20120112(木) <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 04時32分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日の気分(本文)

今日もぜろぜろ七
春月展開も気になるぞ!

★さあさあ七30
「パスポートを作ってほしいんだ、明日までに」
「そりゃ急な話だなあ、明後日にせんか?」
「それなら頼まないよ、急ぐんだって」
「わかったわかった、作るからデータを送ってこいや」
「うん、じゃ頼むよ」
ジェームズピット電話を切った。次に取り出したのはボールペン。
「じゃあななちゃん、パスポート用に君のデータをくれるかな」
「エムの捜査網に引っかからないように嘘のデータがいいのかな?」
「いや、まずはホントのことを聞かせてよ。それに手を加えてもらうから」
「うーん、仕方ないな。名前からかな」

★きらきら七31
「名前はいいよ。生年月日は?」
「ジェームズは?」
「え? 僕? 1967年9月9日だよ」
ちっ、負けたぜ、と七瀬は思った。
「わたしは1969年の11月11日よ」
2足しただけじゃんか。嘘はいかんだろ、七。
「本籍地は?」
「大分県」
「大分……と」
「どこに書いてんの?」
「ああ、このペンは平らなとこで書くと、そのままデータになってじゅうのとこに届くんだ。じゃ写真撮るからね」
「ほい、車停めるわ」
「うん」
すかすか。
「?」
「???」
「ブレーキきかない!」
「ええ?」
すかすかすー。

★やいやい七32
「ど、どうしよう?」
「ななちゃんあわてないで。ほらあそこ、登り坂にかかったらシフトをニュートラルに落として」
「やあん出来ない!」
七らしくないセリフだ。
「じゃあ僕がやるから代わって」
よいしょよいしょ、せまいが交代完了。七瀬はボールペンを受け取ると、膝に「訂正、1970年。よろしく」と書いた。なんだ?
「あれ?」
きゅるるるるる、ききっ。
「ななちゃんブレーキなおったよ」
「わあいよかったよかった」
なにしてんだよ七。
「ちょうどいいや、ななちゃん、そのペンでサインしておいてよ」
「ん」

★からから七33
「パスポート用のサインね」
七さらさら書いた。
「これでいいかな?」
「うん、後は写真だね、こっち向いて」
ボールペンにはカメラも付いているらしい。
“はい、ちーず”
「携帯みたいだね、シャッター音付きだ」
「確認のためにね。じゃあ出かけようか。運転する?」
「うんするする」
福井は峠の向こうだぞ。エムも家を出ているんだからね。はらはら。
「あー、看板出てる。小鯛の笹漬けだって」
酢漬けだっ。
「ななちゃん、若狭湾まで行かなくても売ってたら買うといいね。そしたら早く空港に向かえるし」
買うだけだったら全国のスーパー・デパートで購入できます。では?
エム、たしかに経費の無駄遣い?かもよん。

コメント

michi0401 michi0401 2012/01/12 05:58

エムの追撃は、まだないようです。まだ登場していません。

anonymous 笑む(春月) 2012/01/12 07:16

しましたぜ。でも高速バス乗り間違えて、静岡に行っちゃったの~。

コメントする

名前: