201312 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:05:00 平均起床時刻:05:58

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

12月31日(火)

起床時刻:06時35分[いま起きた]ボタンで記録されました。

「成功とは、達成したいと熱望するものに、あなたの持てるすべての力を集中することである」ウィルファード・A・ピーターソン

日別画面へコメントする

12月30日(月)

起床時刻:06時38分[いま起きた]ボタンで記録されました。

「成功に不可欠なのは、肉体的にも精神的にも疲労をためず、ひとつの問題にエネルギーを注げる力である」トーマス・エジソン

日別画面へコメントする

12月29日

起床時刻:05時49分[いま起きた]ボタンで記録されました。

「あなたが望む習慣をすでに身につけているかのようにふるまい、何度もその行為を繰り返したとき、あなたのなかにその行為をぴったり一致する習慣が形成される」ウィリアム・ジェイズム

日別画面へコメントする

12月28日

起床時刻:06時37分[いま起きた]ボタンで記録されました。

「感銘を与えるような話し方を身につけるには、練習、とりわけ声に出して練習するのが一番である」ブライアン・トレーシー

日別画面へコメントする

12月27日(金)

起床時刻:07時08分[いま起きた]ボタンで記録されました。

「〈ペプシ〉にいたころ上司に言われて、いまでもよく覚えていることばがあります。本当に気にかけている人には建設的なフィードバックを与え、そうでない人には褒めことばしか言わないというものです」メイグリード・アイヒテン

日別画面へコメントする

12月26日(木)

起床時刻:03時42分

「贈り物をあげよう。フィードバックという贈り物を」ダグ・マッカリー

日別画面へコメントする

12月25日(水)

起床時刻:08時05分[いま起きた]ボタンで記録されました。

「たいていの人は、つまらなそうな仕事や地味な仕事にはやる気を起こさないし、興味を持たない。そういう仕事を率先して引き受け、人並み以上にうまくやってのければ、あなたにビッグチャンスが回ってきたときにケチをつける人はたぶんいないだろう。それに、たいてい重要そうでない仕事も、意外に将来の役に立つものである」ジェフリー・フェファー

日別画面へコメントする

12月24日(火)

起床時刻:07時30分[いま起きた]ボタンで記録されました。

とくに便宜を図らなくとも単に公正で礼儀正しいだけでも、人は好感を持つものである。というのも、礼儀正しい人間を攻撃するのはむずかしいからだ。ささやかな行為が意外に大きな効果を発揮することは、覚えておいて損のない事実である。たとえば誕生パーティに出席する、葬式に列席する、ランチを共にする、病気に見舞いに行くといったちょっとしたことが相手の心に通じる。上院議員のロバート・ケネディは、四七年におよび議員生活を通じて数々の法案を成立させている。また、共和党陣営にまで多くの友人を持っていた。それができたのは、誰に対してもフレンドリーで、よく話を聞いて相談に乗り、相手にとって重要なイベントには喜んで時間を割いたことが大きい。人間は自分のことを話したがり、関心を持ってもらうのがうれしい生き物なのである。だから、そうする機会を与えてあげよう。よき聞き手になり、適切な質問を発しよう。誰でも持ち合わせているすばらしいリソース――時間と関心を気前よく提供しよう。あなたがまださほどの権力を持っていないとしたら(あなたにとってではなく)重要なイベントに出かけるために、時間を割こう。これが、私からのごくごく実践的なアドバイスである。ジェフリー・フェファー

日別画面へコメントする

12月23日(月)

起床時刻:01時50分

キャリアをスタート(または再スタート)させるときには、やりやいことを臆せず要求する意志と、自分を「その他大勢」から際立たせる演出力がモノを言う。たいていの人は自分の希望をはっきり口にすることをためらうし、目立ちすぎることを避けようとする。周囲に不快感を与えたり、野心家だと思われたりしたくないからだろう。だが、万人に好かれることが望ましいとか、好かれる人ほど出世するといった考えは、この際きっぱりと捨てるべきである。大事なのは、自分を前面に押し出すことだ。さもないと、誰もあなたに気づきもしないだろう。ジェフリー・フェファー

日別画面へコメントする

12月22日

起床時刻:07時45分[いま起きた]ボタンで記録されました。

「何事でも人々からしてほしいと望むことは、人々にもそのとおりにせよ」マタイによる福音書七章

日別画面へコメントする

12月21日

起床時刻:07時05分[いま起きた]ボタンで記録されました。

「うんと熱中せよ。熱中は熱中を生む」ラッセル・H・コンウェル

日別画面へコメントする

12月19日(木)

起床時刻:06時39分[いま起きた]ボタンで記録されました。

「人生は将棋のようなものだ。自分の手中になるものはチャンスではなく、駒の進め方だ」テレンティウス

http://d.hatena.ne.jp/output21/

日別画面へコメントする

12月17日(火)

起床時刻:06時45分[いま起きた]ボタンで記録されました。

「練習でできないことは試合でできない。練習でできても、試合でできないこともある。試合でできるようになったりその質を高めていくことだ」落合博満


http://d.hatena.ne.jp/output21/20131217

日別画面へコメントする

12月16日(月)

起床時刻:04時03分[いま起きた]ボタンで記録されました。

「たいていの場合、勤勉な人間は天才のできることなら何でもできるだけでなく、天才のできない多くのことができる」ヘンリー・ウォード・ビーチャー

日別画面へコメントする

12月15日

起床時刻:06時27分[いま起きた]ボタンで記録されました。

「時の真の価値を知れ。引っつかめ。抑えつけろ。そしてその瞬間瞬間を楽しめ。怠けず、だらけず、ぐずぐずするな。今日できることを明日までに延ばすな」チャスタフィールド

日別画面へコメントする

12月14日

起床時刻:05時28分[いま起きた]ボタンで記録されました。

「経験の示すところでは、成功するかどうかはその人の能力より情熱に負う所の方が大きい。自分の仕事に身も心も捧げる人間こそ勝利者となる」チャールズ・バクストン

日別画面へコメントする

12月13日(金)

起床時刻:06時32分[いま起きた]ボタンで記録されました。

「質問をぶつけたとき、返ってくる言葉より相手の仕草を見て答を知る方法を、私は学んだ……話の内容より、体の動きに注目すべきだと」非言語コミュニケーション研究のパイオニア エドワード・T・ホール

日別画面へコメントする

12月11日(水)

起床時刻:15時42分

大方の人は、頼まれた相手がOKする確率を過小評価している。これは、頼みごとをする人は、相手がイエスと言うときのコストばかりを考えがちで、ノーと言うコストに注意を払っていないからである。相手の頼みを断るのは、「よき隣人であれ」という社会の暗黙の規範に背くことになる。読者自身が頼まれる側だったり、太っ腹で度量の広い人間だと思われたいだろうか、それともケチで了見の狭い人間だと思われてもいいだろうか。それに、面と向かって断るのは気まずいものだ。私たちは子供の頃から親に「人には親切にしなさい」と言われて育っているから、人から何か頼まれたら引き受けるのがなかば習い性になっている」ジェフリー・フェファー

日別画面へコメントする

12月10日(火)

起床時刻:07時29分[いま起きた]ボタンで記録されました。

「感情は主に体ではなく顔に表れる。一方、体の表すのは、その感情をどう処理しているかだ」ポール・エクマン

日別画面へコメントする

12月09日(月)

起床時刻:03時57分[いま起きた]ボタンで記録されました。

「自己の向上を心がけている者は、喧嘩などする暇がないはずだ。おまけに、喧嘩の結果、不機嫌になったり自制心を失ったりすることを思えば、いよいよ喧嘩はできなくなる。こちらに五分の理しかない場合には、どんなに重大なことでも、相手に譲るべきだ。こちらに十分理があると思われる場合でも、小さなことなら、譲ったほうがいい。細道で犬に出会ったら、権利を主張して噛みつかれるよりも、犬に道を譲ったおうが懸命だ。たとえば犬を殺したとして、噛まれた傷は治らない」エーブラハム・リンカーン

日別画面へコメントする

12月08日

起床時刻:04時55分[いま起きた]ボタンで記録されました。

「相手の本心を知りたければ、相手の顔をじっと見つめることだ。表情を見ていると、言葉の意味がつかみやすくなる」チェスタフィールド

日別画面へコメントする

12月07日

起床時刻:04時06分[いま起きた]ボタンで記録されました。

エネルギーと時間を投じれば、何事であれ達成できる可能性は高まる。社会心理学者のディーン・キース・サイモントンは、さまざまな分野で天才と呼ばれる人々が成し遂げた業績を四世紀にわたって調べた結果、大事なのは「準備期間に労力を注ぎ込むこと」だという結論に達した。「個人の業績の差は結局のところ、知識とスキルの習得に直接費やした時間数でおおむね説明がつく。研究者の中には、生まれながらの才能や天分という概念は幻想だと主張する人さえいる」。天才が幻想かどうかはともかく、長時間ばんばり続けるエネルギーがあれば、目標に人より早く近づけることはまちがいない。

日別画面へコメントする

12月06日(金)

起床時刻:06時28分[いま起きた]ボタンで記録されました。

「仲間同士で毎日だらだらと何時間もバスケットボールを練習している子供より、的確な指導とフィードバックを得ながら1日2時間、集中して練習する子供のほうが上達する」全米でも最高クラスの教員コーチ、マイケル・ゴールドスタイン

日別画面へコメントする

12月05日(木)

起床時刻:06時03分

「上司と口論してはいけない。あなたの判断を穏やかに聞いてもらうように心がけよう」ジョージ・ワシントン

日別画面へコメントする

12月04日(水)

起床時刻:01時57分

「できれば、人より賢くなりなさい。しかし、それを、人に知らせてはいけない」チェスターフィールド

日別画面へコメントする

12月03日(火)

起床時刻:04時02分[いま起きた]ボタンで記録されました。

「わたしは、人の意見に真っ向から反対したり、自分の意見を断定的に述べないことにした。決定的な意見を意味するようなことば、たとえば、確かに、とか疑いもなく、などということばはいっさい使わず、その代わりに「自分としてはこう思うのだが……」とか「わたしにはそう思えるのだが……」ということにした。相手が明らかに間違ったことを主張しても、すぐそれに反対し、相手の誤りを指摘することをやめた。そして、「なるほどそういう場合もあるだろうが、しかしこの場合は、少し事情が違うように思われるのだが……」というぐあいに切り出すことにした。こうして、今までのやり方を変えてみると、ずいぶんと利益があった。人との話し合いが、それまでよりもよほど楽しく進む。控え目に意見を述べると、相手はすぐ納得し、反対する者も少なくなかった。わたし自身の誤りを認めるのが大して苦にならなくなり、また、相手の誤りも、たやすく認めさせることができるようになった。この方法を用いはじめたころは、自分の性質を抑えるのにずいぶん苦労したものだが、しまいには、それがやすやすとできるようになり、習慣にさえなってしまった。おそらくこの五十年ほどの間、わたしが独断的ないい方をするのを聞いた人は、だれもいないだろう。新制度の設定や旧制度の改革を提案すると、みなすぐに賛成してくれたのも、また、市会議員になって市会を動かすことができたのも、主として、第二の天性となったこの方法のおかげだと思う。もとももと私は口下手で、決して雄弁家とはいえない。ことばの選択に手間取り、選んだ言葉もあまり適切ではないことが多い。それでいて、大抵の場合自分の主張を通すことができたのである」ベンジャミン・フランクリン

日別画面へコメントする

12月02日(月)

起床時刻:04時05分[いま起きた]ボタンで記録されました。

「研修講師として、常々若いビジネスパーソンに言っていることは、プレゼンのチャンスがあったら、ぜひプレゼンテーターを買って出なさいということです。プレゼンにおいては、プレゼンテーターとして矢面に立ち、当事者になった者だけが気づくことのできる大切なことがたくさんあり、そこでしか鍛えられることのない人前力があるからです」山本秀行

日別画面へコメントする

12月01日

起床時刻:04時02分[いま起きた]ボタンで記録されました。

まちがったときや、目標に達しなかったときに罰すると、極度に警戒する環境、ひどくすると恐怖すら感じる環境を作ってしまう。スポーツにおいて、これは「負けないように」プレーするのと似ている――ほぼ失敗する公式だ。――ジョン・ウッデン

日別画面へコメントする