201206 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:05:00 平均起床時刻:06:17

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

06月30日

起床時刻:06時48分

聴衆を意識する

ゲイリー・ラブマンは、カジノ経営のハラーズ・エンタテイメントのCEOである。ラブマンはたいていの社員は年に一、二度しか自分を見ないことを自覚し、社員の前ではつねに「オン」であるよう気を配っている。たとえ一言二言言葉を交わすだけでも、社員への気遣いを示す。まして公の場に出るときは、疲れていたり体調が悪かったりしても、いつもエネルギッシュに力強く行動する。リーダーのこの活気は、ハラーズの成功要因の一つと言えよう。

あなたは、自分が思っている以上に見られている。一挙手一投足に注目されるのは、社長だけではないのだ。たとえばフランスの一流ビジネススクールINSEADで教えたことのあるモーテン・ハンセンは、こんな失敗談を話してくれた。あるとき、出張から帰ったばかりで疲れ切ったまま授業に出て学生の発表を聞いていた。だがどうしても、集中できない。学生たちは発表を聞きながらも先生の様子を横目で観察し、いつもほど熱心でないと気づくと、とたんにクラスの雰囲気がだらけたという。この経験から、自分がつねに学生から見られていることを意識し、たとえ授業中でなくても表情や態度に気をつけるようになった、ハンセンは話している。

日別画面へコメントする

06月29日(金)

起床時刻:05時49分

何を言うかより、にこやかな顔で言う

二〇一〇年七月五日/愛媛県新居浜市

「ようけ集まってもろうて、本当にうれしいけん」

先にあげてた新居浜市の応援演説は、猛烈に暑い日でした。聞いている人たちは額に流れる汗をハンカチでぬぐっています。進次郎氏が応援する当のこの場の主人公・山本順三参議議員もも、暑さのあまり上着を脱ぎ、白いシャツの第一ボタンを外して腕まくりをして、暑くてたまらないという格好をしているのです。

ところが、応援に駆けつけたという小泉進次郎氏は、ネクタイこそしていませんが、このも猛烈な暑さにもかかわらず、ダークグレーのジャケットをきちんと着て、しかも、前のボタンも一つかけています。きっちりとしたスタイルを崩さず、どんどん人々に問いかけていくのです。

その時の顔は、暑さに顔をしかめている当の立候補者とちがって、あくまでもにこやかです「ようけ集まってもろうて、本当にうれしいけん」と言いながら、もう満面の笑みなのです。

こんな顔で宣伝カーに乗り込んでくるのですから、町の人々は当然彼に好感を持ちます。

小泉進次郎氏が暑くてもジャケットを着て、さらににこにこと車の上から呼びかけていることで、聞き手もまた、暑いにもかかわらずニコニコと楽しい気持ちになり、このポジティブな表情が相手まで楽しくしてしまうのです。これがパフォーマンス学で言う「ミラー効果」です。

福田元首相の静かすぎる暗い顔では、そのミラー効果によって、相手まで静かになったりしてしまいます。

さわやかでハンサムな美貌を持ち合わせ、ニコニコしてます第一声を発する。彼の行くところ行くところ、すべての応援演説には拍手が絶えず、行ったところは全部連戦連勝となっていたのも、このような理由からです。

あなたも、「何を言うか」の前に、まず「にこやかな顔で

」を、是非心がけてください。実際それで相手の心のなかの好感と反感が分かれてしまうのです。

日別画面へコメントする

06月28日(木)

起床時刻:06時57分[いま起きた]ボタンで記録されました。



“司法試験流” 勉強のセオリー (NHK出版新書 375)

作者: 伊藤真
出版社/メーカー: NHK出版
発売日: 2012/04/06
メディア: 新書
クリック: 2回
この商品を含むブログ (2件) を見る

「習慣化」と「限界からの五分」で続ける力を養う

毎日持続させるには、自分の生活の中で習慣化させる必要があります。人間というものはほんのささいなことでも異質だと感じるものを排除しようという思いが働くものです。その時間が一時間であろうが一〇分であろうが、指先に小さなとげが刺さったときのように、気になってしょうがない。

ですから、勉強などの習慣のも、それがあたかも自分の生活のリズムの一部だと、脳の錯覚させることが大切です。例えば、寝る前に歯を磨くことは苦もなくできる人が多いと思いますが、それは習慣化しているからです。別に一日くらい磨かなくても大したことないはずなのに、「やっぱり歯を磨いておかないと気持ちが悪いな」と感じる。同じように、勉強を生活の一部に組み込んでこれがないと何か落ち着かないと思うくらい、自分の中の自然な状態にしてやればいいわけです。

そのためみは、やはり、電車に乗ったときや、寝る前には必ず単語カードを見るという癖をつけるとか、歩いているときには、iPodのような携帯音楽プレーヤーで英語を聞き続ける、というふうに自分の生活習慣の中にうまく入れ込んでしまうことです。

その日にやるべきノルマがあるけれども、「もう眠いからやめてしましまえ」とあきらめてやらずに寝てしまったり、逆に、無理してこなしたことによって、翌日は疲れ果ててしまい続ける気が失せてしまったりと、両極端な行動に出てしまう人が多いんです。そうなると、やはり続けるのは難しくなってしまいます。

そうしてときに続けるコツは、やはり、自分にほんの少し負荷をかけることです。私は塾生たちによく「もう駄目だと思ってから、五分頑張れ」と言っています。もう駄目だと思ってから一時間とか、今日のノルマをやり終えるまでとなると、どうしても嫌になってしまいますから、あと五分だけ頑張るという粘り癖をつける。そうすることが、結果的には続ける力につながっていくわけです。あと少しだけ頑張ってみようという意識を常に持ち続けることが大切なのだと思います。

日別画面へコメントを読む(2)

06月27日(水)

起床時刻:07時01分[いま起きた]ボタンで記録されました。

ビジネスに効く! ~『言葉のお薬』 メルマガより


「話し方の上達のコツを学んだ」



話しと方の上達のコツは何だと思いますか?

それは繰り返し練習することです。

何だそんなことか・・・と思われるかもしれません。当たり前のことかもしれ

ません。私もはじめは、講師から「30回声に出して練習をしてください」と言

われたときに「もっと簡単に上達する方法はないのかな」と思っていました。

そもそも私が「話し方教室」に通おうと思ったのも、「話し方」のテクニック

を学びたい、「話し方」上達に効く特効薬が何かあるのではないかと思ってい

たくらいです。

そんなある日、テレビを見ていたら、高校野球の指導者がこんなことを言って

いました。

「一流選手と二流選手の違いは何だかわかりますか? それは、素直さです。

一流選手は素直に、言われたことを必ず試し、良ければ取り入れ、悪ければや

めるんです」と。

私はそれを聞いてハッとしました。私は教えていただいたことを、試しもせず、

“もっと楽な方法はないか”と、どこか他力本願で構えていたのです。私は

「素直さか・・・よし! 言われたことを何でもやってみよう!」「そうだ!

30回の声出し練習をやってみよう!」と思いました。

早速やってみました。

あるときは、カラオケボックスで歌いたい誘惑に耐えながら、そしてあるとき

は、家族が寝静まった後、金魚を目の前にして練習しました。するとどうでし

ょう。スピーチのときに、勝手に言葉がでてきました。勝手に話している自分

がそこにいたのです。それは今までに味わったことのない感覚でした。

言葉は考えながら話そうとするとスムーズにでてきません。だから繰り返しの

練習が必要なのです。スムーズに言葉がでてくる感覚は、繰り返し練習した者

でないと味わえません。

だから繰り返しの練習が必要なのです。この時初めて、「繰り返し練習してきてください」と言われたことの理由がわかったのです。

確かに「話し方」のテクニックというものもあります。しかし、それも繰り返

さなければ身につきません。そして、繰り返すことの重要性に、実践を通して

自分で気づくことです。

会話の上手な人は、始めから上手な訳ではなく、話をする習慣や場数を踏んで

きたからこそ、上手に話せるようになれたのだと思えるようになりました。

それ以来、日常でも「話し方」の繰り返し練習をしようと思い、あるゆる機会

をとらえて、挑戦するという意識に変わりました。

(平成24年6月話し方教室修了式スピーチ一より一部抜粋)

日別画面へコメントする

06月26日(火)

起床時刻:06時05分



東大生が選んだ勉強法 (PHP文庫)

作者: 東大家庭教師友の会
出版社/メーカー: PHP研究所
発売日: 2010/08/02
メディア: 文庫
購入: 1人 クリック: 10回
この商品を含むブログ (5件) を見る

大声を出しながら部屋中グルグル回って記憶する

「暗記ものは音読するのが一番」と主張するのが、本橋寛生(仮名)さん。

「目で読んだだけでは、絶対に覚えられるものじゃない。目からだけでなく、耳、口を使って頭に入れないと。実際、僕の今までの経験から考えても、繰り返し何度も音に出す方が、記憶の定着率は断トツに上がります」

と語る本橋さんは、次のようなやり方で音読し、記憶ものをこなしていたという。

「まず始めは、ざっと音読します。もちろん家で行うのですが、声の大きさはなるべく大きめに。普通のしゃべり声ぐらいまでは、出すようにした方がいい。そして二回目は、目をつぶって音読。今度は、一度その部分を離れて違うページに行き、その後再び先ほどの箇所に戻り、目をつぶってまた音読。目をつぶっていても、口からスラスラと出てくるようになったら合格ですね。出てこないようなら、何度でも繰り返す。記憶に関していうなら、反復することが何より重要ですから」。

翌日に再度音読し、軽く復習するとさらに効果が上がるという。

また、音読で覚える際のポイントとして……

「音読を始める前に、その内容を理解しておく。いざ、音読となったら、とにかく〝この文章はこういうものだ〟として、深く考えずそのまま覚えるためです」と、本橋さん。覚えるときには覚えることのみに集中する、といったところか。

日別画面へコメントする

06月25日(月)

起床時刻:05時03分[いま起きた]ボタンで記録されました。



その話し方では軽すぎます!  エグゼクティブが鍛えている『人前で話す技法』

作者: 矢野香
出版社/メーカー: すばる舎
発売日: 2012/03/07
メディア: 単行本
購入: 3人 クリック: 56回
この商品を含むブログ (12件) を見る

言い切る

×「~してみたいと思います」

○「~します」

就職活動中の学生に講演や指導をする機会があります。そのときに自己紹介や自己PRをしていただくのですが、なんと「思っている」学生が多いことか。

×「私の長所は明るいとことだと思います」

×「社会人になったらぜひ御社で働きたいと思います」

なぜ力強く断言できないのでしょう。「思っている」程度の人のことを相手は魅力的に感じるでしょうか。これを次のように言い換えると、印象はガラリと変わります。

○「私の長所は明るいことです」

○「社会人になったらぜひ御社で働きたいです」

以前、この点をブログで指摘したところ、大勢の経営者の皆さまから賛同の書き込みをいただきました。なかには「弊社は『思います』学生は採用しないと断言した方もいらっしゃいました。

学生すら厳しく評価されるのです。社会人が「思っている」ようではどうなるか、言わずもがなです。

アナウンサーにとっても「思います」はタブーの言葉の一つです。こんな中継リポートを見かけたら、その程度の軽いアナだと思ってください。

現場から中継するときに、現場の入口で、「それでは入ってみたいと思います」「私もやってみたいと思います」という発言、聞いたことはありませんか。どこか自信がなさそうに聞こえます。「それでは入ります」「私もやってみます」と断言した方がいいのです。

エグゼクティブの皆さまの発言においては、いかに言い切ることができるかで信頼度が変わります。

日別画面へコメントする

06月24日

起床時刻:05時39分[いま起きた]ボタンで記録されました。



小泉進次郎の話す力

作者: 佐藤綾子
出版社/メーカー: 幻冬舎
発売日: 2010/12/16
メディア: 単行本(ソフトカバー)
購入: 1人 クリック: 33回
この商品を含むブログ (8件) を見る

ネタの変更は、臨機応変に自由自在に

二〇一〇年四月九日/国会討論(北沢防衛大臣と激突)

「小泉純一郎君」

「いや、これは失礼、小泉進次郎君」

「早速に緊張を解いてくださってありがとうございます」

二〇一〇年四月九日、小泉進次郎氏は北沢防衛大臣と激突します。この緊張に満ちた国会討論の場で、議長がこともあろうに小泉進次郎氏の名前を呼ぶのに、真面目に本気で間違えてしまいました。「小泉純一郎君」と呼び上げて、「いや、これは失礼、進次郎君」と言い換えたのです。これへの答えは絶妙でした。「早速に緊張を解いてくださってありがとうございます」と、このように返したのです。

もちろんこれは原稿には書いてないセリフです。起きた事柄自体が、想定外のことですから。しかし、書いてきたことだけを言わなければならないと頭のなかがいっぱいになっている新人議員には、なかなか切り返しはできないはずです。

それでも当意即妙に、「早速緊張を解いてくださってありがとうございます」と言って笑わせます。

しかもこの間違いは、聞き手全員に、「あの演説の名手、長期政権を維持した手ごわい相手、小泉純一郎の息子なのだ」ということを、議長がいかに重く感じているかという議長の潜在意識をもう一度再認識させることになりましたから、これは二重に意味で効果がありました。

この時、普天間基地の問題についても、彼はほどんど原稿を見ずに、「最低でも県外と言ったことはウソではないか」と詰め寄ったのですが、やりとりのあいだ、一度も下を見ません。目は北沢大臣を見据えて背筋を前掲させて詰め寄ります。

とても若手のなりたて議員とは思えない迫力です。父親そっくりに右手をガンガン振り回し、大臣の額にまっすぐ視線を当てて「ウソだ」と言ったのですから、あわてて、視線を下に落としたのは大臣のほうでした。

相当な迫力でした。やむなく北沢防衛大臣が「最低でも県外と言ったからウソとは言えない。なぜならば努力しているのですから」と答えたのが、まるきり小学生の応答のように幼稚に聞こえました。

何かを言って、それを決まった期限までに全然実行せず、「ウソを言ったではないか」と言われて「今やっているところだった」と言うのは、よくあるそば屋の出前と一緒で、「まだ出ないのか」「いや、今出たところだ」と何の反論にもなっっていないのです。

こんな返答をたじたじと北沢大臣がしなければならないほど、この日の進次郎氏の攻め方は口調も鋭く、身ぶり手ぶりが激しく、声のボリュームはマイク不要の大きさで、つまるところ、練習に練習を重ねてこその自信があったにちがいありません。言い間違いも一切なく、原稿から目を上げての素晴らしい完成度でした。

日別画面へコメントする

06月23日

起床時刻:05時51分



上達の法則―効率のよい努力を科学する (PHP新書)

作者: 岡本浩一
出版社/メーカー: PHP研究所
発売日: 2002/05
メディア: 新書
購入: 19人 クリック: 222回
この商品を含むブログ (125件) を見る

新社会人なら

この本を読んでいる人が、社会人となってまだ間もない人なら、しばらく考えて、職業に役に立つことでも、趣味的なことでも、どちらでもよいから、なにかひとつ上達の目標を決めていただきたいと願う。社会人としての生活を始めると、一日の時間があっと言う間もなくすぎていくことに気づくと思う。仕事は、最初のうち、新しいことに接触する興奮がつぎつぎとあり、それが毎日の張りとなる。けれども、それほど日時を経ぬうちに、目新しいことがひととおりわかるようになると、こんどは、そういうものに振り回されているだけで毎日がすぎていってしまうことへの警戒感や焦燥感を感じ始めるようになる。

そういうときに、なにかひとつのことに、一日一時間くらい、あるいは週に一度か二度くらいの時間をあて、そこで自分の知識なり技能なりを積み上げていくことが、精神衛生上も非常によい。その一日一時間なり、週に一、二度なりが、心理的には自己確認の時間として機能してくれるからである。

日別画面へコメントする

06月22日(金)

起床時刻:07時15分


人を動かす質問力 (角川oneテーマ21 C 171)

作者: 谷原誠
出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日: 2009/07/10
メディア: 新書
購入: 25人 クリック: 193回
この商品を含むブログ (64件) を見る

7つのフィードバッククエスチョン

裁判の山場は証人尋問です。私は、現時点で弁護士を15年経験しましたが、いまだに重要な証人尋問の時は緊張します。尋問前には十分に準備をして臨みますが、思い通りにいく時もあれば、うまくいかない時もあります。やはり、思い通りに証人から答えを引き出せた時は、痛快です。しかし、証人から思いがけず不利な証言が出てきてしまい、その後苦戦を強いられることがあります。

そのような中で意識的に行っているのが、証人尋問が終わった後のフィードバッククエスチョンです。証人尋問の記憶が新しいうちに反省を行います。主に次のような点について、思いを巡らせます。

よくできた点は何か。
それはなぜうまくいったのか。
今後も続けたほうがよいことは何か。
うまくいかなかった点は何か。
それはなぜうまくいかなかったのか。
今後やめた方がよいことはなにか。
今後改善すべき点はどこか。


私がフィードバックを行うのは、証人尋問だけに限りません。相手方との交渉が終わった後も、この7つの質問を自分に対して行い、フィードバックします。そして、「次回の交渉では、必ずうまくやってやるぞ」と決意を新たにします。

また。日常の電話でも同じです。電話を切った後、今の電話について振り返ります。時間がなければ。後で行います。

このように、日常の色々なことに対して7つのフィードバッククエスチョンを行っていると、その全てにおいて、向上しつづけることができます。人間には癖があります。弱いところもあります。癖や弱い点は、自分で強く意識して変えていかなければ、決して変わることがありません。自分の改善してゆくためには、自分の至らない点、劣っている点、弱い点を自覚しなければなりません。そのための1つの方法が、このフィードバッククエスチョンなのです。

日別画面へコメントする

06月21日(木)

起床時刻:07時14分

どんな選択もランチと同じ

私自身、事務所経営を一人でやっていたときには1日に10回も20回も決断をしなければならない場面に直面しました(ランチを何にするかというささやかな決断から、依頼事件を受任するかどうかという大きな決断にいたるまで)。

慣れないうちは、「もう少し待って」を連発しては秘書を困らせていましたが、ある日ひとるの悟りを開きました。

「悟り」といっても大層なことではありません。

日々迫られる決断の9割以上は「先送りしても同じ」だということに気づいただけのことです。

それはそうでしょう。

自分の直面の生活や将来を左右するような決断を迫られる場面などそうそうやってこないのが普通です。

日々のビジネス上の決断は「お昼に何を食べるか」の決断とたいして変わらないものなのです。

ランチであれこれ迷っても食べ終わってしまえば同じように、日々の決断は先延ばしにしれも結論が変わることはまずありません・そう悩まずに「即決」を心がけましょう。

職場で無能扱いされる「決断力のない上司」「優柔不断な人」などというレッテルを貼らずに済むだけでなく、「頭の回転の速い人」という好印象を周囲に与えることもできてしまいます。

どんな選択も「ランチと同じ」だと割り切るだけで、あなたへの評価は大幅に変わるはずです。

日別画面へコメントする

06月20日(水)

起床時刻:06時28分



弁護のゴールデンルール

作者: キースエヴァンス,Keith Evans,高野隆
出版社/メーカー: 現代人文社
発売日: 2000/04
メディア: 単行本
購入: 3人 クリック: 14回
この商品を含むブログ (4件) を見る

自分の声の声量を知れ

他人に自分の話を聞いてもらうのにどの程度の声量を出せばよいのか確認しておきなさい。法廷は形も大きさもさまざまである。天井の高さも異なっている。ある法廷は壁に吸音材を使っているし、ある法廷はまるで鏡の中にいるかのように音が響く。ましも、まだやったことばないならば、出来るだけ多くの場所で自分の声を使って試してみるとよい。配偶者や友人を連れて行き、あなたの声がどの程度聞き取れるか教えてもらいなさい。自分の声量の範囲と音程とを点検してみなさい。一番重要なことは、どうしたら静かに話しながら、それでも容易に聞き取ってもらえるかを発見することである。なぜかというと、法廷においては物静かで会話口調であるばあるほど、効果的であるのが普通だからである。

偉大な雄弁家の時代は終わった。――少なくとも今はそんな時代ではない。現代ではピーター・シンソンズのような演説――会話口調で、情報に富み、そして本当に穏やかな演説――の方が人々の共感を得られる。だから、あなたの声量の静けさの限界がどこにあるのかを知っておくことは必須のことである。

そうしないと、あなたの話は退屈に聞こえてしなうのであり、あなたの話が退屈に聞こえてしまえば、他のすべてのルールを活用して達成されたことがほとんど台なしになってしまう。テープレコーダーで自分の声を聞いてみなさい。もし可能ならば、誰かと話している時にビデオカメラをセットしてみなさい。そして、それを後で聞いてみなさい、見てみなさい。スピードは速すぎないか? 遅すぎることはないか? 低音と高音の差はどのくらいか? 聞いていて楽しいか? 聞き苦しいことはないか?

はじめのころに言ったように、われわれはこのように自分自身を検査することには臆病である。しかし、臆病になってはいけない。他に人々は法廷で一日中あなたを検査することになるのだ。人をいらいらさせるあなたの癖、しかも簡単に直すことができるあなたの癖を知る最後の人間があなた自身であるというのは耐えられないだろう。

日別画面へコメントを読む(2)

06月19日(火)

起床時刻:06時53分



FBI式 人の心を操る技術 (メディアファクトリー新書)

作者: ジャニーン・ドライヴァー,高橋結花
出版社/メーカー: メディアファクトリー
発売日: 2010/06/29
メディア: 新書
購入: 9人 クリック: 234回
この商品を含むブログ (11件) を見る

力強く立って局部をアピール

局部や下半身を上手にアピールしてポイントを稼ぎたいなら、立ち方に気を配るのも一つの道だ。足はしっかりとした土台になってくれるだけでなく、あなたの興味やパワー、自信を示す手伝いをしてくれる。

女性が立っているときの両足の幅の平均値は15cm。男性は15~25cm。自分が心地よいのはこのくらいの幅だろうが、これを少し広げるだけで印象はよりパワフルになる。足を開いて立つなんて女らしくない、あるいは男臭すぎると最初は思うかもしれない。しかしほんのわずか広げるだけで、あなたがみずから口にしなくても、自信にあふれた人物として評価があがるのだ。

足の幅を開けると、なぜ自信家という印象が強くなるのか? 2本のロウソクがテーブルにある様子を想像してほしい。1本は細長く、もう1本は太く短い。何かがテーブルにぶつかったら、細長いほうは倒れるだろうが、太くて短いほうは動かないはず。足を広げた立ち姿は、この太く短いロウソクのように、簡単には倒されないという印象を人に与えられるのである。自分の考えや勤めている会社に確固たる信念を持っていると感じさせるためには、足の幅を広げて、太く短いロウソクになってみることだ。緊張や不安で足首を絡ませたくなったら、こうしてみよう。両足を開き、しっかりと大地に置き、爪先をぎゅっと縮めて不安を放出するのだ。誰にも気づかれない!

日別画面へコメントする

06月18日(月)

起床時刻:04時33分



人の印象は3メートルと30秒で決まる―自己演出で作るパーソナルブランド (祥伝社新書 105)

作者: 江木園貴
出版社/メーカー: 祥伝社
発売日: 2008/03/26
メディア: 新書
購入: 3人 クリック: 25回
この商品を含むブログ (20件) を見る


よい第一印象の人は、その後ミスしても許される

人生において、始めて会う人が日に何人かいるはずです。それらの初対面の、たった30秒で「素敵な雰囲気でいい人」だとか「理知的でスマートな人」と相手の目に映っておけば、一生、好意的に見てもらえるベースができることになります。

よい第一印象のベースがあれば、たとえその後に小さなミスをする場面があっても、「彼(彼女)は、いつもきちんとしているから、今回のミスは疲れていただけだよ」とベースとなるイメージに基づいた好意的フォローに恵まれ、失敗によりネガティブな評価は一時的なものにどどまるでしょう。

人は、「自分をきちんと見せたい」という意識のある人と、意識のない人に分かれます。

意識がある人は、どんな場面に出ても失敗が少ないものです。それはいつも周囲に気を遣い緊張して振る舞うことではありません。自分が相手の目にどう映るかに対して、常に意識的に過ごせる人のことです。急なアポインや接待、または合コンだとしても、いつでも人に会える備えをしているかどうかで、多くのチャンスを手にできるのです。

日別画面へコメントする

06月17日

起床時刻:08時29分



スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫

作者: サミュエルスマイルズ,竹内均
出版社/メーカー: 三笠書房
発売日: 2002/03/21
メディア: 文庫
購入: 38人 クリック: 263回
この商品を含むブログ (134件) を見る


衣の下に隠された豊かな心を見ぬく

真の礼節を知る人間は、他人の意見にもよく耳を傾ける。昔からいわれるように、不作法が高じると独善に陥りやすい。独善の最悪の表れが教情と傲慢である。

人によって考え方が違うという事実を、われわれはまず認めなくてはならない。実際に意見が衝突したら、がまんにがまんを重ねてねばり強く話し合うべきだ。

信念や意見は穏やかに主張し合えばいいのであって、何も口角泡をとばして激論やなぐり合いに及ぶ必要はない。暴力沙汰にはならなくても、無礼な言葉が相手の胸に突きささり、いやしがたい傷を残す場合もある。このような事態はくれぐれも回避したほうが身のためだ。

立派な礼節は、地位や身分にかかわたず誠実で思いやり深い心から生まれる。力仕事に従事しているからといって、必ずしもそのふるまいが荒っぽく粗野なものになるわけではないし、上品な職業についていてもからっきし不作法な連中もいる。

不断に修養を積み、より多くの人間と接するように努めれば、われわれは自分本来の人間性を少しも損なうことなく礼節や洗練された態度を身につけられるだろう。貧富の差や、また生活条件の違いにもかかわらず、人は誰でも広く豊かな心を持てるはずだ。

日別画面へコメントする

06月16日

起床時刻:07時13分



小泉進次郎の話す力

作者: 佐藤綾子
出版社/メーカー: 幻冬舎
発売日: 2010/12/16
メディア: 単行本(ソフトカバー)
購入: 1人 クリック: 32回
この商品を含むブログ (7件) を見る

左右均等の視線で聴衆を飽きさせない

小泉純一郎氏、オバマ大統領ともに聴衆のすべてを見回す視線のデリバリーの達人であることをすでに書きましたが、進次郎氏もこの若さで視線のデリバリーを身につけています。

七月五日の新居浜でも、どんなに暑くても周りをぐるりと見回しながら、子ども手当をもらっている人はだれ、このなかで車を運転する人はだれですか、というように視線をぐるぐると回していました。これが聞き手を視線によって巻き込むのです。オバマ大統領が天才的に身につけているこの力を、進次郎氏は父親を見ることによって体得したのでしょうか。

青森県で二〇一〇年三月七日、「こっだら寒いなか、よくおいでやんした」と方言で挨拶した時も同じことが起きています。おそらく寒くて、聞いている人たちはカタカタと震えながら、それでも車の上の進次郎氏に目線を一生懸命集中させていたことでしょう。

どの方向からでも自分の顔や姿を見えるように、彼はぐるぐると顔の方向を全体に公平に分配(デイバリー)し、そこで一瞬ずつ聴衆とアイコンタクトを合わせて、聴衆を巻き込んでいくのです。オバマ氏と共通の、演説のうまい政治家の最大の条件です。

日別画面へコメントする

06月15日(金)

起床時刻:06時44分



「権力」を握る人の法則

作者: ジェフリー・フェファー,村井章子
出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
発売日: 2011/07/21
メディア: ハードカバー
購入: 2人 クリック: 86回
この商品を含むブログ (7件) を見る

記憶を手がかりに感情を呼び起こす

ときには、自分の気持ちにそぐわない感情を演出しなければならないこともある。確信が持てないのに自信ありげな様子をしなければならないとか、じつはビクビクものなのに怒って見せなければならない、あるいは深く失望し落胆しているのに理解と共感を示さなければならない、等々。必要な感情を演じるには、自分が実際にその感情を抱いた瞬間を思い起こし、そのときの状況に身に置いたつもりになるとよい。その出来事を思い出せば、そのときの感情がよみがえってくるだろう。その意味で、感情の演出は嘘をつくのではなく、別とき別の場所で抱いた自分の本物の感情をいまここで提出するのだといえる。

とは言え多くの場合、一種類の感情を示せば事足りるわけではない。たとえば高い地位に昇進した場合、自分のやることはわかっているという自信に満ちた態度で臨み、頼り甲斐のあるリーダーであることを示す一方で、謙虚さや協調性を示す必要もある。さもないと、傲慢で鼻持ちならない上司だと思われかねない。このように、ときに相反する感情を同時に表現するのは、それなりのコツがいるし練習も必要になる。だが基本は同じである。そうした感情を引き起こした出来事や人物を思い出し、その状況に浸ることだ。

日別画面へコメントする

06月14日(木)

起床時刻:06時44分



その話し方では軽すぎます!  エグゼクティブが鍛えている『人前で話す技法』

作者: 矢野香
出版社/メーカー: すばる舎
発売日: 2012/03/07
メディア: 単行本
購入: 3人 クリック: 53回
この商品を含むブログ (11件) を見る

絶えず動かない

よく見かけるクセ、かつ私が思う最悪なクセは絶えず動いていることです。例えば貧乏ゆする。しきりに貧乏ゆするしている人を見たら、どんな印象を持ちますか。落ち着きのないどこか信頼できない人と判断することでしょう。

絶えず身体の一部を動かしていると、身体の安定感のなさから、心が動揺しているように伝わります。どこかそわそわ落ち着きのない人に見え、印象も軽くなってしまいます。

自分は貧乏ゆすりはしない、という方も安心してはいけません。一番多く見かける動くクセは貧乏ゆすりではありません。

身体が絶えず動くクセのなかで、特に多いものとは、いったい何でしょうか。

それは、「頷き」と「瞬き」です。

相手の話を聞きながら、相づちのかわりに「うん、うん」と何度も頷く人。

自分が話しながら、自分の話に「うん、うん」と頷く人。

話をしながら、何度も瞬きをする人。

相手の話を聞きながら、何度も連続で瞬きをする人。

頷く、頭が動くという動作がいけないのではなくて、「何度も」動くというのがいけません。回数が問題なのです。

頷くときは、大きく一回だけ「うん」と頭を上下に振りましょう。複数回小刻みに上下させる、郷土玩具の「赤ペコ」のような頷きがいけないのです。

日別画面へコメントする

06月13日(水)

起床時刻:06時34分



小泉進次郎の話す力

作者: 佐藤綾子
出版社/メーカー: 幻冬舎
発売日: 2010/12/16
メディア: 単行本(ソフトカバー)
購入: 1人 クリック: 31回
この商品を含むブログ (6件) を見る

アイコンタクトで引きつける

「見つめられているか、いないか」これは聞き手にとって大いに満足感を分けるポイントです。

ある時私は、「マツケンサンバ」で一世を風靡した松平健さんを取材したテレビ番組を見ました。キャーキャーと中年女性たちが囲んでいる時に、テレビインタビュアーが「なぜ松平さんが好きなのですか」と聞いたら、五、六人の女性が一斉に「だって私のほうをよく見てくれているのですから」と答えたのを見て、「やっぱりね」と思ったのです。

全員が「自分を見ている」と答えているのは、実際にはありえないことですから。けれども、目の周辺の総称「眼輪筋」がよく動き、その人のほうをしっかりと向いているので、きっそそう錯覚したのでしょう。

相手の目と自分の目線が合う「アイコンタクト」は、見つめている時間の長さ、方向性、そして見つめている強さの三点でつくられます。

強さについては、目の上の「上眼瞼拳筋」の引き上げ方の強さによって決まるのですが、このアイコンタクトの使い方の天才が、オバマなのです。

オバマは視線使いでもまた天才的なのです。実はこの視線使いのテクニックを現在受け継いでいるのは、まだ政治演説の経験の浅い若き小泉進次郎氏です。だから私は、第1章で「小泉進次郎恐るべし」と書いたのです。

日別画面へコメントする

06月12日(火)

起床時刻:05時03分[いま起きた]ボタンで記録されました。



仕事力 青版 (朝日文庫)

作者: 朝日新聞社
出版社/メーカー: 朝日新聞出版
発売日: 2009/03/06
メディア: 文庫
購入: 2人 クリック: 10回
この商品を含むブログ (12件) を見る

今日から仕事は面白くできる――北城 恪太郎

仕事の面白さとは前向きに作り出せるものだと思っています。今、担当している仕事がつまらないと感じているなら、まず一つの自分なりの小さな目標を探し出すことです。もっと効率的にする方法は何か。お客様に喜んでいただけることは何か。そしてそれを成功させるために仕事のやり方を考えていく。小さな目標が達成できると、仕事はがぜん面白くなります。

会社の中で、明るく、楽しく、前向きに挑戦を始める。面白いと思って取り組むと必ず見え方が違ってきます。仕事の不満を数え上げるのではなく、解決策を実現する努力を自分自身から始めてください。

もちろん、うまく達成感ばかり得られるわけではない。苦しい仕事をやり続けなければならない日々も多い。しかし、それが成功した後の喜びは、仕事をしていて本当によかったと感じられるほど大きなものです。

山を登る時のように、途中は苦しく、終わりのない道程のように見えても、頂上にたどり着けばすばらしい景色が開けてきます。

私も三十数年仕事をしてきて、苦しくても逃げずに成し遂げたことは忘れません。その達成感は人生の喜びです。

一日の大切な時間のほとんどを使い、30年も40年も仕事に生きるのが多くの人の人生です。それならなるべく自分の能力と適性に合った仕事を探し、面白いという手応えを持って進んで欲しい。そいういう仕事への取り組みが方が、あなたの生き方に大きく役立つと思います。北城 恪太郎

日別画面へコメントする

06月11日(月)

起床時刻:06時32分

「聞く力」を養うトレーニング

人は生活の中で聞くことにより情報を得ています。しかし、その内容を真に理解するためには学習が必要です。ただこれは、何歳からでも養っていくことができる能力なのです。

「聞く」ためにはまず集中力を高めることです。「聞こう」と意識することだけがコツと言っても過言ではありません。全身で相手の話を聞こうとする。その意思がそのまま「聞いて理解する力」になります。

友人との会話でも聞く力を養うことはできます。聞くことを意識しながら話すのです。「自分はこの友人との会話で何を聞くのか」というテーマを持って臨んでみてください。

こうした意識で進めていくと、相手の言いたいことに自分の周波数を合わせることができます。次第にチューニングの自在な感覚も習得できるようになります。

「聞く」トレーニングの第1段階として、自分を聞く状態に置くことが大切です。学校の授業、ビジネスでの会議はもちろん、講習会や講演会に積極に出て、相手は何を伝えたいのか、そこから私は何を受け取るのか、と考えるのです。何度か繰り返すうちに、「聞く力」がぐっとアップしていることがわかるでしょう。

日別画面へコメントする

06月10日

起床時刻:08時03分



「権力」を握る人の法則

作者: ジェフリー・フェファー,村井章子
出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
発売日: 2011/07/21
メディア: ハードカバー
購入: 2人 クリック: 85回
この商品を含むブログ (7件) を見る

外見や動作に気を遣う

背の高い人間の方が報酬が高く、高い地位を占めやすいというデータがある。また、肉体的な魅力が高報酬につながりやすいというデータも出ている。だからと言って底上げシューズを履いたり、美容整形をしたりするにはおよばない。あなたが持っているもので十分勝負できる。まず、服装だ。ヘアスタイルやファッションはもちろん、身につける色でも力強い外見を演出することができる。一度はプロのスタイリストに相談するといい。

そしてヘアスタイルやファッション以外に大事なのは、立ち居ふるまいである。権力や地位があるようにふるまうことが大切だ。俳優兼監督のビル・イングリッシュは、劇場を経営するとともに、演劇学校でも教えてる。授業では「権力者らしくふるまう」ことも教えているのだが、そのときイングリッシュは生徒に姿勢を口やかましく注意する。神経質になっているときや緊張しているとき、人間は、体が縮こまり、背中をまるめるなど、防御の姿勢をとりやすい。それでは権力者らしいとは言えない。背中をぴんとまっすぐにして立ち、胸は反り気味にし、骨盤を拡げるようにするだけで、威嚇的に見える。その姿勢で相手に向かってのしのし近づいていけば脅威を与えられるし、面と向かって立てば、相手はかなり気後れするだろう。逆に背を向けたり後じさりしたりすれば、相手が優勢になる。

動作によっても、権力や決意を表すことができる。円を描くように手を動かしたり手を動かしたり腕をくねらせたりするのは、力強い印象を与えない。長く曲線的な動作ではなく、短く直線的な動作を心がけるとよい。また、まっすぐに目を見て話せば、力強さだけでなく正直で率直な印象を与えることができる。一方、目を伏せるのは自身がなく内気な印象、目を逸らすのは何かを隠している印象を与える。

日別画面へコメントを読む(2)

06月09日

起床時刻:05時23分[いま起きた]ボタンで記録されました。

カーネギー名言集 新装版

作者: デールカーネギー,ドロシーカーネギー,神島康,D・カーネギー
出版社/メーカー: 創元社
発売日: 2000/10
メディア: 単行本
購入: 5人 クリック: 12回
この商品を含むブログ (15件) を見る

毎朝自分自身に励ましの言葉をかけるなんて、馬鹿馬鹿しい子供じみたことであろうか? そうではない。これこそ健全な心理学の神髄ともいうべきものだ。「われわれの人生はわれわれの思考によってつくられる」この言葉は18世紀前にマウクス・アウレリウスが『自省録』に書いたときと同様、今日でも真理なのある。デール・カーネギー

わたしは、人の意見に真っ向から反対したり、自分の意見を断定的に述べないことにした。決定的な意見を意味するようなことば、たとえば、〝確かに〟とか〝疑いもなく〟などということばはいっさい使わず、その代わりに「自分としてはこう思うのだが……」とか「わたしにはそう思えるのだが……」ということにした。相手が明らかに間違っ主張をしても、すぐにそれに反対し、相手の誤りを指摘することをやめた。そして、「なるほどそいういう場合もあるだろうが、しかしこの場合は、少し事情が違うように思われるのだが……」とぐあいに切り出すことにした。こうして。今までのやり方を変えてみると、ずいぶんと利益があた。人との話し合いが、それまでよりもよほど楽しく進む。控え目に意見を述べると、相手はすぐ納得し、反対する者の少なくなった。わたし自身の誤りを認めるのが大して苦にならなくなり、また、相手の誤りも、たやすく認めさせることができるようになった。

この方法を用いはじめたことは、自分の性質を抑えるのにずいぶん苦労したものだが、しまいには、それがやすやすとできるようになり、習慣にさえもなってしまった。おそらくこの50年ほどの間、わたしが断定的ないい方をするのを聞いた人は、だれもいないだろう。新制度の設定や旧制度の改革を提案すると、みなすぐに賛成してくれたのも、また、市会議員になって市会を動かすことができたのも、主として、第2の天性となったこの方法のおかげだと思う。もともとわたしは口下手で、決して雄弁家とはいえない。ことばの選択に手間取り、選んだことばもあまり適切ではないことが多い。それでいて、大抵の場合自分の主張を通すことができたのである。ベンジャミン・フランクリン

日別画面へコメントする

06月08日(金)

起床時刻:06時44分[いま起きた]ボタンで記録されました。

社長や講師の話し方を参考にする

普段、新卒社員から社長までさまざまな役職の方々と時間をともにしますが、そこから感じる、20代が先輩から学ぶべきことが一つあります。それは「話し方」です。

20代の新卒や若手社員、店長の研修をしていると、ほとんどの方が「おとなしい」のです。

研修では必ず発表の場を作るのですが、この年代の多くの人が前に出て話すときに、声が小さく身ぶり手ぶりが少ないのです。

したがって、私はいつも「もっと大きな声で、身ぶり手ぶりを添えて話してください」と伝えています。

指摘されれば、皆さまそれなりに話せる方ばかりなのですが、はじめは遠慮気味です。

一方、総評の社長の挨拶になると、全く伝え方が変わります。身ぶり手ぶりを加えて、少しでもよい店、組織作りについて、研修をキッカケにして実現してほしい、というメッセージが明確に伝わってきます。

もちろん、社長のような話し方をいきなりはできません。なぜなら、圧倒時に人前で話す回数が少ないからです。しかし、見て学べることはたくさんあるのではないでしょうか。

さらに講師の話し方も同様です。セミナーや研修会に参加すると、講師の話し方はいつも勉強になります。

日別画面へコメントする

06月07日(木)

起床時刻:06時50分

心を上手に透視する方法

作者: トルステン・ハーフェナー,福原美穂子
出版社/メーカー: サンマーク出版
発売日: 2011/08/25
メディア: 単行本(ソフトカバー)
購入: 7人 クリック: 246回
この商品を含むブログ (21件) を見る

プロポーズにうわの空でイエスと返事をしても、相手は満足しない

何をしていても、私たちは何らかの形で行動している! そして周囲に向けて、常にシグナルを送っている。地下鉄に乗ってじっと立っているときや、ゆっくりと静かに新聞を読んでいるとき、床をじっと見ているときですら、あなたの行動は何かを表現している。

バロアルト・グループのメンバーで、コミュニケーションを研究した著名な心理療法家のポール・ワツラウィックは、「私たちはコミュニケーションをしないでいることはできない」と言った。

ここで大切なのは、周囲のたちが出すあらゆるシグナルを正しく解釈し、また自分自身がでしているシグナルの認識の仕方を学ぶことだ。僕がコミュニケーションをテーマに開催したあるセミナーの参加者は、まさにこのテーマの核心をついてこう言った。「コミュニケーションとは、我々が何を言うかではなく、ほかの人にどう受け取られるかです」。どう受け取られるのか、そこから、次の反応が生じてくるのだ。

どんなコミュニケーションでのプロセスにおいても、メッセージが発せられるレベルがいくつかある。このテーマでは、以下の3つのレベルが特に重要である。

①内容のレベル(つまり発せられた言葉の意味)

②声のレベル(大きな声、小さな声、話のスピード、震えがちな声、はっきりとした声など)

③身体言語のレベル(表情、身ぶり、姿勢)

これに関して、カリフォルニア大学ロサンゼルス校のアルバート・メラビアン教授が調査を行い、興味深い結果が出た。メラビアンは、声と身体言語が、相手にどれほど影響を与えるのかに関心をもった。

調査の結果はこうだ。ある発言の内容そのものから伝わるのは、たったの7パーセントだ。残りの93パーセントは、身体(55パーセント)と声(38パーセント)によって伝えられる! どうやら、もっと正確に聞き取り、もっと正確に観察するだけの価値はありそうだ。

日別画面へコメントする

06月06日(水)

起床時刻:06時29分

人を動かす質問力 (角川oneテーマ21 C 171)

作者: 谷原誠
出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日: 2009/07/10
メディア: 新書
購入: 25人 クリック: 192回
この商品を含むブログ (63件) を見る

あいづち・うなずき

ますは「あいづち・うなずき」です。相手が話してるときに、首を縦に振ったり、合いの手を入れたりして相手の話を促す行為です。あいづちやうなずきは首を縦に振ります。これは肯定の意思表示となります。あいづちをされると相手は自分の意見が受け入れられているように感じ、自尊心が満足します。反対に、聞き手ながら少しも首を動かさなかったり、横に振ったりすると、話している方が不安になります。

私は講演やセミナーを依頼されることがありますが、聴衆がうなずきをしてくれるととても安心して楽に話せるようになります。しかし、うなずきがないと、「あれ? うまく伝わってないかな? 興味がないのかな」などと、私の話を理解してくれているのかどうか、受け入れてくれているのかどうか判断できず、不安なまま話を続けなければなりません。そのような中でうなずき効果を身をもって体験しています。

したがって、自分が質問をし、相手が答えるときには、否定せず、あいづちやうなずきを入れながら相手の答えを引き出すようにしましょう。

日別画面へコメントする

06月05日(火)

起床時刻:06時14分

FBI捜査官が教える「第一印象」の心理学

作者: ジョー・ナヴァロ,トニ・シアラ・ポインター,西田美緒子
出版社/メーカー: 河出書房新社
発売日: 2011/01/14
メディア: 単行本
クリック: 8回
この商品を含むブログ (12件) を見る

声のもつ力

矛盾しているように思えるかもしれないが、声にもノンバーバルがある。ニュースキャスターの声は、なぜみな似ているのだろうか? それは深みがあってなめらかな声を真似ようとしているからだ。何度かいっしょに仕事をしたことのあるキャスターのトム・ブロコウも、そういう声をしている。声に蜂蜜にような甘さがある。誰もがそういう声をもっているわけではなく、私にもないことは百も承知だが、それでも真似ようと試みる。私は緊張すると声が高くなりがちなので、それを克服しようと努力する。人は甲高い声を嫌い、高い声では尊敬の念を得られない。

日別画面へコメントする

06月04日(月)

起床時刻:05時45分[いま起きた]ボタンで記録されました。

「権力」を握る人の法則

作者: ジェフリー・フェファー,村井章子
出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
発売日: 2011/07/21
メディア: ハードカバー
購入: 2人 クリック: 84回
この商品を含むブログ (7件) を見る

自信ありげにふるまう

どのように行動するか、どのように話すかを私たちは自ら選ぶわけだが、その決定次第で強さを演出することもできれば、弱い人間に見られてしまうこともある。編集者のハリエット・ルービンは、その秘訣を会得した一人だ。リーダーシップ本のシリーズを担当してきたルービンは、折に触れて各界のリーダーに取材する機会があり、大事なのは臆することではなく主役としてふるまい、自らの力を誇示することだと察知する。それを実践して編集長に昇格し、いまやリーダーシップに関する本や評伝を自ら書くようになった。ルービンは、正しい。話し方やふるまいや外見によって力を誇示できるかどうかは、就職活動から契約交渉、記者会見にいたるまで、あらゆる場面でモノをいうのである。

大手スーパー、サムズクラブやウォルマートの採用担当者も、同じ事を言っている。

「自信にあるふる態度の学生も少しはいますが、大半の学生はナーバスになっています。私が好感を抱くのは、こちらの目を見てはっきりとモノを言い、自分の言葉で話せる学生ですね。目をそらしたり、口ごもったり、自分ことをうまく説明できないような学生は採りません」

日別画面へコメントする

06月03日

起床時刻:04時11分[いま起きた]ボタンで記録されました。

聞く力―心をひらく35のヒント (文春新書)

作者: 阿川佐和子
出版社/メーカー: 文藝春秋
発売日: 2012/01
メディア: 新書
購入: 2人 クリック: 193回
この商品を含むブログ (28件) を見る

アドバイスはしない

臨床心理学者の河合隼雄さんにお話を伺ったときは、人の話を「聞く」ことの大切さを改めて認識させられました。

河合さんは文化庁長官も経験なさいましたが、基本的には「セラピスト」のような仕事がご職業。心にさまざまな傷を抱えるたくさんの方々のカウンセリングをしておいででした。そこで私はさっそく、

「患者さんに、どんなアドバイスをなさるのですか」

と伺いました。すると河合さん、

「アドバイスはいっさいしません」

え、アドバイスをしないの? 意外でした。じゃ、カウンセラーは何をするのかしら。

「俺はね、ただ相手の話を聞くだけ、聞いて、うんうん、そうか、つらかったねえ、そうかそうか、それで? って、相づちを打ったり、話を促したりするだけ」

とおっしゃる。

「どうしてアドバイスをなさらないんですか」

それには理由がありました。

かつて河合さんはある若者の悩みを聞いて、それに対して、「こうしたらどうだろう」という提案をなさったことがあるそうです。若者は素直に河合さんのアドバイスを受け入れて、その後、実行した。それからしばらくのち、若者は再び河合さんのところを訪ねてきて、

「だいぶ元気になりました。先生のアドバイスのおかげです」

よかったよかった。じゃ、また何か心配なことが起こったら、いつでも相談にいらっしゃい。河合さんは安堵して若者を見送ったのですが、さらにしばらくして、若者が河合さんのところへ、今度は怒ってやってきた。

「先生の言う通りにしたら、ひどいことになった。どうしてくれる」と。

「つまり、他人のアドバイスが有効に働いたときはいいのですが、何かがうまくいかないくなったとき、そのアドバイスが間違っていたのだと思い込んでしまう。すべての不幸をアドバイスのせいにして、他の原因を探さなくなってしまうのです」

カウンセラーの責任逃れのように聞こえてしまうかもしれませんが、そうではない。本当に心の病を治そうとするならば、地道にその原因となるものを探し出さなければならない。にもかかわらず、他人の指示に頼ってしまうと、うまくいかないのは全部、そこに原因がある、こうしろと言ったアイツのせいだと勘違いしてしまう恐れがあるのです。だから僕はアドバイスをしない。病気の治療には役立たないからですと、河合さんはそんなふうにおっしゃいました。

日別画面へコメントを読む(2)

06月02日

起床時刻:06時47分[いま起きた]ボタンで記録されました。

論争 格差社会 (文春新書)

作者: 文春新書編集部
出版社/メーカー: 文藝春秋
発売日: 2006/08
メディア: 新書
クリック: 15回
この商品を含むブログ (57件) を見る

我が家では書籍代と新聞代などは別会計である。領収書をもってくれば、月末に精算する。それを入れても、子どもへの仕送り額は総計で全国平均値を超えない。学生にとって勉強は本分なのに、しかも自分で稼いでもいないのに、仕送り(または生活費)が一定だから活字関係を買わなくなるのだ。あたりまえである。だから、それを別会計にすれば良い。そうすれば、本代や新聞代をケチらず、社会に出たら当然やることになる精算業務も習熟できる。

ブログでの日記は、出張が多い親や、大学生と別居している親にはとりわけ好都合だ。ほどよい距離が保て、いざというときに助言もできる。

何より、少なからぬ未知の読者を納得させなければ成立しえないネット上の公開日記は、自分を客観視する可能性が増すだけでなく、我々の世代ではとうてい考えられないほど「文章力」があらゆる場面で求められる現代社会でも、その力を高めて損をすることはない。提案書も、企画書も、稟議書も、日報も、上司や取引先との通常連絡も、文章が基本になった。

文章力の研鑽は、現代の若者にとって、ローリスク・ハイリターンなのである。

日別画面へコメントする

06月01日(金)

起床時刻:03時31分[いま起きた]ボタンで記録されました。

小泉進次郎の話す力

作者: 佐藤綾子
出版社/メーカー: 幻冬舎
発売日: 2010/12/16
メディア: 単行本(ソフトカバー)
購入: 1人 クリック: 29回
この商品を含むブログ (5件) を見る


あえて原稿を見ず、自信を演出する

進次郎氏が応援演説のような、政治プロフェッショナルではない一般市民に話す時だけに演説の才能を発揮すると思ったら、とんでもない間違いです。

彼の本当の恐ろしさは、経験豊かなプロフェッショナルに対してもまったくひるむことなく、時には原稿を見ずにガンガンと自説を展開する能力です。それらの専門演説のなかで私の記憶によく残っているのは、20105月13日の衆議院本会議における彼の発言です。

名前を呼ばれてスタスタと大幅なステップで登場した進次郎氏は、「このように立派な業績を立ててきた田中委員長に反対するのは非常に残念ですが」と通り一遍の美辞麗句を使ったあと、「私は委員長の解任賛成論をこれから展開します」と言って、それから、「なぜ賛成するのかという理由3点を順をおって言っていきます」と予告しているのです。

このように自分がこれから言うことが3点あり、手短に3点のポイントだけを先に言って、あとから順を追って事短かに説明していくやり方は、西欧型のプレゼンのテクニックでは最もよく使う模範的なやり方です。

私の「ASプレゼンテーション」でも、いつもビジネスマンに教えているやり方で、相手の心に最も理路整然と、しかも強い自信とともに伝わってくるやり方なのです。「3点ある」と聞いた人は、1は何で2は何で、3は何でだろうと耳をそばだてるわけです。

そこで彼はこう言うわけです。「私たちに暴力行為はありませんでした。あったのは民主党の強行採決であります」。この時、彼はまったく原稿を見ていません。

右手を大きく振り上げ、首を大きく振って、ワーッと飛んでくる大きな声の野次のあいだ、次の言葉を発しないのです。そして、「ご静粛に」という議長の声とともに少し静まったタイミングを見計らって、「強行採決があった、そうではない、もし間違っている、暴力行為はなかったということがわかったら、潔く撤回してほしい」。これは会場が割れるほどの大声でした。

そして、反対議員たちの目をまっすぐに見つめながら、民主党の主張のなかの無理をきちんと3点挙げていくのです。「仙石大臣が正当だと言った、公務員の費用削減アイディアに対する3つの反対理由を、箇条書きに反論していきます。例えば、公務員を2割カットするために採用を控えなければならない。そうなれば霞が関は高齢化します」というわけです。

この発言をビデオに録って何度も聞いた私は、なんと弁舌が論理的に構築されているものか、しかも原稿を見ていない、と驚きました。

何かを話す時、原稿を持って話す癖のある読者は、直ちにそれをおやめください。それだけでも相当に自信の演出ができます。



昨夜、財布を拾いました。

中身は5千円とICOCA、図書券2枚、中古ゲーム店のポイントカード。

交番に届けたら受け取りは3ヶ月後。

持ち主には早く見つかってほしいと言いたいが、5千円を受け取りたいケチな心も働く。

日別画面へコメントする