20120125(水) <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 04時10分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日の気分(本文)

「私はこの本を何十回も読んでいる。私は大金持ちだ。君はこの本を一回しか読んでいない。君は貧乏だ。その違いはわかるかね」――ジム・ローン



アイデアはアイデアとアイデアの組み合わせ。

センスは読んだ情報量に比例する。

同じ言葉でも言い方によって受ける印象が変わる。

計画、実行、評価、改善のサイクルを回す。

複雑になったら、シンプルにする。

新しいものを入れたら、古いものを捨てる。

自己紹介を練習しておく。15秒、30秒、60秒の3パターンの自己紹介を練習する。

相手の共通点を探す。

相手を観察する。

何気ないことから話題を見つける。服装、季節、表情、しぐさ。

本番前に頭の中でイメージトレーニングをする。

圧倒的な練習量を確保する。プレゼンなら200回本番と同じことをやる。ビデオやICレコーダーで気になるところを見つけ改善する。人に指摘してもらう。

勉強なら、問題を見て答えが浮かぶまでの時間が0.5秒になるまで想起作業をくりかえす。

成功率が100パーセントになるまで1000回くりかえす。

家族にも敬語をつかう。

子どもからお年寄りまで親切丁寧に接する。

相手のへそがどこに向いているのかによって、相手の興味がわかる。

目線を合わせる。

語尾をやさしくする。

鏡を見てうなずき方を練習する。

発声練習をする。

一度に身につける習慣は3つまで。

緩急をつけて話す。

間を意識する。

相手の左目を見つめる。

相手より長く左目を見つめる。

相手の話し方を真似る。

相手のしぐさを真似る。

相手の表情を真似る。

大きくうなずく。

目があったら微笑む。

喜怒哀楽を豊かにする。

俳優になりきる。

結論から話す。

身振りをつかう。

母音をはっきりと話す。

口を指3本入るくらい開けて話す。

1分間に300字のスピードで話す。

数字固有名詞を意識して話す。

テレビを見るとき、アナウンサーやタレントの話し方を観察する。

ドラマを見るとき、俳優の演技を観察する。

新聞や雑誌を読むとき、語尾を意識して読む。

表情筋を鍛える。

目に力を入れる。

「私は○○だ」と1日1000回言っていると、本当に○○のようになる。

人は自分の言葉によって影響を受ける。

自信とは思い込み。

コメント

(コメントはまだありません)

コメントする

名前: