20180413(金) <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 08時00分

今日の気分(本文)

体重70.9
体脂肪率15.6

朝食 青汁、コーヒー、ウィダーインタブレット

今日は食べるものがない、、
いいんだ、昼に二郎系たべるからさ、、

★株式併合
1.株主総会特別決議
2.効力発生日における発行可能株式総数を定めなければならない
3.株主への通知
(1)原則
20日前
(2)例外(単元株式数を設定している会社で、単元株式数に株式併合の割合を乗じて一未満の端数が生じない場合)
2週間

(例 単元株式数10で株式併合が2又は5又は10の場合は2週間でよい。
一方、単元株式数10株式併合100の場合はもちろん、単元株式数10で株式併合が3又は4又は6又は7又は8又は9の場合には、原則通り20日前)

3の原則と例外を、昨日まで逆だと思い込んでいた。恥ずかしい。
条文の作りは、2週間が原則のように列んでいるが、株式併合にも株式買取請求制度を認めようということで、平成26年改正で取り入れられた部分なので、枝番になっている。端株が生じる可能性のある場合に株式買取請求の制度が適用になり、その結果、通知は20日前になるということ。
端株が生じた場合に株式買取請求の手続きが必要になるのではなく、端株が生じる「可能性がある」場合に株式買取請求のための手続きが必要になるということ。
問題文に、「併合により株式に端数は生じなかった」と問題文にあったとしても、通知は2週間前で足りると判断してはいけないということ。

コメント

(コメントはまだありません)

コメントする

名前: