒼井のように)天然というか、つるんとしたかわいさを目指してます」とコメントする生田に、会場の女性陣はため息を漏らしていた。
http://www.cinematoday.jp/page/N0029958

コメント

(コメントはまだありません)

コメントする

名前: