20110211(金) <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 06時45分

今日の気分(本文)

人各有志...

人各有志啊~

- - -

東山&生田、華麗な女性役などで競演『ミシマダブル』

蜷川幸雄が三島由紀夫の代表戯曲二作を同一キャストで交互に上演する『ミシマダブル』が、2月2日に幕を開けたが、この日の昼にフォトコールと初日前会見が行われた。

男性キャストのみの公演は、蜷川幸雄演出では「彩の国シェイクスピアシリーズ」でおなじみだが、三島由紀夫作品の中でも正反対な2作を、しかも同時上演ということで、蜷川にとっても挑戦的な上演となりそうだ。

演目の2つは、三島由紀夫自身が『サド侯爵夫人』を書いたときから、「私にはこれと対をなす作品を書きたいという気持ちが芽生えた」と解説する『わが友ヒットラー』という2作品。サド侯爵の妻をはじめとする6名の女性が登場する『サド侯爵夫人』と、4人の男性が政治と思想の論理を展開する『わが友ヒットラー』は、まさに対極にあるといっていい。

主演は東山紀之と生田斗真、そして平幹二朗、木場勝己、大石継太、岡田正という少人数での上演である(大石と岡田は『サド侯爵夫人』にのみ出演)。


【それぞれのストーリー】

『サド侯爵夫人』
フランス革命前後のパリ。スキャンダルにまみれたサド侯爵をかばい続ける夫人のルネに対して、母親のモントルイユ夫人はさまざまな手を尽くして別れを迫る。だが「悪徳の怪物」に「貞淑の怪物」として身を捧げる覚悟の彼女は、サド侯爵が獄につながれてもなおその決意は揺るがない。やがてフランス革命が勃発し、混乱のさなか、老境にさしかかったルネのもとに解放されたサドが現れる。

『わが友ヒットラー』
第二次世界大戦前夜である1934 年6月某日、政権を得たばかりのヒットラーが、ベルリンの首相官邸でかつての革命の同志で右派のレーム、左派のシュトラッサーとそれぞれ会談を開いていた。思い出話や理想、現状についての意見交換の裏で、すでにヒットラーは党内の支持を盤石にするために左右両端の勢力を切り捨てる決意をしていた。それを見守る武器商人クルップ。独裁と粛清の時代への幕がいよいよ開こうとしていた。

この日のフォトコールではサド侯爵夫人のルネに扮した東山紀之と、彼女の妹のアンヌに扮した生田斗真が登場、豪華なドレスに身を包んだ2人の戯れと会話の場面が演じられた。
そのあとの囲みインタビューは、演出家の蜷川幸雄とともに東山と生田が現れたが、蜷川が「2人でしゃべればいいだろ」ということで2人へのインタビューとなった。

【一問一答】                       

ーーすごいドレスですが、着た気分はいかがですか?

東山 あまりよくないです(笑)、だいぶ慣れましたが。最初は違和感とかありました。恥ずかしいですしね。でも友達の川平慈英がドレスのチラシを見て「お前となら付き合える」と言ってくれて、そのあたりから自信がつきました。

——役になるときお化粧したり衣裳を着たりするわけですが、どんな気持ちですか?

東山 いや、これから変わっていくんだなと。心理的に深まっていくんで面白いものですね。付け睫毛ぐらいから違和感ありますよ。今までしたことないから。

——鏡を見たときは?

東山 笑います(笑)。斗真を見ても笑います。

生田 僕はけっこう解放されます。気持ちいいもんだなと。

東山 新しい自分を見つけたと言ってます(笑)。

生田 初めてですから。自分ではけっこう可愛いんじゃないかなと(笑)。

——歩き方とかは気をつけてますか?

東山 稽古中から気をつけてました。スカートが長いので踏まないように引っ張りながら。

——生田さんから見て東山さんは?

生田 可愛いです。見る機会のない先輩の姿なんで目に焼き付けておこうと(笑)。

東山 話を聞いたら斗真のお母さんは僕より1つ上なんですよ。だからああいう感じかなとか。まんざら俺も大丈夫だろうなと。

——今日の始まりで2人でじゃれ合うところがありましたが。

東山 あそこは蜷川さんにかなり怒られたところです。僕がポンポン歩くからもっと貴族的に歩けと。すーっと歩けと。難しいんですよ。

生田 僕は転げ合うところでかつらが取れないか心配なんですけど。

東山 そうだね。気をつけながらやってるね。

——かつらは重いですか?

東山 重いですよ。動きに制限が出てきますね。

——女性姿は『覇王別姫』と比べてどうですか

東山 こなれてきたかなと。だいぶ状況に慣れてきたというか。こういうチャンスをくれる蜷川さんがありがたいです。

——終わったあと、役を引きずりませんか。

東山 今回はこれともう1作品をやっているので。またそれがすごく男っぽくて、蜷川さんに「股を開いて座れ」と言われるくらい男っぽいので。両極端ですね。

——プライベートでの研究は?

東山 仕草を勉強するとかしてます。

生田 僕は、イメージを蒼井優ちゃんぽく、ちょっとつるんとした可愛さを目指してます。稽古場も優ちゃんが見にきてくれて「綺麗だ」とか言ってくれました(笑)。アドバイスというより「可愛かったよ」と言ってくれて。

——その指のマニキュアは?

東山 メイクさんに塗ってもらったんですが、ヒットラーのほうは男役なんで取ってまた塗って。

生田 たいへんです。

——セリフも多いですね。

東山 今回は、平さんと木場さんというベテランのお2人がいらっしゃるので、稽古場のときから何か困ったことがあるとすぐ聞きにいって、すごく心強いです。

——声も高く作ってますか?

東山 いや、蜷川さんは「三島さんの世界の本質みたいなのが出ればいい」と。女性の感情とかそういうものをどう出そうかなと考えてます。

——東山さん、奥様にアドバイスとかは?

東山 いやいや自分の中で。やはりお互いにプロフェッショナル同士ですから全部自分で考えてやってます。
http://blog.livedoor.jp/enbublog-forecast/archives/51630245.html

コメント

(コメントはまだありません)

コメントする

名前: