20110226 <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 04時00分

今日の気分(本文)

4時覚醒。-2℃の予報の割りには温かい朝。外をのぞくと路面は未明に降った雪でベリーウエット。今日のコナさんのC59シェークダウンライドはスタートできるだろうか。犬はまだ起きていないようなのでゆっくり着替えて階下に降りていくとまだぐっすり寝ていた。揺り起こして思いっきり背伸びをしている横でシューズを履く。彼女も今年の5月で15歳。こんな日常が突然終わる日が来るのだろうか。思った通り、凍結はないようだが、橋の上だけはしゃりしゃり踏みしめると音がしていた。帰宅後、RFX8をクルマに積んでシンジョーへ。

途中、コンビニ食でがっつり補給して集合場所に、三々五々メンバーが集まってきた。主役のコナさんのC59も登場。蛍光色が目に付くが、ダウンチューブやヘッドがモダンな良いバイク。やわやわとスタート。加賀方面へ南下する。定番の先端大経由のアップダウンは外して辰口の市街地を突っ切ってむくろじトンネル方面へ。ゆるい追い風で快調に進んで山代温泉へ。ここで足湯に浸かった。過去何度か足湯に浸かったが、あり得ない熱さ。みんな熱さに耐えつつも足をつっこんでいるが、私はだめ。かじかんでいるせいか皮膚の下がどす黒く透けて危ない感じ。徐々に加温して見るが結局じっくり浸かることができなかった。どこか身体がおかしいのかもしれない。準備がよいN君からタオルを借りた。これから必携だ。

反転して平地を北上。いつのまにかの向かい風の中小松の飲み食べ放題のパン屋さんへ向かう。順繰りに回していれば巡航30km/hチョットの速度維持可能。そいでも結構やっとたどり着いた感もあって、1杯目のココアがうまい。パンは小降りだけど20種類ちかくあるだろうか。食べ放題でどれも美味しい。

小松から向かい風に立ち向かって、すっかり鋪装も整った手取川沿いの遡上で北風からようやく解放されるかと思いきや、ふきっさらしの堤防沿いは容赦なく我々6人にやっぱり北風ぴゅーぴゅーが横から吹き付ける。斜め横転回のローテで苦したのしのライドは締め。ご苦労様でした。昨日今日としっかり炭水化物系を食べたので燃料切れは全くなかった。走りはやっぱり登りになるとがくんと落ちる感じ。冬場やってきた筋トレは維持には貢献できたと思うがパワーが付いたとは思えない。一方で、心肺は余裕があった。一番自転車に乗ってないはずの私がまあまあついて行けたのは犬のラン散歩のおかげなのかもしれない。

●■3 散歩、コナさんC59シェークダウン記念ライド

走行距離【92】km

コメント

(コメントはまだありません)

コメントする

名前: