20110216(水) <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 06時46分

今日の気分(本文)

帥哥聯合攻擊版面~
真的恭禧了,感言讀來讓愛哭包本人都要淚了(笑)

那這樣可以去妻夫木的舞台堵他的意思?XD
但是...兩人的公演時間根本就重疊啊,
到底是要怎麼去互相看啦!吼XD
斗真至少3/20之後還有機會去看妻夫木的劇,
但怎麼看妻夫木的行程都很難吧?(笑)

生田斗真、ギリギリ晴れ舞台間に合った…ブルーリボン賞授賞式

◆新人賞・生田斗真「人間失格」「ハナミズキ」 東京映画記者会(スポーツ報知など在京スポーツ7紙の映画担当者で構成)が選ぶ「第53回(2010年度)ブルーリボン賞」の授賞式が15日、東京・銀座ブロッサムで行われた。「悪人」で主演男優賞を獲得した妻夫木聡(30)と、「人間失格」「ハナミズキ」で新人賞に輝いた生田斗真(26)は、主演舞台の公演真っ最中のところを駆けつけ、途中退席となったが、ステージ上で喜びを爆発させた。

 新人賞を獲得した生田は現在、東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンで上演中の「ミシマダブル」に出演中。劇中では女装をするため、メーク時間が通常より長くかかることから、授賞式への出席が危ぶまれたが、ギリギリまで調整の末、オーケーサインが出た。

 ジャニーズ勢では初の受賞に「自分自身、他の人たちがやらなかったこと、できなかったことを実践してきた。賞とは無縁の男だと思っていたが、今回もらうことができて、本当に良かったです」と、自らの歩む道が間違っていなかったことを確信。客席からは「人間失格」を製作した角川映画の角川歴彦会長らが見守っていたが「自分を映画の世界に引き込んでくれた角川会長を始め、父、母、応援してくれた全てのファンに感謝します」と深々と頭を下げた。

 妻夫木とは写真撮影の間もずっと談笑し、会場を出る際には「今度、舞台を見に行きます」と約束を交わした。わずかな時間ではあったものの、“大先輩”たちと過ごした時間は、生田の大きな血肉となったに違いない。
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110216-OHT1T00068.htm

* * * * *

妻夫木&斗真、異例の途中退場/ブルーリボン賞

サンケイスポーツなど在京スポーツ7紙の映画記者が選ぶ「第53回ブルーリボン賞」の授賞式が15日夕、東京・銀座ブロッサムで行われた。

 午後5時、主演男優賞の妻夫木聡(30)と新人賞の生田斗真(26)がそれぞれ、午後7時開演の舞台を控えていたことからトップバッターで登場。主演、新人は式の後半に表彰されるのが通例で、53回の歴史を誇るブルーリボン賞でも珍しい開幕となった。

 妻夫木は東京・西池袋の東京芸術劇場で「南へ」、生田は東京・渋谷のシアターコクーンで「ミシマダブル」が上演中。劇場までの移動や衣装支度とメークの時間を考え、午後5時20分に授賞式会場の銀座を出発しなければならない。

 だが、司会の笑福亭鶴瓶(59)はマイペース。妻夫木の「悪人」の感想をしゃべり、ちょっかいを出す。妻夫木は「もう。グダグダじゃないですか~。台本通りやってくださいよ」と口をとがらせ客席を笑わせた。

 タキシードという正装で受賞の喜びを表現した生田は「映画の道に引き込んでくださったみなさんに感謝します」とあいさつ。続くツーショットの記念撮影に鶴瓶が割り込み、ミニインタビューを敢行。鶴瓶のハラドキ演出の中、2人は午後5時19分に出番を終え、ステージを飛び出した。
http://www.sanspo.com/geino/news/110216/gnj1102160506011-n1.htm

* * * * *

主演男優賞・妻夫木感激“鶴瓶に認められた”

東京映画記者会(スポーツニッポン新聞社など在京スポーツ7紙の映画担当で構成)が選ぶ第53回(2010年度)ブルーリボン賞の授賞式が15日、東京都中央区の銀座ブロッサムで行われた。主演男優賞の妻夫木聡(30)と新人賞の生田斗真(26)は舞台出演中にもかかわらず会場に駆けつけ、ファンは大喜び。助演女優賞の木村佳乃(34)は感激のあまり涙を流した。

 「僕もう出てもいいですか?」。最初の受賞者となった妻夫木は、対象作「悪人」の映像がスクリーンになかなか流れず、スポットライトを浴びながら苦笑い。この一言で、会場の雰囲気が一気に和んだ。「初めて自分から“やりたい”と言った作品。それだけに印象深いです」と賞状、副賞のモンブランをうれしそうに眺めた。

 昨年9月の公開時、司会を務めた笑福亭鶴瓶(59)から「この映画はええでえ」と電話をもらった。鶴瓶から飲食の誘い以外で電話が来たのは初めてだっただけに、自分が勝負に出た作品を認めてもらえたと感激。「そんな鶴瓶さんの前で賞がいただけるなんて」と“もう一つの副賞”に笑顔が絶えなかった。

 妻夫木に続いて名前を呼ばれた生田は、ジャニーズ事務所で初のブルーリボン賞受賞俳優。「賞とは無縁の男だったのに…皆さんに感謝します」と、受賞対象作の関係者の名前を挙げた。

 妻夫木は池袋で「南へ」、生田は渋谷で「ミシマダブル」に出演中。2人はステージでがっちり握手を交わし、60分の授賞式の冒頭20分で降壇。急いで迎えの車に乗り込んだ妻夫木は、生田に「舞台見に行くよ」と約束。生田も「僕も行きます」と応じ劇場に向かった。
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/02/16/kiji/K20110216000252800.html

* * * * *

ブルーリボン賞 :生田斗真、現役ジャニーズ初受賞「本当にうれしい」 桜庭ななみと新人賞

東京映画記者会(在京スポーツ7紙)が選ぶ「第53回ブルーリボン賞」の授賞式が15日、東京都内で行われ、新人賞に選ばれた生田斗真さんと桜庭ななみさんも出席した。「人間失格」で映画初主演を果たし、ヒット作「ハナミズキ」にも出演、現役のジャニーズ事務所所属タレントとしては初のブルーリボン賞に輝いた生田さんは「こんなに素晴らしい賞を自分がいただけるとは思っていなかったので、本当にうれしい」と満面の笑みを浮かべた。

 「自分は賞をいただくことに無縁な男だったので、周りにいるみなさんに心から感謝しています」とあいさつした生田さん。「他の人たちが今までやらなかったこと、できなかったことを、自分が実践するんだという気持ちでやってきましたので、賞をいただけることは本当にうれしく思っています」と喜んだ。「書道ガールズ!!わたしたちの甲子園」「最後の忠臣蔵」に出演した桜庭さんは色鮮やかな振り袖姿で登場。「こんなすてきな賞をありがとうございます。すごくうれしいです!」と初々しい笑顔をはじけさせた。

 ブルーリボン賞は、在京スポーツ新聞7社の映画担当記者で構成される東京映画記者会が制定する映画賞。53回目となる今年の授賞式は、昨年の主演男優・女優賞の受賞コンビ、笑福亭鶴瓶さんと綾瀬はるかさんが担当。主演男優賞の妻夫木聡さん、主演女優賞の寺島しのぶさん、助演女優賞の木村佳乃さんらが出席した。
http://mantan-web.jp/2011/02/16/20110215dog00m200055000c.html

* * * * *

生田斗真、ジャニーズ初のブルーリボン賞受賞に自負 ~第53回ブルーリボン賞授賞式

東京映画記者会(在京スポーツ7紙で構成)主催の映画賞『第53回ブルーリボン賞』の授賞式が15日、都内で行われた。映画初出演で初主演した映画『人間失格』と、続いて出演した『ハナミズキ』での演技が認められ新人賞を受賞した生田斗真は、受賞スピーチで「自分自身、他の人たちが今までやらなかったこと、できなかったことを自分は実践するんだという気持ちでここまでやってきた」と、一貫して俳優の道を歩んできた自負を語った。

 現在、東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンで上演中の舞台『サド侯爵夫人』と『わが友ヒットラー』に出演中の生田は、その間隙をぬって授賞式に駆けつけた。ジャニーズ事務所所属タレントで初の同映画賞の受賞に、「賞にほとんど無縁の男だったので、周りのみなさんに感謝しています」と喜んだ。

 授賞式は前年の主演男優賞の受賞者・笑福亭鶴瓶と主演女優賞を受賞した綾瀬はるかが司会を務め、鶴瓶の自由闊達なトークと綾瀬のマイペースな進行で、終始リラックスした雰囲気のなか行われた。今回のブルーリボン賞は、作品賞に中島哲也監督の『告白』を選出。監督賞は『川の底からこんにちは』の石井裕也監督が史上最年少で受賞し、主演男優賞は『悪人』の妻夫木聡、主演女優賞は『キャタピラー』の寺島しのぶ、助演男優賞は『今度は愛妻家』でオカマ役、『アウトレイジ』ではヤクザ役を演じた石橋蓮司、女性の新人賞には『最後の忠臣蔵』『書道ガールズ!!』の桜庭ななみ、外国作品賞には『第9地区』が選ばれた。
http://career.oricon.co.jp/news/84846/full/

コメント

haimimi haimimi 2011/02/16 16:31

也就是說,場面話…

kyokochan kyokochan 2011/02/16 16:43

帥哥這樣很不可取,說了要做到啊~
那麼多見證人XD

コメントする

名前: