200807 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:06:50 平均起床時刻:06:34

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

07月31日(木)

起床時刻:06時00分

【就寝(帰宅)】23:00(18:30)
【読了】「桜嵐恋絵巻」

日別画面へ

07月30日(水)

起床時刻:05時25分

【就寝(帰宅)】23:30(18:30)
【読中】「坊っちゃん」、『一冊の本』7月号、「ゴドーを待ちながら」

日別画面へ

07月29日(火)

起床時刻:05時45分

【就寝(帰宅)】24:10?(18:30)
【読中】「坊っちゃん」

日別画面へ

07月28日(月)

起床時刻:06時10分

【就寝(帰宅)】25:10(24:00)
【読中】「自家製 文章読本」(井上)”城之崎にて””盲亀浮木”「ゴドーを待ちながら」

日別画面へ

07月27日

起床時刻:07時20分

【就寝(帰宅)】24:30(21:15)
【読中】「

《きみが愛することがあっても、それにこたえる愛をよび起こすことがないならば、換言すればきみの愛が愛として、それにこたえる愛を生み出すことがないならば、……きみの愛は無力であり、一つの不幸なのである》
――カール・マルクス(経済学者、哲学者、革命家)

恋愛は、一番身近な革命?

日別画面へ

07月26日

起床時刻:09時10分

【就寝(帰宅)】25:10(23:45)
【読中】-

日別画面へ

07月25日(金)

起床時刻:05時50分

【就寝(帰宅)】23:30(19:15)
【読中】『一冊の本』7月号、「自家製 文章読本」(井上)

《美しいものを見ようと思ったら目をつぶれ》
――三島由紀夫(作家)

ロマン主義の精神(by松本健一)。
もっと時を重ねれば、実感できるような気もする。

日別画面へ

07月24日(木)

起床時刻:06時15分

【就寝(帰宅)】23:40(18:40)
【読中】『一冊の本』7月号、「自家製 文章読本」(井上)

日別画面へ

07月23日(水)

起床時刻:06時15分

【就寝(帰宅)】24:15(22:45)
【読了】『本』7月号
【読中】『一冊の本』7月号、「自家製 文章読本」(井上)

《言語そのものが「永遠を目ざす継続」という考えを内に含んでいる》
――井上ひさし(作家)

日別画面へ

07月22日(火)

起床時刻:06時00分

【就寝(帰宅)】24:15(23:40)
【読中】「ひかりをすくう」

《道が悪ければ悪いほど、その先にある場所の魅力は増す》
――ジョン・ヴォルカー(作家)

何事も、簡単に叶ったら重みがない、か。

日別画面へ

07月21日(月)

起床時刻:06時20分

【就寝】25:00(車中泊)
【読中】「自家製 文章読本」(井上)

《自分をどう愛しているか
それと同じ方法であなたは人を愛し
万物を愛す》

こうしたから自分が好き、ではなく、
ただそこにいるだけの自分が好き。
……と、心の底から云い切れる日を目指そう。

日別画面へ

07月20日

起床時刻:06時30分

【就寝】23:40
【読中】-

《せいぜい生きても七、八十年の、ちっぽけな生物ヒトが永遠でありたいと祈願して創り出したものが、言語であり、その言語を整理して書きのこした文章であった》
――井上ひさし(作家)

過去を知りたくて言葉を読む。
未来に残したくて言葉を編む。
終わらない誘惑。追いかける倖せ。

日別画面へ

07月19日

起床時刻:06時10分

【就寝(帰宅)】24:10(21:25)
【読中】「自家製 文章読本」(井上)


《花は種がこぼれた場所の環境がどうあれ、
なんとか生きていこうとする》
――池坊専永(華道 池坊45世家元)

今の状況に文句や愚痴を云う暇があったら、
ここで何が出来るかを考える、
そんな毎日を積み重ねたい。

日別画面へ

07月18日(金)

起床時刻:06時05分

【就寝(帰宅)】24:10(21:20)
【読中】「読者は踊る」、『本』7月号

《もちろんこの世界にはうまく言葉につくしがたいことがいっぱいある。
それでもできるだけそこに接近し、それをすくいあげ、
そして光をあてる言葉を求めるのが、私の仕事だと思う。
だから言葉を探す。不十分だと知りながら一生懸命探す》
――福岡伸一(分子生物学者)

わたしも、なるべく「言葉に出来ない」とは云わないようにしたい。
言葉は心を超えられるわけもないが、
知りながら挑戦したいと、なんとか言葉に換えたいと
切に願うから。だから生きられている。

日別画面へ

07月17日(木)

起床時刻:06時10分

【就寝(帰宅)】24:10(23:30)
【読中】「読者は踊る」”桜の花の満開の下”

《くりかえしくりかえすあいだに、
いつのまにか君を好きにさせてしまう》
――佐野元春(ミュージシャン)

自分を捕らえて放さない様々は、
考えてみればそんな感じ。
遠くなったり近くなったり
気がつくとこんなところまで。

日別画面へ

07月16日(水)

起床時刻:05時30分

【就寝】24:50
【読了】「リバーズ・エンド after days」

《頑張れば何でもできると思うのは幻想だ。
自分の能力の範囲を遠慮がちに設定する。
一番やりたい一つに絞る》
――山田太一(脚本家)

力不足を常に思い知って、
限られた時間と能力をフルに使いたい。
「何も知らない」と知っていることが
自分を成長させる。

日別画面へ

07月15日(火)

起床時刻:06時15分

【就寝】24:30
【読中】「リバーズ・エンド after days」

《下らないものの中に大切さが潜んでいるのかもしれない。
人はむしろ長い長い日常を生きるんだ》
――橋本紡(作家)

なんてことない日常の中に起こるからこそ
特別は「特別」になるのかも。
記憶が時折鮮やかな日がこれからもたくさん増えますように。

日別画面へ

07月14日(月)

起床時刻:06時10分

【就寝】24:40
【読了】「リバーズ・エンド5」

《だれかに厳しいことを云われても、無視すればいい。
それは彼らの問題で、僕には関係ない》
――ジョン・ウッド(ルームトゥリードCEO)

何かを成し遂げようと思えば思うほど雑音が耳につく。
最後は、いつも、ひとりなんだ。

日別画面へ

07月13日

起床時刻:10時10分

【就寝】29:10
【読了】「マンガでわかる心理学」

《先人のよい作品を読まなければ、あらたによい作品は書けないはずだ。
表現とはつまるところ生きることなのだ》
――高橋睦郎(詩人)

今はただ、とにかくいろんなものを吸収したい。
それが時間を経て、自分の血や肉になってくれる気がする。
自分をしっかりと立たせてくれる気がする。
それはとても楽しい想像♪

日別画面へ

07月12日

起床時刻:06時20分

【就寝】24:30
【再読】「つまみぐい文学食堂」

《人間は多かれ少なかれ、何かを待っているのかもしれない。
毎日の生活の中で、誰かの到来を、幸福の手触りを、
あるいは何かの、不幸の終わりを》
――中村文則(作家)

人事を尽くして天命を。
出来ることをやりつくしたら、待つことは神聖だ。

日別画面へ

07月11日(金)

起床時刻:06時10分

【就寝】25:00
【読了】「リバーズ・エンド4」

《今日やったから今日結果が出るというものではない。
生まれた時から一つの時計が回っている》
――納谷幸喜(元横綱大鵬)

焦るけど。
ちょっとずつ積み重ねて。今出来ること。

日別画面へ

07月10日(木)

起床時刻:06時15分

【就寝】23:40
【読了】「リバーズ・エンド3」
【再読】「海馬 脳は疲れない」

《生きることに慣れてはいけないんです。
慣れた瞬間から、まわりの世界はつまらないものに見えてしまう》
――池谷裕二(脳研究者)

慣れる動物だけど、きっと慣れちゃいけない。
今に慣れた方が負け。

日別画面へ

07月09日(水)

起床時刻:06時10分

【就寝】25:30
【読了】「リバーズ・エンド2」

《人間とは慣れる動物である》
――ニーチェ

なんだかすべてのことを模索してる気がする。
やっと獲得しても、すぐまた先を見てしまうのに。

日別画面へ

07月08日(火)

起床時刻:06時00分

【就寝】24:00
【読中】「リバーズ・エンド2」

《喜びを分かちあえば倍になる 
悲しみを分かちあえば半分になる》
――スウェーデンのことわざ

いつでも素直でいたい。
大切な人を大切と云えるように。

日別画面へ

07月07日(月)

起床時刻:06時05分

【就寝】23:30
【読了】「リバーズ・エンド」

《お金がなければ時間と愛情をかければいい》
――萩尾エリ子(蓼科ハーバルノート主宰)

愛を与えれば愛を返す。
動物も植物も。きっとね。

日別画面へ

07月06日

起床時刻:09時05分

【就寝】27:10 やっぱ休日はダメだった。。。
【読中】『NIKKEI MAGAZINE』no.56

《やはり、孤独でいられることが最高の贅沢です》
――小川洋子(作家)

孤独と孤立はまったく違う。
ひとりじゃないと安心できているからこその孤独。
与えられた時間与えてくれた人に感謝しつつ大切にしたい。

日別画面へ

07月05日

起床時刻:09時30分

【就寝】24:00
【再読】「舞姫恋風伝~花片小話」

《自分はすべてを知っていると思っている人は何も学びません》

今現在知らないことが、正しくないなんて云えない。
単によく知らないだけかもしれない。
知識に対して謙虚でいたい。

日別画面へ

07月04日(金)

起床時刻:05時55分

【就寝】25:20 寝てない割りに元気!
【読中】『本』7月号

《そういうひどい目にも遭う人こそ、また逆の、
この世のものとはおもえない至福の瞬間にも立ち会えるのだ》 
――堀井憲一郎(コラムニスト)

人生は上手く出来てる。
……ってホント?

日別画面へ

07月03日(木)

起床時刻:06時05分

【就寝】24:00
【読中】『本』7月号

《世の中に絶対ということはないのだから、
「絶対」なんてことばは絶対に使ってはいけないよ》 
――阿川弘之(作家)

「絶対」を決めるには、相対な思念が働く。
相対な考え方には、反対意見も許容できる力が含まれる。
パラドクスのような関係が面白い。
すべての思念は繋がっているのでは。そうと意識せぬだけで。

日別画面へ

07月02日(水)

起床時刻:06時10分

【就寝】24:00
【読中】「脳が冴える15の習慣」

《念ずれば通ず》

一番好きな言葉。でもいまは、先が見えない。

日別画面へ