20101205 <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 04時30分

今日の気分(本文)

すっきり起床。昨晩の飲み会のダメージはほぼ無し。寝ている犬を起こして星空の下散歩。今日は足の合ったコロちゃんと能登方面へロングなので楽しくなりそう。予報では南風が強くなりそうなので、北上して七尾、氷見を回る今日のルートはできるだけ早く帰ってきたい。7時前に津幡に来てもらったコロちゃんとスタート。初っぱなからトラブルあったけど、出先じゃなくてよかった。仕切り直しでリスタート。

ほぼ無風の中、河北縦断道路、押水バイパスを経由して定番の羽咋のバイパス農道へ入る。この存在はコロちゃんもご存じなかったようだ。ここから信号2つで鹿島まで行けてしまうオススメコース。日曜の朝はクルマもほとんど来ない。一旦、鹿島バイパスに出てから七尾の市街地をパスして太田火電までいってしまえるこれまたオススメの裏道を介して七尾でパン休憩。氷見へのR160へは入らず、もちろん北上して岬をめぐる。富山湾に出たとたんに案の定向かい風。

二人で回しながらの南下なので気も紛れる。コロちゃんは30km/hをかるく越えて男引き。私もなんとか30km/hはキープしたいが、前へでるとどうしてもペースが落ちてしまう。何度かある丘越えでは付き切れ寸前。それでも、並穏やかな富山湾を苦しいながらも愛でながらのライドは楽しかった。氷見でコンビニブレーク。ついでに次回のためのランチポイント探索を氷見の道の駅周辺で行なう。いつもここでばててしまって、あとは垂れつつ帰途につくのでなるほど氷見でしっかり補給して帰るのも良いかもしれない。ココまで100km出発は11:30。

山側に進路をとるが風は落ちない。高岡へ抜ける久目街道では谷を渡ってくる風が増幅されているようだ。さあ、ここからアップダウンの応酬だ。今日はクエン酸、アミノ酸分包のCitricを休憩のたびに摂取したせいか最後まで垂れずに走れた。足吊りも無し。羽咋広域農道ではお仕事へ向かうneeta君発見。ご苦労様。最後やっぱりばててきたので河合谷の郷即売所でおこわブレーク。運良くありつけた。興津峠をやわやわ登ってあとはクールダウンで津幡へ。

毎度しつこいけど、このルートは質量とも出色の出来だと思う。新しい道路がつながってミッシングリンクも解消されたのも大きい。コロちゃん作成の以下の地図は完璧。一回走っただけなのに。さすがプロ。
http://bit.ly/hplx8t

●■3 散歩、オッターズプレライド 能登バージョン

走行距離【160】km

コメント

(コメントはまだありません)

コメントする

名前: