20100421(水) <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 05時30分

今日の気分(本文)

昨晩は冷蔵庫の隅っこで眠っていた梅肉エキスをなめたせいか、アラーム覚醒でもすっきりした目覚め。しかし、外はしとしと降っている。朝飯前に残った仕事を少しでも片付けて昼間はジロかほの偵察に行けるかな。夕方、まだまだ日は落ちそうにないのでRFX8でゴー!ウインドブレークアンダー+チームジャージだが、寒くて失敗した。しかし、日は当たるので何とかこらえて河合谷をめざす。

興津峠はまだインナーでくるくる回す。まだ筋肉痛が顕著。普段は何との無くても負荷がかかるとでてくる筋肉痛もある。河合谷から大滝へこの辺も吹き下ろす風が冷たいが、山桜と出始めの若葉が目に優しい。そして、いよいよジロかほクライマックスの宝達山のアプローチへ。ココは見晴らしが悪いのであまり好きではないが、道がよいのでじっくり長い時間負荷をかけるには良いルートだと思う。暗くなってきて、林道で作業するひとも撤収開始している。

路面には不気味な泥の大きな固まり。だんだん、道に小砂利が増えて来たなーとおもった県道は入り口からの6km地点で突如通行止めが現れた。すぐ先にはどさり土砂が道をおおっている。その向こうにはあちら側からの看板も見えているが、シューズをこの粘度の高い泥で汚したくないので引き返すことにした。しかし、寒い。ウインドブレーカを持ってきて良かった。もう一本富山側に県道アプローチがあるルートには事欠かない宝達山だが、県道ナンデクルマがこないか著と心配。

■3 宝達山偵察

走行距離【47】km

コメント

(コメントはまだありません)

コメントする

名前: