202005 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:06:30 平均起床時刻:12:02

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

05月29日(金)

起床時刻:12時02分[いま起きた]ボタンで記録されました。

1メートルの日光


撮影の時、いつも1メートルの太阳が偏らずにレンズに入ることが好きで、あの七色の斑暈、柔らかな光の柱、飛び散るような清新さとうららさ、たちまち心の中の憂いをかき分けて、心の底の曇りも次に一掃して尽きる。
確かに、雨季は詩的で、美しいです。 花傘をさして江南のまだらの路地で詩的な拍子を踏むのが好きだったこともある。 降り続く雨はドロドロで,悲しい過去のことをぬらして,しぶしぶ清愁をかきたてた。 雨季、思い出には最適です。 その巨大な水晶の簾は、ぼんやりとぼうっとしていて、詩情の描写であり、憂いの原因でもある。
私は江南の4月の春の雨が好きですが、私は朝の光の中の1メートルの太阳がもっと好きです。 バラ色の空は赤い霞でいっぱいになって、一メートルの太阳が云や霧をくぐり抜けて、可爱い半分の笑顔を現して、東の空は金色のネオンを羽織って、世界はすぐにきらきらと明るくなって、うららかになりました。 太陽の光が、やさしい言葉で、枝や葉に語りかけると、緑の葉は興奮して震え、全体が明るく、黄金の箔のように、枝の上に誇らしげに広がっていた。日の光がやわらかに花と語り合うと、縮こまった憂鬱な顔がたちまち頭を上げ、青春の輝きを放つ。 日の光は笑いながら川の水をかゆみ、金の鱗を落とし、征帆を赤く染め、漁歌を高らかに鳴らし、漁人の笑顔もワインがついた。雨が上がって空を浮遊する虹は、思いっきり太陽の言語の才能ときれいなことを展示して、赤、オレンジ、黄、緑、青、青、紫、遠くの山の根から、空中に立ちあがって、列になって行って、あなたの心はたちどころに空の虹橋の上に飛ぶことを譲ります。
心の中に日光があってこそ,生活に希望がある。。 成功の喜びに酔うとき、太阳はきらびやかなリハーサルのように、生活を彩り豊かに彩ります;、 あなたが苦境に陥って途方に暮れて、太阳のように1台の永遠の働机が枯渇しないで、あなたの涙を蒸して泣いて、あなたを連れて行って暗い谷底に出ます;、 この光明の天使、恣意的に五つの湖と海の間を行き来して、巷の中で、弱者のために勇気と自信を送って、白髪の晩年者のために安逸と平和を送った。ある貧しいホームレスに、「黄金の家に住む金持ちがうらやましいか」と尋ねた人がいた。 ///ホームレスは答えた。+++「うらやましいことはありません。毎日の日差しは、彼の黄金の家にも、私の茅葺きの家にも照りつけています。私の茅葺きの家にも、少しもこぼさず、彼の別荘にも少しもこぼさなかったのです。彼は黄金の家に住んでいても、同じように悩みを抱えています。私は茅葺きの家に住んでいても、私は自分の楽しみを得ているのです。。「そうだな、光さえあれば、心が明るくなり、気持ちが楽しくなり、たとえ狭い路地に住んでいても、甘美に、茅屋に光をあてることができる。光を心にまき、心の底に春のような暖かさをみなぎらせ、人を酔わせる香りを明るくして、私たちの生活のどの日も明るくして、それでは、私たちの毎日の生活は海に向かって、春は暖かく、花は咲くだろう。
「人は、詩的に大地に棲む」。人は生まれながらにして詩人の気質を持っていたが、さまざまな理由で角をすりむいて俗物に落ちてしまった。 富貴や貧賤に汲々とするとき、心の底に一メートルの太阳を入れて、満腹の疲れや避けきれない痛みを振り払うのはどうだろうか。台湾の作家三毛は中学時代、数学の成績が悪く、先生に笑われてプライドを傷つけられ、自閉症になって自宅を休学したが、父親は家庭教師を呼んで教えてくれた。 身内の温情に支えられて、彼女は次第に影から出て、外の世界に出ていった。 大人になってから,彼女は恋人ホセと知り合いになり,都会の繁華な生活を放弃し,恋人と世界の果てをさまよって,サハラの伝説を書きました。彼女は揮毫して墨をかけ、自分の生活の中の点々を記録して、彼女の霊的な文字、あか抜けた出世頭の気持ちは、どれだけ読者の心を浄化したことか。 肉親の愛と彼女の愛情の文字は、彼女の生活の中の一メートルの光ではないだろうか。

日別画面へ