201103 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:04:30 平均起床時刻:05:29

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

03月14日(月)

起床時刻:05時30分

11日に合格発表があり、長女の第一志望だった県立に合格が決まった。

やっと一安心と思ったら、この地震。
合格のお祝い気分も吹っ飛んでしまった。

慌てて小学校へ行ってみると校庭に集められた子供たちは
上履きのまま上着も着ずにランドセルも教室に置いたまま。
「トイレに行きたい子だけ行かせます。」
と先生が並ばせて歩き始めたら再び余震。
「今すぐもどりなさい!!」っと緊迫した様子。

大人でも足がすくんでしまった。
女の子や1年生は泣いている子も。

余震が続いて下校する事もできず、1時間程様子を見たうえで
家族がお迎えに来た児童から下校した。

母は入試・合格発表の間ショートスティに預けていたが、地震当日は
まる一日半連絡が取れなかった。

施設はコンクリートの建物なので、我が家より安心とは思ったものの停電などしていないか心配だったが、むしろ落ち着いた様子で過ごせたようでお迎えに行った時は穏やかな顔をしていて・・・良かった。

今日から計画停電も始まる。

戦後の混乱や物資不足を思えばたいしたことない。
ガソリンが無ければ歩けばよい。
日本が全国的に被災したわけではないので、食糧もいずれは届くだろう。
我が家の灯油はこのままだと一週間でそこをつくので暖房は極力切っている。

昨日はガソリンが無くなりそうなので、子供や母の怪我など緊急事態に備えて車は使わずにカミパンツやら食糧、飲み物の買い出しに行った。

少し我慢すれば大丈夫。
電気が無くても人間は生きられる。

こんな経験も、何でも手に入る現代の子供たちには良い経験になるだろう。

福島の友人が心配。
まだ救出されていない人が心配。

目の前の、今できる事、
電気の無駄を抑える、不安をあおるチェーンメールは回さない、(何通も既に回ってきた)、暖房を抑えて石油消費を抑える、近所の人と協力し合う。

大丈夫、大丈夫、
少し我慢すれば良いだけ。

今日も良い日になりそうです。
ありがとうございます。

日別画面へコメントを読む(4)

03月10日(木)

起床時刻:05時28分

明日はいよいよ公立高校の入試発表

卒業式が終わってから入試の発表なんて、とても違和感があるけれど、こちらでは昔からそう言う日程らしい。

本人も不安ではある反面、少々自信もあるのか発表の番号を貼りだす前に行きたいと言っている。

もしもの事を考えると心配なので、私も付き添う予定。

合格したらディズニーランドへ遊びに行きたい。
合格したら、スイーツの食べ放題に行きたい。
色々友達と約束しているようで、
全ての願望の枕詞に「公立に合格したら・・・」
っと塾の仲間と頑張って来た。

学校での人間関係の辛さも塾の友達の中で気持ちのバランスを取って来た彼女。

塾の友人たちに心より感謝。

全員合格でありますように。
でも現実が厳しい物であっても、それがまた彼女たちの新しい友情の始まりでありますように。

今日も良い日になりました。
ありがとうございます。

日別画面へ

03月09日(水)

起床時刻:05時30分

今日は長女の卒業式だった。

毎日人間関係で悩んで、朝学校へ行くのを随分嫌がっていた時期もあった。
前の日から涙を流して、「明日の朝が来なければいいのにと」言ってた日もあった。

それでも自分で学校は休まない、皆勤賞を取ると言って
泣きながらも通い続けた長女を誇りに思う。

時にはサボる事も大事だよっと言った事も有ったけど、
それでも逃げなかった長女を褒めてあげたい。

人間関係はうまく行かないままだったかも知れないけど
他の子のようにスポーツやピアノで輝かしい賞は無いけれど
長女の皆勤賞は彼女の一番の勲章

立派だよと心から褒めてやりたい。

卒業おめでとう。
これからの輝かしい彼女の未来に乾杯。

今日も良い日になりました。
ありがとうございます。

日別画面へコメントを読む(3)

03月07日(月)

起床時刻:05時30分

今日は朝から雪

長女の県立入試、3月なのに雪が降るとは・・・。
体調を崩す事もなく無事この日が迎えられて良かった。
全てに感謝。

既に先ほど長女は入試を終えて帰宅。
晴れ晴れとした顔だったのでやりつくしたのだろう。

結果はどうであれ、冷静にそして謙虚に受け止め将来に生かして欲しい。

本人なりに頑張った事を褒めてやりたい。
お疲れ様。
がんばったね~。 今日はゆっくり休んでね。

ってここ1週間、寝れなかったのは本人より私の方。
不眠症なんてかかって見たいと思うほど夜は15秒ぐらいで熟睡してしまってたのが、なかなか寝付けず朝も自然と目がさめてしまってその後眠れない・・なんて日が続いていた。

そんなに心配する事でもないのに・・っと思ってたけど、自分でも不思議。
今日はゆっくり寝られるかな~??


さ~て、娘の大事がひとつ終わったので、私もいよいよ稼働せねば。
まだ卒業式、合格発表と娘の行事はあるけれど、
母の施設の事、子供会(下の子はいよいよ6年生)の役員、仕事の資格の事・・・・色々ある。

娘が受験の間、色々な施設に申込をして、見学・面談を繰り返してきた結果、4月オープンの施設に母の老人ホームへの入居決定をいただいた。
新設のホームが幾つかできたのが幸いしたらしい。

ただ、あまり面談の印象が良くなかったので、別の施設への入居を希望している。
面談の印象では
「入居されたら、なるべく動かして欲しいですか? 動かすとなると怪我をするリスクは高まりますが・・・」
っと聞かれたり
「入居したらオムツにしていただきます」
っと言われたり。

今はなんとか、紙パンツの交換の時だけは立たせて行ってるし、
ベッドから車イスへ移して昼間はディケアへ行っているし、
????

家での介護が大変なので施設への入所を希望してるので、そう言った対応もやむを得ないのかも知れないけれど、
「出来るだけ昼間は、家で過ごしているのと同じように、起こして他の方とお喋りしたり、食事をしたり、本人の出来る事はさせてあげたい」と思っている私としては、この施設には絶対入れたくないって思ってしまった。

夫や友人に話すと「気持ちは分かるけど、選べる状況じゃないのかも、入れる所へ入れないと、本当にどこにも入れないままだ・・・」っと言われた。

夫や友人の言うことも、ある意味正しい。

他の施設も幾つか申し込んでいるけれど、面談の時
「なるべく、入所後にご本人が過ごしてきた状態と同じ環境や状態で暮らせるよう配慮したいので、色々お聞かせ下さい」っと言ってくれたところもあった。

本人・そして家族の思いを色々出来るだけ汲み取ってくれる施設に入所させたい。

なんか、子供の保育園を幾つも見学して見て回った時の事を思い出す。
ここなら!って思って預けた保育園に間違いはなかったと言う思いがあるので、母の施設も納得できる所に決めたい。

あともう少し頑張ってみよう。

今日も良い日になりました。
ありがとうございます。

日別画面へ