201108 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:05:00 平均起床時刻:04:43

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

08月31日(水)

起床時刻:07時07分

悪いイメージをしたときにはやっぱりやられますね。「このバッター嫌だよなぁ」とか「当たってるからなぁ」という言葉を発してしまうとそのバッターに必ずやられるんです。――岩瀬仁紀

日別画面へコメントする

08月30日(火)

起床時刻:05時19分[いま起きた]ボタンで記録されました。

笑顔効果は自分が考えている以上に大きなものです。「あなたにお会いできてうれしい」という笑顔をつくってみてください。相手も、何となくうれしい気持ちなるものです。――荘司雅彦

日別画面へコメントを読む(2)

08月29日(月)

起床時刻:03時58分[いま起きた]ボタンで記録されました。



「他人の過ちから学べ。自分ですべての過ちを経験する時間はない」――キングスレイ・ウォード

日別画面へコメントする

08月28日

起床時刻:03時09分[いま起きた]ボタンで記録されました。

人は他人に興味がありません。
365日、自分のことを考えています。
人が自分のことをどう思っているのか気にすることほど無駄なことはありません。
自分への関心の10パーセントでも他人に向ければいいことが起こります。




「人間は、効果的な手の動きには好意的に反応する。家や職で、また友人に対して、話に説得力をもたせたいと思うなら、手の動きで表現力を豊かにしよう」――ジョー・ナヴァロ

日別画面へコメントする

08月27日

起床時刻:05時31分[いま起きた]ボタンで記録されました。

「講演中は常に、一度にひとりの人だけに注意をして話すことである」――キングスレイ・ウォード

日別画面へコメントする

08月26日(金)

起床時刻:02時33分[いま起きた]ボタンで記録されました。

「恋愛は確率」のゲームだと考える


モテる男は恋愛を「確率のゲーム」だと考える。

女性に声をかけて成功するのは一定の割合で、あとは失敗することを知っている。

数多くの女性に声をかければ、「成功する」回数が増えることを知っている。

保険の外交員をたとえに考えてみよう。75回電話をかけて1回の割合で会ってもらえ、会った人の4人に1人から成約を取れることがわかっていれば、300回の電話で1件の成約が取れる計算になる。このように一定の「確率のゲーム」で成約が取れる場合は、とにかく電話をかけまくればよいのだ。そして電話が一定の回数に達すれば、1件の成約が取れるわけだ。恋愛の場合は、10回声をかけて1回おしゃべりができ10回のおしゃべりで1回電話番号が聞き出せて、電話番号を聞き出せた10人のうち1人とデートにこぎつけることができる――といった具合だ。失敗するたびに成功に近づいていると思うことができれば、気分はぐっと楽になる。

著者の前作『モテる技術』でも、デートは「確率のゲーム」だとくりかえし述べてきた。ここでもあらためて強調しておきたい。かならず成功すると思うことで、何度でも挑戦してみようという気持ちになれるはずだ。女性に声をかけたり、気をひこうとしたりして、失敗するたびに、また一歩成功に近づいたのだということを思い出してほしい。

女性をモノにできる男性とそうでない男性の決定的な違いは、こうだ。モノにできる男性は、回数を重ねればかならず成功することを知っているということだ。モノにできる男性は失敗しても決してあきらめない。失敗すれば、すぐ新たな挑戦をする。いっぽう、モノにできない男性は友人に愚痴をこぼしたり、部屋にひきこもったり、もう女性なんかいらない開き直ったりしてしまう。

もともと「モテる男」と「モテない男」がいるわけではない。


挑戦をくりかえすのが「モテる男」なのである。そんな男が女性をモノにできる。――デイビッド・コープランド

日別画面へコメントを読む(2)

08月25日(木)

起床時刻:04時53分[いま起きた]ボタンで記録されました。

大半の人は目標の重要性に気づいていません。家族の誰も目標をもっていない家庭で育ったり、目標について話し合うことのない集団に属していたりすると、目標を設定することが、いかに人生に影響を及ぼすかをしらないまま過ごしてしまいます。まわりを見てみてください。友人や家族のなかで、明確に目標を定め、それに向かってまい進している人はどれくらいいますか?――ブライアン・トレイシー

日別画面へコメントする

08月24日(水)

起床時刻:02時57分[いま起きた]ボタンで記録されました。

口を指三本分開けて話すこと。




「自分は陸軍に身を投じて、常に次から次へと勉強の先回りをやってきた。大尉に任ぜられたときは、少佐に昇進する年限を三年と考え
その初めの半分の一年半に、大尉としての仕事を充分に勉強しつくした。そうしてのちの一年半に、少佐に昇進したときに必要な事柄について一所懸命勉強した。だから、予定の年限がきて少佐になると、大尉時代に早くも準備を積んでおいたために少佐の任務は安々と勤まって、他のものにくらべて綽々たる余裕を残した。そこでただにちに次の中佐時代に必要な勉強を始めたのであるが、中佐になれば大佐の、大佐になあれば少将のと、次々に一段階ずつ上のことがスッキリ身についたのだから。勤務もすこぶる楽であったし、成績も意外に上がった。したがって最右翼で昇進することができたのである」――桂太郎

日別画面へコメントする

08月23日(火)

起床時刻:06時27分[いま起きた]ボタンで記録されました。



「まずは大きな声で挨拶ができなければいけない。ファーストヴィレッジでも、新人が入ると、強制的に挨拶の練習をやらせています。最初が心がこもっていなくてもかまいません。華道でも茶道でも最初は形から入る。形が決まってくると、心もついてきます。とにかく、大きな声で挨拶させる。すると自分の体が自然に前のめりになります。気持ちが前に出てきます。それが定着してくると、気持ちもだんだん乗ってきて、最後は心をこめた挨拶になります」――市村洋文

日別画面へコメントする

08月22日(月)

起床時刻:03時20分[いま起きた]ボタンで記録されました。

できるだけシンプルに考えること。




「のんびり座って昼メシを食べている時間があるなら、一人でも多くのお客さんを回れ。九時から五時まではプレー時間。俺たちはピッチの上で戦っている真っ最中なんだぞ」――野村證券に入社した当時、トップの成績をとっていた営業マン

日別画面へコメントする

08月21日

起床時刻:02時37分[いま起きた]ボタンで記録されました。

朝はすっかり肌寒くなってきました。

今年の夏も終わりですね。

日本は四季がありますが、四季のおかげで季節の変わり目の感じることができます。

日本もいいものです。




調査によれば、私たちは誰かの声を嫌いになると、その人を遠ざけるか、完全に無視する傾向があるいう。不快な声は受け入れられず、悪い印象を与えることがある。もし私が、整形手術をするのと時間をかけて声に磨きをかけるのと、どちらがよいだろうかと相談を受けたら、お金を節約し、声を磨きなさいと忠告するだろう。声の出しかたを勉強して身につけた苦労話を、たくさんのニュースキャスターやテレビのパーソナリティーから聞いてきた。同じことを、女性の警察官や海兵隊員、また男女を問わず製薬会社の販売担当者も言っていた。彼らが自分の声に磨きをかけるのは、それによって違いが生まれるからだ。低くて深い声ほどいい。――ジョー・ナヴァロ

日別画面へコメントする

08月20日

起床時刻:01時58分[いま起きた]ボタンで記録されました。

文章力を上げる一番の方法は、自分の好きな作家の文章を書き写すこと。

パソコンで打ち込んでもよいが、手で書き写すほうがより身につきます。

さらに効果を上げるには、書き写すときに大きな声で音読することです。

毎日15分でもいいので継続すると半年後にはあなたの文章力は見違えるようになっているはずです。





バラク・オバマは初めて上院議員になったとき、先輩議員にせっせと助言を仰ぎ、人脈を築いていった。そして、民主党の重鎮で落選したばかりのトム・ダシュル、エドワード・ケネディ、さらには共和党のリチャード・ルーガーまで師と仰ぎ、何かにつけて相談に乗ってもらった。ニューヨークタイムズ紙の記事によれば、「よき弟子に徹したおかげて、オバマは先輩議員にずいぶんとかわいがられた」という。できるだけ相手を誉めるような形でものを頼めば、受けいられる可能性はますます高くなるだろう。――ジェフリー・フェファー

日別画面へコメントする

08月19日(金)

起床時刻:02時48分[いま起きた]ボタンで記録されました。

私は人見知りだとか、文章が苦手、車の運転が下手という言葉を口に出してしまうと、本当にそうなります。

人見知りでも、文章が苦手、車の運転が苦手でも心の中で思っておくだけで口に出してはいけません。

何度も自分で口に出す言葉は自己暗示となり、繰り返すことにより人見知りや文章が上手にかけないことが強化されてしまいます。

口に出す言葉は肯定の言葉にしましょう。

たとえば、「私は話す力がある」「私は文章力がある」「私は運転が上手だ」という言葉を口に出しましょう。





会社における評価の基準とは何かというと、私は「周りからどれだけ必要とされるか」だと思っています。「この人だから任せよう」とか、「あなたがいないと困る」といった具合に、周囲から必要とされる人間になることです。自分で自分の能力が高いと評価しているうちは、まだまだなのです。――丹羽宇一郎

日別画面へコメントする

08月18日(木)

起床時刻:03時24分[いま起きた]ボタンで記録されました。

本は自腹で買うこと。

図書館やブックオフを利用すると得をした気分になります。

ところが1週間後には何も残らない。自腹で買っていないからです。

不思議なことに本を自腹で買わないと本の効果は半減してしまう。

結局、定価の新品で買ったほうが得をする。

これが私が図書館で1000冊本を借りて出た結論です。






会社の採用面接で目をまっすぐ見ない人を合格させたことがあるかと出席者に聞く。答えは常に「No!」だ。社会の常識はアイコンタクトをしなさいと教えている。――ジェリー・ワイズマン

日別画面へコメントする

08月17日(水)

起床時刻:06時57分[いま起きた]ボタンで記録されました。

準備と練習を怠らない。私の場合、話している内容に満足できるまで、また知っていることを最善の方法で伝えていると感じられるまで、ひとつの講演を10回から15回練習している。――ジョー・ナヴァロ

日別画面へコメントする

08月16日(火)

起床時刻:05時40分[いま起きた]ボタンで記録されました。

他人の評価があなたの評価。

自己評価は自然と高くなる。

自分の評価を素直に受けとめ改善せよ。








「人間においては習慣がすべてだ。美徳でさもえ習慣にすぎない」――詩人メタスターシオ

日別画面へコメントする

08月15日(月)

起床時刻:05時18分[いま起きた]ボタンで記録されました。



声は見えない履歴書


声は姿形より、あなたの本質を語っています。言葉の端々に表れる声の響きに、ふだんは表に出さない性質や生活習慣が表れるものです。

初めて会う方が、とてもおしゃれでよく抜群の美人でも、挨拶した瞬間に「えっ、こんな声?」とがっがりすることがあります。いつもソファに寝ころがってテレビを見たり雑誌を読んだりしているような生活をしているのだろう、不規則な生活でコンビニのお弁当ばかり食べているのではと、声が教えてくれます。

声は目に見えない履歴書でもあるのです。あなたが学生時代にどんなスポーツをしていたか、どんな性格なのか、ふだんの暮らしはどうか、椅子に座る生活なのか、正座になれている方なのか、北国育ちなのか……。さまざまなことがわかります。

私が面接官なら、まず声を聞きます。そして配属する部署を決めます。顔を見なくとも、声でその人となりがわかるからです。「彼は声が高いけれど、腰が弱いだろうな」、「コイツは全然響きが出ていないから、説得力がない」、「ドンとまっすぐ声を出すのは武道をずっとやってきた人間だな、根性がありそうだ」、「語尾があいまい、消えるようなしゃべり方。椅子だけ座る生活をしてきた」など。

外見は服や髪型で、女性なら化粧で繕うことができますが、声は繕うことができません。見えないから、無防備なのです。本当の声を見つけることで、さまざまな可能性が生まれてきます。本当の声は、かけがいのない個性なのです。

あなたの周りの人の声を聞いて、「もっとやさしく話せないものか」「甲高い声で何だかイライラする」「社長に話しかけるときだけは、別人みたいな声を出すなんて」など感じることがあるように、あなたの声も常に他人に評価されています。話をしている最中は、自分を声を聞く余裕はないので、ついつい忘れてしまうのですが。

人は見えないものに、畏敬の念を抱くと同時に、違和感や恐怖さえも敏感にキャッチします。目に見える姿形、外見よりも、見えないからこそ、声のインパクトは強烈なのです。だからこそ、自分の声はどんな性質で、どんな印象を与えているのか、自らの声を知ることは、とても大切なことです。――楠瀬誠志郎

日別画面へコメントを読む(2)

08月14日

起床時刻:04時13分[いま起きた]ボタンで記録されました。

ICレコーダー、全身が映る鏡、ビデオは話し方を鍛える三種の神器。


今までと違う結果を得たければ、今までと違う行動をしなければならない。


「ほとんどの人は謙遜がいいことだと考えており、自慢話など慎む。だが欲しいものを手に入れるためには、こうした傾向を克服する必要がある。めざすポストがあったら、「その仕事には自分がもっともふさわしい。みなさんは私を必要としている」ぐらいのことを言うべきだ。躊躇したり気後れしたりせずに堂々とね」MSNBCテレビ政治アナリスト ローレンス・オドネル

日別画面へコメントする

08月13日

起床時刻:03時51分[いま起きた]ボタンで記録されました。

戦場カメラマンの渡辺陽一さんの話し方を真似ること。
ゆっくり、低い声で話す渡辺さんは話し方のお手本です。



ウィストン・チャーチルは、二一歳のときに次のように書いている。

「雄弁の才能に恵まれた者は、偉大な王の力よりも長く続く力を振るまうことができる」

若きウィストンは、軽い吃音と発音の欠陥があったにもかかわらず、雄弁術に磨きをかけようと決意する。彼は、十九世紀イギリスの政治か、ディスレーリの演説を分析し、その修辞技法を真似た。たとえば、短音節の単語を用いることや、劇的で迫力ある話し方で演説を締めくくってカタルシスをもたらすことなどである。時には一〇時間以上かけて一つの演説を組み立てた。

一九三〇年代から四〇年代のイギリス上流階級では、高い声が普通だった。それに引きかえチャーチルの声は低く、温かみがってよく響く。「獅子の心をもっていたのはイギリス国民である」と彼は語った。「私は幸運にも吠える役目を任されただけだ」。たしかに彼は吠えた。ある歴史家はこう書いている。「うなり、にわかに獅子のごとく吠え、葉巻とブランデーを思わせる声で詩的な文章を語る。死んでも降伏しないと頑とした抵抗の意志が、腹の底からじかに伝わってきた」

数年前にBBCラジオで実験が行われた。チャーチルが一九四〇年代の行った下院演説の原稿の一部をアナウンサーに読ませ、それを実際のチャーチルの演説の録音と比較したのである。アナウンサーは六〇秒かかったのに対し、チャーチルは九〇秒だった。チャーチルはゆっくりと話すだけではなく、言葉が一区切りするたびにしばしば劇的な間を挟む。声の高低差は、アナウンサーもチャーチルも一オクターブだった。ただし、チャーチルのほうが半音三つ分低く、最初から最後まで強勢の置き方も独特である。チャーチルの低音を聞くと、彼の力はイギリスに欠くことのできないもののように見えた。ドイツ空軍を迎え撃つ「ブリテンの戦闘」にさいした演説では、「だがもし失敗したら」というところで劇的に声を落とし、新たに暗黒時代の深淵を聞く者に垣間見せたのである。――アン・カープ

日別画面へコメントを読む(2)

08月12日(金)

起床時刻:05時48分

「周囲の目を気にしすぎたり、他人をうらやんだりしているときは、不思議とうまくいかないもの。あれこれ考える暇があるなら自分を磨き、前に進もうと考えるようになった」――水樹奈々

日別画面へコメントを読む(6)

08月11日(木)

起床時刻:03時05分

話の内容より、話し方が重要。

話し方を練習する一番の方法は好きな話し方をする人をまねること。
そのとき、ICレコーダーやビデオで録音録画して確認すると上達スピードが倍増する。





人はもっと謙虚にならなければならない。謙虚であれば必ず何か吸収できる。とくに未熟なうちは、その謙虚さが大切なのだ。――伊藤 真

日別画面へコメントする

08月10日(水)

起床時刻:06時45分

声が大きいか小さいかで出世できるかできないかが決まる。

声の大きい人に悪い人はいない。

あなたが私と同じ小さい声の人なら、明日から大きな声で話すべきです。たったそれだけのことであなたの評価は見違えるように変わります。





「始めから自分の文体が確立できる人間なんてのはいない。いてもよほどの天才だけ最初は誰でも模倣から入るし、執筆活動を続けていく中で自分も人生経験を積んだりなんだりしたうえでそれでも書き続けられるならば善くも悪くも自分の文章が書ける」――村上春樹

日別画面へコメントを読む(3)

08月09日(火)

起床時刻:05時06分

、発音が明確ではない方。原因は2つあると思います。

声が小さい
口をほとんど開けない


声が小さい=聞こえないのですから、発音も自ずと不明瞭になります。口を開けないこともそうです。それでは試してみましょう。

「ありがとうございます」

これを、口をほとんど開けないで声を出し、録音してみましょう。

もしかしたら、「あいやおあいあ」位にしか聞こえないかもしれません。

では、いつものあなたよりも口をしっかり開いて声に出して録音してみましょう。

いかがですか。今度ははっきりと明確に聞こえたはずです。

言葉が不明瞭、滑舌の悪さも、口を大きく開けて話すだけで、案外解消されるものなのです。されに口を大きく開けて話すと、声が大きくなり表情までもが豊かになるという大きなメリットもあります。――坪田まり子

日別画面へコメントする

08月08日(月)

起床時刻:05時02分

一度でいいから自分が話している様子をビデオに撮ること。

「あー」や「えー」を連発していたり、身振りが全くなかったり、声が一本調子になったりしていることに気づきます。

私も今日初めてiphoneで話している様子を撮ってみました。

私の場合は、体がフラフラして、マイクの位置が遠いことに気づきました。

自分の話している様子をビデオに撮ることは本当にオススメです。











照準が2つあってはならない。鬼神のごとき1点集中。八方美人になって精力を消耗し、くすんだまま一生を終えるより、人になんと言われようと力を1点に集中したほうがいい。ブランド人になるためにはまったく役に立たないものを。1つ1つ切り捨てていこう。当面の目標は、2点か3点まで絞り込むことだ。その目標を達成したら、細心の注意をして、さらにハサミを入れる。最終目標は1点だ。これは苦しい作業になるが、苦しむだけの価値はある。1点に集中しなければ衆に抜きんでることはできないし、それになにより、もてる力をすべて振りしぼって、ただひとつのことに打ち込むことほど、人生の愉悦はない。――トム・ピーターズ

日別画面へコメントを読む(1)

08月07日

起床時刻:05時44分

眉毛は顔の印象を大きく帰る。眉をキリッとすると、顔が引き締まる。





尖塔のポーズ


大きな自信は、とても心地よく落ち着きのある脳の状態を反映する。手を使って自信を表す行動は、その人が現状に満足し、快適に感じていることを伝えるものだ。

尖塔のポーズは、最も確実な自信の手がかりと言えるかもしれない。両手を広げて指先同士をつけるもので、合掌の手に似ているが、指の間を閉じないで広げ、手のひらの間も広げる。手が教会の尖塔のてっぺんのように見えるので、尖塔のポーズと呼ぶ。米国では、女性は低い位置(腰のあたり)で尖塔を作りがちで、観察するのが難しいことがある。男性はもっと高い胸のあたりで作る傾向がある。見えやすいし、より強力なものになる。

尖塔のポーズは、考え方や地位に自信があることを表している。それは、何かについてどう感じているか、自分の考えにどれだけ熱心かを、周囲の人々に知らせる効果をもつ。社会的地位の高い人(弁護士、判事、医師など)は、日常的な行動の中で尖塔のポーズを見せることが多いが、それは自分自身と自分の地位に対する自信の表れだ。誰でも時々はこのポーズをとるものだが、その程度もスタイルもさまざまに異なってくる。ある人は四六時中やっているし、ほとんどやらない人もいれば、ポーズを変形している人もいる(両手を組み合わせ、親指と人差し指だけを伸ばして先端を合わせるなど)。また、テーブルの下でする人も、相手を見えるように高い場所でする人も、頭の上でする人までいる。
ジョー・ナヴァロ

日別画面へコメントする

08月06日

起床時刻:05時10分

私の知るかぎりでも、「決断」は、ほとんどの場合、遅らせれば遅らせるほど事態を悪化させるものです。――荘司雅彦

日別画面へコメントする

08月05日(金)

起床時刻:06時03分

「そんなの、教えてもらっていませんけど」「聞いていませんけど」とふんぞり返っている人がいる。上司や先輩は、あなたから授業料をもらっているわけではない――千田琢哉

日別画面へコメントする

08月04日(木)

起床時刻:03時06分[いま起きた]ボタンで記録されました。 05時21分[いま起きた]ボタンで記録されました。

高い声より低い声のほうが、相手に安心感を与える――佐藤直子

日別画面へコメントする

08月03日(水)

起床時刻:05時05分




握手をしたり、誓約書にサインをしたり、ソフトウェアのデモンストレーションを行ったり、塩をとってあげたり……と、手はプロフェッショナル・イメージの中でもかなり目につきやすい部分です。手は念入りにきれいにしましょう。もしガーデニングや車をいじることが趣味なら、手を汚す前に、保護手袋をはめるか爪に石鹸をつめます。こうすると、爪の中やまわりの汚れはこびりつきません。

時々ハンドクリームを塗ってやれば、かさつきやあかぎれを防げます。寒い時にはずっと手袋をするというのもよいです。かさかさした手は、その感触と同様、見た目も嫌なものです。週に一度は、プロに頼むにせよ自分の家で行うにせよ、爪の手入れをしましょう。定期的に予約を入れてプロに磨いてもらえば、自分自身を認識でき、それに、その一時間は、ちょっとしたビジネス書を読んだり瞑想したり、ただじっと静かにしていることに充てることができます。プロに頼まないのなら、家で定期的に爪の手入れをする時間をつくりましょう。

男性の場合、短くて清潔な爪に、あま川や皮膚に荒れのない、よく手入れされた手が本物の紳士であることの目印のひとつとなります。爪を軽く磨いてもよいでしょう。つやを出すのはやりすぎです。――スーザン・ビクスラー,古沢めぐみ

日別画面へコメントする

08月02日(火)

起床時刻:05時58分[いま起きた]ボタンで記録されました。

人は普通、ただことばを聞いたり読んだりすれば理解できると思っている。ところが、読んだ1冊から何か引用してみてくれというと、ほとんどの 人は1行もそらんじることができない。ニーチェは、それは読書をする怠け者だだ、そらんじることもできないでわかったつもりになるなと叱る。私も「声を出 して読むことを提唱する者」として、ニーチェのことばは非常に心強い。――齋藤孝

日別画面へコメントする

08月01日(月)

起床時刻:05時10分

モテる男は恋愛を「確率のゲーム」だと考える。

女性に声をかけて成功するのは一定の割合で、あとは失敗することを知っている。

数多くの女性に声をかければ、「成功する」回数が増えることを知っている。

保険の外交員をたとえに考えてみよう。75回電話をかけて1回の割合で会ってもらえ、会った人の4人に1人から成約を取れることがわかっていれば、300回の電話で1件の成約が取れる計算になる。このように一定の「確率のゲーム」で成約が取れる場合は、とにかく電話をかけまくればよいのだ。そして電話が一定の回数に達すれば、1件の成約が取れるわけだ。恋愛の場合は、10回声をかけて1回おしゃべりができ10回のおしゃべりで1回電話番号が聞き出せて、電話番号を聞き出せた10人のうち1人とデートにこぎつけることができる――といった具合だ。失敗するたびに成功に近づいていると思うことができれば、気分はぐっと楽になる。

著者の前作『モテる技術』でも、デートは「確率のゲーム」だとくりかえし述べてきた。ここでもあらためて強調しておきたい。かならず成功すると思うことで、何度でも挑戦してみようという気持ちになれるはずだ。女性に声をかけたり、気をひこうとしたりして、失敗するたびに、また一歩成功に近づいたのだということを思い出してほしい。

女性をモノにできる男性とそうでない男性の決定的な違いは、こうだ。モノにできる男性は、回数を重ねればかならず成功することを知っているということだ。モノにできる男性は失敗しても決してあきらめない。失敗すれば、すぐ新たな挑戦をする。いっぽう、モノにできない男性は友人に愚痴をこぼしたり、部屋にひきこもったり、もう女性なんかいらない開き直ったりしてしまう。

もともと「モテる男」と「モテない男」がいるわけではない。


挑戦をくりかえすのが「モテる男」なのである。そんな男が女性をモノにできる。――モテる話術 デイビッド・コープランド

日別画面へコメントする