201406 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:05:00 平均起床時刻:07:05

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

06月30日(月)

起床時刻:07時46分[いま起きた]ボタンで記録されました。

06月29日

起床時刻:08時34分[いま起きた]ボタンで記録されました。

「勝負を決めるのは準備。なかでも気持ちの準備以上のものはないと思う」本田圭祐

日別画面へコメントする

06月28日

起床時刻:05時58分[いま起きた]ボタンで記録されました。

「壁があったら殴って壊す。道が無ければこの手で作る」本田圭祐

日別画面へコメントする

06月25日(水)

起床時刻:03時42分

06月24日(火)

起床時刻:10時15分

「あらゆる大会で結果を残すことが目標。それを実現するために当たり前のことを一日一日積み重ね、生まれ変わった新しい自分をみせたい。」本田圭祐

日別画面へコメントする

06月23日(月)

起床時刻:07時12分[いま起きた]ボタンで記録されました。


諦めの悪い男 本田圭佑

2014年6月22日 紙面から

 ギリシャ戦から一夜明け、肌寒いベースキャンプ地・イトゥの練習場。本田は芝の上をゆっくりと歩き、黙々とランニングした。その表情は硬く、まるで自問自答するように真剣そのものだった。

 徳俵に足がかかった、絶体絶命の危機。だが、困難や障壁、逆境はむしろ「圭佑にとっては大好物」とは盟友の長友。本田の人生は、いつも挫折と隣り合わせの戦いだった。

   ◇  ◇  

 「俺は負けてへん」

 G大阪ジュニアユース時代。周囲の仲間たちがあきれるほど、本田はずっと、ずっとそう言い続けていたという。関西全域のエリート候補生が集う名門下部組織にあって、本田のレベルは群を抜いて低かった。同期生の與(あたえ)貴行さん(28)は本田の第一印象を鮮明に覚えている。そして、こう本田に話しかけたという。

 「お前、誰なん?」「何で入ったん?」

 体は小さく、足は遅い。技術はあるけど、1対1の練習ではほとんど勝てなかった。スピード、スタミナ不足は顕著で、トレーニングについていけないことさえ多く、「『えっ、中学校からサッカーを始めたんですか?』っていうくらい、実力もスピードも何もなかった」(與さん)。

 だが、サッカーに立ち向かう情熱だけは飛び抜けていた。練習場には誰よりも早く来て、帰るのは決まって最後だった。黙々と左足のキックを繰り返していた。3年間、試合に出ることもできなかったのに、腐るどころか燃え盛り、1日に一度は必ず「将来はサッカーで飯を食う」「プロになって海外で活躍する」などと自信満々に公言していた。誰もが一目置く存在だった。

 「ヤス、1対1の相手してや」。同期でG大阪ジュニアのコーチ、松岡康暢さん(28)は本田の求めに応じて、毎日のように居残り練習に付き合った。本田は負けるたびに、「そんなん上(プロ)に行ったら通用せえへんぞ」と言い放ち、次の日には「昨日は負けてへん。お前に勝つ方法を考えてきてん」と、断っても何度でも挑んできた。

 負けず嫌いはサッカーだけにとどまらない。50メートル走、柔道、相撲、腕相撲-。練習の合間や練習後に本田はチームメートに好んで勝負事を仕掛けた。

 走っては全戦全敗。それでも、本田は「次やったら、絶対に負けへん」。身長差が15センチ以上もあった体格のいい同僚に柔道で本気で挑み、投げ飛ばされた。一度負けても、本田は「負けてへん」。負け続けても決して認めず、「もうラスト。これで負けたら、俺も負けを認める」と言って臨んだ勝負に敗れると、本田は畳の間に大の字になって号泣した。

 強烈な負けず嫌いの一方で、本田はただ強がるだけではなかった。自らの課題を見据え、「俺もやってみたいから、そのやり方を教えてくれ」と相手を選ばず言っていた。常に、目の前の障壁を克服しようとする前向きな姿勢がそこにはあった。

 ユースへの昇格を逃すと、本田は「(当時ジュニアユース監督だった)島田さんは、最後まで俺の良さを分からんかったな」と言い放ち、言葉にできぬ悔しさを心に抱えたまま星稜高へ進学した。

 松岡さんはG大阪のトップチームに昇格後、2012年末に現役を引退した。「僕はケガもあって逃げてしまった。最後は自分を信じられなかった。だけど、本田は逃げなかった。逃げない。どんな状況になっても、自分自身を最後まで信じられる本田圭佑は本当にすごいと思う」

 1次リーグ第3戦のコロンビア戦。可能性は限りなく低くなったが、本田は諦めていない。それどころか…。信じ続けた者にだけ、望んだ未来が待っている。 (松岡祐司)

日別画面へコメントする

06月22日

起床時刻:05時03分

「ゼロとは僕は言わないですけど、天才なんかこの世の中にほぼいないと思っています。才能の差は若干なりともあるというのも認めます。ただ若干でしょう?っていうことを僕は言いたいです。
ライオンと格闘するわけじゃない。馬と競争するわけじゃない。「あいつが別の生き物だ」とか、「あいつだから」っていう考えは馬やライオンにすればいいんです。そんな天と地がひっくり返るほどの差はないでしょう?って。
だから僕よりも才能のある選手に僕は今までも勝ってきたし、なぜならそんな差はなかった。でも「その差は大きい」と見るか、「越えられるもの」と見るかは自分しだいなんです。それをみんな自分の限界を決めてしまって、挑戦することをやめてしまうんです。だから夢がかなわないなんていうことになるんです。
「夢がかなう」とは僕は子どもたちに言ったことはないですよ。「大きな夢を持ってください」と僕はいつも言うんです。なぜそれを言うか。「絶対にかなう」っていうふうには僕は言ったことも1度もないし、ただ頑張ればかなう可能性があるわけですよ。頑張るということは自分で決められるんです。頑張るか、頑張らないかは。だから「その夢をかなえる可能性があるかどうかは、あなたしだいですよ」って言う。常にチャンスはその本人にあったほうがいいと思うんです。ただ、がんばるつもりがないなら、夢はかなうわけがないんです。
僕はどんな人にも、どんな位置に今いる人でも、チャンスはあると思う。それを目指すかどうかは明日からじゃなくて、今日決めるんです。やれることは今日からあるんです」本田圭祐

日別画面へコメントする

06月21日

起床時刻:08時22分

「結果が全てな世界だからこそ内容に拘る必要がある」本田圭祐

日別画面へコメントする

06月20日(金)

起床時刻:03時45分

06月19日(木)

起床時刻:09時44分

「人生24時間の一日のなかで余った時間は他にもあるわけですよ。それを他の奴が休んでる間に走ることに着手すれば、プラスαこのちょっと伸びたら凄いことになる」本田圭祐

日別画面へコメントする

06月18日(水)

起床時刻:07時20分

「あらゆる大会で結果を残すことが目標。それを実現するために当たり前のことを一日一日積み重ね、生まれ変わった新しい自分をみせたい」本田圭祐

日別画面へコメントする

06月17日(火)

起床時刻:05時19分[いま起きた]ボタンで記録されました。

06月16日(月)

起床時刻:10時35分

06月15日

起床時刻:01時47分

06月14日

起床時刻:05時40分

06月13日(金)

起床時刻:07時28分

06月12日(木)

起床時刻:07時42分

06月11日(水)

起床時刻:09時03分

06月09日(月)

起床時刻:07時25分

06月08日

起床時刻:04時59分[いま起きた]ボタンで記録されました。

06月07日

起床時刻:06時18分

06月05日(木)

起床時刻:07時21分

06月04日(水)

起床時刻:11時20分

06月03日(火)

起床時刻:08時03分

06月02日(月)

起床時刻:06時32分

06月01日

起床時刻:07時02分